スペインの物価についてのまとめ

スペインでの移動や宿泊、食事などにかかる費用や、それに付随する情報などをまとめています。



スペインに行くとき知っておきたい通貨の話

流通しているお金の種類(通貨)について説明

スペインはEUの加盟国になります。そのためスペインで使用されいる通貨はEUの加盟国が使用するユーロになります。単位はユーロ(?)補助単位はセント(¢)で1?=100¢です。ユーロとセントにはそれぞれスペイン語読みがあり「エウロEuro」と「センティモCentimo」です。

紙幣は?5、?10、?20、?50、?100、?200、?500の7種類。硬貨は?1、?2、¢1、¢2、¢5、¢10、¢20、¢50の8種類で計15種類あります。ユーロはEUの加盟国で使用できるため表面のデザインは加盟国で共通のデザインになっていて裏面のデザインは発行する国によって異なります。共通する部分はデザインの他にも表面にEUの旗と5か国語の欧州中央銀行の略称が、裏面にはヨーロッパの地図とその他の小島、ラテン文字とギリシャ文字で書かれたユーロの文字があります。紙幣に描かれている全ての建造物はEUの加盟国の各地にある旧跡を連想されるもので、古典時代から現代の建築様式の要素を含む架空の建築物です。

クレジットカードの使用について説明

クレジットカードは最近の海外旅行での必需品となっています。多額の現金の所持していて盗難・紛失すると基本的に現金は戻ってこないので安全面のことを考えても現金を持ち歩くよりクレジットカードを一枚気を付けて持っているほうが便利です。

クレジットカードを海外で使用するときに大事なのはクレジットカードを発行した企業というよりもクレジットカードに書かれているブランドが世界で使用できるかどうかです。クレジットカードの5大ブランドであるVISA、MasterCard、アメリカンエキスプレス、JCB、ダイナースのいずれかを持っていれば加盟店も多いので使いやすいはずです。



スペインでの両替事情

・空港での両替方法について説明

旅行などでスペインを訪れる場合は、到着後に空港内に設置してある両替所で、日本円からユーロに両替するのが一般的な方法です。マドリッド空港やバルセロナ空港、セビリア空港などの主要国際空港では、銀行の出先機関として両替所が設置されていますが、手数料が高く、レートも悪いので、慣れた人はあまり利用しないようです。

こういったことから、スペインを訪れる際には、事前に日本の銀行か出発前の空港でユーロを調達する方が、レートや手数料の面からもお得になります。

・街中での両替方法について説明

スペインに入ってからの両替は、銀行か両替所を利用することになります。このうち銀行については、土曜日・日曜日は営業が休みで、平日の営業日でも午後2時くらいまでの営業となっていることが多いので、あまり利便性が高くありません。

また両替所については、土曜日・日曜日も営業していますし、深夜まで開いているので、こちらの方が両替する際のメインとなるでしょう。

ただどちらもあまりレートが良くないうえに手数料も高いのが現実で、日本国内でのレートに比べて見劣りしてしまいます。

・両替における補足や注意点について説明

スペインでも、旅行の際などは、クレジットカードと現金を併用して支払いするのがベターですが、他のヨーロッパ諸国に比べてクレジットカードがやや使いにくい印象があります。

街中のバルと呼ばれるカフェや小さなショップなどでは、カードの利用ができなケースが多く、それなりの規模のお店でも、30ユーロ以上でなければカード決済できないといった場合があります。

ただクレジットカードがあれば、銀行のATMなどでキャッシングができますので、この辺りをうまく組み合わせるのが賢いやり方です。

スペインでの交通費について

・交通手段の紹介

バルセロナとマドリッドに行きましたが基本的にどちらも地下鉄がかなり便利でした。だいたいどこに行く場合も一回乗るのに1.5ユーロ程度で、市内なら大抵のところへ行けます。1日券もあり、たくさん乗る場合にはこちらを購入してもいいですし、10回券、5回券などもありました。

少しい遠いところに行く場合には、アベントという電車もあり、マドリッドからトレドに行った際はそちらを利用しました。

またタクシーもたくさんあり、初乗り料金は日本よりも安いので気軽に乗れます。バルセロナでは黄色と黒のタクシーはきちんと認可が下りているタクシーらしいのでそれに乗ればまず安全なようです。大抵見かけるタクシーは黄色と黒でしたし、数もかなりありました。

・各手段にかかる交通費

マドリッドでもバルセロナでも地下鉄の料金は同じで、市内の範囲であるなら一度乗るのに1.5ユーロでした。バルセロナではAエリアとBエリアで分かれていて、その地点からどちらのエリアに行くかで料金が若干変わるようでしたが、そこまで金額が大きく変わるようなことはないようでした。遠くに行ったり、何度も乗る場合は1日券がお得で8.5ユーロで購入できます。

アベントに乗る場合はマドリッドからトレドまで約1時間くらいの距離で13ユーロくらいでした。

また、タクシーは初乗り1.5ユーロ程度で地下鉄と同じくらいです。ただ、メーターはサクサク上がってました。認可のタクシーでも止まっている時間もメーターが上がっていたので時間で上がるようです。でも、市内の移動であれば高くても10ユーロ前後で移動できると思います。



スペインでの宿泊費について

・一般的な宿泊施設を紹介

スペインは観光資源を多く持つ国ですから、世界中から注目を集める観光のメッカです。したがって、宿泊施設に関しても、高級なものからリーズナブルなものまで多種多様なものが揃っています。

日本人などが一般的に利用するのは、2つ星や3つ星の中級のホテルになります。このクラスのホテルですと、アメニティの充実度や調度品など、日本人の感覚からすると、すこし安っぽく感じる場合もあります。

これに対して4つ星以上のホテルになると、設備や調度品などが、ガラリと高級になり、サービスなどの満足度も高くなるでしょう。また逆にユースホステルやアパルタメントといった宿泊施設で、とにかく安く泊まりたい人や、長期滞在を考えている人にはぴったりです。

・宿泊施設の金額相場を紹介

スペイン旅行などでの宿泊費に関しては、他の国に比べると、やや割高な印象を持つ人も少なくありません。ユースホステルやアパルタメントなどの安宿を探せば、3000円程度からでも十分見つかりますし、5つ星の高級ホテルとなると、バルセロナなどの人気の都市では、50000円を優に超える価格設定が珍しくありません。

日本人などが良く利用する中級ホテルとなると、おおむね6000円から10000円あたりの価格帯になります。ただ装備などの面があまり充実していない場合もありますので、ホテルステイを満喫したい場合は、もう少し奮発して4つ星ホテルなどを利用する方が良いでしょう。その場合の宿泊費の目安は、だいたい10000円から20000円あたりになります。

家庭の食費で頂くスペイン料理の特色は日本に馴染みがある

・主な料理を紹介

サグラダファミリア協会やアルハンブラ宮殿のような観光地で知られるスペインの料理と言えば何を思い浮かべるでしょうか。知名度の高いパエリヤの他にピンチョス、ガスパチョといったあまり聞きなれない名前の料理もあります。日本では各地域で有名な料理があるようにスペイン料理もまたそういった特色があります。

米料理の一つであるパエリアは地中海沿岸にあるバレンシアでよく食べられます。ピンチョス、ガスパチョは共に前菜、スープのジャンルに含まれ前者からスペイン北東部、南部の方で食べられるそうです。ヨーロッパに属する国ではあるもののパンの他にパエリアを代表とした米や欧米では食べることの少ないタコのような魚介類を食材として扱うので日本人にとって馴染みがあるように感じられます。

・外食した際の金額相場を紹介

スペインのレストランといった飲食店ではアメリカのようにチップは義務ではないそうです。なので、必ずしもお金をおいておかないという必要もありませんがあくまで義務ではないので、普通に接客対応をしていただいたら少しでも置いておくのが大人な対応だと思います。

メイン料理からデザートまでがっつり食べたいという人は地方ではおおよそ9から11ユーロ、大都市では約10から13ユーロが相場だそうです。高級レストランでは1人おおよそ100ユーロ前後かかりますので金銭に余裕を持った観光が必要です。忘れてはいけないのは食事をする際にお冷といった飲み物は別途に料金がかかることです。日本と海外ではモノに対する重要性の違いを頭の中に入れておかねばなりません。

スペイン旅行で気になる税金とチップについて

・消費税や空港利用税などの税金についての説明

スペインには付加価値税(IVA)があり、旅行者の場合は出国時の税関で手続きをすれば払い戻しを受けられます。

付加価値税率は21%、食料品や医薬品は10%(2015年10月時点)、飲食やホテル代など地元で消費したら対象外です。

具体的には、1つの免税店で90.15ユーロ以上を購入する、未開封未消費、購入から90日以内に国外へ持ち出す、免税店でパスポートを提示しレシートとともに払戻書類を作成してもらうです。

出国時の空港税関でパスポート・レシート・払戻書類・航空チケット・未開封未使用の商品を提示するとスタンプをもらえるので、その後は払戻方法を選択します。

スペインには空港税として保安税3.78ユーロ、空港サービス料15.32ユーロ、航空保安料0.58ユーロがかかりますが航空チケットに含まれていることが多いです。

ツアー旅行ではチケットに含まれていないことがありますので注意しておきましょう。

・チップなどの習慣や金額について説明

スペインにはチップの習慣がありますが英語圏ほどに気にしなくても良いでしょう。

多くの場合は特別なサービスを依頼した時などに支払うことがほとんどで、感謝の心付として渡します。

スペインのタクシー料金は追加料金が含まれているのでチップはいりませんが、重い・多い荷物を運んでもらったと感じたときや話が弾んだ時には釣り銭をチップにすることもあります。

一般的なカフェでも10~20センティモが相場です。

ホテルのボーイに荷物を運んでもらったり係員に部屋まで案内された時は三ツ星ホテル以上なら1~2ユーロ、リッツやバラスなどの高級ホテルでは5ユーロ(紙幣で)が相場です。

レストランでは10%程が相場で現金かクレジットカード(請求書のチップ欄に10%上乗せする)で渡します。サービスが悪いと感じた時やもう来ないなら渡さなくても構いません。

スペインのアノ有名観光施設の費用は?

・無料で利用できる観光施設を紹介

多くの美術館や有名建築家による建造物があるスペインは、観光者にとってとても魅力です。

そして、嬉しいことに、バルセロナでは決まった日に、有名建築家ガウディの建築物や美術館、博物館などを無料で開放している日があります。2015年現在では、毎月第一日曜日の主に15時以降から、一部の美術館が無料開放されます。対象にはピカソ美術館、カタルーニャ美術館も含まれます。そして、バルセロナでガウディの建築物に続いて有名なのが、モンタネールのサン・パウ病院ではないでしょうか。こちらも第一日曜日は、終日無料開放されています。日曜ということもあり、無料なのでかなり混雑します。混雑具合によって、入場制限がされる場合もあるので、注意が必要です。

・有料で利用できる観光施設を、その料金とあわせて紹介

スペインのバルセロナでやはり見ておきたいのは、「サグラダ・ファミリア」ではないでしょうか。

バルセロナ観光地ナンバーワンとして、多くの観光客が世界各国からおしよせています。その壮大なガウディの建築物は、いまだに完成していません。チケットは、中に入るだけのもの、エレベーターで上に行けるもの、さらにガイド付きのものと数種類あり、それによって値段が変わります。入場のみでだいたい15ユーロ、エレベーター付きでだいたい20ユーロです。2015年10月現在で、1ユーロは約133円。すなわち、入場のみで1995円ほど、エレベーター付きで2660円ほどです。エレベーターは小さいので、大変込み合いますが、バルセロナの景色を一望でき、おすすめです。

スペインでの買い物にはスーパーが役立つ!

・生活に必要なものを購入するお店を紹介

スペインには、品揃えが良いスーパーを多く見つけることができます。庶民的な印象があるメルカドーナは、スーパーマーケットチェーンでも人気の店舗で、安価で良質な品物を誇るプライベートブランドも並んでいます。オリーブを瓶詰にしたものや魚介類の缶詰、ナッツやチョコレートなど、多彩な食材を購入できます。また、シャンプーやハンドクリームなどのビューティー商品や台所商品まで幅広く揃えられます。

また、カルフールは、世界的にも高い売上で注目されるスーパー。店内は溢れかえるような人で賑わいを見せます。カットフルーツ、ジュース類、パック入りサラダや菓子パンなども充実しているので、お腹が空いた時にも最適。野菜と果物は、商品番号を確認して、電子秤で計量する際に番号を押すとステッカーが出るため、ステッカーを袋の表面に貼り、レジで精算します。

・一般的なおみやげの種類や相場について紹介

スペインみやげとして有名なのが、お酒好きの方にも喜ばれるオリーブです。瓶詰めタイプや缶詰、袋入りなど、色々なパッケージが揃っています。特に袋入りは食べきりの量でかさ張らないので持ち運びにも重宝します。種なしオリーブやブラックオリーブなど種類も豊富で、サイズもピーナツ程度のものから大きいサイズまで選ぶことができます。1ユーロから3ユーロ程度で購入が可能です。

また、オリーブはオイルもお勧めで、特にエキストラ・バージン・オリーブオイルは風味も豊かです。苦みがあるのがお好みならピクアル、フルーティな感じが好きならアルベキーナといったように、好みによって種類を選べます。ミニサイズなら1ユーロほど、750mlであれば4ユーロ程度から揃っています。

こうしたオリーブ関連のおみやげはスーパーで手に入るので、気軽に購入することができます。

スペインの水・タバコ・ビールの価格

・水(ミネラルウォーター)の価格について説明

スペインのものの値段は、ユーロが導入されて以降、ものの値段が上がっています。地域によって値段が異なり、バルセロナやマドリードなどの観光地は基本的に高い値段となっています。北の地域は値段が高く、南の地域では値段が安くなっている傾向にあります。

ミネラルウォーターの値段ですが、500mlのペットボトルだと売店では1本1ユーロ(約133円)、スーパーでは0.5ユーロ(約66円)します(2015年11月2日現在)。

・タバコの価格について説明

スペインでは2006年に、反タバコ法という法律が施行されました。住居以外の全ての建物内での喫煙が禁止されています。飲食店内では分煙が進められてきましたが、2011年からは完全に禁煙となっています。タバコを吸う際には、お店の外に出て吸うようになっているというのです。

タバコの値段ですが、国産の低価格のものなら1箱3.8ユーロ(約504円)くらい、マルボロだと1箱4.75ユーロ(約630円)くらいします。最近では、手巻きタバコの利用者が増えているようです。

・ビールの価格について説明

スペインには、様々なビールのブランドがあります。スペインで最もポピュラーなビールは「マオウ」で、レストランの生ビールもこのブランドが多いです。また、「アルハンブラ」も有名なブランドで、日本のスペイン料理店でもよく提供されています。スペインでは、ビールが安い値段で販売されていることが多いようです。

ビールの値段は、生ビール1杯あたり1ユーロ(約133円)と安い値段で飲むことができます。スーパーでは最も安い値段で購入でき、1本あたり0.3ユーロ(約40円)はします。