夢の〈ガレージ〉を持ちたい!費用はいくら必要?予算別で紹介します

カースペースやカーポートといった車を置くだけのスペースと違い、ガレージは様々な面で活用できさらには生活を豊かにしてくれる存在にもなります。ガレージ専門雑誌なども発売されているとおり、家の敷地に夢のガレージを建ててみたいと思う人も多いのではないでしょうか。その一方で費用がわからなくて一歩踏み出せないでいる人もいらっしゃるのではないでしょうか。ぜひ参考にしてみて下さい。



ガレージとは

一般的な駐車スペースはコンクリートを整備しただけのカースペース、そこにアクリル製の屋根と支柱などを取り付けたカーポートがあります。ガレージは二輪車や車を入れる屋根付きの家と考えてみるとわかりやすいのではないでしょうか。

カースペースやカーポートは雨や風を完全にしのげませんが、ガレージは天候に関係なく車などを置くことができるのがメリットといえるでしょう。さらにガレージを持ちたいと思う人の多くはただ単に雨風がしのげるだけではなく、大好きな車を眺めることが趣味であったり、自分なりに車をカスタマイズしたりという趣味がある人も多いことが特徴です。



どんな種類があるの?

ガレージの種類には、バイクや自転車などを収納できる通常の物置よりひと回り大きいタイプのもの、普通車が収納できるものなどがあります。本格的なガレージになると車のスペースはもちろん、水回りやキッチン、ロフト付きなどあらゆる希望に応じた構造のものが作ることが可能です。ガレージが建てられる敷地の広さと予算にもよりますが、どんな目的でガレージを使いたいのかということを明らかにしておくとよいでしょう。

予算別でガレージ費用を検討しよう

ガレージを建てるためにはガレージキット(本体)プラス土台部分の整備費用、土台とガレージを固定する等その他設置に必要な費用がかかることを想定しておきましょう。それぞれの費用は土地の状況や広さ、ガレージ種類により異なります。以下の予算は本体価格をベースに考えたトータル費用の目安としてご紹介しておりますので実際の金額とは異なる場合もあることを承知の上、ご参照ください。

予算100万円以内でおさえるなら

物置またはミニストレージとよばれるものがこちらの価格帯に多いでしょう。ガレージのデザイン性にこだわらない人におすすめです。ガーデニング用品などを入れておく物置をイメージしてみるとわかりやすいですが、バイクが置けるサイズの物置と考えてみても良いかもしれません。照明、断熱材、シャッターなど一般的な物置より優れているものもあります。

中古なら40万円から検討できるようです。ネックとして考えられるのは、あくまでも収納だけで考えられているためエンジンをかけたりするような作業が難しいことが想定されます。必要なメンテナンスはミニストレージの外で行い、終わったら工具などと一緒にバイクを収納するような使い方が一般的になるのではないでしょうか。

バイクの他にもスキーやスノボー、キャンプ用品など季節用品を収納する用途にも使えるでしょう。

ミニストレージシリーズ|中古製品|製品情報|三協フロンテア株式会社
参照元:三協フロンテア株式会社(2016年1月時点、著者調べ)

予算100~300万円までなら

物置よりはもっとかっこいいデザインが良いと思う方は、デザインに富んだミニストレージがおすすめです。バイク1台の大きさでもデザインにこだわると100~200万円ほどを見積もっておくとよいでしょう。

さらに車を収納したい人は有名物置メーカー(I社)でシンプルなデザインのガレージ(車庫)を設置することが可能です。シャッター式で車の収納にも安心です。車1台分か2台分かで設置完了までのトータル費用にも変動があると思われますが、定番のガレージを持ちたい人におすすめです。

バイク ガレージⅢ/KAZUKEN CO.LTD/ガーデンプラット
参照元:ガーデンプラット(2016年1月時点、著者調べ)

【楽天市場】【楽天最安値挑戦】イナバガレージ ガレーディア 新商品GRー200HL−2 ハイルーフモデル 多雪地型 中型車・大型車2台用クラスの駐車庫 庭 駐車場パーキングスペースエリアに設置 エクステリア DIY 稲葉製作所】【RCP】:LIFE STYLE’S
参照元:楽天/イナバガレージ(2016年1月時点、著者調べ)

予算300~500万円までなら

本格的かつ自分好みのガレージを持ちたい人におすすめなのがこちらの価格帯です。車を収納したい人であれば普通車サイズの車1台分がカッコよくおさまることが多いでしょう。中でメンテナンスをしたい人にも向いています。

自分好みであれば毎日ガレージに行くのも楽しみになりそうですね。デザインを優先するか、収納や配線といった機能的な面を優先するかで選べるガレージがいろいろと出てくるのが特徴です。

大分県初!!アメリカンスチールガレージ/KAZUKEN CO.LTD/ガーデンプラット
参照元:ガーデンプラット(2016年1月時点、著者調べ)

予算500~1000万円前後なら

先ほどの自分好みのガレージと比べるとこちらはさらに生活を考えた設計のガレージができるでしょう。たとえば車1台プラス自分の部屋またはオフィス、車好きな人であればお気に入りの車を眺められるロフト付きにしたり、メンテナンスで手が汚れてもすぐに洗える水場をつけたりすることもできます。

ガレージが自分の生活の一部になり、生活そのものを心豊かにしてくれる存在になるかもしれません。

希望のガレージキットを検索|ガレージの販売、施工、設計のグリーンベル
参照元:グリーンベル(2016年1月時点、著者調べ)



Myガレージを見積もってみよう

おおよその傾向はわかったけれど、自分が望むガレージが実際にはいくらほどで建つのだろうか?と疑問に思った人は以下で確認してみましょう。

インターネット

車を収納できればOKという人であれば、定番のガレージを探して本体価格がいくらになるのかを比較検討することが容易です。例えば有名物置メーカーのI社製物置であれば、楽天などのショッピングサイトにも既定の大きさと価格が載っています。工事費用は別途かかることを忘れないようにしましょう。

また定番の中でもある程度希望どおりにつくりたいのでしたら、以下の見積もりサイトを利用してみましょう。奥行、高さから工事の方法まで設定することができます。遠方からの場合は配送料がかかることがありますので考慮しておくとよいでしょう。

ガレージ(ベルフォーマ)の自動概算見積りシステム | コウケンNET
参照元:KOKEN(2016年1月時点、著者調べ)

メーカーに問い合わせる

自分好みのガレージにしたい人はガレージ専門のメーカーに問い合わせをしてみるほうが早いでしょう。インターネットで見つけたとしても、できれば実物を見に行って決められることをおすすめします。写真だけではわからない、広さや材質などを感じることができ本当にお気に入りのガレージになるかどうかがすぐに判断できるでしょう。

発注後に予想されることとして、メーカーが遠方の場合は工事業者の宿泊費などがかかることもあります。見積もりは入念に行いましょう。

税金についてのマメ知識

ガレージを家とは別に建てると固定資産税が発生するとみてよいでしょう。額は地域ごとに異なりますが、総務省の「固定資産評価基準」により課税されます。すでに一戸建てを所有している場合は、ガレージ分が追加課税されます。

これから建てる人は市役所などに相談すると税金がどれくらいになるかの目安がわかるでしょう。固定資産税は広さだけではなく、ガレージに使われている材料によっても異なります。ある程度見積りが決まってからのほうが具体的に把握できるでしょう。

参考までですが、上記にご紹介しているガレージはすべて屋外設置型となります。それに対して戸建ての中に駐車スペースを確保して建築する「ビルトインガレージ」もあります。その場合、固定資産税は一戸建て分のみになり税金の節約になることもあります。

新築時にガレージを一緒に検討されている方は、屋外設置型かビルトインガレージどちらがお得になるかを考えてみてもよいのではないでしょうか。

固定資産評価基準
参照元:総務省(2016年1月時点、著者調べ)

まとめ

ガレージを作る際は、予算をしっかり立てて、さらに事前にインターネットなどで見積もりをチェックしておくことをオススメします。

また、ガレージは屋外にあるものと考えると防犯対策はしっかりとしておくことも大切でしょう。ガレージを「夢のガレージ」とよぶ人も多くいますが、私たちは日常をただ単に消耗するのではなく、家族が寛げるような快適な空間のガレージを作って、そこで過ごすことで心豊かになることも大切だとおもいます。あなたのガレージが、その豊かさをもたらしてくれるものになりますように。