<留学保険>海外生活で必要な保障内容について調査比較!

お子さんが海外留学することになった場合、どの「留学保険」を選べば良いか?結構「悩みのタネ」になるかもしれません。私も自分が留学した際、ぎりぎりまで契約を迷った記憶があります。それぞれ保険会社によって、その「補償内容」や「保険料」も異なるためです。また、行く国によってそのリスクも異なりますので、精査する必要があるでしょう。海外生活に必要であろう「留学保険」について、調査してみました!



留学保険について

海外留学する際、必ず必要となってくる「留学保険」。ですが、各保険会社によって、その内容も異なります。また、行く国によっても保険の種類は変わってくると思いますので、詳しくみていきましょう!

留学保険の必要性とは?

ご自分、またはお子さんが海外へ留学することになった!場合、一番心配なのが「健康」に関することではないでしょうか?私が初めて留学した際、一番じっくり考えたのも「保険」でした。特に、行く国の医療状況によっては「かける保険」の種類についても考えなければなりません。

さらに、その国で「交通事故」や「火事」なんかを起こしてしまった場合の「損害賠償」も含まれている必要があるでしょう。これらを考えると、やはり保険料は多少高くとも、安心できる保険をかけておくべき!であると個人的に思います。

留学保険と海外旅行保険の違いとは?

留学保険と海外旅行保険の違いについて、「AIU保険」の「留学保険」を例に説明しようと思います。

<海外旅行保険の補償内容>
■病気やケガの治療費
■救援者補助
■航空機寄託手荷物遅延
■航空機遅延
■旅行事故緊急費用

<留学保険の補償内容>
■海外旅行保険の補償内容
■個人賠償責任(長期用)
■生活用動産(長期用)
■オプション(緊急一時帰国費用)

出典:

www.aiu.co.jp
留学保険は、海外旅行保険の補償内容も含まれていますが、その他長期滞在用としての「個人賠償責任」や「生活用動産」、またご家族の誰かが危篤又は亡くなったなど、一時帰国の補償もオプションでされることになっています。

私が昔、「AIU保険」で留学した際に、助かったのが「カメラの故障」でした。カメラが壊れてしまいましたが、この留学保険の補償により新しいカメラを購入することが出来たのです。

さらに、慣れない土地で生活すると、細かい性格の日本人ですから多少の「ストレス」を感じることでしょう。そして、私は「帯状疱疹」になりました(笑)ですので、「ちょっと高い保険だな」と思って入っても、実際は、プラスマイナス「ゼロ」若しくは「プラス」になることも考えられる「留学保険」であると言えるのです。



最も心配なのは「医療事情」

海外に行く際、一番心配なのが「医療」ではないでしょうか?特に、言葉が通じない国での治療となると、精神的にも大変ですが、請求書を見て「ビックリ」することも考えられるでしょう。ここでは、「東京海上日動保険」のデータを参考に、海外の医療事情をみていきたいと思います。

ヨーロッパの医療について

ここでは、フランス(パリ)の医療費について、みてみることにしましょう。

■入院する際の部屋代について(1日あたり)
<公立病院>
・個室:約195,600円
・一般病棟:約179,300円
・I.C.U./C.C.U.:約363,500円

<私立病院>
・個室:約(130,400円)
・一般病棟:約(81,500円)
・I.C.U./C.C.U.:約(537,900円)

■入院保証金
・公立病院:必要(保険がない場合。病院により金額は異なる)
・私立病院:必要(病院により金額は異なる)

■手術費用
<公立病院>
・虫垂炎:約(684,700円)から
・アキレス腱断裂:約(896,600円)から

<私立病院>
・虫垂炎:約(1,059,600円)から
・アキレス腱断裂:(約1,222,600円)から

■日本への移送費用(重篤な場合など)
・ストレッチャー使用、定期便利用:約(3,912,300円)~
・付き添いの医師費用:約(309,700円)~

※私立病院の場合は、「外来初診料」や「手術費」に「別途」医師費用が加算されます。

出典:

www.kaigairyokouhoken.com
これらの金額から解かりますように、日本の医療費と比較しても、考えられないほどの医療費がかかることが予想されるのです。

世界の医療費と医療事情(パリ):東京海上日動
参照元:東京海上日動(2016年1月時点、著者調べ)

アメリカの医療について

ここでは、ニューヨークでの医療費について、みてみることにしましょう。

■入院する際の部屋代について(1日あたり)
<公立病院>
・セミ個室:約128,200円~約434,900円
・I.C.U./C.C.U.:約572,200円

<私立病院>
・個室:約572,100円~約847,700円
・セミ個室:約343,300円~約437,200円
・一般病棟:約182,500円
・I.C.U./C.C.U.:約721,000円~約1,133,000円

■入院保証金
・公立病院:不要(保険がある場合)
・私立病院:不要(保険がある場合)

■手術費用
<公立病院>
・虫垂炎:約1,487,700円~約2,288,800円
・アキレス腱断裂:約2,288,800円~約2,861,000円

<私立病院>
・虫垂炎:約3,662,100円
・アキレス腱断裂:約3,662,100円

■日本への移送費:約(5,150,000円)~(5,722,100円)程度
・ストレッチャー使用
・コマーシャルフライト(定期便)で医師1名、看護師1名付き添い有りの場合。

※デポジットについて:健康保険等で支払い証明ができない場合、医療費を概算で集計し、入院手続き時点で請求されることがあります。

出典:

www.kaigairyokouhoken.com
先ほどのフランスと比較して頂いても解かりますように、アメリカの医療費は、本当に高いです。ですので、保険がいかに重要であるか?再認識させられますね。

世界の医療費と医療事情(ニューヨーク) :東京海上日動
参照元:東京海上日動(2016年1月時点、著者調べ)

アジアの医療について

ここでは、シンガポールでの医療費について、みてみることにしましょう。

■入院する際の部屋代について(1日あたり)

<公立病院>
・個室:約(22,900円)
・セミ個室:約(20,600円)
・一般病棟:約(4,000円)
・I.C.U./C.C.U.:約(57,200円)

<私立病院>
・個室:約(32,000円)
・セミ個室:約(20,600円)
・一般病棟:約(13,700円)
・I.C.U./C.C.U.:約(40,100円)

■入院保証金
・公立病院:約(457,800円)~(755,300円)程度
・私立病院:約(343,300円)程度

■手術費用
<公立病院>
・虫垂炎:約(309,000円)
・アキレス腱断裂:約(526,400円)

<私立病院>
・虫垂炎:約(377,700円)
・アキレス腱断裂:約(755,300円)

■日本への移送費:約(2,059,900円)
・ストレッチャー使用
・コマーシャルフライト(定期便)で医師1名、看護師1名付き添い有りの場合

※公立病院は、日本同様に費用を一括請求されることが多いが、私立病院だと、診察料や医師への手数料、検査費用、施設使用料など、バラバラで請求されることもあるので、注意したい。

出典:

www.kaigairyokouhoken.com
シンガポールでも、結構な金額の医療費がかかることが見込まれるでしょう。そう考えると本当に怖いですね。

私も過去に、高価な経験をしたことがありますので、「医療保険」の重要性は誰よりも認識しています!私の高価な経験とは「妊娠」です。結婚はしていたので、海外在住者向けの「プライベート保険」に入っていました。しかし、その保険には「補償制限」があったのです。「妊娠の場合、保険加入後(2年目)から公的機関での医療を補償」でした。

その保険に加入してから、まだ(2年)も経っておらず、保険適用外でした。そのため「全額自腹」での支払いとなりました。また、健康保険適用でも無いため、入院費用から何から全て「一括前払い」です。そんな(何百万円)も急に用意できるものでもありませんよね。

私の場合、不足金額については父が支払いましたが、そんなことが海外では「当然」に起こりうるのです。

世界の医療費と医療事情(シンガポール:東京海上日動
参照元:東京海上日動(2016年1月時点、著者調べ)

重視すべきポイントについて

ここでは、私が留学時に利用して満足度が高かった「AIUの海外留学保険」を例にみていこうと思います!

その①治療補償の金額

海外留学保険で考えられる「治療補償」には、2通りあります。

■治療補償が「無制限」
<保険料:235,840円(1年間)>

こちらは、かかる治療費は制限無く補償してもらえることになります。
治療費に制限がかからない分、保険料も多少高い設定となっていますが、保険ですので、ある程度のリスクを考えれば「無制限」であることに越したことはありません。

特に、医療費の高いアメリカなどへ行く際は、「無制限」の保険で無いと逆に怖いかもしれません。なぜなら、チョットの手術や入院をしただけで、すぐに(2,000万円)は超えてしまう可能性があるでしょう。

■治療補償金額が「最大(2,000万円)」まで。
<保険料:165,760円(1年間)>

「私は、病院へ行かないから一番安い保険でいい」と考えているあなた!そんな方が一番、保険を利用する可能性があるでしょう。私も過去にそうでした。もしものことがあった場合、その「医療費」が全額払えず、治療を断念することを考えれば、多少高くとも保険は、万全にしておくべきではないでしょうか!?

特に、留学は、短期より長期間になることも考えられますので、安心を買うという意味で、そこをケチるべきではないかもしれません!

留学生プラン:AIU保険会社
参照元:AIU保険会社(2016年1月時点、著者調べ)

その②賠償事故や盗難・破損に関する補償

もし滞在していた「ホテル」で「窓ガラス」を壊した場合や、ホームステイ先で「火事」に遭った場合。また、盗難に遭った場合などに考えられる補償です。これは、「留学保険」では、重要ポイントになります!

<AIU海外留学保険(インターネット専用)>
■寮・ホームステイプラン
■アパート・借家プラン

ですが、どちらのプランでも、「個人賠償責任」は、(1事故)につき、最大(1億円)まで補償される内容になっていますので、金額的な問題は無いと思います。

海外留学保険 費用の補償実績:AIU保険会社
参照元:AIU保険会社(2016年1月時点、著者調べ)

その③歯の治療補償

AIUの歯科治療を含むプランは、歯科治療費の補償を最大(10万円)を限度としています。あることにこしたことは無い補償だとは思いますが、海外で歯の治療をする場合、(10万円)では、到底足りません。そのため、このプランを付けとくべきかどうか?考えると、特に必要もないように思います。

「応急処置」程度の治療であれば、(10万円)以内で収まるかと思います。ですが、ちゃんとした治療をすれば、やはり(数十万円)以上治療費がかかることが予測出来るからです。

みなさん大金をはたいて、海外で歯の治療したいですか?!費用を抑えたいと思うのであれば、海外に出る前に「歯のコンディション」を「完璧な状態」にしておくことがベストであるように思います。

私が留学する前もそれらの点を踏まえ、日本で「親知らず」を(4本)抜いてから、海外へ行きました。もし抜いていなかったら、きっと外国で(100万円)近くかけて抜いてもらったのかなぁなんて思います。

歯科治療含むプラン:AIU保険会社
参照元:AIU保険会社(2016年1月時点、著者調べ)

その④キャッシュレスサービスかどうか?

これも結構重要なポイントになってきます。海外の病院へ救急で運ばれた際、私たち日本人は、外国人なわけです。そのため、信用度が低くなりますので、治療前に「治療費一括払い」を請求されることも考えられます。それが、安くても「数十万円」。高ければ、(1,000万円)以上かかるかもしれません(病状によって金額が違うため、一概には言えないわけです)。

その「一括前払い」、自腹で立替えられますか?という話です。無理ですよね、特に学生さんであれば。そんな時のために、この「キャッシュレスサービス」があります。病院へ保険会社が直接支払ってくれるため、私たちが「現金」で支払う必要が無くなります。これは、とても大きいサービスであると言えます。

特に、「手術」をすることになった!なんてなったら、費用は、一体いくらかかるのか?!医療費のことが心配で、治るものも治りませんよね。これらをカバーしてくれるサービスになっています。また、「緊急医療」や「入院先」の手配などもしてくれますので、有り難いサービスだと個人的に感じました。

最近は、AIUだけでなく、他の保険会社でもキャッシュレスサービスになっているようです。そのポイントも確認しておくと良いでしょう。

費用の補償実績:AIU保険会社
参照元:AIU保険会社(2016年1月時点、著者調べ)

その⑤医療通訳が付くかどうか?

その行く国によっても変わってきますが、病気やケガで病院へかかる際、「医療通訳」をつけてくれるかどうか?もポイントになるでしょう。語学に堪能であれば問題ない話ですが、実際学生さんが留学するということは、まだ現地の言葉もカンペキでは無いことが考えられます。

また、医療用語は通常の会話とは全く違ってきますので、「医療通訳」がいた方が良いことは確かです。AIUの場合ですと、アシスタントサービスが(24時間)日本語にて対応してくれますので、そちらを利用することをぜひおすすめします。

アシスタンスサービス:AIU保険会社
参照元:AIU保険会社(2016年1月時点、著者調べ)



おすすめしたい「留学保険」について

AIU損害保険の留学保険

保険料シミュレーションで検索した結果、アメリカへ(1年間)留学する場合、保険料(プランS18)は、約(208,120円)程度になります。※ちなみに、治療費を「無制限」で選択しています。

AIU留学保険をおすすめる理由として、補償を受けるのが比較的簡単であることが挙げられます。大手ですので、安心して利用できるのも、その理由です。また、補償内容が充実していますので、安心して留学生活を送れるのも魅力の一つかもしれません。

保険料などの詳しい情報は、AIU保険のWEBサイトにてご確認下さい。

海外旅行保険インターネット契約:AIU保険会社
参照元:AIU保険会社(2016年1月時点、著者調べ)

ジェイアイ傷害火災の留学保険

ジェイアイ傷害火災保険は、旅行業最大手の「JTB」グループと世界的で損害保険を展開する「AIG」グループとの合弁会社です。そのため、安心して利用できる保険になっているのが特徴です。

留学が(1年間)ですと、「t@biho たびほ」が該当します。保険料シミュレーション(おすすめプラン)で検索した結果、アメリカへ(1年間)留学する場合、保険料は、約(180,000円)程度になります。他と比較しても、格安な保険料かもしれません!
※ちなみに、治療費を「無制限」で選択しています。

治療・救援費用についても、全プランで「無制限」になっております。また、オプションにて、「緊急一時帰国費用」の特約もつけることが出来ます。但し、歯の治療に関する特約は、こちらの保険には、ありませんので、詳細については、「ジェイアイ傷害火災の留学保険」のWEBサイトでご確認下さい!

海外旅行保険・留学保険《t@bihoたびほ》:取扱保険代理店 アイ・エフ・クリエイト
参照元:保険代理店アイ・エフ・クリエイト(2016年1月時点、著者調べ)

海外留学生保険(ジェイアイ傷害火災):(株)アイ・エフ・クリエイト
参照元:(株)アイ・エフ・クリエイト(2016年1月時点、著者調べ)

東京海上日動の留学生プラン

保険料シミュレーション(安心セットプラン)で検索した結果、アメリカへ(1年間)留学する場合、保険料は、約(219,000円)程度になります。※ちなみに、治療費を「無制限」で選択しています。

また、東京海上日動の留学生保険には、(補償選択プラン)というものがあります。これは、補償内容を自分で設定できるものです。例えば、事故で死亡した時の補償額を押さえ、損害賠償金額を高く設定したりなど、自分で金額が決められるのは、メリットになるかもしれませんよね。その設定金額に応じて、保険料の金額も変わってきますので、詳細は、東京海上日動のWEBサイトでご確認下さい!

東京海上日動留学生保険:取扱代理店ライフケア
参照元:取扱代理店ライフケア(2016年1月時点、著者調べ)

国によっては指定される「健康保険」

オーストラリアの外国人留学生健康保険「OSHC」

オーストラリアへ「学生ビザ」で入国する学生は、外国人留学生健康保険 (OSHC = OVERSEAS STUDENT HEALTH COVER) に加入することが「義務」付けられています。

この保険により、留学生は滞在中の病気や事故によるケガの治療費や手術、入院した場合の費用が「規定料金の範囲内」でカバーされることになります。OSHCの保険料は、留学先の学校が申し込み期間に準じて「授業料と一緒に請求」しているため、学生ビザで学校へ通っている期間は、必ず「OSHC」に加入していることになるでしょう。

<OSHCの補償内容>
■通院治療費
■入院治療費
■処方箋薬剤
■救急車

公立病院での、一般病棟入院や医療については、OSHCが補償しますが、担当医から「標準料金」を上回る金額の請求があった場合、「差額」は自分で支払う必要があります。また、私立病院の入院や治療費もOSHCの対象になりますが、私立病院の請求金額は、OSHCの「保険給付金」を上回ることが多いため、「差額」は自己負担になるでしょう。

また、「歯の治療」は、補償されませんので、ご注意下さい!

Overseas Student Health Cover (OSHC):Allianz Global Assistance
参照元:Allianz Global Assistance(2016年1月時点、著者調べ)

イギリスの国営健康保険「ナショナル・ヘルス・サービス(NHS)」

NHS (National Health Service) は、イギリス政府が運営する「国民保険サービス」です。税収などの一般財源によって賄われている医療機関ですので、利用者の経済的な支払い能力にかかわらず、利用可能であり、「原則無料」で提供されます。※但し、処方薬、歯科、眼科検診は除きます。

(6カ月)以上、イギリスに滞在することが「可能なビザ」を持つ者であれば、「NHS」に加入することができますので、長期滞在する方は、「NHS」に登録した方がお得と言えます。
それに加入すると、病院でかかる「診察や入院費用」、「手術費」など、滞在中の病気ほとんどが「NHS」でカバーされるため、非常に便利です。

但し、下記に関しては、補償対象外となりますので、ご注意下さい。
■「特別な手術」
■「持病」
■「歯科」
■「眼科」
■「事故」や「盗難」

これらの補償については、日本の保険会社にて、「別途」海外留学保険に加入した方が良いでしょう。

<NHS受診可能な人とは?>
(6カ月)以上、イギリスに合法的に滞在することが可能なビザを取得している「フルタイム」(週15時間以上)の学生です。ですので、「パートタイム」(週15時間以下)の学生については、加入条件の対象外となっています。

NHS(National Health Service)について: イギリス・ロンドン留学サポートオフィス
参照元:イギリス・ロンドン留学サポートオフィス(2016年1月時点、著者調べ)

留学保険についての Q&A

ここでは、Yahoo知恵袋に出ていた「海外留学保険」に関する質問について、回答しながらみていきたいと思います。

既往歴がある者の留学保険加入について

ワーホリか留学の経験がある方で既往歴や持病があって保険に入られた方にお聞きしたいのですが、どちらの会社の保険に入られましたか?

また現地で既往歴や持病に関する事で通院しなければならない状態になってしまった場合は保険は適応されず自費になるのでしょうか?

私は今年の2月に婦人科系の手術をしており今では完治していて、通院も必要ありません。急に手術した場所が痛くなって病院に行きたくなったらどうすればいいのか少し不安に感じております。といっても今まで日本でそのような痛みがあらわれた事はないのですが・・・!

ご経験のある方や保険にお詳しい方、アドバイス等ご回答頂けると幸いです。

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
持病がある方の保険加入については、「疾病に関する応急治療・救援費用補償」の「特約」より補償されます。この特約は、「旅行開始前」に発病し医師の治療を受けたことがある病気が、「旅行先で悪化」したことによる「治療」を受けた場合や、(3日)以上続けて入院し、日本から家族が現地に向かう場合の費用も含め(300万円)を上限として補償されます。

※但し、妊娠や出産、または流産に起因する病気および、歯科疾病は含まず。また、継続的な治療(インシュリン注射・透析など)や、投薬は「補償対象外」となっています。

よくあるお問合せ(契約前):AIU海外旅行保険会社
参照元:AIU海外旅行保険会社(2016年1月時点、著者調べ)

留学保険と歯列矯正について

私は現在、顎変形症という病名のもとで歯列矯正をしています。

ただの歯列矯正ですよ健康保険の適用外ですが、私の場合は顎変形症の治療の一貫で行われている歯列矯正ですので保険適用されます。私は一カ月に一度、装置の交換などで通院しています。

私は以前から留学を考えており、現在の状況ですと月1で通院しなければならないので、1か月以内の短期留学となってしまいます。

海外での治療は健康保険の適用外ですので治療が高額になってしまいます。ですので一カ月以上の留学をする場合、高額な海外での治療には抵抗があります。

そこで私は留学保険(AIU)に問い合わせてみたところ、留学期間内に発病したものでない限り、留学保険適用されず、治療費を支払えないとのことです。

私のケースの場合、これらの留学保険はどこの保険会社でも適用外なのでしょうか?

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
保険期間(6カ月)以上の方向けの「海外留学保険」では、「歯科治療費用補償」の「特約」により、歯の治療費が支払われますが、歯列矯正や歯のホワイトニングなどは、もちろん「補償外」です。

さらに、歯の治療費についても、治療費の(50%)「かつ」(10万円)を限度となっていますので、ちょっと厳しい金額であると言えます。海外で歯の治療をすると、かなりの金額がかかるでしょう。私の経験から申し上げますと、オーストラリアの場合は、下記の金額がかかります。

(例えば)
■歯の神経を抜いて(根管治療)の場合:約30万円程度。
■銀歯がはずれたので、単に「はめてもらう」のみ:約1万円程度。
■歯の点検とクリーニングのみ:約25,000円程度。

このように、結構な金額がかかります。そのため、留学保険を利用し、出来るだけ「費用を抑えた」治療になりますと、「応急処置」程度になるでしょう。「歯の保険」をかけていたとしても、海外で歯の治療をすること自体、プラスになることは、絶対に無いと考えて頂いてよいと思います。

歯科治療費用:AIU海外留学保険会社
参照元:AIU海外留学保険会社(2016年1月時点、著者調べ)

留学保険で安くていい保険はありますか?

韓国に一年間留学をする予定なんですが、エージェントは利用せず全て自分でやる予定です。

そこでエージェントを利用せず留学した方にお聞きします。

「どんな保険に加入していましたか??」

「現地に到着してから加入しましたか?」

私はなるべく安く費用を抑えて留学したいです。最低限必要な保険に加入したいです。
回答お待ちしております。

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
安くていい保険があれば、みんなそちらに入ることでしょう。ですが、「最低限の補償」で良ければ、海外にある「留学生用保険」があると思います。ですが、本当にちゃんと支払われるかどうか?は、利用した経験がありませんので、私にも解かりません。

現地に到着してから保険を探すには、リスクが高すぎますので、出国前にインターネットを通じて、保険加入することをおすすめします。また、保険料を抑えるということは、その分、「リスク」が高くなりますので、それを理解した上で、保険を探すことをおすすめ致します。

まとめ

ここまで、海外留学保険について、みてきましたがいかがでしたでしょうか?各保険によって、補償内容も違いますが、保険料も異なることが解かりましたね!ですが、海外で生活をすることは、多少のリスクを負っていることも忘れてはいけません。ですので、保険料を安く抑えることを第一に考えるのではなく、補償内容に合わせて、留学保険を選ぶことをおすすめします!ぜひ、参考にして下さいね。