【手作りシャンプーの作り方】美しい地肌と髪を手に入れよう!

シャンプーのCMのモデルさんはとても髪が綺麗で美しいですね。あんなふうに美しくなりたいと誰もが思うと思います。市販のシャンプーも髪をケアする商品が沢山ありますが、自分の髪質に合ったものをハンドメイドで安く作ってみるもオススメです!自己流オリジナルのシャンプーで、モデルさんに負けないような「美しい髪」を手に入れましょう。



手作りシャンプーを薦める理由

市販のシャンプーでは、なかなか合うものを見つけられない方も多いかもしれません。手作りシャンプーは、ハーブやはちみつなど自然の成分だけを使い肌に負担をかけないように作ることができます。初めは、泡立ちなどこれで大丈夫?と思うこともあると思いますが、使っていくうちに手作りの良さを実感できると思います。

市販のシャンプーと手作りシャンプーでは、コストが違います。作ったものと同じ成分でできている市販のシャンプーを買うと価格は倍以上になることも。使ってみたいけど価格が高いなぁと思う天然成分のシャンプー手作りなら、さほど金額もかからずそして難しくありません。市販品のような完璧なさらさらシャンプーにはならないかもしれませんが、手作りならではの良さを楽しみながら作っていきましょう。

原材料の違い

まず使っているシャンプーを見てみてみましょう。シャンプーの材料が書かれています。多い順に表記されるので水が最初に来ていると思います。その次に書かれているのが属にいう「界面活性剤」という洗剤の成分だと思います。その中の表記が「ラウリル硫酸」「ラウレス硫酸」となっている場合は「石油由来の界面活性剤」を使っているものが多いでしょう。

手作りシャンプーの材料は「ナチュラルオイル」「植物」が原料の大半です。市販の無添加石鹸でもつくれます。体につけるということは体から石鹸の成分を吸収する可能性があるということです。乾燥肌敏感肌など体の性質にあわせて使っていく石鹸も合うものを選んでいきましょう。

使い心地の違い

洗い心地の違いが出てくると思います。市販のシャンプーの洗浄力は高いようです。泡立ちがもこもこしてあれがないと洗っている気がしないという方も多いでしょう。満員電車や人込み、たばこのにおいなどがついてしまうお仕事だとしっかり汚れを落とそうとかにおいをとろうとしてついいっぱいの泡にしてゴシゴシ洗いたくなります。

しかし、洗いあがった髪を乾かすとせっかく洗っていい匂いになったのにパサつくなという経験があるのではないでしょうか。

手作りシャンプーはどちらかというと泡立ちは市販のシャンプーより良くないかもしれません。泡立てるためにはちみつを混ぜるなどいろいろなことができますが、実際髪の汚れの90パーセント近くがお湯だけで落ちているので、本来はそこまでの泡は必要ないといえます。

頭皮に与える影響

頭皮に与える影響として石油系の界面活性剤を使用している場合、洗浄力の強さから体内から出る肌に必要な脂分まで落としてしまうことがあります。

例えば「しっかりシャンプーしてるのになぜか頭皮湿疹が引かない」「いろいろなケアをしているのに髪のまとまりが悪い」など髪のトラブルを抱えている方は、ちょっと考え方を変えてみてはいかがですか。

しっかり泡で全部を洗い流すじゃなくて、しっかり余計な汚れを落として必要なものは残しませんか?頭皮から油を落としすぎると、どんどん体は油が足らないと思って体内から油をそこへ出そうとします。

スッキリするシャンプーをしている男性が、夕方油っぽいのもそこに原因があることが多いようです。もちろん刺激が強いシャンプーで洗えば、洗うほど頭皮に負担がかかり薄毛や抜け毛の原因になることもあるようです。



手作りシャンプーに挑戦しよう!

一番簡単!基本のシャンプー

早速作っていきましょう。手作りシャンプーを簡単に作る方法があります。それは市販の天然成分の石鹸を使うことです。石鹸をおろし金で摩り下ろします。そこにお湯を加えて溶かしていったものがシャンプーベースとなります。

まずおろし金ですった石鹸をボウルに入れていき、少しずつお湯を入れながらしっかり混ぜていきます。なんというかケーキを作るときに似ていて、ゆっくり丁寧にやらないとだまになってしまってやりにくいです。ここでしっかり混ぜてください。後々分離してしまうのを防ぎます。

石鹸一個に対して大体400から600くらいのお湯を使います。

お湯をいれ、しっかり混ぜたあとにエッセンシャルオイルやはちみつ、黒蜜、重曹などを投入するといいです。蜂蜜や黒糖には泡立ちを助けたり髪を軋みから守ってくれる成分が入っているため混ぜたほうがよいです。

そのまま2時間くらい待ってください。簡単な手作りシャンプー出来上がりです。

頭皮ケア&地肌用シャンプー

髪の健康を保つ為に必要な事はやはり頭皮のケア!暑さで蒸れたり帽子をかぶった後など気がつくと頭皮は結構汗をかいています。そのままにしておくとやはり抜け毛やかゆみの原因になるのですっきり落ちるシャンプーを作りましょう。

<材料>
・基本のシャンプーまたは市販のシャンプーベース:50ml
・エッセンシャルオイル:ミント、シダーウッド、クラリセージなど:7滴
・黒蜜:大さじ2

黒蜜にエッセンシャルオイルをまぜていきます。基本のシャンプーベースに混ぜ込んでいきます。分離しないようによくまぜてください。ボトルに移してできあがりです。

シャンプーべすさえできてしまえば正直とても簡単です。しっかり頭皮ケアをしていきましょう。注意点としてシャンプー前にしっかり髪をとかしてしっかり水分でぬらしてから使うようにしましょう。

黒髪用手作りシャンプー

日本人の美しい黒髪にあうシャンプーを紹介します。ミネラルをタップリ含んだ昆布を混ぜて、ハーブでシャンプーを作っていきます。

<材料>
・昆布:10センチくらい
・ローズマリーの枝:4本(なければドライローズマリーで代用可)
・お水:3カップ
・石鹸の摩り下ろし:大さじ3から4
・はちみつ:大さじ2

まず昆布とローズマリーを鍋に入れお水を入れて煮出していきます。20分くらいしたら、火を止めてこします。このときのこした液体の量が2カップは最低欲しいです。暑いうちに石鹸の摩り下ろしに入れていき混ぜていきます。しっかり混ぜてください。最後に蜂蜜を混ぜ込み出来上がりです。

昆布は、髪にいいといわれいますが、食べるのはもちろんですがシャンプーで使ってももちろん髪にいいです。ミネラルが豊富で黒髪と特に相性が良いようです。

ローズマリーは、殺菌効果が高く頭皮の健康をよく保ってくれます。フケ予防やにおいの予防などにもなり、皮膚を強くする力もあるため抜け毛の予防にもなります。出来上がったら1ヶ月くらいで使い切るようにしてください。

シャンプー後のリンスについて

酢を使って

シャンプーの後は髪の毛がアルカリ性に傾いているためきしみます。酸で中和させて髪を健康な状態に保っていきましょう。使うものは「お酢」できれば匂いの弱いりんご酢などのほうがお勧めです。

洗面器にお湯をいれてりんご酢を大さじ2くらい入れて混ぜます。頭を洗面器に近づけるようにしてしっかり満遍なくぬらしてきましょう。最後にしっかりお湯で流します。髪の毛の軋みが取れて柔らかさが戻るでしょう。

ハーブを使って

リンス作用をハーブを使って行うこともできます。髪の毛が薄くなったと感じたらキンセンカやライムがお勧めです。

<材料>
・キンセンカ:適量
・水:3カップ
・ライム:1個

キンセンカを煮出します。ハーブなので20分くらいを目安に煮ていきます。大体煮終わった後が2カップくらいになるように調整します。そのままこしていきます。こした液体の中に種が入らないようにライムを絞って混ぜて出来上がりです。ビンに入れてできあがりです。

ライムがなければレモンでも、酸の働きがあるものがあれば大丈夫です。頭皮につけてマッサージしてからお湯で流します。



手作りシャンプーのまとめ

いかがでしたでしょうか。手作りシャンプーのあまりの簡単さとコスパのよさにちょっと作ってみようかな…と思っていただければ嬉しく思います。ハーブやシャンプーベースなどほしいものがあればネットショップにたいていのものはあります。

いつも市販のものを買っていろいろ試して悩んでいる方は一度思い切って手作りしてみてください。髪の毛の質や頭皮の状態でいろいろなハーブを使い分けて自分にあったものを探してみましょう。

一度作り方を覚えてしまえば無添加の香りのよいシャンプーが破格で手に入ります。体に使うものは食事と同じように考えてしっかりしたものを使うほうが体自体も健やかに過ごせること間違えなしです。一緒に手作りライフを楽しみましょう!