老後にできる仕事とは?【今から始める自己分析と資格取得】

老後の仕事について考えたことがありますか?今やお年寄りという言葉が当てはまる人が見つからないという位、60代70代の方はずばり若いです。「老後は新たに別の仕事に挑戦したい」という方や「今までの経験を生かして働きたい」という方のために、今から始めてほしい自己分析の方法と老後に役立つ資格取得についてご紹介します。



老後にできる仕事とは?

皆さん、老後にできる仕事について考えたことはありますか?「老後には今やれないことをやってみたい」とわくわくしている人もいると思います。また老後に向けて「今のうちに何か資格を取得しなくちゃ」と焦っている人もいると思います。

そこで今回は

・老後にやりたい仕事を見つけるための自己分析方法
・今のうちに勉強して取ったら老後に有利になる資格とは何か?

この二つをご紹介します。



自分を再発見。自己分析をしてみよう!!

さて、老後にやりたい仕事を見つけるにはどうしたら良いのでしょうか。ただなんとなくやみくもに「やりたい仕事って何だろう」と考えていても頭の中が混乱してしまい、具体的にはなかなか見つかりません。大切なのは実際に動いてみることです。

「老後だからやれる仕事が少ないのでは?」と懸念してしまう場合もあるかもしれませんが、探し方によってはいろいろな仕事が見つかる場合もあります。しかし見つかった仕事に採用されるためには、その仕事をやりたいという熱意や仕事に対する適性が大きく左右してくるのです。

その熱意を持つには自分の性格や適性をよく把握し「これならやりたい!」と思えるような仕事を見つけることが大切です。 

具体的に自分の性格や適性を知るにはどんなことをしたら良いのでしょうか。

自分の性格を書き出してみる

わかっているようでいて、自分が本当は何が好きなのか?を忘れている人も少なくありません。
そこで改めて、自分の性格を再確認してみましょう。

例えば、こんな風に書いてみるのです。
・人と話すのが好き
・外に出かけるのが好き
・体を動かすことが好き 

逆に嫌いなことを書いて見ることも大切です。 
・家に閉じこもっているのは嫌い 
・一日中誰とも話さないと暗くなってしまうので嫌だ 

書いてみるとあらためて「自分がどんな仕事をすることで充実した一日を過ごすことができるのか」が分かってきます。

条件を満たす仕事を探してみる

このようにして自分の性格を把握できたところで、この条件に合う仕事を探してみましょう。こちらに記載したサイトは60歳以上歓迎のお仕事が載っています。

60歳以上のシニアアルバイト求人なら【グラン・ジョブ】関東版
参照元:バイトル (2016年1月著者調べ)60歳以上に特化した求人情報ならディップのアルバイト情報バイトルの【グラン・ジョブ】。エリアや経験・未経験などから探せて便利です。短期や日払いなど人気条件のバイトも充実しています。セカンド・ライフをアクティブ・ライフにしませんか? 例えばこちらのインターネットサイトですが、60歳以上の求人に特化したサイトになります。60代以上歓迎の求人を自分の働きたいエリアや期間、職種別に検索することができます。

60歳以上のアルバイト・バイト求人情報|【タウンワーク】でバイトやパートのお仕事探し
参照元:タウンワーク(2016年1月著者調べ)60歳以上のアルバイト・バイト・パートを探すなら【タウンワーク】。ご希望のエリア・職種・給与で探せるから、あなたにピッタリのアルバイト・バイトが見つかる!60歳以上のお仕事探しは業界トップクラスの求人数を誇る【タウンワーク】をご利用ください。 こちらのサイトも同じく60代以上歓迎の求人をエリアや職種別に探すことができます。 例えば先ほどの例で書き出した人物像から検索するとすれば、上記の「グラン・ジョブ」のサイトであれば「人と話すことが好き」や「外に出かけることが好き」という該当項目からサービス業などが当てはまりますね。

サービス業であればホテルの清掃サービスやスーパーのオープニングスタッフ、子供と一緒に遊び安全管理をするプレリーダーという珍しいお仕事も出てきました。

ハローワークに相談してみる

インターネット検索よりも誰かに相談して考えたいという方はお近くのハローワークに行くというのも一つです。

ハローワークでは特に漠然とした相談でも受付けてくれます。しかし上記のような性格分析を行って、できるだけ具体的な相談ができるようにしたほうが、効率的なアドバイスを受けることができます。

相談員の対応はその人によって温度差はあるかもしれませんが、親身になって話を聞いてくれる人なら、その人の名刺をもらって次回行ったときに「この人に相談にのってもらいたいのですが」といえば、要望を聞いてもらえるかもしれません。

ハローワークで仕事を探す人はカジュアルな格好の人も多く、特にスーツで行く必要はありません。しかし参考になるようなアドバイスをもらったときのために、筆記用具は必ずもっていくようにしましょう。

ハローワークインターネットサービス – ハローワーク等所在地情報
参照元:ハローワークインターネットサービス(2016年1月著者調べ) こちらから具体的にお近くのハローワークやハローワークの求人情報を検索できます。

老後に向けて取ったら有利な資格とは?

では実際、どんな資格を取ったら老後に役立つのでしょうか。いくつか挙げてみます。 

・行政書士
・英検、TOEIC
・管理栄養士
・医療事務
・マンション管理士
・調理師
・訪問介護員など福祉関係の資格
・第二種自動車運転免許、大型運転免許
・宝石鑑定士、美術鑑定士

このようにたくさんの資格があります。この中から自分の適性に合わせて考えてみると、どの資格を取るのが良いのかわかってくると思います。例えば最初にあがっている行政書士は遺産問題などが生じたときの遺言書作成や外国人の日本滞在に対しての在留資格の申請などの業務で、ニーズも高まってきている分野です。文章を書く人には向いてそうですね。また座り仕事なので体力に自信がない人でも挑戦できそうです。

他には調理師なども良いですね。お店はもちろん、企業や学校の食堂などでも働くことができますし、調理技術や食品の衛生管理についても学べるので、自身の食生活も豊かになりそうです。少し掘り下げてチーズプロフェッショナルや薬膳コーディネーターなどの資格を取ると、より希望の職種に近づけるかもしれません。こちらはもちろんお料理が好きな人や人と接することが好きな人に向いている資格なのではないでしょうか。

1クリックでOK!タイプ別オススメ資格ガイド【ユーキャン】
生涯学習のユーキャンへようこそ。こちらは、1クリックで資格が見つかる!タイプ別★オススメ資格ガイドのページです。5つの中からあなたに近いタイプをクリックすれば、手軽に簡単に、ピッタリな資格が見つかります。 ちなみにこちらのサイトなら「かんたんな資格から始めたい」や「食に関するスキルを身につけたい」等、自分の趣向をもとに取りたい資格を探すことができますよ。



まとめ 老後の仕事について

いかがでしたか?今回は老後に熱意をもてる仕事を探すための方法や、老後に向けてとっておくと有利な資格についてのお話でした。

「老後」という言葉を聞いただけで不安になる方も多いと思いますが、老後は第二の人生です。今までとはまったく違うタイムスケジュールで行動できるのですから、自分の人生の新たな門出と考え、わくわくしながら次にやりたいことを探してみてはいかがでしょうか。

老後とは今の積み重ね

結局のところ、老後とは今の積み重ねでもあります。今から10年後、あるいは20年後の心配をするよりも、「これから半年後までに○○ができるようにしよう」あるいは「少なくとも3年後までには○○の資格を取得しよう」と考え、着実に努力しステップアップしていくことで、それが老後のあなたを作るのだと思います。

もちろん仕事のスキルだけではなく、心持ちということも大切です。一日一日を明るく笑顔で生きていくことによって、あなたの老後の表情もいきいきとしたものになります。そんなあなただからこそ、仕事の雇用者はあなたを雇いたいと考え、あなたの仕事のサービスを受ける人は心地良いと思うことができるのです。スキルがなくたって笑顔やサービス精神でできる仕事もたくさんあります。

あとはやっぱり体力ですね。老後は清掃業務などの肉体労働の募集というのも多く見受けられます。そんなときでも対応できるよう体力を蓄えておくことも大切です。食事や運動などの健康管理を行い、今から体力をつけておきましょう。