そろそろ同居する?<二世帯住宅へのリフォーム>徹底解説!

そろそろ同居かなと考えて、二世帯住宅へのリフォームを考えている方が増えています。しかし、リフォーム自体の知識がなくて不安な方もいるでしょう。どんなところに注意が必要なのか?費用の支払いはどうすればいいのか?業者はどうやって選べばいいのか?そんな方へ、二世帯住宅へのリフォームについて徹底解説します!



二世帯住宅へのリフォームについて

最近は、二世帯住宅へのリフォームについて検討している人が多くなってきています。二世帯住宅を希望する理由としては、働く女性が増えたことがあるでしょう。フルタイムで働く母にとって、心配なのは子供のことや家事の負担です。

二世帯住宅にすることによって、いざというときに頼りになる親世帯は、とてもありがたいものです。また、子供にとっても家に誰かがいてくれることは、安心感があるでしょう。親世帯にとっても、何かあったときに一緒にいてくれる身寄りがいるということは、健康の面でも心情面でも心強いものです。

さらに光熱費の節約にもつながる面も大きいようです。このように、お互いにメリットが大きい面でも、二世帯住宅へのリフォームを検討する人が多くなっているようです。

生活スタイルに合わせたプラン

二世帯が快適に過ごすためには、その空間をどう使うかということがポイントになってくると思います。親世帯と子世帯の考え方や生活習慣、関係性などで、どのような形での同居をするかが変わってきます。

二世帯住宅には、その生活スタイルに合わせて3つのタイプに分かれます。まず、それぞれがプライバシーなどを尊重しながら独立して生活をする「完全分離型」、生活の空間は分けながら、リビングやダイニングなどの共有する空間を作る「部分共有型」、そして大家族のように家族全員が生活を共にする「同居型」となります。

ではそれぞれの特徴を確認していきましょう。

完全分離型の二世帯住宅

玄関を別々にし、二世帯それぞれの空間を独立させた形が「完全分離型」となります。お互いの生活環境やプライバシーを大切にしたいと考える方が、このような独立させた形を選択するようです。この独立のさせ方には、上下型と左右型とあります。

上下型の場合は、1階に親世帯、2階に子世帯というように、上下にそれぞれの生活空間を作る形になります。また左右型は、真ん中で親世帯と子世帯と分ける形になります。そして、家の中に行き来がしやすいよう繋ぐ部分を作ることで、繋がりを作るようになっています。

こうした完全分離型の場合は、お互いにそれぞれの生活空間を作る必要があるため、比較的に大きなスペースが必要になってきます。

部分共有型の二世帯住宅

玄関をひとつにし、キッチンやリビングなどを世帯ごとに分けるなど、独立性を高めながらお互いが共有する空間もつくる形が、部分共有型の二世帯住宅になります。お互いのプライバシーを守りつつ、世帯の交流もできるようになるため、その共有する空間をどれくらいにするかによって、生活の環境が変わってくるでしょう。

共有する空間があるので、家事分担などもしっかり話し合う必要がありますね。しかし、交流がしやすいので、子供にとっても親にとっても安心感は大きくなりますし、逆に負担に感じる面もあるかもしれません。そのバランスが部分共有型の二世帯にリフォームする鍵となるでしょう。

同居型の二世帯住宅

キッチンやダイニングリビング、お風呂などを共用し、親世帯と子世帯が一緒になって生活をする同居型は、その関係性が良好でお互いに受け入れ対応できることが大切なポイントになってきます。昔ながらの大家族のような家ですね。

水回りなどをひとつにすることでスペースが空くので、家族が集うリビングを大きくしたり、それぞれの部屋を広めにとったりもできますし、子世帯専用のミニキッチンなどを作ることで、プライベートの確保もできますね。また、完全独立型に比べればその建築スペースも少なく済みます。



二世帯住宅のメリットデメリット

二世帯住宅にするということは、その形にもよりますが、親世帯と子世帯が同じ敷地内で過ごすということになります。今まで別々で住んでいた世帯が一緒に暮らすことにより、生じる問題や気持ちの上での安心感など、そのメリットやデメリットがありますね。

二世帯住宅にリフォームするにあたって、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

経済的や精神的なメリット

二世帯が一緒に住むことによって得られるメリットのひとつが、精神的な安心感でしょう。そばに誰かがいてくれるということは、心強いものです。何かあったときに、お互いに助け合えるという安心感は大きなメリットになります。

高齢になっていく親世帯にとっては、健康面での心配が出てきますが、子世帯がそばにいてくれるということは、精神的にも安心ですし、子育て世帯にとっては、子供の世話などを助けてもらえれば、安心して仕事もできますね。

さらに経済的なメリットもあります。お互いに購入したものを共有することができたり、食事などの支度も別々で作ったとしてもお裾分けなどができたりと効率的です。そして光熱費などの基本料金も完全同居であれば無駄がありません。それぞれの独立型での住宅であれば、光熱費のメーターを別々にすることで、金銭的なトラブルも避けられます。

生活習慣などの違いのなど

今まで別で暮らしていた世帯同士が一緒に住むということは、それぞれの生活習慣などの違いがある場合に、それぞれが互いに気になることが出てきたり、過干渉になったりするようなことがあります。こうした生活習慣の違いは、気になりだすとお互い気持ちのすれ違いが起こりがちです。

完全同居の場合は、共有する空間も多いため、こうしたストレスを抱えることも少なくないですね。二世帯住宅にリフォームを検討している場合は、その空間の作り方をその世帯の状況や考え方に合わせていく必要があります。

せっかく一緒に暮らすのですから、お互いが気持ちよく毎日を過ごせるのが一番いいですね。そういった面で、しっかり検討することが大切になってきます。

リフォームにかかる費用

二世帯住宅へリフォームを考えている方にとって気になるのは、やはりその費用でしょう。予算を検討するにあたって、どのくらいの費用がかかるのか、知っておきたいですね。

その費用は30万円以下、30万円から150万円、150万以上という感じになるようです。安価で住むようなリフォームでは、今の住宅にそれほど手を入れないで設計をする場合で、同居をするにあたって古くなってきた気になる所を合わせてリフォームする場合は、高価になります。

また、その二世帯住宅の生活スタイルによっては、1,000万円を超えるリフォームも多くなってきているようです。ではあくまでも目安として、おおむねどれくらいかかるのか確認してみましょう。

フルリフォーム

分離型の二世帯住宅の場合は、建て替えをすることが多くフルリフォームとなってきます。この場合の目安は、坪単価になります。二世帯住宅で目安になる坪単価は、1坪(延床面積)当たり60万円~90万円となるようです。さらに、水回りなどの設備などの数も増えるので、そのグレードによっては、その単価も高くなってきます。

例えば、敷地面積が30坪で、延床面積50坪の完全分離型の二世帯住宅を新築する場合は、そのグレードにもよりますが、おおよそ3500万円程度となるようです。これは建て替えのようですね。しかし多くは、約1,500万円程度のリフォームが相場のようです。

二世帯住宅リフォームの価格・費用相場|リフォームの相談・見積りを無料・匿名で比較するなら【HOME'S】
参照元:【HOME'S】(2016年1月、著者調べ)

水回りとダイニング

二世帯同居のために、水回りや部屋を新しくするなど、建物の構造を変えるような場合は、大きな出費がかかってきます。例えば、対面キッチンに変更したりすると、配管工事なども必要になってきます。壁などもきれいに仕上げるなど、水回りとダイニングをリフォームする場合は、おおよそ400万円の費用が必要になってきます。

その内訳としては、材料費としてシステムキッチンや照明などで約200万円、水回り工事や排気工事・フローリングや天井の張替え工事などで約200万円となるようです。

キッチンリフォームの価格・費用相場|リフォームの相談・見積りを無料・匿名で比較するなら【HOME'S】
参照元:【HOME'S】(2016年1月、著者調べ)

玄関のリフォーム

イメージとしては、2階を子世帯が使用するにあたって玄関を広げ収納を増やしたり、プライバシー確保のための階段へのドアの取り付けたりした場合の費用では、おおよそ100万円となります。その内訳としては、ドアや玄関用の木材として約30万円、玄関の拡張や階段入り口のドアの設置・床張りなどで約70万円となります。

玄関のリフォームは比較的簡単にできるもので、お互いの世帯のプライバシー確保ができ、良い距離感を保てるようになります。

玄関リフォームの価格・費用相場|リフォームの相談・見積りを無料・匿名で比較するなら【HOME'S】
参照元:【HOME'S】(2016年1月、著者調べ)

トイレの増設

二世帯で住むことになると、多くの場合2階に子世帯が住むことが多くなりますね。その場合によくされるのはトイレの増設です。今までなかったところに給排水設備を付けるためには、それなりに費用がかかります。例えば、2階の押入れをトイレにする場合の費用としては、おおよそ55万円です。

その内訳としては、トイレなどの機器代金として約15万円と、給排水管設置の工事などで約40万円となります。大人数の家族となるとやはりトイレの増設は欠かせなくなりますね。

トイレリフォームの価格・費用相場|リフォームの相談・見積りを無料・匿名で比較するなら【HOME'S】
参照元:【HOME'S】(2016年1月、著者調べ)

階段などの手すりの取り付け

二世帯リフォームの中でもっとも多いのが、バリアフリーリフォームとなります。例えば、手すりの設置であったり、段差をなくす、ドアを引き戸にしたりするなどがあります。その中でも階段に手すりをつける場合のおおよその費用は12万円です。その内訳としては、手すりの代金として約5万円、設置費用として約7万円となります。

バリアフリーリフォームの価格・費用相場|リフォームの相談・見積りを無料・匿名で比較するなら【HOME'S】
参照元:【HOME'S】(2016年1月、著者調べ)



リフォームの流れ

リフォームをすると決めたら、完了までの流れを理解しておきましょう。そしてそれぞれのステップごとに注意しなければならないことを前もって整理しておけば、後悔のないリフォームができると思います。
リフォームまでの流れは以下のようになります。

①リフォーム箇所を考えて整理する
②リフォームする会社選びの情報収集
③打ち合わせと見積もり
④プラン決定と契約
⑤リフォーム工事
⑥費用の支払い

では順を追って注意したい点やポイントを確認していきましょう。

リフォーム箇所を考え整理する

はじめにすることは、リフォームが必要な箇所、リフォームをしたい箇所を家族で話し合うことです。必要な箇所については問題なく優先順位が先になりますが、それぞれの希望なども加味して、どこをどのようにリフォームしたいのかなどを洗い出します。そして、その優先順位を整理しましょう。

リフォームは大きなお金がかかりますので、この優先順位を元に、この先の5年10年を見据えて考えていくことが大切です。また、整理しながら予算についても考えておくことが大切です。

リフォームをする会社選びの情報収集

次はリフォームに関する情報収集をしていきます。インターネットや雑誌などで、基礎知識はもちろんのこと、システムキッチンや温水便座などの設備機器、そして工事費用など、おおよその予算とどのくらいの差があるのかなどを調べていきます。

また施工会社についての情報も収集しましょう。インターネットを上手に利用して、無料で複数の会社に依頼をしてみます。このときはまだ匿名で大丈夫です。その対応などを見極めて、ここで施工会社をいくつか選択しておきます。

打ち合わせと見積もり

施工をお願いする会社をいくつか絞り込みをしたら、今度はリフォームしたい場所を確認してもらい、調査をしてもらいます。希望とイメージをきちんと伝えることが大切です。具体的に伝えるためには、雑誌やインターネットで探したイメージの写真などを活用すると、伝わりやすくなります。

いくつかの会社と打ち合わせをしながら、施工会社を見極めていきましょう。相性の問題であったり仕事に対する姿勢なども大切ですが、具体的にサイズを測ったり質問にたいしての回答などについても判断基準になってきます。見積もりを依頼をする際は、いくつかの施工会社へ見積もりを依頼していることなども伝えておいたほうが良いでしょう。

注意しなければならないのは、各社の見積もりをしてもらうときに、同じ条件での見積もりをしてもらうことが大切です。別々の対象物では比較ができませんので注意して下さい。

プラン決定と契約

複数の見積もりを比較して、いよいよ1社に絞り込みをしていきますが、このときに金額だけで比較をしないことが大切です。あまり安い見積もりを出してくる場合は、それなりに理由があるでしょう。それは、施工自体に適正価格というものがあるからです。事前の情報収集がここで生きてきますので、ある程度の費用はしっかり調べておくことが重要ですね。

その情報と見積もりをみながら検討をし、内容について施工会社の営業としっかりと確認することです。疑問などはこの時点で解消しておくことが大切です。

1社に絞り込んだら、契約の前に再度の確認をしてください。希望通りのリフォームなのか、納期はいつなのか、間に合わない場合はどうするのか、費用の支払い方法やその時期はいつなのかなど、後々トラブルとならないように、しっかりと確認をしておきましょう。また、口約束は厳禁です。しっかりと契約書を取り交わしておきましょう。

リフォーム工事

実際に工事に入ったら、ご近所などの一言も忘れないようにしてください。工事が始まると、騒音や振動などがありますので、いつごろまでの工事なのかというスケジュールについても伝えておくと、ご近所トラブルを避けることができるでしょう。また、工事のときは任せっぱなしにせず、時々様子を見に行くことも大切です。工事の進み具合やその状況を確認して下さい。

また、工事に入る前に転居などが必要な場合には、その費用がかかることもありますので、その内容によって費用も確認しておくことも忘れないようにしてください。

費用の支払い

費用の支払い方法については、見積もりの段階で確認をしておきましょう。どの段階でどれくらい支払う必要があるのか、いつまでに準備をしておく必要があるのかなど、重要な部分になります。

多くの場合、前金を支払って、工事終了後に残りを支払うことが多いようです。最後の支払いをする前に、完成した状態を隅々までしっかりと確認してください。傷や細部の仕上がりなどもそのときに指摘すること、また後々の不具合に関しての修理についても確認が必要です。その上で残りの費用を支払うようにしましょう。

リフォームの基礎知識

リフォームは初めにしっかり段取りや計画をしておくことが大切です。そうすることで、スムーズに進めていくことができるでしょう。しかし、初めてのリフォームは不安も多いですね。だからこそ、基礎知識が必要になります。ポイントとコツをしっかり押さえて、後悔することのないリフォームにしていきましょう。

事前準備の重要性

リフォームの目的とは修理だけではなく、今のライフスタイルに合った住宅へ生まれ変わらせることです。何より重要なのは、今の住宅の中でどこが不満なのか、なにを変えたいのかということを具体的に家族で話し合いましょう。そしてその優先順位を決めて、今回のリフォームではなにをするのかを決めておくことです。

リフォームが始まってから、あれこれ考えていては遅いのです。初めにしっかりと決めておくことで、そのための事前準備、いわゆる情報収集から見積もり依頼までがスムーズに進んでいきますし、費用の面でも計画的に準備ができるでしょう。目的ははっきりしないまま進めてしまうのは、後悔することになってしまいます。

住宅のタイプを知る

住宅にはリフォームできる箇所とできない箇所があります。どこでも何でもできるわけではないことを、あらかじめ確認しておくことも大切です。一戸建ての場合、建ぺい率と容積率が地域ごとに決められています。

■建ぺい率:敷地面積に対する建築面積の割合のこと
■容積率:敷地面積に対する延べ床面積の割合のこと

すでに今の住居がギリギリで建てられていれば、増築はできませんし、住居を支えている大事な壁などは壊すことも窓をつけることもできないのです。何でもできるわけではないので、自身の住宅はどうなのかを、見積もりなどのときにできるだけしっかりと確認をするようにしましょう。

建ぺい率と容積率-[プランサービス]
参照元:プランサービス(2016年1月時点、著者調べ)

資金計画は余裕を持って

予算は限られていて、その予算ギリギリまで使ってリフォームしたいと思われるのでしょうが、工事が始まると、想定外の補強工事などが必要になったりします。そのときに、その費用が予定外のものとなってしまうと、資金調達が困難になる可能性もあります。

また、インテリア関係はその出来上がりをみながら選ぶこともありますので、予算に組み込んでおかなければなりません。さらに、契約書に必要になる印紙代やローンの手数料などもかかってきます。事前計画を立てていても予定外の出費が出てきてしまうことがありますので、資金計画は余裕をもって準備するようにしましょう。

施工会社の特徴を知る

施工会社はネットや雑誌などを参考にしながら探していきましょう。リフォームを満足のいくものにするのは、その施工会社にかかっています。施工会社にはいくつかの種類があり、それぞれ特徴などがあります。

例えば、システムキッチンなどの設備関係に強い会社であったり、自然派志向の素材などにこだわりをもつ会社であったり、インテリアが得意な会社、大規模であれば大手の会社などに依頼するなど、その特徴を見極めましょう。

一番大切なのは、希望どおりのリフォームを実現してくれる施工会社かどうかという点です。打ち合わせや相談などを通して、1社に絞込みをしましょう。また、リフォームは頻繁な打ち合わせが必要となります。あまり遠方の会社だと不都合が生じる場合もありますので気をつけてください。

施工会社の種類

施工会社は大きく分けて4つあります。

■大手ハウスメーカー
新築や住宅建築の実績が多く、リフォームのノウハウも豊富です。大手だからこその安心感もあります。

■住宅設備機器メーカー
トイレや浴室、キッチンなど専門的な設備分野に強いので、トイレだけ、キッチンをというように設備機器の希望が絞ってあれば、設備機器メーカーで検討してみましょう。

■地元工務店や建築会社
地元に密着して仕事を続けているのは、信頼の証とも言えます。地元であれば、相談や打ち合わせなどもスムーズに行えます。

■建築設計事務所
インテリアやデザインにこだわるのであれば、設計事務所がおすすめです。こだわりのオリジナルのリフォームを実現したい方に向いています。ただし、設計料は別でかかりますので注意してください。

施工会社を見極めるためには

候補の施工会社を数社に絞り込んだ後、問い合わせをして対応を確認してみましょう。そして実際に住宅へ来て現場を見てもらい、その対応もチェックすることです。ポイントは、質問に対しての回答がしっかり明確で誠実かどうかになります。あやふやな態度の場合は要注意です。

そのためには、たくさんの質問を投げかけてみると良いでしょう。また、その施工会社へ行ってみるのもよいと思います。会社の雰囲気などをつかめると、普段の仕事ぶりやマナーなどが見えてきます。

中には悪質な会社もあります。たまたま訪問してきた会社などは、まず警戒をして対応をしましょう。その場で契約をするなんてことは、どんな場合でも絶対にしないようにしてください。

見積もり依頼のポイント

見積もりは複数の会社にとるのがよいでしょう。実際にリフォームする箇所を見てもらい同じ条件で見積もりをしてもらいます。このときに気をつけたいのが、どの会社も同じ条件で見積もりをしてもらうことです。後で比較ができるようにするのが大切です。

さらに、この見積もりのときに担当者と打ち合わせをすることで、最終的な施工会社をきめるポイントが見つかります。また、見積もりは具体的な内容などが反映されているかしっかり確認すること、それぞれ細かく見積もってあることなどをみましょう。納期などについても大事な確認事項になります。

また、こちらの要望をしっかり聞いてもらってイメージを明確に伝えることも大切です。口だけで説明しにくいのであれば、写真などを使用すると伝わりやすくなります。施工会社とこちら側が同じイメージで出発しないとゴールが希望と違ったものになります。

その上で、たくさんの打ち合わせをしながら細かく見積もりをしてもらいましょう。そして、適正価格かどうかを確認することも大切です。

見積もりの注意点

見積もりは複数の会社に依頼しますが、あまりにも数が多いと依頼内容にばらつきがでたり、混乱をしたりしてしまいますので、ある程度絞り込んだ会社に見積もりをしてもらいましょう。見積もり内容については、全て同じ箇所についてみてもらってください。何度も書きますが比較ができなくなります。

そして意外にやってしまいがちなのが、他社の見積もりを見せてしまうことです。見積書は、その会社などのノウハウや情報などが詰まっているものです。安易に他社に見せるものではありません。また信頼関係も崩れてしまう恐れがありますので絶対に避けましょう。

もし見せて安く見積もりが取れたとしても、安くするために手抜き工事が起きたら大変です。施工会社を探すことから見積もりの段階は、一番大切なポイントの部分になりますので、打ち合わせを含めて時間をかけてじっくり検討することがとても重要になのです。

定価制リフォーム

リフォームの費用はわかりにくいものです。見積もりをとるのが一番大事になりますが、もう少しわかりやすいといいという声もあります。そんな中、最近では「定価制リフォーム」をよく見かけます。「定価制リフォーム」は、わかりやすい料金設定となっています。

例えば、リフォームする面積に坪単位の単価をかけて計算をします。価格の中に、標準的な設備や内装費なども含まれていて、たくさんの種類の中から選ぶことができるようになっています。また、標準設備ではないものを選ぶ場合は、オプションとして選択できるようにもなっています。

わかりやすいのが魅力の「定価制リフォーム」ですが、特別費用が安くなるといったことはありませんし、工事がグレードアップするわけでもありません。ただ、不透明なリフォームの費用がわかりやすいというのは、費用の情報収集には役に立つでしょう。

人気急上昇!費用が明確な「定価制リフォーム」とは!? | スーモジャーナル – 住まい・暮らしのニュース・コラムサイト
参照元: スーモジャーナル (2016年1月時点、著者調べ)

リフォーム費用の支払い方法

二世帯のリフォームとなると、別々に住んでいた親世帯と子世帯が一緒に暮らすことになります。ということは、どちらかの家に移り住むということになりますね。多いのは、親世帯の家や土地をリフォームして二世帯住宅にする形だと思います。

親世帯に十分な資金があるのであれば、リフォームの費用については問題がないのですが、そこまで資金面で恵まれていることは、そんなにあるものではないですね。この場合、親世帯と子世帯の両方が費用を負担することが多いのですが、相続の関係から、子世帯が負担する場合もあります。

ローンの組み方

親世帯、子世帯に関係なく、リフォーム費用が現金で準備できない場合は、ローンを組むことになってきます。親世帯は多くの場合、年齢の関係で住宅ローンが組めないことが多いので、子世帯が住宅ローンを組んで、ローンの支払いをしていくことになります。

ローンを組む場合には担保が必要となるのですが、リフォームの場合はもともとの土地がありますので、これを担保に設定することができます。そうすることで、金利が安い住宅ローンが利用できますので、支払額の節約にも繋がりますね。

二世帯住宅のお金・予算・税金・相続
参照元:タマック(2016年1月時点、著者調べ)

まとめ

二世帯住宅へのリフォームをするにあたっては、リフォームする箇所の優先順位を決めることです。二世帯が完全に独立する形にする場合、大掛かりなリフォームになりますので費用もかなりかかってくるでしょう。しかし同居型であれば、水回りの増設などの必要がないので、費用を抑えることもできます。

満足のいくリフォームをするためのポイントは以下の3つです。

・1つ目のポイントは家族の希望をまずピックアップして、なにをリフォームするのか明確にすることが大切です。しっかりと話し合いで決定していきましょう。

・2つ目のポイントは、情報収集です。その費用や施工会社などしっかりとネットや本などで情報収集をしておくことで、この後の見積もりのときに役に立ってきます。

・3つ目のポイントは施工会社との打ち合わせと見積もりになります。施工会社を見極めるために、見積もり時にはたくさんの質問をして、明確に答えてくれる、誠実な対応をしてくれるところを選びましょう。

リフォームをすることで、親世帯と子世帯が気持ちよく過ごせる空間になるように、事前準備をしっかりとして後悔のないリフォームが実現できるようにしてくださいね。