子供保険と学資保険はどう違う?子供の将来の為に入るべき保険とは

子供が生まれると、この先子供にかかる様々なお金について考えることが増えますよね。わが子の将来のために貯蓄や保険で今からコツコツと準備をしておきたいと思うのは親心でしょう。調べてみると子供の保険には【子供保険】と【学資保険】があるようです。その違いとはどんな点にあるのでしょうか?将来的にお得なのはどちら!?一般的にはどのような保険にいつごろから加入するべきなのでしょうか!?



子供が生まれたら保険に加入したほうがいい?

子供が生まれると予期せぬけがや病気、また子供の将来のために何かしらの保険に加入したほうがいいの?と思いますよね。子供の進学にかかる費用や万が一のけがや病気に対して早い段階から備えておきたいと思っている方も多いでしょう。

では、子供のためにどのような保険にいつごろから加入して備えておけばよいのでしょうか!?そもそも、子供のために保険は必要なのでしょうか!?保険に入るよりもコツコツ貯蓄をした方がいいのでは!?などわからない点も多いですよね。

また、子供の保険について調べてみると「子供保険」という言葉が出てきますが、「子供保険」とはいったいどのような保険なのでしょうか!?学資保険とどのような違いがあるのかなど、詳しくご紹介いたします。



子供保険とはどんな保険!?

子供保険とは、子供を被保険者とした子供のための保険の総称のことを言います。主に子供のけがや病気の保障を対象とする「医療保険」と子供の教育にかかる資金を積み立てるための「学資保険」に対して子供保険という総称が使われることが多いようです。

保険に加入する目的は人それぞれですが、体が弱いお子さんをお持ちの方は万が一、大きな病気にかかってしまった場合を見据え医療保険の加入を考えるでしょう。活発に動き回るお子さんやスポーツをしているお子さんをお持ちの方は、ケガや事故に対して手厚く保障してくれる保険に加入しておけば、不意なケガの場合も安心ですね。

次に学資保険ですが、将来の進学に備え、学費を積み立てて教育資金を確保するのが学資保険です。大学進学などのために子供が小さなうちから積み立てを行い入学や進学に合わせて祝い金や満期の保険金を受けとることができます。

子供保険という言葉は「医療保険」「学資保険」のどちらに対しても使われることが多いようです。では子供が生まれたら子供保険に必ず加入したほうがいいのでしょうか!?それぞれの保険の特徴をご紹介いたします。

医療保険

子供の医療保険はあまり聞きなれないですよね。医療保険といえば大人を対象としているものが多数を占めているのではないでしょうか。テレビコマーシャルでも医療保険と言えば、ガンや三大疾病など大人のための保険という印象ですね。

では、なぜ子供の医療保険はあまり浸透していないのでしょうか!?その答えは子供に対しての「医療費助成制度」が充実しているからです。お住まいの地域によっても異なりますが、各都道府県と各市区町村が行っている医療費助成制度により、乳幼児から義務教育就学児ごろの時期まで「医療費助成制度」によって医療費の補助が受けられるからです。

各自治体によって名称は様々ですが「こども医療費助成」や「小児医療助成」などの名称ですべての自治体で行われている事業です。ただし、助成対象年齢や助成の対象、一部負担の有無や親の所得制限などその範囲は地方自治体によって異なります。

子供が小さいうちは病気をすることも多く医療に対してお金がかかってしまうことが多いですよね。子供のための医療保険加入は「医療費助成制度」が切れるタイミングで検討するのがおすすめです。

学資保険

学資保険は大きく分けて二つに分類されます。それは「貯蓄型」と「保障型」の二つです。「貯蓄型」は教育資金を貯めることに重点を置いている保険です。対して「保障型」は教育資金の積み立てをしながら入院などの保障も付いている保険です。

ではこの違いはどんな点にあるのでしょうか。その大きな違いは返戻率にあります。自分が目的としている学資保険を選んで加入しないと、積み立てをしていても将来的に差が出てしまうことがあるので注意したいポイントです。

■貯蓄型/学資保険の特徴

貯蓄型の学資保険は、将来の進学などに対してお金を貯めることを目的とした保険です。貯蓄型の学資保険のメリットは返戻率が高いのが特徴です。貯蓄型の学資保険の場合、返戻率が100%~120%と非常に高いです。

例えば返戻率が120%の契約の場合、100万円の積み立てをすると満期時に120万円になります。20万円が増えて戻ってくる計算になります。貯蓄を主な目的としているため返戻率が高く設定されている場合が多いです。

そのため貯蓄型の学資保険の基本契約には、医療保障や死亡保障が付いていないという商品が多いです。しかし貯蓄型の学資保険でも「特約」というかたちで保障を付けることも可能です。

また、契約者である親に万が一の事があった場合に、それ以降の保険料を支払わなくても満期時の学資保険が受け取れるという特徴があります。

■保障型/学資保険の特徴

保障型の医療保険は、将来のために学費を貯めることと同時に、子供の医療保障や親の死亡保障も合わせて保障される学資保険です。

子供が万が一、けがや病気をした際に入院、手術、通院に対して給付金がおります。また万が一、親が死亡した場合に死亡保険金が受け取りできたり、学資保険が満期になるまでの間、育英費用として所定の年金が受け取れる保障が付いているのが特徴です。この場合は、保険料の支払いも親が死亡した時点で免除されます。

このように医療面での保障に手厚くなっている分、返戻率が低くなってしまうというデメリットもあります。保障型の学資保険の場合、返戻率が60%~90%と貯蓄型の学資保険と比べ格段に返戻率が低くなってしまう契約が多いようです。

100%を下回ってしまい元本割れをしてしまうのです。つまり、医療保障が充実している分、満期時の学資金が支払った保険料の総額を下回ってしまうということが起こります。

「貯蓄型」「保障型」どちらのタイプに重点を置くのかをしっかり決めてから、学資保険を選ぶことをおすすめします。

保険と貯蓄どちらがいいの?

では次に、保険に加入するのと自身で貯蓄をするのとどちらが良いのでしょうか!?

それは親である自身の管理にもよると思いますが、コツコツ毎月しっかりと貯蓄できる方は銀行に貯蓄しても良いのではないでしょうか。利息は期待できないものの、子供や自分の将来設計をきちんと立てて、その通りに毎月貯蓄できる分を貯めていくのも良いでしょう。

保険とは違い、毎月の貯蓄額を家計状況に応じて変更できたり、保険のように途中解約して掛け金が無駄になってしまう事もありません。

しかし、なかなか思うようにコツコツ貯蓄を続けられないという心配もあります。ついつい毎月の教育費としての貯蓄分を他の生活費に回してしまったり、せっかく教育費として貯めていた資金を他の目的で使ってしまったりなどということも考えられます。

管理に自信のない方は、学資保険に加入し将来の学費を貯蓄することがおすすめです。学資保険には、契約者である親に万が一のことがあった場合でも教育資金が確保できる保障が付いています。積立年数は約18年間と非常に長い期間ではありますが、確実に教育資金を準備できる手段でもありますね。

保険加入と銀行で貯蓄にはそれぞれ、メリットデメリットがあるようですね。無理なく教育資金を準備できるよう、しっかり設計していくことが重要なポイントとなるでしょう!

学資保険おすすめ<ベスト3>

<かんぽ生命>学資保険はじめのかんぽ

学資保険でまず思い浮かぶのが、かんぽ生命(郵便局)の学資保険ではないでしょうか。学資保険を最初に発売したのが郵便局であることから、おなじみの人気商品となっているのではないでしょうか。またかんぽ生命(郵便局)ということも安心感がありますよね。かんぽ生命の学資保険は2014年4月にリニューアルされ受け取り方の仕組みが選べたり、返戻率がアップするなど、より魅力的な商品になっているようです。

■主な特徴
・被保険者の加入年齢範囲:0歳~12歳
・ご契約者の加入年齢範囲:男性18歳~65歳/女性16歳~65歳

・出生予定日の140日前から加入できる出生前加入制度あり
・学資保険の受け取りのタイミングがライフプランに合わせて3つのコースから選べる

①大学入学時の学資金準備コース(0歳~12歳のお子様)
②小、中、高+大学入学時の学資金準備コース(0歳~3歳のお子様)
③大学入学時+在学中の学資金準備コース(0歳~12歳のお子様)

・18歳満期の他に17歳での満期も選べる
・12歳までに保険料を払い終えるタイプなら返戻率がUP
・ご契約者が万が一死亡等された場合、以後の保険料の払込みが免除になる。その場合でも学資金は予定通り受け取りができる。
・入院特約「その日から」。万が一、被保険者がケガや病気で入院した場合でも医療保障が付いている(災害特約を付加することも可能)

かんぽ生命のホームページにて無料で保険料のお見積りができます。被保険者、契約者の生年月日や基準保険金額などを入力すると、毎月の保険料がすぐにお見積りできます。

学資保険 はじめのかんぽ−かんぽ生命
参照元:かんぽ生命(2016年2月時点、著者調べ)

<ソニー生命>学資保険スクエア

ソニー生命の学資保険スクエアの特徴は、なんといっても返戻率の高さです。その返戻率の高さから、数ある学資保険の中でもソニー生命の学資保険は人気が高いです!

例えば、学資保険(無配当)Ⅲ型 契約者30歳男性・被保険者0歳の場合の返戻率は…

■プラン1:保険料を18歳まで払う場合
・払込保険料総額:1,812,672円
・受取学資金総額:2,000,000円
・差額約18万円(返戻率/110.3%)

■プラン2:保険料を10歳で払い終える場合
・払込保険料総額:1,724,160円
・受取学資金総額:2,000,000円
・差額約27万円(返戻率/115.9%)

このように返戻率がとても高く設定されています。

■主な特徴
・被保険者の加入年齢範囲:0歳~8歳
・ご契約者の加入年齢範囲:男性18歳~/女性16歳~
※上限は被保険者の年齢により異なる

・出生予定日の140日前から加入可能

・学資保険の受け取りのは3つのコースから選べる
①Ⅰ型:大学などの進学時のほか中学、高校の進学時も受け取れる
②Ⅱ型:大学などの進学時にまとめて受け取れる
③Ⅲ型:大学などの進学後から毎年5回受け取れる

・満期の年齢も選ぶことが可能
・ご契約者が万が一死亡等された場合、以後の保険料の払込みが免除になる。その場合でも学資金は予定通り受け取りができる。
・貯蓄性を重視しているため、医療保険はついていない
 
ソニー生命の学資保険スクエアは各家庭にあったオーダーメイド型の学資保険になります。そのため、通信販売での申し込みは行っておらず、対面式の保険契約となります。担当者と直接会って詳しく話を聞けるのはメリットですが、忙しい方などは少し時間をとられてしまいますね。

ホームページで生年月日を入力するだけで返戻率とプランをシミュレーションできます!まずはこのシミュレーションを元に検討してみてはいかがですか!

学資保険スクエア | ソニー生命保険株式会社
貯蓄性が人気のソニー生命の学資保険。インターネット上で学資保険の保険プランを設計したり、各ご家庭にあった教育費の準備について、ライフプランナーにご相談お申し込みをすることができます。学資保険スクエア | ソニー生命保険株式会社 参照元:ソニー生命保険株式会社(2016年2月時点、著者調べ)

<フコク生命>学資保険みらいのつばさ

次にご紹介するのはフコク生命の学資保険「みらいのつばさ」です。この学資保険の特徴も返戻率が高いところにあります。返戻率が高いことから、ソニー生命の学資保険スクエア同様、人気の高い商品です。受け取り方も分かりやすい2タイプ。受け取り方によって返戻率が変わるので、じっくり検討したいですね。

■主な特徴
・被保険者の加入年齢範囲:0歳~7歳
・ご契約者の加入年齢範囲:男性18歳~70歳/女性16歳~70歳 
※子供の年齢により異なる

・出生予定日の140日前から加入可能
・学資保険の受け取りに方により2つのプランから選べる
①S(ステップ)型:入園、入学などにあわせて祝い金が受け取れるコースです。保険料の払い込みは17歳まで。
②J(ジャンプ)型:大学入学資金に重点を置いたコースです。保険料の払い込みは17歳まで。

・2人目のお子さまから保険料が割引になる「兄弟割引」あり
・成長にあわせて受け取れる「祝金」をそのまま据え置くことも可能
・祝金は11月1日に支払いされるので、推薦入学など早めの入学準備や受験費用にも活用可能
・満期は22歳

フコク生命の学資保険みらいのつばさは満期が22歳に設定されています。大学卒業後、社会人になる準備費用としても活用できそうですね。成人のタイミングで祝金がおりるのも助かりますね。

こちらもホームページで「かんたん保険料試算」ができます。月々の保険料がすぐに分かるので是非算出してみてはいかがですか!

学資保険みらいのつばさ/フコク生命
学資保険ならフコク生命。お子さまの教育資金のご準備は、フコク生命の「学資保険」でいち早く始めましょう。 参照元:フコク生命(2016年2月時点、著者調べ)



まとめ

いかがでしたか。子供保険について詳しくお調べしてみました。子供保険は「貯蓄」を重視するか、「保障」を重視するかによって種類が異なるようですね。あたなのご家庭やお子さんの将来にあった子供保険を検討してみてはいかでしょうか。

保険商品は、被保険者、契約者ともに年齢が若いほど毎月の払い込み金額も安く、また返戻率もお得になっているようです。学資保険のほとんどが出生予定日の140日前から加入可能です。お子さんの将来をあれこれ想像しながら、ご夫婦で話し合うのも楽しいですね。