カンボジアの物価についてのまとめ

カンボジアでの移動や宿泊、食事などにかかる費用や、それに付随する情報などをまとめています。



カンボジアの通貨は「リエル」米ドルが便利です

流通しているお金の種類(通貨)について説明

カンボジアの通貨単位は「リエル」、KHRで表されます。50、100、200、500、1000、1万、2万、5万、10万の紙幣が流通しています。しかし単純に9種類だけではなく、例えば100、500リエル紙幣は2種類、というように全部で20種類の紙幣が発行されており、種類に多さに戸惑うかもしれません。しかし補助通貨(コイン)が有りません。そのため小額紙幣が必要なのでしょう。

ごく一般的に米ドルが流通しています。店頭でもリエル表記の他に、米ドルでの金額表記もされています。1ドルは約4100リエルに相当します。1ドル、5ドル、10ドルなどの小額のドル紙幣を用意しておくと便利です。高額紙幣は受け取ってもらえないことがあります。

米ドルで支払っても、おつりは「セント」ではなくリエルで支払われます。前もってリエルを用意しなくても、日常的に使う分は手に入ります。手にしたリエルは日本では換金できないため、カンボジア国内で全て使用するようにしましょう。

クレジットカードの使用について説明

カンボジアではクレジットカードがまだ一般的では有りません。都市部の高級ホテルや高級レストランといった、ごく一部での使用にとどまります。またその場合でも最低金額が設定されている場合もありますので、注意が必要です。基本的にビザカード、マスターカードが利用可能です。

日本と大きく異なる点は「手数料」です。日本では店舗側がクレジットカードでの支払い手数料を負担します。しかしカンボジアでは個人負担、つまりお客さんが品物代金の他に手数料を払うことになります。



カンボジアでの両替方法と注意点

・空港での両替方法について説明

日本国内ではリエルに両替することができません。必ず現地での両替となります。ただし観光地ではUSドルが流通しているため、あらかじめUSドルを用意しておくのが一般的なようです。しかしカンボジアに到着した際にUSドルの持ち合わせがない場合、空港で両替しておくと便利です。一般にホテル代や英語メニューのあるレストランでの食事代など比較的高額な支払いはドルで行うようです。リエルは安い食堂や屋台での支払いに主に用いられます。

空港やホテル、銀行、あるいはガイドさんが案内してくれる両替所ではレートが悪い場合もあります。

・街中での両替方法について説明

街中であれば、銀行やホテル、両替所などで両替が可能です。銀行の営業時間は月曜日から金曜日は8時から16時で、土日と祝日は休みです。銀行で両替できる時間は限られているため、日曜や夜間などの営業時間外に急にお金が必要になった際はホテルで両替をするのが良いでしょう。銀行ほど換金レートは良くないですが、便利です。

換金レートは2015年9月現在で100ニューリエル=3.0円です。しかし、両替を行う場所によってレートは異なります。

・両替における補足や注意点について説明

プノンペンやシェムリアップの街では日本円からUSドルやリエルに両替可能ですが、それ以外の場所だと日本円からの両替ができないか、または両替レートが悪くなってしまいます。

プノンペンやシェムリアップにはATMもあるので、所持金は少なくして足りなくなったらキャッシングで対応するのも一つの手ですが、ATMが故障していることも多く、そのような場合でもサポートが受けられる訳ではないのでリスクを伴います。やはりUSドルを多めに用意するのが主流であるようです。

カンボジアの交通手段と交通費について

chibiccco28

・交通手段の紹介

カンボジアで利用出来る交通手段は、タクシーや長距離バスなどです。また、ローカルな移動手段として、バイクタクシーやトゥクトゥク、シクロと豊富にあります。

バイクタクシーとは、後ろの席が客席になったバイクのことで、短距離の移動に便利な乗り物です。現地では「モトドップ」や「モート」と呼ばれています。

カンボジアのトゥクトゥクは、タイのトゥクトゥクに比べて、多くの人を乗せることが出来ます。

シクロとは、前方に人力車の座席のような物が取り付けられた乗り物です。フランスに統治されていた時代から、利用されてきました。

カンボジアではかつて、鉄道が運行されていました。しかし、内戦の影響で荒廃していて、復旧のメドが現在も立たないままです。ベトナムやタイなどの近隣の国と、鉄道を結ぶ計画がありますが、未だに運行可能な状態には到達出来ていません。

・各手段にかかる交通費

USドルが流通しているため、料金は基本的にUSドルで支払います。ちなみに、カンボジアのお金の単位はリエルです。為替レートは、1USドル≒4000リエルです。

タクシーやトゥクトゥク、シクロなどの料金は、メーター制ではなく、ほとんどが運転手との交渉で決まります。

シェムリアップ空港から市内まで、タクシーやトゥクトゥクを利用した場合、2USドル~5USドルが相場となっています。

カンボジアは治安があまり良くありません。不当な料金を請求してくる運転手とは、粘って交渉するよりも、早めに切り上げて他をあたった方が賢明です。

また、バイクタクシーやトゥクトゥクを利用した際、盗難や強盗の被害に会うケースも少なくありません。荷物は外側に持たずに内側へ置き、手でしっかりと押さえておきましょう。



カンボジアの宿泊費について

・一般的な宿泊施設を紹介

カンボジアの宿泊施設には、さまざまなグレードのホテルから、ゲストハウスのようなリーズナブルな宿までさまざまなものがあります。

日本人に人気があるのは、スタンダードからハイグレードのホテルです。スタンダードクラスでも、日本のシティーホテル並み、またはそれ以上の装備やサービスが期待できますし、ハイグレードクラスになると、プールやスパなどを完備したホテルがほとんどで、かなり豪華な旅を楽しめます。

また一方で、ゲストハウスなどのリーズナブルな宿の人気も高まってきています。このような宿は、調度品や家電は必要最低限、トイレやシャワーは共同となりますが、観光名所の多いカンボジアでは、ホテルで過ごす時間が少ないので、意外とこのような宿でも不便は感じないものです。

・宿泊施設の金額相場を紹介

カンボジアでの宿泊費の目安としては、だいたい10000円から15000円程度を考えておくとよいでしょう。

この価格帯ですと、いわゆるスタンダードクラスのホテル、また時期によってはハイグレードクラスのホテルも視野に入ってきます。初めてカンボジアを訪れる人たちにとっては、日本のホテルでの生活と同じ感覚で過ごせるのでお勧めです。

また逆にカンボジアの雰囲気を満喫したい人には、ゲストハウスなどがお勧めです。このような形態の宿は、だいたい1000円程度の予算で宿泊できますので、浮いた予算を他の観光などに回すことができます。さらに他の旅行客や宿のスタッフとの触れ合いも多く、現地ならではの食堂やショップなど、貴重な情報を得られますし、忘れられない体験をすることができるでしょう。

食費のウエイトが極めて低いカンボジア

・主な料理を紹介

カンボジア料理は近隣諸国の影響を多大に受け、スパイスやハーブの多様使いが特徴的ですが唐辛子は控えめです。「プラホック」は魚の発酵ペーストで味の要になることが多いです。「ヌンバンチョック」はローカルフードの代表料理、プラホック・雷魚・ココナツミルクで食べる麺料理で朝食やおやつ代わりに食べられます。「アーモック・トレイ」は魚をココナツベースのカレーペーストで和えて蒸したもので、おかずでは人気の高いもの。

スープとライスの組み合わせは食事の基本、それもスープは具沢山のおかずスープです。「ソムロームチュー・ユオン」はタマリンド・パイン・トマトの酸味を生かしたスープで鶏肉やハスの花茎を煮込んだもの。酸っぱい味のスープは子どもも大好きな味です。

「ポンティアコーン」は茶碗蒸し風味、しかし見た目は衝撃的かもしれません。有精卵そのままを蒸したその中身はなんと孵化直前のヒナの姿。ライムコショウでいただきます。

・外食した際の金額相場を紹介

観光客仕様のレストランはクリーン、落ち着いてカンボジア料理を楽しめます。アラカルト料理1,000円はかなり高い部類で、2,500~3,500円くらいのコース料理ならたくさん食べられてお得です。中程度のレストランなら一皿500円ほど、安いところでは2~3人前のセットが1,000円しないことも。

大衆食堂はおかず一皿あたりなんと45~60円ほどで、ひとり150円も出せば満腹でしょう。ただし大衆食堂は衛生的とは言えずハエが飛び交っているのは日常の光景なので、あまり気になるようならレストランでの食事が無難です。

懇意になったカンボジア人たちとテーブルを共にする際に気をつけること、それはグループ内の目上または家長(主に父親)が食べ始めるのを見届けてから皆一斉に手をつける点です。音を立てずにスプーンを器用に使いながら食べましょう。

カンボジアの税金とホテル・レストランのチップ

・消費税や空港利用税などの税金についての説明

カンボジアには付加価値税10%がかかります。

しかし、カンボジアの小売店ではレシートを発行しない事が多いため、旅行者には適用されないことが一般的です。

そのため、レシートが発行される中級以上のホテルや宿泊施設、同じく中級以上のレストラン、スーパーや中級以上の小売店で支払う程度です。

また、2015年11月時点では、カンボジアは付加価値税の還付制度がないため払い戻しを受けることはできません。

カンボジアには旅行客も支払う義務のある空港税(国際線のみ25ドル)が存在していましたが、2011年4月1日から航空料金込みに変更されました。しかし現地で取得した航空チケットには空港税が含まれていないこともあります。

その場合には、カンボジアからの出国時に税関で空港税を支払うことになります。

・チップなどの習慣や金額について説明

カンボジアにはチップの習慣がありません。そのためバイクタクシーやトゥクトゥク(3輪乗り合いバイクタクシー)などを利用しても料金のみで十分ですが、高級レストランやホテルのルームサービス、ガイドや専属のドライバーを雇った場合にはチップを支払うことが多くなっています。

支払うのは現地のリエル、現地で流通している米ドル(セントは流通していない)でも構いません。

具体的には、サービス料金が付加されていない高級レストランではお釣りをそのままチップとして渡しましょう。

ホテルのベルボーイに荷物を運んでもらった場合には2000~4000リエル、ルームサービスに対しても2000~4000リエル、観光ガイドを雇った時は1日あたり1~3米ドルほど、専属ドライバーも1~3米ドルほどを渡すことが一般的です。

カンボジアの観光施設を利用するための費用

・無料で利用できる観光施設を紹介

カンボジアの首都、プノンペンから約40キロ離れた地点にウドンという古都があります。かつてはカンボジアの首都だった町で、観光を楽しむことができます。この町にはウドン山がそびえており、石段を使って登ることが可能です。頂上からは景色を楽しめます。

ウドン山には2つの頂が存在しますが、そのうちの1つはかつて国宝が隠されたと言われていることから、「王家の宝の山」と呼ばれます。ここには18腕尺の仏陀のヴィハーラという寺院が存在しますが、戦闘により破壊されたため部分的にしか残っていません。もう片方の頂には仏塔が3つ建てられています。1つはモニボン王の仏塔で、ガルーダやアプサラなどの彫刻が施されています。最上部に4面の仏が彫られているのも特徴です。

・有料で利用できる観光施設を、その料金とあわせて紹介

プノンペンには国王が住む王宮があり、観光スポットとなっています。ノロドム王によって1886年に建造され、当初は木造でしたが後にコンクリート造りに建て直されました。敷地内にはナポレオン3世から贈られた建造物や劇場などが並んでいます。なお、中に入ることはできません。

王宮の隣にはシルバーパゴダという寺院があります。ノロドム王が1892年に建造し、後にシアヌーク王によって再建されました。タイにあるワット・プラケオを参考にした建物で、床に銀のタイルが敷かれているのが特徴です。様々な仏像を見ることもできます。王宮とシルバーパゴダの入場料共通で、6.25アメリカドルです。

プノンペンにはワット・プノンという寺院もあり、入場料1アメリカドルです。シソワット王像やナーガ像などを見られます。

カンボジアでの買い物情報

・生活に必要なものを購入するお店を紹介

カンボジアのシェムリアップ市内には、中心地であるシバサ通りにアンコールマーケットがあります。このマーケットは、店舗自体はそんなに広くありませんが、店内に所狭しと商品が並んでいて、各種の食料品や生活用品が沢山販売されているので、カンボジアに滞在中に必要なものを購入するのに役立ちます。外国人客も多く訪れる場所なので、店のスタッフも海外の観光客の対応に慣れています。

また、シェムリアップにはラッキーモールと呼ばれるショッピングスポットがあり、食べ物だけでなくアルコール類やスポーツ用品、電化製品や生活雑貨まで一式調達することができます。さらに、入り口近くにはベーカリーがあるので、お腹が空いた時にも便利です。

・一般的なおみやげの種類や相場について紹介

観光地として有名なカンボジアは、市場に行くと様々な商品が並んでいるのでおみやげ選びにも役立ちます。ただ、観光客には相場よりも高い値段で販売しようとする傾向がありますので、提示額の半分程度の額から値切って買い物するようにしましょう。

こうした市場では、値段はTシャツならおよそ2ドルから3ドル程度、小さな雑貨なら1ドルから3ドルなど色々です。

特にシルク製品も人気が高いので、しっかりしたものを購入したいなら専門店で探す方が無難です。シルク専門店の相場は、ブラウスなら40ドルから50ドルほど、ワンピースは80ドルくらいからあります。手頃な価格のシルク製品を購入したい場合は、ナイトマーケットに行くと1枚で4ドル前後で購入できます。

カンボジアの水、タバコ、ビールの価格

・水(ミネラルウォーター)の価格について説明

近年は水の衛生面は整えられています。水道も綺麗な水が出てきますが、そのまま飲み水にはできません。氷も気を付けた方が良いです。ミネラルウォーターを購入するのであれば、コンビニや商店でも気軽に購入可能となっています。日本から持って行く必要はありません。

500mlのペットボトルの水ならば、観光地のコンビニで買うと1000リエル程度(日本円約20円)、地元の商店で買うと500リエル(日本円約10円)程度で購入できます。

・タバコの価格について説明

カンボジアのコンビニには、巻きタバコや、葉巻や、たばこもふつうに購入する事ができます。

日本だとだいたい決まった価格で売られていますが、同じ銘柄でもカンボジアでは購入場所によって、価格が違ってきますが、高くても150円から170円ぐらいで購入する事ができます。免税店は高い方です。地元の個人商店などでは、5500リエルで110円程度です。タバコは18歳未満の喫煙は禁止されていますので、購入することはできません。

・ビールの価格について説明

カンボジアでは多くのビールブランドが流通しています。カンボジア産のビールキングダムゴールドはは320mlのものが約2000リエル、日本円で約40円やアンコールという最もお知名度の高いビールは約2500リエルで日本円で約50円ほどで購入できます。

商店、コンビニ、露店などで購入可能です。

ローカルレストランでは330mlのジョッキ4000リエル以下で飲め日本円では80円ぐらいと、安く飲む事ができます。

カンボジアでは18歳未満の飲酒は禁止されていますので、購入することはできません。