カードローンの金利を考える。低い金利にデメリットはあるのか?

カードローンは急にお金が必要になった時に大活躍するお手軽ローンです。どうせお金を借りるなら金利の低いところで借りたいですが、低いなら低いで、今度は低いことに裏があるのではと勘繰ってしまうもの。低金利カードローンにデメリットはあるのか?から、実際の低金利カードローンまで解説します。



カードローンは便利な方法……

「カードローン」という名前の通り、金融機関や消費者金融で発行してもらったカードを使いお金を借りる方法がこのカードローンです。カードを使って借りるからカードローンと覚えれば覚えやすいのではないでしょうか。

カードローンは全国の銀行や信用金庫、労働金庫、消費者金融で扱っているサービスです。

カードローンのメリット

カードローンは使途が厳格に定められていないため、生活費や家の修繕費、冠婚葬祭が重なって突然の出費があった時に資金調達をする方法の一つで、審査も住宅ローンなどに比べて厳しくないこと、同じく住宅ローンなどの多額を要するローンに比べて審査結果が出るまでが短いことがメリットとして挙げられます。

また、お金が必要になる前にカードローンの審査を受けて準備しておくことにより、すぐにお金を借りることができます。住宅ローンなどの用途の決まったローンは家の購入が決定し、いざ家を買うという時にしかローンを組めません。しかしカードローンは今すぐ特に使うことがなくても、いざという時にお金を借りることができるように準備しておくことができます。住宅ローンなどの用途が決まっているローンより柔軟性のあるローンであると言えるでしょう。

しかし、ローンです。お金を借りることに変わりはありません。カードローンはあちこちの金融機関で出しており、金利がそれぞれ異なります。同じ金額を借りるにしても金融機関側に返済する金額がどの金融機関のカードローンを利用するかによってがらりと変わってくるわけです。

どうせ借りるなら金利が安い方がいいけれど、安ければ安いでデメリットがあるのではないかと心配になりますよね。中には、あれ、本当に安い!という低水準金利のカードローンもあります。そんな金利が低いカードローンを選びたいけど、金利が低いことには裏があるのでは?デメリットは?そこってどうなの?と不安な方に、低金利カードローンのデメリットについて突っ込んで説明をいたしましょう。



カードローンの低金利は大丈夫?

額の大きなローンは収入要件がかなり厳しくなっていますが、カードローンの中には新生銀行のレイクや、りそな銀行カードローンのように収入のない専業主婦でも借りることのできるものもあります。審査結果も早く出るものが多いため、急な資金調達に重宝します。しかし、どうせ借りるなら金利は低い方がいい。やはりこれが借りる側の心理ではないでしょうか。

金利の低いカードローンとは?

カードローンは銀行や信用金庫、消費者金融で取り扱っています。中にはカードローンという名前ではなく、別の名前で提供されているカードローンもあります。名前がどうあれ、金利が低く容易に資金調達できればそれに越したことはないでしょう。

中でも、銀行や信用金庫で提供しているカードローンは金利が低めに設定されています。具体的な金利で言うと、銀行系カードローンは3パーセントから15パーセントであるのに対し、消費者金融系カードローンは5パーセントから18パーセントくらいとなっています。銀行ごとに金利は異なっていますが、一般的に銀行系のカードローンは消費者金融のカードローンより金利が低めに設定されています。

銀行系カードローンの強み

銀行系カードローンは金利が低いことだけが魅力ではありません。大手都市銀行のカードローンを利用するなら、金融機関の名前に裏打ちされた安心感があるでしょう。銀行や信用金庫によっては他のサービスとカードローンを一緒に使うことで、カードローンの金利を下げることができるというサービスを展開しています。他のローンとは、インターネットバンキングの利用や、給与受け取り口座への指定などです。金利が低いだけでなく、他サービスと併用することによりさらに金利がお得になる可能性がある。これも銀行系カードローンの魅力ではないでしょうか。

それと、銀行系カードローンは総量規制の対象外となっています。総量規制とは、借入は収入の1/3までという規制のことです。消費者金融のカードローンは総量規制の対象となりますが、銀行系カードローンは対象外となりますので、他に借り入れがあってどうしてもお金を借りなければならないという人でも利用することができます。また、収入のない専業主婦が利用できることも、銀行系のカードローンの大きな魅力となっています。

弱点もある

ただし、銀行系カードローンにはデメリットとも言える弱点があります。

基本的にその銀行に口座を開設しなければサービスの利用ができないことがまず一つ目の弱点です。カードローンを利用するためだけにあちこちに口座を開設すると管理が大変です。しかし、開設しないと使えませんというところが多いのが現実です。

二つ目に、審査が消費者金融より全般的に遅いということ。審査即日を謳っているところもありますが、即日に審査結果をもらうためにはwebからの申し込みをすることや口座を既に開設していることが条件になっていることも多く、窓口で口座開設から始めていたら即日は難しいです。長い時は審査に一カ月近くかかることもあり、やはり、消費者金融より結果が出るのが遅めと言えるでしょう。

三つ目に、条件が厳しいということ。その金融機関によってカードローン申し込みの条件を提示しています。それだけでなく、カードローン利用のために必須ともいえる口座開設自体に、特定のエリアに住んでいることや、特定のエリアで働いていることなどの条件が課されることが多いのです。いいなと思っても、エリア対象外で口座さえ作れないとなっては、その金融機関のカードローンを申し込むことができません。

四つ目に、返済方法が限られる可能性があること。お金を借りたら利息が発生します。早く返せばそれだけ利息を払わずに済みますので、繰り上げ返済できればそれに越したことはありません。15日に返済の引き落としがあった。16日にお金にちょっと余裕ができたから、じゃあ残額を返済しちゃおう!と考えても、返済方法が口座引き落としに限られるところもあり、返済方法自体がかなり制限されてしまうこともあります。

さらなる弱点は?

加えて、さらなる弱点があることも。この弱点は、金利が低いことを最大のメリットと考える方には痛い弱点ではないでしょうか。

カードローン関係の手続きをする際に手数料が発生することがあります。最近、消費者金融は特に提携先ATMは手数料無料と打ち出していたり、無利息期間を設けたりしています。しかし、銀行系カードローンは、手数料が発生しないことももちろんあるのですが、ATMを使うと、どうしても手数料が発生することがあります。手数料が積もりに積もった結果、結局、塵も積もれば山となって、利息が低くても高上りになる可能性が考えられます。金利は低くても総合的に損をしているというケースです。

しかし、銀行系カードローンは金利が低く、他サービスと併用することで更なるメリットを享受することもできます。銀行から借りるという安心感もあるでしょう。それぞれの金融機関により一つ目の弱点は当てはまらないけれど四つ目の弱点は当てはまるということもありますから、全ての弱点を持っているとは一概に言えません。

金利の低い銀行系カードローンのメリットとデメリットを簡単に把握したところで、金利が低いという一点だけの特徴にデメリットはあるのか?について話を進めます。

金利が低いことにデメリット?

金利が低いこと自体にデメリットはあるのか?と問われるなら、「ありません」とお答えします。金利の低いカードローンには何か裏があるのではないか?後で追加金をとられたりするのではないか?と勘繰ってしまう方もいらっしゃると思います。しかし、金利が低いこと自体にはデメリットはありませんし、追加でお金を要求されたりすることはありませんのでご安心ください。

ただ一つデメリットを上げるなら……金利が低いカードローンとは銀行系カードローンですよね。低い金利を狙うなら、銀行系カードローンを活用することになると思います。銀行系カードローンには安心感があり、使途が住宅ローンや自動車ローンにように厳しく決まっていませんから、ちょっとした資金不足の時に手軽に使えるというメリットもあります。しかし、思い出してください。銀行系カードローンにはデメリットもあったことを。

低い金利がいいなら銀行系カードローンですが、銀行系カードローンを使うなら、前項でご説明したデメリットを甘受しなければいけません。口座開設、審査が全般的に消費者金融より遅い、借り入れ用件が厳しい、返済方法が口座引き落としなどの特定の方法に限定されることがあり、手続きの際にATM手数料が発生することがある。こういったデメリットが、そのまま低金利カードローン自体のデメリットにもなります。

低金利自体にデメリットはありませんが、低金利がいいなら銀行系。銀行系を使うなら銀行系の特徴がデメリットになるということです。

低金利なカードローンはどこ?

ダントツで低金利なカードローンと言えば、労働金庫のカードローンです。労働金庫を利用するにはその労働金庫の地域に住んでいるか務めていなければいけませんが、全国それぞれに管轄している労働金庫がありますので、どこかは利用できるはずです。

労働金庫のカードローンはあまり知られていませんが、カードローンの中ではダントツとも言える低金利を誇ります。例として関東をエリアとする中央労金のカードローンをご紹介します。

カードローン(マイプラン)|中央労働金庫
参照元:中央労働金庫(2016年1月、著者調べ) ほとんどの銀行系カードローンが最大金利10%以上の中、労働金庫の最大金利は8.475%(2016年1月現在)となっています。しかも、申し込み者によってはもっと金利が下がることがあります。金利面でこれほどお得なカードローンは他にないのではと思います。

同じく金利が低い銀行系カードローンといえば、みずほ銀行がまず挙がると思います。大手都市銀行という安心感に加えこの低金利です。ちなみに、少額融資ですと高い金利が適用になり、高額融資の場合は低めに金利が適用になることが多いです。みずほ銀行カードローンのエグゼクティブプランは魅力的ですが、ちょっと生活費工面にかります程度では難しいと思います。使えるのなら、労働金庫と同じくらい魅力的な金利だと思います。

カードローン:みずほ銀行
参照元:みずほ銀行(2016年1月、著者調べ) 他に金利が低いカードローンといえば、三井住友銀行のカードローンと楽天銀行のカードローンが有名です。三井住友は大手ですから、こちらも大手としての安心感があります。楽天銀行はインターネット上の銀行で、利便性に優れています。ネットバンクをよく利用する人にはお手軽ですし、楽天の利用状況によって審査優遇なども受けられるようですよ。

カードローン : 三井住友銀行
参照元:三井住友銀行(2016年1月、著者調べ)

カードローン・ローン|安心の低金利の楽天銀行のスーパーローン
参照元:楽天銀行(2016年1月、著者調べ)

審査の早さや手軽さなら

中には、金利が低いのも有り難いけど急ぎなの!という方もいらっしゃるでしょう。そんな方のために、銀行系でも審査が早いカードローンを追加でご紹介します。

キャッシングなら新生銀行カードローン レイク公式サイト
参照元:新生銀行(2016年1月、著者調べ) こちらのカードローンは、審査スピードに加え、手続きの手軽さも魅力です。収入のない専業主婦でも利用可能です。スマートフォン上から手続きでき、身分証明書も画像送信が可能です。後は審査結果が送られてくるのを待つだけです。午前中に手続きしようと思い立ち、インターネット上で手続きしてしまえば、その日の内のお金を手にすることができてしまいます。インターネット上だけで手続きが完結するということは家族に内緒で借りたいという方には有り難いことです。

ただし、低金利でご紹介したカードローンより利息は少し高めです。最低金利は高めですが、少額を借りる時はたいてい最高金利に近い金利が適用になることが多いです。銀行系カードローンの最高金利平均が15%くらいと考えれば、18%はちょっと高いかな?という気はしますね。



結論

カードローンの金利が低いこと自体にはデメリットはありません。これが結論です。追加でお金を払え!なんて言われませんからご安心ください。

ただし、金利が低いカードローンは銀行系ですから、銀行系カードローン特有のデメリットがあります。審査が遅め、条件が厳しめ、手数料が発生することがある、返済方法が限られることがある、その金融機関に口座を所持していなければならない、などが銀行系特有のデメリットです。しかし、デメリットがあっても低金利は確かに魅力的ですから、口座を作っても普段使えるからとすっぱり割り切って活用してしまうのがお勧めです。

最後に、低金利ゆえに発生しうるデメリットについてもう一点だけ付け加えます。デメリット、それは、金利が低いから借り過ぎてしまうことがあるというもの。金利が安いから大丈夫と手軽に借りてしまえば、利息が積もって結局高上りになってしまいます。カードローンを活用する時は低金利で飛び付かず、返済できるかどうかの資金計画を立てた上で手続きしましょう。