「長財布」愛用者はお金持ちが多い!?財布とお金のヒミツ

お金をたくさん稼ぐ人は「長財布」を使っていると聞いたことありませんか?そのような事実があるのなら、ぜひあやかりたいものです。話を真に受けたわけではありませんが、私自身でも長財布を愛用しています。みなさんは財布を購入するのに何を基準とされますか。



なぜ長財布がお金持ちに良いとされるのか?

長財布について

お金持ちは「長財布」を使っている。そのように言われるようになった理由は、ズバリ本が売れたからのようです。本がベストセラーとなり人々の目にとまることによって「お金持ちは長財布を使う」という説が定着していったのでしょう。

ちなみに、「長財布」の歴史はふるく江戸時代にまでさかのぼるそうです。この頃から日本でも紙幣が使われるようになったようですね。そのため、懐紙入れの技術を応用して布製の「長財布」が誕生したようです。それまでは、時代劇にでてくるような硬貨の穴にひもを通して持ち歩くスタイルが定番だったようです。なんだか実感がわきませんね。

長財布はお金に優しい

お金は、財布をきれいに使う人のところに集まるといいます。「長財布」はその点で、とても優秀な財布といえるでしょう。なぜなら、お札を折りたたまずにそのまま収納できるからです。きれいなお札というのは、それたけで良い運気を運んでくれるような気がします。

また、財布に新札を入れておくのも効果的です。無駄遣いの防止にもなりますよ。実際に、お金持ちは社会的地位の高い人が多いこともあり財布の中に新札を常備していることが多いそうです。おそらく、冠婚葬祭など新札が必要になる場面も多いのでしょうね。

小銭入れは別に

お金持ちは、コインケースを財布とは別に用意しているという人が圧倒的に多いそうです。小銭で財布がパンパンになるのは、あまり気持ちのいいことではありませんからね。

実際に、まわりの声を聞いてみても財布に小銭がふえることを嫌う人は多いようです。私自身も会計時に小銭が極力少なくなるように考えて支払をするように心がけています。小さなことからコツコツと。地味なようですが、身近なところから見直してみましょう。



実際は二つ折り財布を使っている?

最近の傾向として

最近では、お金持ちは「二つ折り財布」を使っているという説もあるようです。なんでも、ビジネスエリートの多くは、二つ折り財布を使用しているのだとか。ビジネスマンは忙しいでしょうから、使いやすさや実用性を重要視するのかもしれませんね。

ちなみに、お金持ちのなかには財布を持たないという強者もいるそうです。お金をそのままポケットにしまうという人もいれば、カードしか使わないので現金を持ち歩く習慣がないという人もいるようですね。個人的には、このエピソードがいちばんお金持ちらしいと思います。

二つ折り財布の利点

「二つ折り財布」が誕生したのは意外にも最近で、戦後になってからだそうです。クレジットカードが使われるようになって、カードを一緒に財布に入れるために作られたようですね。もっと前からあるものと思っていたので、とても意外でした。

ちなみに、「二つ折り財布」はコンパクトで持ち運びがしやすいのが特徴です。カードを収納するために作られただけあって、とても実用的な財布といえますね。特に、男性が好む傾向にあるようです。

もちろん、女性でも使い勝手が良いと思いますよ。コンパクトな作りのものが多いので、小さなバックに入れていても邪魔になりません。女性にとってはデザインも大切ですよね。最近では、凝った作りの「二つ折り財布」も多く、カードがたくさん収納できるのは嬉しいかぎりです。

財布は縁起ものです!

財布の買い替え時期

財布を新年に買い替えると縁起が良い。私自身そう信じてきましたが、あらためて調べてみるとそうでもないようです。風水では、春か秋に買った方が良いとおすすめしているようですね。特に春は「春財布」といわれて、とても縁起が良いそうです。

また、3年以内に買い替えるというのも定説のようです。なんでも風水では、財布のパワーが発揮される期間が1000日間といわれているそうです。それで3年以内に買い替えとなる訳ですね。あくまで風水ですから、振り回されるのはさけたいところです。無理をする必要は全くありませんので目安として参考にしてみてください。

色にも意味があります

財布にも、ラッキーカラーというものが存在します。諸説あるようですが、参考までに定番とされるカラーをいくつかご紹介したいと思います。

【金】金色の財布を持つとお金がよって来やすくなる
【白】シロヘビが金運を開ける神として崇拝されている
【黄】お金を引き込む力があるされている
【黒】お金を貯めこむ力があるといわれている

いろいろ調べてみましたが、やはり風水が関係するようです。2016年は土の年だそうで、土を連想する茶系の財布も運気が上がるそうですよ。ぜひ参考にしてみてください。



お金に好かれる財布にするために!

お札の向きをそろえる

お金持ちの共通点もいろいろありますが、お金の向きをそろえて財布に入れているという人は多いそうです。実際に、お札の向きを気にする人は私のまわりにもたくさんいます。

私は以前、百貨店につとめていた経験があります。新人研修の中でもお札の向きに関してはお客様に失礼のないようにときびしく指導されました。縁起かつぎといった意味合いが強いような気もしますが、気にする人はすごく気にします。一般的にひろく知られている事柄でもあると思いますので、覚えておいて損はないと思いますよ。

整理整頓を心掛ける

まずは、余分なものを詰め込まないことが大切です。代表的なものはレシートといったところでしょうか。つい、ため込んでしまいがちですがマメに整理しましょう。レシートを片付けるだけで財布がびっくりするほどスマートになりますよ。

最近よく聞くのが、カードが多すぎて財布がパンパンになるという話です。特に、ポイントカードが増えすぎて入りきらなくなるは定番のようです。ポイントカードというのは気軽に作れてしまうため、つい作ってしまいますよね。しかし、実際は使っていないカードも多いはず。財布に入れるカードの類は、普段よくつかうものに限定することをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか。明確な理由が確立されているわけではありませんが、それなりの根拠はあるようですね。お金持ちの約10割が「長財布」を使用しているという説もあるようです。

実はいちばん大切なことは、とても単純で明快です。「お金」は人生のすべてではありませんが生活のなかで切り離すこともできません。財布を変えることで、自分の中のなにかを変える。すぐに実践できそうなことも多いので、上手に取り入れていきたいものです。

おそらく、財布の種類というよりは「お金に対する意識の高さ」が結果に結び付いているのではないでしょうか。この機会に、意識改革してみるのも良いでしょう。もしかしたら、お金持ちになれるかもしれませんよ。