ベランダリフォームの相場と例|ノーメンテナンスにする方法も!

ベランダリフォームにかかる費用の相場や施工法、施工期間などをはじめ、さまざまなベランダリフォームにかかる費用やユニークなベランダ活用法について紹介します。リフォームというと外装や内装、設備などいうイメージが先行しますが、実はベランダやバルコニーは最も早い段階でメンテナンスが必要と言われています。メンテナンスコストを抑えるベランダリフォームについても考えてみましょう!



ベランダリフォームの相場

ベランダリフォームにかかる費用

ベランダとバルコニーの違いは屋根の有無だということですが、ここでは主に屋根のあるベランダリフォームについて考えてみたいと思います。

ベランダのリフォームにかかる費用は、当然ながらどの程度のリフォームを行うかによって変わってきます。現状から何も変えずに、単なる防水補修工事(FRP工法)を施すだけであれば1平米あたり4~8千円程度、一般的な広さのベランダなら10万円以内でできるのが普通です。

手すりを交換する場合は資材によって幅がありますが、概ね10~40万円以内の追加でできることが多いと思われます。120万円以上かかるという業者も中にはありましたが、それはいくらなんでもかかりすぎです。ベランダをサンルームにリフォームしてもそこまでかからないことが大半です。

相場を知らずに契約するのは危険ですので、必ず2社以上に見積してもらうようにしましょう。「安いところで契約する」というわけではなく、何にどれくらいの費用が掛かるかを把握しておく必要があるからです。比較することで相場通りなのか法外な金額なのかなどが理解できるようになります。

また工事そのものにかかる費用だけでなく、1~2万円程度のエアコン室外機移設費用などを請求される場合がありますが、これは普通配管が短すぎて少しも動かせない場合や、配管が劣化していて触ったら壊れそうだといった場合のみになると思われます。

ベランダリフォームの相場

一般的なベランダリフォーム工事が50万円以上になることはほぼありません。またそれ以上の費用をかけてまでベランダだけのリフォームを行うという人は稀のようです。

通常の防水補修であれば10万円以下の場合が多く、トップコートの補修だけであれば4~5万円程度でできるということです。筆者の親戚もFRP工法のベランダ10平米程度の防水補修工事のみをしましたが、9万円台だったと聞いています。

これが、手すりを変える、屋根や外壁の補修が加わるなどすると変わってきますので注意が必要です。バルコニーにテラス屋根を付ける場合は追加で10~15万円程度発生することが多いようですが、防水工事とテラス屋根工事を別の業者に依頼することもできますので、とにかく実際に見積を取ることが大切です。

手すりは昔のものだとスチールなど鉄製のものも多く定期的な錆止めなどが必要でしたが、現在はアルミやポリカパネルなど、メンテナンスの楽なものも増えています。そういったものに変更しようとすると、40~50万円程度の追加費用がかかってくることも少なくないと言われます。

しかし後々のメンテナンス費用を考えると、初期コストを少々かけて維持費用を節約するほうがいいという考え方の人も多く、手すりだけでなく床面も金属防水を選択する人は近年増えているということです。

ただベランダの面積を増やしたり高耐久資材でリフォームしたりするわけではないのに、同じ素材の補修をするだけで20万円以上の費用が掛かってくる場合は優良業者ではない可能性もあります。相場を知るためにも相見積をするようにしましょう。

FRP防水ベランダ床修理の価格表(単価)
参照元:ヨシカワ防水(2016年1月:著者調べ)

施工事例>エクステリア>ベランダ目隠しスクリーン工事 » 施工事例
参照元:ワントップリフォーム(株)矢田商店(2016年1月:著者調べ)

相場が変わる要因

リフォーム費用が相場より高くなる要因として最も考えられるのは「リフォームする時期が遅すぎる」ということです。

最も一般的なFRP工法だと、5年ごとなどにトップコートのみ塗り替えすれば3~5万円で済みますが、防水層がはがれるまで手入れをしていないと、すべてはがして下地からやり直すことになり最低10万円程度の補修費用は発生します。

また近隣の業者でない場合、交通費や材料運搬費が加算されることもありますので、評判の良い業者があれば近い業者のほうが割安になると言われます。また平日は留守のため休日を指定して工事してほしいなどといった場合は相場よりかなり割高になるようです。

専門業者でなく、住宅会社を通して依頼する場合などは必ず中間マージンが発生しますので、かなりの割高にはなってしまいます。下手をすると相場の3割増し価格になってしまう場合も。相場を正しく把握するためにも一括見積サイトなどを利用して、相見積すると安心です。

防水工事リフォーム|株式会社RH総合サービス
参照元:株式会社RH総合サービス(2016年1月時点、著者調べ)



ベランダリフォーム工事の流れ

床面の補修方法と工事の流れ

ベランダの床面についてはいくつか工法があります。最も採用されているのはFRP工法のようです。最近では防水性と耐久性に優れた金属防水工法も人気だということです。それぞれの工事の流れは以下の通りです。

▼ウレタン塗装
既存の下地撤去・下地組み・固定→下地シートを敷きこむ→ウレタン流し込み(2回)

▼FRP工法
既存の下地撤去・下地組み・固定→樹脂密着のためのプライマー塗布→ガラスマットを敷く→樹脂を塗布→ポリエステル樹脂を塗布→トップコートを塗布

▼鉄板工法
既存の下地撤去・下地組み・固定→結露防止マットの敷き込み→スプリングキャッチャー取り付け→接着→鉄板取り付け→接合部にカバーキャップを取り付け

雨漏りの原因のベランダをFRP防水工事 千葉市花見川区
参照元:街の屋根やさん(株)シェアテック(2016年1月:著者調べ)

雨漏り・防水工事|雨漏り修理、屋上防水のご相談はハウスメンテ静岡
参照元:(株)ハウスメンテ静岡(2016年1月:著者調べ)

工事の流れ|木造ベランダ・屋上に金属防水工法スカイプロムナード
参照元:(株)栄住産業(2016年1月:著者調べ)

ベランダ手すり施工の流れ

ベランダ手すりのみの交換であれば施工期間は1日で済むことが多いようです。流れとしては既存手すり撤去→手すり取り付け→固定、というシンプルな流れになります。

腰高外壁の上部分の手すりが差し込んであるところを笠木といいますが、その手すりの支柱と笠木との接合部の防水が不十分だと浸水して劣化の元になります。こういった部分の防水処理も徹底して行われるか確認するようにしましょう。

リフォーム 大阪 関西ホームズ株式会社 リフォーム110番 | 京阪沿線枚方市でバルコニー,ベランダ手すりの修繕,笠木鈑金リフォーム工事
参照元:関西ホームズ株式会社(2016年1月:著者調べ)

施工例 |ウッドデッキ、バルコニー・ベランダ手すり│エクステリアのMINO
MINO株式会社(2016年1月:著者調べ)

必見!手摺笠木が建物の寿命を縮めている事実 | マンション 防水工事なら、昭島市のイケダSC / マンション 防水工事
参照元:イケダSC株式会社(2016年1月:著者調べ)

ベランダリフォームの施工期間

ベランダの工事期間自体は2~3日間程度とのこと。手すり交換やテラス屋根の取り付けなどだけなら1日でできるようです。外壁の補修や塗装などを伴わない場合は、概ねこういった数日間の工事で済むと思われます。

工事が長引くほど人件費はかかります。早すぎるのも怖いですが、無意味に長い施工期間も不経済です。外壁塗装などと同時リフォームであればリフォーム業者も割安かもしれませんが、ベランダのみの補修であれば、慣れている防水工事業者がいいと個人的には考えています。

防水工事にかかる期間の目安を教えて下さい | 防水工事セレクトナビ
参照元:防水工事セレクトナビ(2016年1月時点、著者調べ)

施工業者の選び方

ベランダリフォームの依頼先

ベランダで最も大切なのは防水です。ベランダが劣化すると雨漏りの原因になりますし一番大切なポイントなので、防水工事を得意とする業者に依頼するのが個人的には最も安心だと思います。

そういった業者が手すりやテラス屋根などを扱っている場合も多いですが、防水工事と同時にテラス屋根を取り付ける場合なども、専門分野が違うことが多いため防水工事は防水業者に、テラス屋根はエクステリア業者にと個別に依頼すると、費用が安く済むこともあるようです。

エクステリア業者は「テラス屋根工事費込みで○○円!」などはっきりした金額を書かれていることも多いため、防水工事と同時に施工してもらう場合でも防水業者からの見積明細書と比較して、業者見積が高ければテラス屋根のみをエクステリア業者に依頼するなどの方法もいいかもしれません。

まずは相見積もりで相場を把握!

やはり数社から相見積を取るのが相場把握の近道です。まずは相場を知ることで、どういった費用が必要で、何にどのくらいの費用がかかるのかを明確にするのがいいでしょう。相場を把握している顧客に法外な見積を出してくる業者はあまりないと思われます。

値引き交渉されるのを考慮して、最初から高めの設定をしてくる業者もあるようです。地元の信頼できる業者や一応建築してもらった業者から見積を取るのもいいのではないでしょうか。手軽に済ませたければ一括見積サイトなどを利用するのもおススメです。

バルコニー・ベランダ・屋上防水工事の工法の違いや価格相場- 外壁塗装駆け込み寺
参照元:外壁塗装駆け込み寺(2016年1月:著者調べ)

gaiheki-kakekomi.com

防水工事の見積比較|防水工事セレクトナビ
参照元:防水工事セレクトナビ(2016年1月:著者調べ)

防水工事の業者紹介と見積り比較の防水工事見積り.com
参照元:防水工事見積り.com(2016年1月:著者調べ)



ベランダリフォーム例3選

1.屋根付き・サンルームにリフォーム

まずテラス屋根を付ける場合は8~20万円程度と幅があるようですが、エクステリア専門業者ならほぼ商品代金のみのような安い費用での施工が可能な業者もあります。

またサンルームにする場合の費用は40万円~70万円程度と言われています。工期は1週間程度となり、一般的なベランダリフォームに比べると長めになりますが、天気を気にせず洗濯物を干せるのが嬉しいですね。

ただサンルームには色々デメリットもあるようで…夏は暑く冬は寒い、建築基準法違反になる場合がある、結局雨漏りの心配があるのでメンテナンスが必要となり面倒…と洗濯物を干す以外にはメリットがないという意見も多いようです。

サンルーム特集-魅力・メリット・デメリット- | スペースガーデニング
参照元:スペースガーデニング(2016年1月:著者調べ)

2.リゾート風にリフォーム

ウッド調にし、ラタンのテーブルセットを置くなどして、アジアンリゾートリビングのような雰囲気にするのも素敵です。下の例では費用90万円でマンションのベランダをリフォームされたそうです。マンションでもベランダをお庭のように使えたら癒しの空間になりますね。

マンションのベランダをアジアンリゾート風に | 名古屋のリフォームとリノベーション モアリビング
参照元:モアリビング(2016年1月:著者調べ)

www.moreliving.co.jp

3.タイルでリフォーム

ベランダにタイルを敷くというリフォームも人気のようです。ウッド調に比べモダンな感じに仕上がって素敵ですね!

ペットのためにベランダをタイルにする人も。DIYで施工する人もいますし、柔軟な施工業者であれば、施主支給のアウトレットタイルでリーズナブルに施工してもらうという方法もあるようです。

厚木市K様邸 バルコニーが変身! | リフォーム施工例 | 東洋ホーム株式会社
参照元:東洋ホーム株式会社(2016年1月:著者調べ)

ベランダの拡張リフォーム_20654 | タイルライフ アウトレットタイル販売(通販)サイト
参照元:タイルライフ株式会社(2016年1月:著者調べ)

ベランダリフォームにおいての注意点

雨漏り対策を怠らない

まず一番気になるのが雨漏り対策です。現在主流のFRP工法はベランダに最適と言われていますが、地震などの揺れで亀裂が生じる可能性が高いのと、紫外線に弱く10年単位でFRP防水再施工というメンテナンスをすべきだと言われています。

下地から変える場合、一般的な広さのベランダで10万円と言われます。雨漏り対策のためには、FRP工法であれば2層以上の施工が必須であると思われます。工事の際には必ず2層で依頼しましょう。

また1.5~2倍ほどの費用はかかると思われますが、屋上庭園などにも使われる金属防水は耐久性に優れていると言われています。

継ぎ目があるので施工によっては継ぎ目のないFRP工法のほうが優れているという意見もありますが、継ぎ目部分にはカバーがされますし、建物の揺れによってひび割れたり紫外線によって劣化したりすることが少ないためメンテナンスフリーと言われています。

わが家のベランダもこの金属防水ですが、本当は木造住宅にベランダを作るべきではないのだそうです。でもどうしても作るなら初期費用は高めになっても金属防水にするか、FRP工法で10年ごとのメンテナンスを怠らないようにするかしかないと思われます。

FRP防水とは
参照元:FRP防水材工業会(2016年1月:著者調べ)

立地に合ったプランを選ぶ

FRP工法はガラスシートを樹脂でサンドイッチするという工法ですが、衝撃で割れやすいというデメリットがあります。線路の近くなど建物が揺れやすい立地だと割れることがあり、その場合は同じ方法でリフォームしてもまた割れてしまいます。

こういった場合は柔らかいウレタン工法のほうが適しているそうです。しかしベランダ防水と言えばFRP工法と信じて疑わない業者も多いようですので、立地に合った提案をしてくれる業者であれば信頼できると言えるでしょう。そのためにはやはり数社からの見積を取るのが安心です。

ベランダ防水工事施工例 – ペイント一番
参照元:ペイント一番(2016年1月:著者調べ)

ノーメンテナンス対策

ベランダというものは、本当に長持ちする家を作りたいなら実は「作らないのが一番いい」のだそう。5~10年単位でメンテナンスが必要となり、それを怠ると雨漏りの原因となるからです。筆者の以前住んでいた戸建賃貸はベランダもバルコニーもなく、1階にテラスがあるのみでした。

外壁も樹脂サイディングというメンテナンスの楽なものだったので、維持費用や雨漏り対策を重視している家主さんだったのでしょう。何軒も同じタイプの賃貸住宅を持たれていたので、面倒の多いベランダを作らないことにされたのだと思います。

それでもベランダが必要なら、最もメンテナンスの心配がないのは金属防水だと言われています。多少費用はかかりますが、金属防水にすることで30年保証となる場合もあります。どうしてもベランダを作る場合は、金属防水にするのがおススメです。

また外壁の上部、手すりを取り付ける部分(笠木)にはアルミ製などのカバーがされることが多いですが、そちらの防水対策も万全にしておかないと接合部から水が入って中が腐ってしまうこともあるようです。

防水対策で手すりを付けないにしても、外壁のままでは圧迫感がありますし、布団挟みが使えないという欠点もあります。本当にベランダはメンテナンス面では難しいのです。

耐久性能|木造ベランダ・屋上に金属防水工法スカイプロムナード
参照元:(株)栄住産業(2016年1月:著者調べ)

ベランダリフォームまとめ

ベランダリフォームは、戸建の場合最も早いサイクルでメンテナンスすべき場所だと言われています。実際は雨漏りなど切羽詰まらないとリフォームしないことも多いと思われますが、表面の塗装を5~8年ごとにしておくだけでも耐久性は変わるようです。

ノーメンテナンスにするには木造なら金属防水が最適のようですが、FRP工法より費用はかかります。しかし、維持費や手間の削減のためには選択の余地はあると思われます。FRPは紫外線に弱いので、ウッド調のすのこのようなものを敷いて紫外線を遮るのも一手だそうです。

ただFRPは硬く割れやすいため、あまり上に何かを敷いて衝撃を与えると雨漏りの原因となるひび割れなどが心配ですので注意しましょう。

マンションなど鉄筋コンクリート造であればタイル調のおしゃれなベランダにするのも素敵ですね。耐久性も大事ですが、ベランダリフォームで癒しの空間づくりをするのもなかなかいいかもしれません。

塗料販売サイト 防水塗料 株式会社山屋商店 | 塗料の情報館 | 防水塗装のやり方・DIY編
参照元:株式会社山屋商店(2016年1月時点、著者調べ)