【老後が不安な40代4人家族】毎月4万円の赤字を黒字化大作戦!

家族4人暮らしですが、毎月赤字で困っています。きちんと家計を見直して赤字が出ない状態にしたいので、アドバイスをお願いします。



Dさん一家の現在の収入と支出

生活費

食費:90,000円
子供の習い事:25,000円
被服費:15,000円
雑貨:20,000円
駐車場:12,000円
娯楽費:15,000円
夫小遣い:30,000円
医療費:10,000円
交際費:8,000円
その他:5,000円
合計:230,000円 私自身は月に1~2冊小説を買う程度で、服を買っても年に1回くらいです。それに比べて夫は、大金を使うことはないものの、数千円の細かい出費を多くします。

また、外食が好きで月に2回くらいは家族みんなで食事に行くのですが、子供がそれなりに大きいのと、夫があまり値段を気にすることもなく食べたいものを食べるので、一度の外食で2万円以上は使います。

これに家賃やらを加えると、毎月3万円~4万年は赤字です。夫の金銭感覚の無さに困っています。



バランス診断

毎月3~4万円の赤字は、残念ながらDさんの家計は収入と支出のバランスが崩壊しています。ボーナスなどで補填をしているのでしょうか?支出にはどうしても減らせない(減らすべきではない)項目と、努力次第で減らせる項目があります。

上記の生活費の中で減らせない項目は「子供の習い事」「駐車場」「夫小遣い」だけです。他の項目は全て努力次第で減らすことができますし、後ほど説明しますがほとんどが理想的な支出割合よりも高くなっています。まずは収入と支出の理想的な割合を知ることから始めましょう。

数千円の細かい出費が多いとのことですが、この支出額からもよく表れています。ほとんどの項目で、理想的な支出を数千円単位でオーバーしており、それが積み重なって毎月の赤字になっています。そもそも数千円の出費を“細かい”という認識ではなく、“要注意な”出費という認識に変える必要がありますね。これは奥さんにも言えることです。

Q.他の家と比べてウチの家計は?

まず気になるのが、他の平均的なご家庭と比べてウチの家計はどんな状態なのか?ということです。使いすぎていることはなんとなく分かっているものの、「何がどれくらい使いすぎているのか」を一度きちんと理解したいと思っています。

また、4人家族の一般的な家計から考えた場合に、毎月どれくらいの貯金をするべきなのかを知りたいです



A.隣の家計よりも理想の家計を参考に!

子どもが大きくなると、どうしても食費はかさみ、教育費も増えていきますよね。同じような悩みを抱えている人は多いはずです。一般的な家庭のことが気になるようですが、家庭の事情は人それぞれ。

ただし、貯蓄をしていきたいというのであれば一般的な家庭より、理想的な家庭の支出を目指してみましょう。今回生活費についてのアドバイスですが、生活費以外の固定支出も含め、手取り額に対して理想的な支出の割合というものがあります。

支出別バランス診断

<食費>
まず気になるのが、4人家族で食費が9万円ということ。特に月2回の外食で毎回2万円以上の支出ということは外食費だけで最低4万円は使っています。奥さん自身もわかっていると思いますが、食費にお金をかけすぎです。

手取り収入に対して理想的な食費の割合は多くても20%です。できれば15%(この家庭だと52,500円)に抑えられるとその分赤字が減り、貯蓄可能額が増えます。この家計であれば、その他の固定支出(ローン返済、光熱費、通信費、保険料)が15万円あったとすると、手取り額35万円に対して食費9万円の割合は25%以上となり、上限をはるかに超えています。【食費の使いすぎ額…37,500円!】 <娯楽費・雑貨費>
他にも娯楽費は3%(10,500円)以内が理想ですが、4%以上と多くなっています。【娯楽費の使いすぎ額…4,500円!】ちなみに「雑貨」の中に趣味娯楽費が入っていませんか?入っていないとすれば雑貨支出の理想3%(10,500円)から超えてしまいます。もし趣味娯楽も入っているのであれば、趣味娯楽費が大幅に理想より超えています。【雑貨費の使いすぎ額…9,500円!】 <医療費・その他>
医療費は仕方がない支出かもしれませんが、理想を言えば「その他」の支出と合わせて3%(10,500円)以内に抑えたいところです。【医療費その他の使いすぎ額…4,500円!】ご主人の小遣いは理想(10%=38,000円)の範囲内になっています。

貯蓄にまわす金額の目安は手取り収入の10%!

理想的な毎月の貯蓄額は手取り額の10%です。この家庭であれば38,000円ずつとなりますので、現状から考えると抜本的に変えないといけません。仮にこれから毎月38,000円の貯蓄を20年間続けることができたとすると、単純計算で912万円になります。毎年1.0%の運用ができれば1,000万以上になりますし、0.5%であったとしても960万以上になります。

Q.どこから節約をはじめるべきでしょうか?

節約を始める上で、きちんと夫にも理解してもらい協力してもらおうと思っているんですが、あまり多くを求めても失敗に終わりそうなので、一番節約に効果のありそうなところに絞って一つ一つ節約していこうと思っています。

どの費用が一番効果がありそうかをアドバイスがほしいです。また、その際にどのような方法で節約していくのかコツのようなものがあれば、是非教えていただきたいです。

A.簡単、一発!ご主人巻き込み大作戦!

外食費の管理を任せてしまおう!

家計の管理は、本来奥さま一人でするものではありません。今までご主人の協力意識が少なかったために大変な思いをしてきたことだと思います。ただ、逆に言うと全く手を打たない状態でも生活はできていたので、少し改善するだけで大きく収支は変わってきます。生活費の中で、理想の支出割合と最もかけ離れている「食費」と、改善余地の大きい「娯楽費」をまとめて改善しましょう。

現状では食費のうち外食費が4万円以上を占めているので、外食以外の食費は5万円未満ということになりますね。なので奥様はここを4万円に抑えると決めてください。

そして外食費と娯楽費2項目で5万5千円なので、この出費をご主人に任せてしまいましょう。小遣いと合算で、毎月6万円渡してあげてください。その中から外食と娯楽費も使うように約束をしてください。そうすれば外食した時の出費はご主人のお小遣いに直撃するので、金銭感覚も養われるはずです。

ご主人のメンツも保てる

ご主人はというと、渡されるお金が3万から6万に増え、頼られているようにも感じますので問題はないと思います。ただ、当初は使えるお金が増えるので、放置せずにムダな出費をしていないか夫婦で確認することが必要かもしれません。この方法が定着すると、これだけで毎月3万5千円の出費を減らせます。

慣れて来たら他の出費も任せてしまおう

奥様はほとんど服を買われないということなので、被服費はご主人とお子様用だと思います。ご主人が家計に協力的になってきたら、この費用もご主人に任せてみてはいかがでしょう?被服費も合わせて合計7万円を任せることができれば、さらに毎月5千円出費が減ります。これで毎月の赤字はなくなることになります。

こういったご主人を巻き込む対策を取られない場合、いくら奥さんががんばってもご主人の意識はなかなか変わるものではありません。赤字体質は変わっていかないと思います。

Q.老後を考えたときの貯金はいくら必要なのか?

現在私と夫は40代なのですが、貯金が200万ほどです。一般的な40代のご家庭の貯金額額ってどれくらいなのでしょうか?家は購入しており、65歳ではローンが無くなるはずなので、住む家についてはそこまで心配はしていないのですが、老後といってもそれなりに生きていくためにお金が必要だと思っています。

家賃が無いとして、65歳の時点でどれくらいの貯金があると、安心できるのかを知りたいです。

A.老後の生活費から逆算しましょう

40代の平均貯蓄額は約1000万

おそらく、住宅ローンもあるため今までは意識的に貯蓄をされていなかったのだと思います。貯蓄200万で50代後半ともなると、老後対策は急務ですが、Dさんはまだ40代なので今から考えれば十分に間に合います。

一般家庭の貯蓄額については、国が調査をしています。2014年総務省発表の「世帯主の年齢階級別貯蓄・負債現在高の割合」では、40~49歳の平均貯蓄は1,030万です。ただし、一般的には住宅ローンを組んでいる世帯はローンを組んでいない世帯よりも貯蓄額は少ない傾向にあります。そのためDさんと同じような世帯の平均貯蓄額は、実際にはもう少し低い額になります。

老後のための貯蓄は2,000万は欲しい!

老後に安心できる貯蓄額は夫婦で2,000万~3,000万と言われています。老後の最低日常生活費は毎月約22万円。会社員と専業主婦の公的年金の支給額も月換算で約22万円です。

ただし、年金だけでは急な支出に対応することができません。ゆとりある老後生活費は毎月35万円だと言われています(生命保険文化センター調べ)。その差額13万円は貯蓄からの取り崩しとなりますので、65歳以降20年間のゆとりある生活費単純計算すると13万円×12カ月×20年間で3,000万円は必要という計算になります。実際は運用して増えていく分もありますし、Dさんの場合は住居費が不要となるため、2,000万円でもいいと考えます。

月々の貯蓄で2,000万円を貯めるには

仮に2,000万を今から20年間で貯めようと思うと、当然ですが毎年100万を貯蓄しないといけません。年1%の複利で運用ができれば毎年90万円で済みます。ですので毎月の貯蓄額目標は7万5千円となります。もしボーナスの手取りが90万円近くあるのであれば、ボーナスには手を付けずに全額貯蓄にまわすという方法もあります。ただ、たまには旅行にも行きたいと思いますし、車の買い替えなど数年に一度はまとまった出費も必要になると思います。

奥さんも働いてみてはどうでしょうか

このことから考えると、多少なりとも奥さんがパートに行かないと毎年90万円の貯蓄は難しい額と言えます。子どもが独立した後は多少は余裕ができるので、今は無理をしない範囲で一カ月の収支を少しでもプラスにしておくことが大事です。今後奥さんがパートを始めた時に、パート代がまるまる貯蓄にまわせるように下準備をしておくといいでしょう。

まとめ

ご主人の家計無関心を改善するには、ご主人にも家計やりくりの大変さを実感してもらうことが一番です。収入の割にご主人のお小遣いが少ないため、家計で使えるお金はたくさんあると勘違いしているのかもしれませんね。余計なお世話かもしれませんが、小遣い制もしくは小遣いが少ない男性は出世しないというのが持論です。

お金の管理ができない人は多くの部下を管理することはできないためです。部下の立場からしてみても、「今月あと5千円でやっていかないといけないんだ」という上司について行きたいとは思いません。ご主人にもう少しお金を持たせて、支出を減らすと同時に今後の収入アップにも期待をしてみてはどうでしょうか。男は期待されたり頼られると頑張る生き物です。ぜひ参考にしてみてください。

※本記事内で書かれている内容は、その効果、利益、等を保障するものではありません。書かれている内容をもとに何かを実行・利用する場合は、ご自身の責任においてご自身の判断で行うとともに、事前にきちんと専門家に相談することをお勧めいたします。