37歳母子家庭の家計簿と貯金方法をお教えします!

バツイチの母子家庭で収入は月18万円。決して楽な生活ではないですが、母子ともども明るく楽しく日々頑張ってます!最近はワタシみたいにバツイチ母子家庭が増えていると聞いたので、同じ境遇の方が生活する上でのヒントになればと思い、我が家の節約方法をお教えします!



我が家の家計簿(節約前)はこんな感じ


私37歳、息子3歳の二人暮らしです。
▼月収180,000円 (以下内訳です。)
├パート 88,000(月によって変わる)
├内職 10,000
├養育費 30,000
├こども手当 10,000
└児童扶養手当 42,000

▼支出 148,200(以下内訳です。)
├家賃60,000円
├携帯8,000円
├ガス、電気、水道 12,000円
├国民健康保険 3,000
├保育園など7,000
├保険3,000
├食費、雑費 50,000
└貯金 40,000



日々実践していた節約

食費の節約や雑費の節約


食費や雑費に関しては、予算を超えないように、週の頭に1万円を財布に入れたら次の週までは絶対にそのお金だけで生活することを心がけてました。
美容室も、恥を忍んでお友達の美容師に切ってもらうなどして節約。

石鹸も、ポンプ式のボディーソープを一押しするのではなく半押し程度にして、長持ちするように使ってました。最初はちゃんと洗えてない感じがしてましたが、コツをつかめば少ない量の石鹸でもちゃんとキレイに洗えますよ。

光熱費の節約


ネットなどで検索すると、いろんな節約術がみつかるので、大体どれも実践してみました。
冷蔵庫の設定温度は弱にしてみたり、当然水の出しっぱなしはNG、エアコンの設定温度も夏は高め、冬は低めに設定して、扇風機を併用するなどしてました。

最初は意識しないとうっかり電気を付けっぱなしにしてしまったり、使っていない家電のコンセントをぬきわすれたりしてましがた、慣れれば自然とできます。

ココからさらに節約するためにやったこと

スマホを格安スマホに変更


友人の勧めで格安スマホに乗り換えたところ、それまで8,000円かかっていた携帯代が半額の4,000円くらいで収まるようになりました!これは非常に大きな効果があります!

あとは、スカイプやフェイスブックといった無料通話ができるアプリを積極適に使って、電話代も抑えるよに工夫していました。音質もまったく問題なしです。

食費と雑費を分けて管理


食費と雑費を一緒に管理していたのですが、これも分けて管理するようにしました。
メインのお財布に1週間分の食費を6,000円。別の小銭いれに雑費用の2,500円をいれて別々に管理したところ、それまで食費と雑費で50,000円近くかかっていたのが、40,000くらに収まるようになりました!

ただ分けるってだけのことですが、コレが意外と効き目があるんです。

固定費の支払いはクレジットカードを活用


電気代、水道代、ガス代といった光熱費や、ネットでまとめ買いしたほうが安い食品などの購入で接触的にクレジットカードを活用します。これでポイントがついて、毎月500円分くらいのポイントがたまります。

そもそも存在しないはずのお金が年間で6,000円ももらえるとなると大きいですよね。



たった3つの節約で毎月14,500円を節約!

それまで結構節約しているつもりだったので、さすがにもう搾り出すものはないかなと思っていたんですが、やってみると結構節約できるものですねw

子供のことを考えると、学資保険や、習い事などの費用が捻出できてよかったです。

また、今回の節約したお金で、週に一度は子供と外食にもいくようになりました(ファミレスですが・・)。でも子供が喜んでいる姿をみると、明日からまた頑張ろう!って気になります。

もう少し子供が大きくなったら、在宅のお仕事の時間も増やせるようになると思うので、節約だけではなくて収入を増やすことにもチャレンジしていこうと思います。