クレジットカードは無職でも作れる?その謎を解明します!

買い物するときに便利なクレジットカード。カードによってメリットが違うため、新しいカードを作りたい!なんて思う方もいらっしゃるでしょう。ですが、クレジットカードを作るとき、悩ましいのが「職場」にかかってくる「確認の電話」。職場が無い場合、カードは作れないの?と考えてしまう「主婦」もいらっしゃるかもしれません。クレジットカードは、無職だと作れないのか?その謎について、探ってみたいと思います!



クレジットカードの新規作成について

最近は、次々と優れたクレジットカードが出てきており、「新しいカード」が欲しいな!と思うこともありますよね。でも、「私、専業主婦だから…」なんて考えたりすることもあるでしょう。本人が仕事に就いてなくともカードを作る方法があるように思います。どんな方法があるのか?みて行きましょう。

無職でも収入源があれば、カードは作れる!

スーパーやショッピングモールなどで、よく勧誘される「クレジットカード」の新規作成。多くのみなさんは、カードは多く持っているから必要性をあまり感じないかもしれません。

しかしながら、クレジットカードを「無職」の方が簡単に作れるか?といいますと、多少の違いがあります。

(例えば)
■会社を退職して、専業主婦になりました→カードは、作れます(旦那さんの収入あるからです)
■独身の方が会社を退職して病気やケガの治療に専念している場合→カードは、作れません(収入の見込みが無いため)
■大学生でアルバイトをしています→カードは、作れます(但し、親が保証人になる必要があるでしょう)

このような点で、違いがあると思います。ですが、会社員でも無職でも「審査」に通ることが「前提条件」となるでしょう。

必ず行われるクレジットカードの審査

クレジットカードを申し込んだ場合、必ず行われることになる「審査」。みなさんも一度は、経験があるかもしれません。特に、職場へかかってくる「在籍確認」の電話は、厄介なもので、それが嫌でカードを作りたくないなんて思われる方もいらっしゃるでしょう。

また、過去に「ブラックリスト」信用情報機関に「情報の掲載」がされた方であれば、さらに厳しい審査が行われるかもしれません。このような点を踏まえると、クレジットカードは、誰でも簡単に作れるわけではない!?ことが判りますね。

クレジットカード会社の審査基準について

クレジットカードの審査で確認されることは、下記の点が挙げられます。

<返済能力>
■勤務先、職業:あなたが本当にその会社に勤めているのかどうか?
■勤続年数、年収:安定した収入が見込まれる方であるか?
■雇用形態:金融機関では、公務員や大企業の正社員であるほど、信用度は高いようです。
■借入額:他に借金があるかどうか?

<資産チェック>
持ち家などの不動産を持っていたら、「担保」として計算されますので、クレジットカードの審査では、有利な方向に進むことが考えられます。

■居住形態:持ち家?賃貸?
■居住年数:住んでいる期間が長ければ長いほど、信用度は高いようです。

<クレジットヒストリー>
これまで、返済期限を遅延した過去があるかどうか?その他カードでの利用履歴など、通称「ブラックリスト」信用情報機関へ、問い合わせがされることになります。

信用情報機関で確認されるのは、下記のポイントです。
■クレジット利用履歴
■信用情報の問合せ履歴
■過去「5年間」に支払い遅延した情報など

もし、この審査で引っかかる場合は、「アウト!」である可能性が高いと言えるでしょう。



会社員だった時に取得した「クレジットカード」について

ここでは、会社員だった頃に作った「クレジットカード」は、無職になったら、どうすればいいか?考えてみましょう。

無職になったら、カードはどうしたらいい?

会社員時代に作成した「クレジットカード」。無職になったら、返さなければいけないの?と思われる方も少なからずいらっしゃるでしょう。そうですよね、無職だと、カードも簡単に作れない(=イコール)持ってちゃいけないって思われるかもしれません。

ですが、特にクレジットカードを返却しなければいけないという規則はありません。ですので、そのままお持ちいただき、利用されても大丈夫です。この点でも判るように、仕事に就いている時に、クレジットカードを申し込んでおけば、無職でも「カードは持てる」ということになります。

所持し続ける際の注意点について

無職になってからも、これまで利用していたカードを所持し続けることは、問題ありませんが、「数年おき」にクレジットカード会社から、「職場について」の確認の問い合わせがあると思います。私にも来ました。その時は、「封書」にて、「変更点」を「再記入」するような書類が届いたことを覚えています。

その場合、どうするか?と言いますと、特に「変更なし」としておけば、問題ありません。なぜなら、職場に問い合わせが来るわけではありません。もし、この書類にて、「現在、無職」と記入した場合においては、どうなるのか??きっと、利用金額に制限が付くか、保証人が必要になることも考えられるでしょう。

無職でクレジットカードを作る場合は?

ここでは、無職の方でも、手っ取り早く「クレジットカード」を作成する方法について、ご紹介したいと思います。

家族カードで申込みをする

学生さんや専業主婦など、無職の方が一番作りやすいと考えられるのが「家族カード」です。独身の方でも、学生さんと同じように「お父さん」の持っているクレジットカードの「家族カード」を作れば、職場や仕事に関する問題は解決できます。

なぜなら、本カードを持つ「お父さん」が保証人の役割を果たすためです。本会員と生計を同一にしていることが条件となりますので、一緒に住んでいれば良いわけです。また、カードの支払いは、本会員(本カード)へまとめて請求されますので、「お父さん」の同意が必要になることは間違いないでしょう。

しかし、家族カードを作る際も申込者の情報は、信用情報機関(ブラックリスト)にて確認されますので、これまでに支払い遅延や自己破産などの過去があれば、家族カードも厳しい結果が出る恐れも考えられます。

派遣会社へ派遣登録だけしておく

派遣社員でも、定期的な収入を見込めるのであれば、クレジットカードを申込むことが出来るでしょう。
そう考えると、業務に就いてなくとも、派遣会社へ登録している期間が長ければ、審査に通ることも意外と容易になることが考えられます。

また、派遣登録したから「すぐ」にカードの申込みが出来るか?と言うと、審査で落とされる可能性が高いかもしれません。最低、半年以上の「職歴」があると良いと言われていますので、派遣登録をしてから「ある程度の期間」をあけた方が、審査通過の可能性を高めると言って良いでしょう。

パートやアルバイトをする

実際、アルバイトやパートの方でもクレジットカードを作ることは、可能です。審査基準は、あくまで「安定した収入のある方」ということになるため、正社員じゃなきゃダメという話ではありません。パートやアルバイトで仕事の経歴を作っておくことで、カードの申込みも通ることが考えられます。

特に、クレジットカード会社が注目するのは、在籍期間ですので、アルバイト期間が長い人ほど、カードが作りやすくなると思います。

仕事をしている間であれば、アルバイト先に「在籍確認」の電話がかかってきても、問題ありませんしね。このようなチャンスにクレジットカードを作っておくと、大変便利なのです。



審査が比較的ゆるいクレジットカードは?

楽天カード

「楽天カード」は、学生やフリーターでも「簡単に」作れるという噂もあるほど、審査がゆるいと言われているクレジットカードです。

また、カード申込みの際、「自動リボ払い」を選択すると、審査で「落ちる確率」も「低く」なるようです。その理由としては、カード会社は「リボ払い」で利益を得ているため、顧客を増やしたいという点から考えられるでしょう。ですので、申込みをする際は、「自動リボ払い」にマルをつけてみると効果的かもしれませんね。

お得なクレジットカード:楽天カード
参照元:楽天カード(2016年1月時点、著者調べ)

イオンカード

「イオンカード」は、ご存知「イオングループ」で発行しているクレジットカードです。カード入会の基準として記載されている内容は、下記のようです。

■18歳以上(高校生不可)で、電話連絡可能な方なら、申込み可能。
■未成年は、親権者の同意が必要。(後日確認の電話あり)
■審査により、お申込みの意に添えない場合もあり。

この3番目の「審査」が気になるところです。しかしながら、「専業主婦」であれば、旦那さんの収入がありますので、問題なく作れるカードであると言えます。また、学生の場合だと、「アルバイト」による収入があれば、こちらも問題なく作れるようです。

但し、完全な「無職」の場合、収入の「見込み」が無いですので、審査に通らないことも考えられます。

暮らしのマネーサイト:イオンカード
参照元:イオンカード(2016年1月時点、著者調べ)

アコムマスターカード

「アコムマスターカード」は、その名の通り、「アコム」で発行しているクレジットカードになります。
こちらのカードの優れているポイントを挙げてみます。

■即日審査で、スピード発行される。
■最短30分で審査が完了する。
■アルバイト、パートでも、収入があれば申し込める。
■カード表面は、「アコム」の文字がデザインされていないのがポイント。

これらの理由により、「すぐに」クレジットカードが必要な方々から、好評なカードです。また、「キャッシング枠」の金額設定を低くすることにより、審査が通りやすいという噂もあります!

アコムマスターカードについて:アコム株式会社
参照元:アコム株式会社(2016年1月時点、著者調べ)

カード会社の審査対策について

ここでは、クレジットカード申込みの「審査対策」として、心がけておくと良いポイントをご紹介しようと思います。

職業欄に「無職」とかかないこと

ウソはつかないという信念のあなた、さすがです!しかし、職業の欄に「無職」と書いてしまえば、カード申込みの審査に落とされることは「ほぼ確定」かもしれません。ですので、「専業主婦」だったり、「自営業」、「アルバイト」など、自分で書ける言葉を準備しておく必要があります!

ここで注意ですが、「ウソ」を書いては、いけません!!あくまで、自分の状況を有利にするために、何かしら行動しておくことが重要なわけです。先ほども書きましたが、「派遣登録」しておくとか、「アルバイト」はじめておくなど、ある程度の努力も必要になることを忘れないで下さいね。

また、「ギャンブル」で生計を立てている方も、世の中にはいらっしゃるかもしれませんが、それは職業ではありませんので、「ギャンブラー」とは、書かないで下さい!あくまで、「所得税」を支払っている「所得」があるのかどうか?をカード会社へ知らせるためです。

電話番号は、携帯でなく「固定電話」で

携帯電話の番号は、簡単に変えることも出来ますので、信頼性は低いと考えて良いでしょう。そのため、連絡先の電話番号については、固定電話の番号である方が良いと思います。

うち、「固定電話無い」という方、いらっしゃいますよね。1人暮らしですと、特に固定電話って、使いませんよね。そういう場合、やはり「実家」の電話番号を記す方が良いかもしれません。

住所は、実家の住所を記載する!

先ほどの電話番号と同じように、1人暮らしの賃貸アパートより、「実家」の住所を書く方が、信頼性は上がることが考えられます。なぜなら、実家の場合ですと、住んでいる年数も「数十年」ということが多いためです。また、実家が親の「持ち家」であれば、さらに信頼性も上がるでしょう。

それらを考えると、やはり「実家」を利用するに越したことはありませんね!但し、実家の住所や電話番号を利用する際は、両親へ「その旨」を伝えておく必要がありますので、注意しておきましょう。

それでも審査に落ちる場合は?

クレジットカードの申請が無理な場合には、もう方法は無いのか?考えてしまいますよね。「高額な買い物」や「キャッシング」が主な目的でなく、インターネットでの決済時に「クレジットカード」が必要なことも考えられます。そんな時に便利なのは、「デビットカード」です!

「デビットカード」、みなさんは、ご存知でしょうか?クレジットカードではありませんので、審査が無いのです。また、銀行口座に残高があれば利用出来るカードですので、「預金」のある方には、大変便利なカードになります。種類を詳しくみていきましょう。

VISAデビットカード

クレジットカードでも有名な「VISA」が発行している「VISAデビットカード」があります。

デビットカードの利用額に応じ、ポイントも貯まる仕組みですので、現金決済より得するカードになっています。このカードは、普通のクレジットカードと同じように利用できるのが、最大ポイントでしょう!しかしながら、支払い回数は、一括払いのみとなりますので、そこがクレジットカードとの違いであります。

<VISAデビットカード発行会社>
■楽天銀行:楽天銀行デビットカード
■スルガ銀行:SURUGA Visaデビットカード
■ジャパンネット銀行:JNBカードレスVisaデビット
■りそな銀行:りそなVisaデビットカード
■あおぞら銀行:あおぞらキャッシュカード・プラス
■埼玉りそな銀行:りそなVisaデビットカード
■近畿大阪銀行:近畿大阪デビットカード
■三菱東京UFJ銀行:三菱東京UFJ-VISAデビット
■イオン銀行:イオンデビットカード
■琉球銀行:りゅうぎんVisaデビットカード
■ソニー銀行:Sony Bank WALLET
■北國銀行:北國Visaデビットカード

Visa Debit:Visa Japan
参照元:Visa Japan(2016年1月時点、著者調べ)

auWALLETカード

「auWALLETカード」は、名前のとおり、auで発行している「プリペイド式」のカードになります。「au WALLET」のアプリもありますので、カードを持たなくとも、そのカード残高や、貯まったポイントなどを簡単に、画面で確認できるのも魅力的ですね。こちらも、クレジットカードのようにインターネットでの決済や、コンビニ、スーパーなどで利用が出来ます。

<利用可能店舗>
「auWALLETプリペイドカード」は、世界中の「MasterCard®」と「VISAカード」が使える店舗にて、利用可能となっています。(一部利用が出来ない場合もあります。)

au WALLET プリペイドカードの使い方:KDDI株式会社
参照元:KDDI株式会社(2016年1月時点、著者調べ)

無職でカードを作る場合に注意すべきこと

その①返済の見通しについて

無職でクレジットカードを作る場合、一番問題になるのが「支払い」だと思います。特に、「貯金」が無ければ、その「引き落とし」が出来なくなることが予想されるからです。

そうなると、「あなたの信用問題」に繋がってくるのです。支払い遅延が「長期」になりますと、お解りのように「ブラックリスト」にあなたの情報が掲載されます。一時的な延滞かもしれませんが、相手は「金融機関」ですので、情けはありません。

そのようなことも踏まえて、返済の見通しの立たない場合は、クレジットカードは利用しないことをおススメします。

その②現金がないからカードで!は危険

先ほどのその①とも繋がる話ですが、お金が無いから「クレジットカード」と考える方、中にはいらっしゃるようです。お金が無い(=イコール)支払いが出来ませんので、カード払いで何かを購入されるのは、あまりいい考え方ではありません。請求書が届いた場合のことも考えて、カードは使いましょう。

まとめ

ここまで、クレジットカードについていろいろと見てきましたが、いかがでしたでしょうか?無職でもクレジットカードを作る方法は、無きにしもあらずです!また、仕事をしていれば誰でも審査に通るか?と言えば、そうでないことも判りました。

あくまで、安定した収入が見込めることが重要ポイントと言えるでしょう。さらに、これまでクレジットカードの審査に落ち続けている方もいらっしゃるかと思いますが、それも原因が考えられます。

■立て続けに、多くのクレジットカードへ「新規申込み」をした
■これまでにクレジットカードを持ったことが無い
■審査に落ちた、(6カ月)以内にまたそのカードの申込みをした

これらは、審査で落とされる「原因」と言われています。クレジットカードを「数多く」申し込むという行為は、「お金に困っている人」という見方をされるためです。

また、これまでカードを持ったことが無い方(30代以上など)ですと、「クレジットヒストリー」が全く無いため、「過去にブラックリストに載ったことがある人?」と考えられる可能性もあるからです。

これらを踏まえた上で申込みをしなければ、また審査に通過できないことも考えられますので、注意して頂ければと思います。ぜひ、参考にしてみて下さい!