簡単!手作りコスメで、コスパ&女子力をUPするワザを教えます

手作りコスメと聞くとハードルが高いなぁと感じることがあると思います。身近にある食品を使って保湿力のあるパックが作れたり、週末のスペシャルケアスチームができたり、全身にバシャバシャと惜しみなく使える化粧水がつくれてしまいます。一度作ると病み付きになること間違えなし!プルプルの肌で女子力をあげちゃおう!



手作りコスメ!洗顔後のぷるもちパックはこれだ!

ぷるもちヨーグルト&蜂蜜パック

照りつける太陽、寒い北風の乾燥、ちょっと食べ過ぎて出てきたにきび、しわが!!と気になることが多いのが肌です。その悩みをさくっと冷蔵庫の中の食べ物が解決してくれます。 

ヨーグルトを顔に塗るの?と抵抗のある方もいるかと思いますが、この手触りと保湿力、しっかり美白の効果を感じてみたいなら是非試してみましょう。なにより食べられるものほど肌につけて安全なものはありませんよね。但し、アレルギー体質の方は腕内側などでパッチテストを行ってから使ってくださいね。それでは、ヨーグルト&蜂蜜でパックをの作り方を紹介します。

<材料>
・ヨーグルト/大さじ1~2
・はちみつ/小さじ1
・小麦粉/適量

すべての材料を小さい器に入れて混ぜていきます。少し粘度があるほうが肌に乗せやすいので小麦粉を混ぜますが、アレルギーがある方は控えてください。なくても大丈夫ですが肌から滑り落ちやすくなりますので少量ずつのせるかお風呂などこぼれても大丈夫な場所で行ってください。洗顔後の肌にタップリ塗りましょう。

5分から10分パックをしていきましょう。乾いてくると顔がパリッとつっぱり不思議な感覚になることもあります。ご安心ください。流せばもどりますよ。オフするときに量を多くのせてる場合は軽く手でパックをとりティッシュなどに乗せて捨ててください。

そして洗い流す際はこすらずにそっと、できるだけ水またはつめためのぬるま湯で落とすようにしましょう。その後は化粧水、美容液、乳液など普段行っているケアを行ってください。肌触りの違いをその場で実感できるでしょう。 

洗顔時の注意点

洗顔ですが顔に必要な油を洗い流してしまうことでしわは激増すると言われています。それを防止する簡単な方法は洗顔をお水で行うことです。冬の時期の乾燥しているときなど少しつらいかもしれませんが、やってみると1週間で肌の違いが実感できる人もいるとか。高価なエステサロンに行かなくても、パックと洗顔を変えるだけで肌の違いに驚くかもしれません。

また、このパックは体全体に使えます。まぶたや唇はもちろんデコルテ、手、足、おなかなどタップリ作って体中に使うことができます。ひざやかかとの乾燥にもお風呂上りや毛の処理のあとに塗って少しまって洗い流します。乳酸菌で体を洗う感覚です。最後に化粧水とクリームで体も整えてみてください。



週末の蒸気でスペシャルケア!

ハーブフェイシャルスチーム

自宅で行える簡単なアロマハーブのフェイシャルスチームです。フェイシャルスチームって何?と思われる方も多いかと思いますがとても簡単なスペシャルケアです。週に1回~2回を目安に行いましょう。

用意するもの
・洗面器
・エッセンシャルオイルまたはドライハーブ
・お湯

洗面器に入れたハーブやエッセンシャルオイルに沸騰したお湯5カップほど(洗面器にはいればok)を入れて混ぜ合わせる。蒸気が上がって来たらバスタオルなどを頭からかぶって蒸気から15センチから20センチのところで顔に蒸気が来るようにし、バスタオルの端を洗面器までかぶせて蒸気が逃げないようにします。

10分位ゆっくり目を閉じてリラックス時間を楽しんでください。蒸気を当て終わったら冷水で毛穴をしめる感覚ですすぎます。スチームに使うハーブは肌の状態に合わせて選びましょう。油脂肌に適しているハーブはセージやキンセンカなどで、適しているエッセンシャルオイルはレモングラス、ベルガモットなどです。乾燥肌に適しているハーブはボリジ、パセリなどで、適しているエッセンシャルオイルはローズ、サンダルウッドなどです。

ふつう肌にはラベンダー、レモンバーム、スペアミント、タイムなどが適していてハーブでもアロマオイルでも使いやすいほうで行ってください。蒸気は近づけすぎるとやけどのリスクがあります。うっかり眠ってしまわないように注意して行ってくださいね。顔だけでなく大きく覆って髪の毛までハーブのいい香りと成分に包まれます。美容効果抜群ですのでやってみてください。さらに、使い終わった洗面器のお湯をそのままお風呂に混ぜてハーブバスも楽しめますよ。

全身に使える化粧水を作ろう

手作りコスメ化粧水を全身に使う理由

化粧水価格が高いと顔専門化粧水みたいになってしまうと思います。全身同じ皮膚が一枚でできていますのでできれば全身に化粧水がつけられるとうれしいですよね。

肌のかさつきもまずは化粧水で保水をおこないうが基本です。かさついているからとひたすらクリームを塗りつけても保水されていないとそれだけでは肌の状態を変えることは難しいでしょう。全身にたっぷり化粧水を使ってプルプルな肌を目指しましょう。

基本的な化粧水の作り方

化粧水を作ると聞くと身構えてしまうかもしれませんが基本的な化粧水の作り方はいたってシンプルです。

材料
・精製水/100ml
・グリセリン/5ml~10ml

これだけでできます。小さなスプレーボトルを分量外の精製水で洗いこちらを入れて振って使ってください。そんなに少ないのかと驚かれるかと思いますがグリセリンの量が増えればしっとり感がでるでしょう。これにいろいろな添加をしていくことで市販の化粧水も出来上がっています。ご自分の好きなものを自由に入れて化粧水作りを楽しんでください。

オイル入りラベンダー化粧水

少し変化をつけてさっぱりしゃばしゃば使えてラベンダーの香りと使用後が少ししっとりするオイル入りの化粧水の作り方を紹介します。

【材料】
・精製水/80ml
・グリセリン/2.5ml
・アルガンオイル/2.5ml
・クエン酸 /一つまみ
・ラベンダー精油/3滴

清潔なスプレーボトルにグリセリン、アルガンオイル、クエン酸、精油を入れ、最後に精製水を注ぎます。よく振って出来上がりです。オイルはスイートアーモンドオイルや亜麻仁油などにかえても大丈夫です。

手作り化粧水の保管と使用期限

手作りの化粧水の中には添加物である保存料が入っていません。作る量は2週間前後で使い切る量にし、できるだけ早めに使い切るようにしましょう。保管は市販の化粧水と違いできるだけ冷蔵庫がいいでしょう。

市販の化粧水を全身に使うとなると考えてしまいますが精製水は薬局などで一本100円程度で売っていますし、お気に入りのエッセンシャルオイルが見つかれば一本購入しても1500円程度です。一回に使う量も数滴なので長く使えます。

エッセンシャルオイルはスチームなどに使う事もできますし、ルームフレグランスにすることもできます。一本お気に入りの香りが見つかるととても重宝します。



手作りコスメのまとめ

いつも肌のためにと使っていた高級な化粧品、裏のラベルを見てみてください。保存料、添加物の欄にすこし驚かれるかもしれません。身体にいいものは基本的に保存がききません。野菜や肉を常温でおいてみるとわかると思いますが、化粧品も同じことが言えるでしょう。

自分で作ることで安心安全で、たっぷり使えるコスメを自宅で楽しんでみてください。エステに通うのも良いかもしれませんが、その前に自宅でできる手作りコスメのエステでプルプルの肌を手に入れることもできそうですよ。