自転車にも盗難保険!自分の愛車を守るために出来ること

みなさんは、自転車を盗まれたことありますか?私は、カギを掛けていたにも関わらず盗まれました。私は普通の自転車でしたが、「高価な」自転車をお持ちの方であれば、その心配も大きくなるかもしれません。もし、あなたの自転車が「突然」消えてしまったら、そのショックは、計り知れませんよね。そんなことがある場合に備えた、自転車の「盗難保険」があるのをご存知ですか?自分の愛車を守るべく保険について、お伝えします。



自転車の盗難保険について

自転車に保険?と思われる方もいらっしゃると思いますが、最近、加入件数の増えてきている「保険」の一つです。特に「高価な」自転車を乗っている方は、自転車を購入したお店から勧められる「盗難保険」があります。もしも、あなたの自転車が盗まれた場合に、補償が下りる保険です。

私は、自転車の保険に入っているから「大丈夫!」と思われる方、その保険は、もしかして、自転車保険ではないでしょうか?自転車保険と自転車盗難保険は、別のものになりますので、詳しくみていきましょう。

盗難保険の内容について

「自転車保険」と「自転車盗難保険」は、その内容が異なります。違いは、以下のとおりです。

■自転車保険
・自転車に乗っている際のケガの補償
・自転車に乗っている際の損害賠償(対人、対物賠償)

■自転車盗難保険
・盗まれた場合の補償がある(保険金、同額の自転車)
・自転車のパーツが盗まれた場合(フレームやホイールは補償内)

ですので、「自転車保険」は、あくまで傷害保険のため、「盗難」に対する補償がされないということになります。

自転車事故と保険:日本損害保険協会 – SONPO
参照元:日本損害保険協会 – SONPO(2016年1月時点、著者調べ)

自転車盗難の発生率は、どのくらい?

警視庁の調べによると、全国で発生している「自転車盗難」の発生率は、以下のようなデータが出ています。

<全国自転車盗の認知件数・検挙状況、還付率>

平20年:393,462件/28,053件/41.2 %
平21年:389,476件/26,747件/41.9%
平22年:367,509件/24,752件/42.8%
平23年:337,569件/21,302件/42.7%
平24年:303,745件/19,251件/43.6%
平25年:305,003件/16,560件/43.9%

出典:

www.npa.go.jp
平成25年のデータを見ると、自転車の盗難は、この6年間で減少傾向にあるものの、未だに年間30万件ほど発生しています。盗難された自転車が持ち主へ戻る割合(還付率)は、平成25年で約(43.9%)。ですので、約(56.1%)は持ち主には、戻っていない計算となります。

また、警察における盗難自転車の「検挙」割合は、平成25年で(5.4%)程度ですので、盗難された自転車の多くは、乗り捨てされていると考えられます。

ここに出ている数字は、あくまで警察が把握している「盗難自転車」の台数ですので、盗難の届出が出されなかったものは、カウントされていません。そのため、届出がなされなかった盗難自転車も考えると、その台数は、さらに上回ることが予想されます。

盗難保険は、入るべきか?

自転車盗難保険の「ちゃりぽ」の条件を適用した場合を例で考えて見ます。

(例えば)あなたの(10万円)で買ったマウンテンバイクが盗まれたとしましょう。

■パターン①購入時に、盗難保険「ちゃりぽ」に加入していた場合(保険料1年:7,000円)
・「保険金約7万円」受け取れることになります。
※保険金受取時の自己負担(免責額)は保険金の(30%)のため。

■パターン②盗難保険には入らず、防犯登録だけしていた場合(防犯登録料500円)
・警察が見つけた場合、盗まれた自転車が「いずれ戻ってくる可能性」もあります。

私も昔、自転車が盗まれましたが、「半年後」に戻ってきました。それもボロボロな姿になっており、乗れるような状態ではなかったことを覚えています。

そのようなことを踏まえますと、購入した自転車が高額であるほど、その自転車が戻ってくる可能性は低くなることが考えられます。購入した時点で「盗難保険」に入っておいたほうが、「今後のため」かもしれません。

自転車盗難保険『ちゃりぽ』:ジャパン少額短期保険株式会社
参照元:ジャパン少額短期保険株式会社(2016年1月時点、著者調べ)

防犯登録Q&A :東京都自転車商防犯協力会
参照元:東京都自転車商防犯協力会(2016年1月、著者調べ)



自転車盗難保険の注意すべきポイント

ここでは、自転車盗難保険で有名な「ちゃりぽ」(ジャパン少額短期保険株式会社)の場合を例に、その保険適用か否かをみていこうと思います。

カギの掛け忘れで盗難にあった場合

「盗難保険」をかけているから大丈夫!と油断しているすきに、あなたの自転車が盗まれたとしましょう。

もし、その自転車にカギ(施錠)をしてなかった場合は、もちろんですが、盗難補償はされません。最低でも1箇所以上、施錠していることが条件となりますので、注意する必要があるでしょう。

個人売買で購入した自転車について

インターネットオークションなど、「個人同士の売買」で購入した自転車ですと、盗難保険へ加入することが出来ません。あくまで、出どころがハッキリしている自転車(自転車販売店などから購入)であることが、その加入条件となっています。

また、「中古」の自転車でも「自転車販売店」からの購入であれば、保険に加入することが可能ですので、購入から(1カ月)以内に申込みする必要があります。

自転車放置禁止区域の駐車について

地方公共団体が定めた「自転車放置禁止区域」にて、自転車が盗まれた場合ですが、補償の対象にはなりません。あくまで、法律に準じていて「盗難」にあってしまったことが補償の前提条件となるためです。ですので、自転車の駐車場所にも気をつける必要があります。

2度目の盗難についての保証は?

1度盗難されて補償を受けた場合、その保険契約が終了してしまいます。そのため、「再び」その自転車が盗難に遭っても、それは補償されません。盗難防止に力を入れなければなりません!

自転車盗難保険『ちゃりぽ』:ジャパン少額短期保険株式会社
参照元:ジャパン少額短期保険株式会社(2016年1月時点、著者調べ)

自転車盗難保険の比較

保険会社が提供する「ちゃりぽ」盗難保険

ジャパン少額短期保険株式会社が提供している、自転車盗難保険です。

<保険料>
■自転車価格の約(7%)程度。
(例えば)自転車を(30万円)で購入した場合
・保険料:1年プラン21,000円、2年プラン42,000円

<補償内容>
■補償額は、5,000円~50万円まで(1,000円単位)
※保険金受取時の自己負担(免責額)は保険金の(30%)となります。

<対象車種>
■どの自転車販売店で買った自転車でも、加入することが可能です。
■本人以外がその自転車を使用していた場合の盗難でも、補償対象になります。

※但し、防犯登録されている自転車であることが加入条件です。 「ちゃりぽ」盗難保険の魅力は、自転車のメーカーを問わないところでしょう。ですので、一番加入しやすい保険です。また、免責となる金額も30%程度ですので、補償内容も優れていると思います。

自転車盗難保険 普通保険約款:ジャパン少額短期保険株式会社
参照元:ジャパン少額短期保険株式会社(2016年1月時点、著者調べ)

「ブリヂストン」の自転車盗難保険

自転車メーカーである「ブリヂストン」では、独自の自転車盗難保険を(2つ)設けています。

①3年間盗難補償
<対象車種>
■自転車※ブリヂストン指定の自転車。
・「2011年度車以降」のもの
・(後輪錠+ハンドルロック)の「一発二錠」「BSパークロック」装着の指定車種

■電動アシスト自転車:全車種

<補償内容>
・購入した自転車と同一車種(又は、同様の自転車)を(3,000円)にて、「代替車」として購入することが出来る補償となります。

※電動アシスト車は、標準現金販売価格の(30%)を補償

<補償期間>
■購入日より3年間。

<加入方法>
■防犯登録後、購入から20日以内に「ブリヂストンのWEBサイト」から「オンライン登録」を行うか、自転車に付属している「盗難補償ハガキ」を投函します。

■加入費:無料

<補償条件>
■「一発二錠」および「BSパークロック」装着車以外の自転車に関しては、(付属の後輪錠+ワイヤー錠)、または、(ワイヤー錠+ワイヤー錠)など、「ダブル施錠する」ことが条件です。
②ブリヂストン自転車盗難補償
<対象車種>
■一般自転車購入から(1年)以内に盗難にあった場合に標準仕様の範囲内で補償。「3年間自転車盗難補償」を適用された自転車は、この補償が受けられません。
※ 盗難補償が付かない車種も一部ありますので、購入店でご確認下さい。

<補償内容>
お買い上げ車と同じ新車(又は、同様の自転車)を標準販売価格(60%)と組立手数料(大人車:2,500円、子供車:2,000円)を加えた価格で、「代替車」として購入することが可能です。
※同等モデルの標準販売価格が上がった場合は、差額の負担が発生します。

<補償期間>
■購入日より1年間。

<加入方法>
■防犯登録を行った後、購入から(20日)以内に、ブリヂストンのWEBサイトから「オンライン登録」を行うか、自転車に付属している「盗難補償ハガキ」を投函します。
■加入費:無料

その対象となる自転車を「他人」へ譲渡した場合は、補償の「対象外」となりますので、ご注意下さい。また、あくまで「ブリヂストン指定」の車種が対象ですので、その他の自転車は、この補償を受けることが出来ないという点もお忘れなく。

3年間盗難補償:ブリヂストンサイクル株式会社
参照元:ブリヂストンサイクル株式会社(2016年1月時点、著者調べ)

「サイクルベースあさひ」の自転車盗難保険

全国に販売店を展開する「サイクルベースあさひ」では、独自の補償サービス「サイクルメイト」を設けています。

<対象車種>
■「サイクルベースあさひ」で購入した自転車(購入時に加入可能)

<加入料金>
■14インチ~18インチの幼児用自転車:2,000円
■一般自転車・スポーツ車・電動自転車:3,000円

<保証内容(保証期間)>

■自転車盗難補償(3年間)
・補償代替品受取時の自己負担(免責額)は、一般自転車で(1年目:20%、2年目以降:40%)
■傷害補償および賠償責任補償(1年間)※TSマーク付帯保険
■自転車防犯登録(7~15年間)
■自転車無料点検(3年間)
■自転車修理工賃の10%割引(3年間)
■自転車部品・用品購入時の10%割引(3年間)

こちらの保険は、盗難補償だけでなく、「傷害補償」や「自転車の点検」なども含まれており、大変お得な保険になっていると思います。こちらの保険加入は、「サイクルベースあさひ」で購入することが前提条件ですので、購入に併せて保険加入を同時に済ませたい方には、非常に便利ですね!

サイクルメイトの概要: サイクルベースあさひ
参照元:サイクルベースあさひ(2016年1月時点、著者調べ)



その他、補償制度について

自転車防犯登録制度

「自転車防犯登録」とは、自転車の「盗難予防」と「被害救済」を目的とした制度になります。そのため、自転車防犯登録は、利用者の義務として法律で定められています。この防犯登録によって、自転車の所有者を「明確」にすることも可能になるためです。

また、防犯登録することにより、「警視庁」へ「防犯登録番号」のデータが(10年間)登録されますので、盗難被害に遭った場合など、その自転車が所有者の元へ戻りやすくなることが考えられます。
※警視庁にデータが入るまで約(2カ月)かかります。

防犯登録の「有効期限」は、登録した日の翌年から(10年間)となりますので、(10年)を経過した後もその自転車を利用する場合は、新たに「登録」する必要が出てきます。登録料は、(500円)です。 <盗難にあった場合は?>
■自転車防犯登録カード(控え)
■身分証明書(運転免許証か保険証など)

この(2点)を持って、最寄りの警察署または、交番へ「盗難届」を提出して頂く必要があります。

<撤去された場合は?>
「駐輪禁止区域」に駐輪し、自転車が撤去された場合、撤去を行った「行政」へ問い合わせ下さい。撤去に関する責任においては、防犯登録は、一切負担致しません。

盗難や撤去に遭った場合 :東京都自転車商防犯協力会
参照元:東京都自転車商防犯協力会(2016年1月時点、著者調べ)

自転車販売メーカーの補償制度

先ほど、「一般自転車」のメーカー補償として、「ブリヂストン」の例をご紹介致しましたが、最近ですと、「電動アシスト自転車」の普及に伴い、各電動自転車メーカーも独自の盗難補償を設けております。

■パナソニック(3年間の盗難補償)
<補償内容>
・同一車種か、同レベルの車種が受け取れます。

<購入者負担>
・標準価格の30%、組み立て手数料:4,000円

<盗難補償の必要書類>
・警察から盗難を証明する書類を受け取る必要あり。 ■ブリヂストン(1年間または、3年間の盗難保証)
<保証内容>
同一車種(生産中止又は価格変動等が発生した場合、同様の自転車1台に付き1回限り)が「代替車」として購入可能。

<購入者負担>
・本体小売価格の30%

<盗難補償の必要書類>
・警察から盗難を証明する書類を受け取る必要あり。

■ヤマハ(3年間の盗難保証)
<保証内容>
・同型車の新車を「代替車」として購入可能。
※同型車のメーカー希望小売価格が上昇した場合、差額は自己負担。

<購入者負担>
・1年目及び2年目:本体価格の30%を負担
・3年目:本体価格の50%を負担

<盗難補償の必要書類>
・警察から盗難を証明する書類を受け取る必要あり。 電動自転車ですと、本体価格も結構高価ですので、盗難に遭うことを考えると、必ず加入しておく必要があると思います。特に、メーカーの盗難補償は、その加入料は無料となっていますので、ぜひ加入登録してみて下さい!

電動アシスト自転車(3年間盗難補償):パナソニック
参照元:パナソニックの自転車公式サイト(2016年1月時点、著者調べ)

各種補償制度:ブリヂストンサイクル株式会社
参照元:ブリヂストンサイクル株式会社(2016年1月時点、著者調べ)

盗難保険について – 電動自転車 PAS(パス):ヤマハ発動機株式会社
参照元:ヤマハ発動機株式会社(2016年1月時点、著者調べ)

家財保険を利用

私も知らなかったのですが、「自宅の敷地内」から自転車が盗難された場合、「家財保険」で補償されることも考えられます。この場合は、自転車1台のみの補償ではなく、家族全員分の自転車が補償の対象になるのです。

賃貸マンションでも「火災保険」などに加入している場合がありますので、自転車の盗難保険を考える場合、まずは「火災保険」の補償内容を確認することをおススメします!

ですが、あくまで「自宅からの盗難」が条件ですので、外出が多い方や、毎日自転車を利用する方であれば、その補償だけでは、足りないことも考えられるでしょう。

家財の火災保険 リビングFIT:三井住友海上
参照元:三井住友海上(2016年1月時点、著者調べ)

自分でも愛車を守る工夫が必要です!

ここまで、盗難に遭った際の「保険」についてご紹介してきましたが、保険に頼ることだけでは、盗難を防止することには、繋がらないと思います。ですので、まず初めに、盗難被害に遭わぬよう、自分で出来る防止策をしなければなりません!

施錠は、できるだけ多くすること

各保険の補償条件にも出て来ましたが、「施錠(カギ)」を掛けていることが絶対条件となります。また、自転車に取り付けられている施錠のみでは、壊されてしまう可能性もあります。ですので、カギは、2重、3重とできるだけ多くかけておくと良いかもしれません。

警視庁のページから、「自転車盗難防止装置」として紹介されている「カギ」の種類が出ておりますので、ご紹介しておきたいと思います。

<自転車盗難防止装置>

■シリンダー式馬蹄錠:鍵穴部分がシリンダー式になっており、不正開錠に対し防犯効果がある。

■U字ロック:ワイヤー錠に比べ、開錠に時間を要するため盗難防止効果も高い。

■ジョイントワイヤー錠:(ワイヤー+スチールジョイント+カバー)の3重構造になっており、ジョイントにより「太く」なる為、ポケット工具等では破壊しにくい。

出典:

www.keishicho.metro.tokyo.jp

駐車する場所にも注意すること

自転車を駐車する場所にも気をつける必要があります。駐車する場所によっては、盗まれる可能性が高いためです。そのため、路上に駐車することは、おすすめ出来ません。また、駐車する駐輪場についても、「犯罪防止」が考慮されている「駐車場や駐輪場」を利用するよう、心がけましょう。

(例えば)
■誰もが入場できるような駐輪場でないこと。
■自転車をつなぐ固定物や、ロックが掛かる設備がある駐輪場。
■フェンスが設置してあり、夜間も照明で明るさが保たれている駐輪場。
■管理人常駐の場所や、防犯カメラが設置されている駐輪場。

長時間駐車しておかないこと

私の経験から申し上げますと、早朝から深夜までの長時間や、数日間などの期間、自転車を駐輪しておくと、自転車自体だけでなく、自転車のパーツ(サドルなど)が無くなっている事も考えられます。ですので、ひと気が無くなる時間まであまり自転車を放置しておかないということも注意すべき点かもしれません。

また、その駐輪した場所によっては、長期間駐輪のため、自転車が撤去されていた!なんてこともありえます。ですので、出来るかぎり、長期間駐輪をすることも避けた方が良いかもしれません。

まとめ

ここまで、自転車の盗難保険について見てきましたが、いかがでしたでしょうか?私の学生時代には、無かった保険だなぁとつくづく感じてしまいました。

また、購入する自転車の価格によっては、必ず掛けるべき保険であると言えるでしょう。犯罪が全く無い国であれば、そんな保険も必要無いですが、実際に起こっている盗難件数は、全国で30万件以上です。

あなたの愛車がその件数に含まれることが無いよう、「防止策」を駆使しながら守っていってくださいね!