生命保険に入るメリットとは?イマイチわからない人でも簡単にわかる保険の超・基礎知識

社会人として一人前の大人になった時、結婚して家族が増えた時、出産してママになった時、知り合いや身内が大きな病気になった時・・・そんなライフステージで生命保険に加入する人は多いでしょう。でも、そもそもなぜ生命保険に入る人が多いのか?それはしっかりとしたメリットがあるからです。そこで生命保険の超・基礎知識を紹介します。



生命保険に入るメリットを考えてみる

生命保険のメリットとは何でしょうか?それをきちんと理解せずに、なんとなく、営業の人に勧められるがまま加入していませんか?中には、メリットを感じないので加入しないという人や、解約しようと思っている人もいるかもしれません。

生命保険のメリットは沢山あります。ここでは、基本となる2つのメリットを取り上げたいと思います。

銀行預金と生命保険の比較

自分が死んだ後でも家族が困らないために、銀行に貯金していく場合と、生命保険に加入する場合を比較してみましょう。以下の条件で比較します。

Aさん30才男性:毎月1万円→銀行預金として積み立て
Bさん30才男性:毎月1万円→保険金500万円の生命保険に支払う



メリット①加入した瞬間から安心感が得られる

1年後に亡くなった場合

1年後に2人とも亡くなった場合、家族に残るお金は以下のようになります。

Aさん31才で死亡:1万円×12カ月=12万円+利子
Bさん31才で死亡:保険金=500万円

少ししか払っていないのに500万円!

Aさんの場合は支払った合計額と同じ12万円と、少しの利子だけです。Bさんの場合はどうでしょう?支払った合計額は同じなのに、保険金500万円が家族に届くことになります。

Aさんは銀行預金に少ししか積み立てられませんでした。一方Bさんは、Aさんと同じ額しか払っていないのに、生命保険に加入した瞬間から、家族のために500万円の積み立てが完了したような状態になると言えるでしょう。

少ししか払っていないのに大きな金額を確保できる!これが1つめの生命保険のメリットといえます。

メリット②必要なお金がすぐに届く

30年後に亡くなった場合

では、2人とも60才で亡くなった場合を考えましょう。

Aさん60才で死亡:1万円×12カ月×30年=360万円+利子
Bさん60才で死亡:保険金=500万円

けっこう貯金できたから大丈夫?

Aさんは銀行に360万円と少しの利子が貯まっています。Bさんの保険金500万円よりは少ないですが、まあこれくらい貯金があれば、葬儀費用と、当面の生活費ぐらいにはなるだろうと安心できるのでしょうか?ここで考えたいのは「すぐに引き出せるのかどうか」という点です。

銀行預金は、亡くなってから、相続に関係する手続きが完了するまで、だれも引き出せなくなることが多いでしょう。引き出すには、たくさんの書類を用意する必要がありますし、相続人全員が関係してきますので、そう簡単には引き出せないでしょう。もめてしまったら、引き出せるようになるまで何年もかかる可能性があります。

ですから、自分が死ぬと緊急に必要になる葬儀費用や家族の生活費を、銀行預金でまかなうのは難しいと言えるでしょう。

生命保険なら、必要なお金がすぐに届く

いっぽう、Bさんはどうでしょう?保険会社によりますが、長く見ても、亡くなってから約1週間程で、保険金500万円がご家族のもとに届く事が多いようです。これなら、緊急に必要な葬儀費用や、当面の生活費をまかなうことができるでしょう。

生命保険は、必要なお金が家族のもとにすぐに届くようになっている!これが2つめのメリットといえます。逆に銀行預金は、自分が死んだ後、お金が当分の間は家族のもとに届かないという意識を持った方がいいでしょう。



まとめ

以上が、生命保険の基本的なメリットです。メリットは他にも多くありますので、ご自身で保険代理店へ行ってみたり、ファイナンシャルプランナー相談サービスを活用したりすることをお勧めいたします。また、他の記事を参照しながら、生命保険のメリットとデメリットを十分考えた上で、ご自身の保険を見直してみるのはいかがでしょうか。 ※本記事は一般的な情報に過ぎず、適用法令等の改正、前提事実や個人状況の違いおよび変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。