リフォームとリノベーションってどう違うの?その費用と具体例

最近よく耳にするリノベーション。リフォームとどう違うのでしょうか?リフォームとリノベーションのそれぞれのメリットやデメリット、その費用なども気になりますね。そんな疑問を解消していきましょう。



リフォームとリノベーションってどう違う?

リフォームとリノベーションってどう違うのかわかりますか?正直同じような言葉ですよね。最近よく聞くリノベーションは、ネットでも同じ意味で使われていることが多く、割とあいまいな状況です。では、その言葉の違いをまず確認していきましょう。

リフォームって?

リフォームとは、古くなった建物を新しい状態へ直すこと、戻すことを指します。例えば、賃貸のアパートやマンションなどは、その退去時に入居したときの状態へ戻すという「原状回復」をしますね。リフォームとは、壊れているところや汚れてしまったところ、壊れてしまったところなどを、直すことや新しくすることをいいます。いわゆる部分リフォームにあたります。

基本的に、あるものを回復させるという意味になりますので、その大きく家の構造を変えることなく、その部分的な場所や物などをきれいに新しくさせるということです。例えば、壁紙の張替えや浴室の設備の変更、外装の塗り直しなどがリフォームとなりますね。

また、間取りなどを変更しない設備の変更、修繕、システムキッチンへの入れ替えなどもリフォームと分類されます。

リノベーションって?

では、リノベーションはどうでしょうか?リノベーションは、リフォームよりも大規模な工事により、ライフスタイルの変化や家族構成により、住宅の性能や間取りなどを新築のときよりも良くさせたり、機能を向上させて価値を高めることをいいます。

例えば、デザイン性を高めたり、間取りや外装を変更したりすることで、耐震性・耐久性を高めたり、壁を取り去って広いリビングをしたりすることなどの、リフォームよりも大掛かりな工事が必要になるものです。

しかし、リフォームには骨組みだけを残す「スケルトンリフォーム」というものもあり、部分リフォームとは違い、新築に近い形のリフォームなどもあり、その場合、リノベーションよりも大掛かりな工事となります。



リフォームの良さと具体例

ここでは、部分リフォームについて説明していきます。リフォームとは、家の構造を変えることなく、その機能を修繕したり新しく入れ替えたりすることで、現状を回復させることになります。部分的に新しくすることになるので、例えば、キッチンを古いものからシステムキッチンにしたり、浴室を新しくすること、また壁紙を張り替えることで、古いものを修繕するということになります。

部分リフォームはその家の柱や間取りなどの構造を変える必要がないということですね。ではそのメリットとデメリットについて確認していきましょう。

リフォームのメリット・デメリット

部分リフォームの大きなメリットは、その費用を抑えながら、住まいを新しくできることにあるでしょう。例えば、水回りは特にその年月とともに老朽化が激しいところでもあります。また、外装のひび割れなどの問題もありますね。

リフォームは、基本的に老朽化のために、汚れていたり壊れていたりして、気になる所を部分的に新しくすることで、新築のときのような気持ちの良い住まいを実現できる点がリフォームのよい点であるといえます。

しかし、その家の構造を変えるようなことはしないため、例えばライフスタイルが変わったり、家族が増えて間取りの使い勝手が悪くなってしまったとしても、部分リフォームでは、現状の回復にとどまります。

具体的なプランニングと費用

キッチンや台所のリフォームの費用の相場については、100万円~150万円となっています。例えば、独立した暗いキッチンを、対面式にすることで、壁を壊して補強を行い、収納量の多い奥のものまで取り出しやすいスライド式のキッチンへ変更、家電収納とカウンターを背部に移動して収納量も使い勝手もアップさせたリフォームで、120万円程度となります。

また、ダイニングの中心に家電ラックなどがあり場所をとっていたところを、家電のスペース確保するためにL字のキッチンへ変更して、窓の位置も変えることなく場所を確保し、明るさを出すためにキッチンボードも新しくして、130万程度となります。

浴室や風呂のリフォームの相場については、50万円~100万円となっています。その規模やメーカー機能アップなどをさせることで費用は変わってきます。

そして洗面台のリフォームは15万円~50万円までが相場となっています。洗面台の大きさやメーカー、その洗面所の壁などのリフォームも加わると高くなる傾向があります。

そのキッチンのメーカーや、電源の確保、水道管の位置変更などを加えたり、対面式にするための壁に穴を開けるなどの工事がはいると、金額もアップしますが、キッチン自体の金額は50万円から60万円程度のようです。

リフォームの費用・相場をチェック|リフォーム会社紹介サイト「ホームプロ」
参照元:リフォーム会社紹介サイト「ホームプロ」(2016年1月、著者調べ)

リノベーションの良さと具体例

リノベーションは性能の向上や、住宅の価値を高めるためとても注目が集まっています。しかし自由な設計が可能なメリットだけではなく、やはりその分多くの時間がかかるなどのデメリットもあります。このメリットとデメリットをしっかり理解していきましょう。

リノベーションのメリット

リノベーションのメリットはまず、自由な設計ができることにあります。自分らしさを住まいで表現ができることが最大のメリットになるでしょう。内装やインテリアにこだわりがある場合は、リノベーションはおすすめです。

また、新築のマンションや新築のマイホームなどは、その費用もかさみますので、自分の思うような形を選べないことがあります。しかしリノベーションであれば、安価な中古の住宅やマンションを購入して、リノベーションをすることで、満足のいく形に変更ができるため、新築を購入するよりも予算が抑えられ、自分にあったものを手にできることでしょう。

新築を購入するよりも、中古住宅を購入してからリノベーションをすることで、20%~30%程度予算を抑えることができます。

リノベーションのデメリット

リノベーションのデメリットは、まず築年数についてです。それなりの年数が経っている住宅だと耐久性の心配が出てきます。現在は、建築基準法の改正によって基準が引き上げられていますが、年数の経っている住宅の場合、耐震性などが満たされていなかったり、見えないところの手抜き工事などの問題もあるようです。

耐震性の基準を満たすための改修などを行うと、費用がかなりかかってくるため、コスト面でのメリットが活かせないという状況にもなりかねません。特に、建築基準法の改正が行われた1981年6月以前のものは要注意となります。

また、中古住宅を購入してから、住宅の検査や設計・施工などを行うため、こだわりが強いほど打ち合わせなども十分必要になってきます。そうなってくると実際に住み始めるまでの期間が長くなることがあります。すぐに住み替えをしたい人には大きなデメリットとなるでしょう。

そして、ローンの金利が高くなる可能性があります。一般の住宅ローンは利用できないため、リフォームローンを利用しますが、一般の住宅ローンよりもリフォームローンの金利は高い傾向にあります。

さらに、購入してから工事が始まるため、現在の住まいの費用とローンと、両方の費用がかかる期間が出てくる可能性があります。資金計画をしっかりとすることが必要になってきますね。

建築:住宅・建築物の耐震化について – 国土交通省
参照元:国土交通省(2016年1月、著者調べ)

具体的なプランニングと費用

リノベーション費用の多くは、1,000万円以下のことが多いものです。500万円~600万円の予算だと、大きな間取りの変更や給配水管工事なども行うことができます。例えば、ユニット型の浴室・洗面・トイレなどを独立させたり、和室を洋室に変える・壁紙の張替えなどを行うこともできます。

600万円~800万円の予算となると、増改築なども可能になってきますし、キッチンを対面型にするなどの配置換えも可能になってきます。そして1,000万円までとなると、耐震補強や外壁なども行うことができます。サッシなどの取替えなども可能です。マンションの場合ですと、戸建ての住宅に比べて、さらにデザイン性に凝ったものにすることができるようです。予算も抑えることが可能です。

予算としては500万円~1,000万円程度が相場といえるでしょう。

リノベーションにかかる費用|リノベーションならオクタ
参照元:オクタ(2016年1月、著者調べ)



リフォームローンについて

リフォームローンは、用途や目的に合わせて最適なものを選ぶ必要があります。その金利は大きく異なることが多く、担保が必要なのかどうか、保証人や保証金などが必要なのかどうか、また手数料など、金融機関によって変わってきます。

担保の必要のない場合は、融資額が少なく500万円程度までのものが多く、返済期間も10年間と短くなります。また手続きに関しては比較的容易ではあるものの、金利が高くなる傾向にあります。

また担保を必要とする場合では、融資額が大きくなり、その担保によって変わってきます。そして返済期間も最長で35年で、手続きは新築と同じ程度となり、書類などが多い分手数料も多くなります。しかし、金利が低いものが多いようで、2%程度となっています。

さらに、固定金利と変動金利があり、固定タイプはリスクがないものの金利は高めであり、変動タイプはリスクがある分、金利は低めとなっています。

特殊なものとして、例えば耐震改修や高齢者バリアフリー工事などの目的の場合に適用されるローンというものもあります。

リフォームローンの注意点

リフォームローンで気をつける点は、金利が低いものが良いというわけではないことです。もちろん金利は低いほうが良いのですが、条件がそろった場合に適用されるものです。金融機関ごとに違いますが、一番金利が低くなるのは、担保が有ることと、金利が変動型であることになります。

担保があれば、金利は低く借入れができますが、この担保の手続きのための諸費用もかかることや、住宅ローンと同様の保険が必要となるため、そういった事務手続きを考えると20万円以上諸費用としてかかってくることがあります。

また、金利が変動型の場合は、金利が高くなるというリスクもあるため、総額が高くなることもないとは言えません。大きな資金が必要ではない場合には、こういった諸費用やリスクなどは、金利の差以上の負担になることもありえます。

簡単な修復工事程度の少ない借入れである場合は、無担保タイプのほうが向いていることがありますので、しっかり検討する必要があるでしょう。

リフォームローン借り入れのポイント|リフォームならオウチーノ
参照元:リフォームならオウチーノ(2016年1月、著者調べ)

リフォームの税金や補助金

リフォームの内容によって、住宅ローン減税の控除が受けられたり、介護保険からの補助金がでることもあります。こうした対象となる場合は、利用するべきでしょう。

まず、リフォームローンでの減税の対象となるものとして、省エネやバリアフリー・耐震改修などの場合、一定要件を満たせば、控除の対象になり、所得税と住民税が減税となります。この場合、還付金を受けられる期間は5年となっています。

また、その工事が要件を満たすことの証明のために、「増改築等工事証明書」が必要になりますので、リフォームをお願いする業者と制度についてしっかり打ち合わせをする必要があります。ちなみに、確定申告が必要になります。

介護保険からの補助金については、リフォームの内容が「バリアフリー」であることが条件となります。また要支援や要介護の認定されている人に対しての補助金となり、20万までの改修について1割負担でリフォームが可能となります。

こういった助成金などについては、自治体により違ってきますので、事前に相談をしてみると良いでしょう。

住宅ローン減税だけじゃない!国土交通省リフォーム補助金も活用しよう|リフォーム会社紹介サイト「ホームプロ」
参照元:リフォーム会社紹介サイト「ホームプロ」(2016年1月、著者調べ)

まとめ

リフォームとリノベーションについては、それほど大きな違いはないという印象であると思います。大切なのは、なにを目的とした工事なのかということでしょう。古くなった部分を新しく改修させるのか、それとも今までよりもさらに、デザイン性にも機能性にも高めたいのかというその目的によって、工事の費用などは大きく変わってくるでしょう。

中古住宅を購入してのリノベーションについては、メリットも多いものの、その耐久性などのデメリットもありますので、十分に検討する必要があると思います。ポイントは1981年6月以前の建築別なのか以降のものなのかということになると思いますので、ひとつの目安としてみてください。

またリフォームローンについても、その目的や借り入れの金額などによって考える必要があります。金利が低いことが絶対に良いというわけではありません。その手数料なども考えて、借入れについても十分に検討していきましょう。