【火災保険の保険料】知っておきたい補償内容&保険料見直し講座

あなたの大切な生活空間を不慮の事故や災難から守ってくれる火災保険。火災保険の補償の知識と理解を深めながら、大切な保険料の節約も実際に計算して考えてみました。



火災保険は何に対して掛けるの?

火災保険は何に対して掛ければいいか?これはあなたの住居形態によって異なってきます。建物をご自身で所有されている方は建物に対して火災保険に加入する必要があります。ただ賃貸住宅にお住まいの方は建物の火災保険は必要ありません。

もうひとつは建物内に収容されている大切な家財道具に対しての家財保険になります。万が一火災等の被害に遭って家財道具が損失した場合、元の生活に戻さなければいけません。こういった場合にはやはり家財保険は必要となります。



そもそも火災保険って?

火災保険って火事を起こした時に補償されるだけなんでしょ?みたいな質問がよくあります。もちろん火事で損害を受けた時には補償してくれる保険ですが、それ以外にもたくさんの補償があります。次は補償の内容を説明しますね。

火災保険の補償とは

◼︎火災・落雷・爆発事故
失火もしくは隣家などからの延焼、ガス爆発などにより建物や家財道具が燃えてしまった場合の補償です。落雷はカミナリが落ちて電化製品等がショートしてしまった場合に補償されます。

■風災・ひょう災・雪災 
台風や竜巻で建物が破損した、室内にも被害が及んだ場合に補償します。ひょうが降り、もしくは大雪による雪の重みで被害が及んでしまった場合にも補償されます。

■建物外部からの物体の落下・飛来・衝突
自動車が建物に衝突し建物・室内に被害が出た。まれではありますが飛行機が墜落して同様の被害が出た場合にも補償されます。

■騒じょう行為による損害
デモや労働争議等が発生し、建物や室内にも被害が出てしまった場合に補償されます。

■漏水などの水濡れ損害
水道管が破裂した、配水管を詰まらせたなどが原因で床が水浸しになった。それが原因で天井や壁や床、家財道具に被害が及んでしまった場合に補償されます。

■水災
大雨などで洪水や土砂災害が発生し建物や室内にも被害が及んだ、流された場合に補償されます。但し床上浸水ではないと補償されないケースもございます。

■盗難 
泥棒が入り鍵や窓ガラスが壊された。家財道具や現金・預貯金証書等を盗まれた。但し現金や預貯金証書の盗難については限度があります。

■不測かつ突発的な事故による破損・汚損
部屋の模様替えなどでテーブルを移動中に壁にぶつけ穴を開けた、電化製品にぶつけ壊してしまった。ゲーム機のコントローラーが手から離れ液晶テレビの画面が割れた場合など補償されます。

補償は選べるの?

保険会社が販売している火災保険の補償内容ですが大きく分けると次の通りです。

・【火災・落雷・爆発事故】と【風災・ひょう災・雪災】の2つのみを補償としたエコノミータイプの商品。
・【火災・落雷・爆発事故】から【盗難】まですべてを補償するワイドタイプの商品。

さらに【不測かつ突発的な事故による破損・汚損】についてはオプションにしている保険会社が多いと思いますので確認して下さいね。保険会社によっては補償項目ごとに選択できる商品もありますので、契約時には保険会社の代理店と相談しながら決めましょう。

保険料はどうやって出すの?

保険料は建物の所在地と構造から算出します。お住まいの地域によって保険料は異なり全国一律ではありません。構造について大きく別けますと建物の造りが非木造か木造かで保険料が大きく変わってきます。
もちろん保険金額の設定によっても保険料は異なります。建物については築年数から算出する時価額で掛ける方法、建物は古いけどもし全焼した場合に現在と同じくらいの建物を建てると想定した新価額で掛ける方法があります。

家財については世帯主の年齢と家族構成・人数から保険金額から算出します。保険会社によって独自の目安金額がありますので参考にしてみましょう。あくまでも目安ですので現状に沿った金額の設定も可能です。こちらも時価と新価で設定できます。

建物の構造が非木造の場合は燃えにくい材質の造りという事で保険料は安く設定でき、木造は燃えやすい造りという事で保険料は高めの設定になってしまいます。家財同様でその建物収容という事になり非木造は安く、木造は高くなってしまいます。

火災保険の保険料を比較計算してみよう!

それでは実際に保険料を出してみて比べてみましょう。ですが先に説明しました通り、お住まいの地域と建物の構造によって保険料は大きく違ってきます。ここは判りやすくモデルケースを設定し、非木造の建物の場合と木造の建物の場合という事で2プランご案内しますね。

【Aさん】
・東京都世田谷区にお住まいで建物はマンション構造
・広さ70㎡、築年数20年(非木造)
・家族構成:Aさん(35歳)奥さんと子供2人の家族4人

【Bさん】
・東京都世田谷区にお住まいで建物は木造モルタル造り
・広さ70㎡、築年数20年(木造)
・家族構成:Aさん(35歳)奥さんと子供2人の4人の家族

Aさんの保険料は?

まずAさんの建物の保険金額を新価額940万、時価額750万円で設定しました。家財の保険金額は新価額1,090万円、時価額830万円で設定しております。補償内容は先にご説明しましたすべての補償内容で計算します。

それぞれ新価の1年契約で設定した場合、建物保険金額940万円の保険料は4,460円、家財保険金額1,090万円の保険料は5,960円になり合計で10,420円になります。それぞれ時価の1年契約で設定した場合、建物保険金額750万円の保険料は3,560円、家財保険金額830万円の保険料は4,540円になり合計で8,100円になります。

建物が非木造ですので保険料は元々低く設定できますので思ったより安く感じられるかもしれません。賃貸にお住まいの方は家財だけ加入すればいいので更に負担は軽減します。元々保険料は安いので新価で契約した方がいいと思いますよ。元々安く設定できる保険料ですが更に節約できる方法があるか調べてみましょう!

1分でできる 保険料クイック試算
参照元:損保ジャパン日本興亜(2016年1月時点、著者調べ)

保険料を安くする方法は?

保険料を節約する方法はご覧いただいた通り、時価で加入すれば保険料は安くなるのはお判りいただいたと思います。ですが保険金額を下げてしまうと万が一の事態が起こった時に何の為の節約か意味が無くなってしまいます。保険金額は新価のままで検証しますね。

ご案内したのは1年契約ですが、契約期間を2年以上にする長期契約というものがあります。この契約にしますと保険料が割安になります。今回は5年で計算してみますね。

建物の1年契約は4,460円ですが5年契約ですと5年分総額が15,650円になります。家財の1年契約は5,960円でしたが5年長期にしますと5年分総額が19,980円になります。1年ごとの契約の5倍よりまとめての契約の方が安く契約できるのが一目でお判りだと思います。

長期保険の保険期間は2~10年の中から選ぶことができます。今回は5年で試算しましたが、非木造の保険料はお判りの通り元々安く設定できます。保険期間を決めて一括払いを選択した方が一番の保険料の節約になると思います。

1分でできる 保険料クイック試算
参照元:損保ジャパン日本興亜(2016年1月時点、著者調べ)

Bさんの保険料は?

Bさんの建物の保険金額を新価額1,320万、時価額920万円で設定しました。家財の保険金額は新価額1,090万円、時価額830万円で設定しております。補償内容は先にご説明しましたすべての補償内容で計算します。

それぞれ新価の1年契約で設定した場合、建物保険金額1,320万円の保険料は22,740円、家財保険金額1,090万円の保険料は26,110円になり合計で48,850円になります。

それぞれ時価の1年契約で設定した場合、建物保険金額920万円の保険料は15,850円、家財保険金額830万円の保険料は19,880円になり合計で35,730円になります。

ご覧の通り、建物の構造が木造の場合はかなり保険料が高くなってしまうのがお判りだと思います。Aさんの家財と比べてみますと保険金額は同じでも4倍以上高くなっていますね。こうなってきますと保険料負担が大きい新価契約より時価契約にした方がという選択も出てしまいます。こちらもどう保険料を軽減できるか検証してみましょう!

1分でできる 保険料クイック試算
損保ジャパン日本興亜 火災保険「1分でできる 保険料クイック試算」で試算しました

保険料を安くする方法は?

保険料を節約する方法は先に説明した通り、こちらも時価で加入すれば保険料は安くなるのはお判りいただいたと思います。しかしながらこちらも万が一の事も考え、保険金額は新価のままで計算しどれくらい安くできるか検証してみますね。

こちらも同じく5年長期契約で検証してみましょう。建物の1年契約は22,740円ですが5年契約ですと5年分総額が100,070円になります。家財の1年契約は26,110円でしたが5年長期にしますと5年分総額が114,860円になります。

こちらも1年ごとの契約より5年まとめての契約の方が安く契約できるのがお判りだと思います。ですが一度に支払う金額としてはかなり大きいですね。

支払い方法は一括払いでご案内しましたが、同じ5年長期でも保険料の支払い方法は1年ごとの年払いという方法があります。月払いという方法もありますが年払いで試算してみますね。

契約期間は5年で保険料の支払いは1年ごとの年払いにした場合、建物の保険料は21,150円、家財の保険料は24,270円になり合計で45,420円になります。1年契約にした場合の保険料は48,850円ですので3,430円は節約できる計算になります。

いかがでしょう、同じく長期契約で検証してみましたが木造の火災保険はやはりどうしても保険料が高くなってしまいます。もっと節約できないか調べてみましょう。

1分でできる 保険料クイック試算
損保ジャパン日本興亜 火災保険「1分でできる 保険料クイック試算」で試算しました

ネット契約を活用してみよう

火災保険も自動車保険同様でネットで契約できる商品が増えております。保険会社の代理店と契約するよりネットで直接契約する方が保険料も安く設定できるようになりました。ここは同じ保険金額・補償でどれくらい安くできるか検証してみましょう。

保険料が高いBさんの火災保険をネット契約の1年契約で調べますと、建物保険金額1,320万円の保険料は17,080円、家財保険金額1,090万円の保険料は19,310円になり合計で37,070円になります。補償はほぼ同じです。

5年長期の場合はどうでしょう。保険料の支払いは1年ごとの年払い、建物の保険料は15,260円、家財の保険料は17,370円になり合計で33,350円になります。

どうでしょう、ネット契約で調べますと保険料はかなり安くなりましたね。5年長期の場合は代理店契約の年払いと比べて12,070円も節約できることになります。ここはネット契約を活用してみるのもいいかもしれません。

オンラインお見積り セコム安心マイホーム保険 | セコム損保
参照元:セコム損保(2016年1月時点、著者調べ)



まとめ

火災保険の保険料は地域や建物の構造や契約方法で変わってくるのはお判りいただいたと思います。ただ紹介したのはほんの一例にすぎません。

非木造にお住まいの方は保険料が低く抑えられる分、思い切って長期契約の一括払いを選択した方が節約になります。木造にお住まいの方は是非とも長期契約にして少しでも保険料を抑えるようにしましょう。

保険料は保険会社によって違ってきます。保険期間や選択できる特約、自己負担の免責金額によっても保険料も上下します。損害保険会社の代理店と納得行くまで打ち合わせし、補償内容を理解しながら加入されることを強くお勧めいたします。

ネット型保険を選択するメリットは保険料が安く抑えられるという部分です。ネット契約は代理店と契約する時のように補償内容を説明してくれる事はありません。あくまでも補償内容の理解は契約者に任せられます。

ネットで加入の場合はご自身でよくお調べいただいた上での契約をお勧めします。あくまでも自己責任という形になりますのでこの点は十分注意しましょう。