クレジットカード、作れないのはなぜ?原因と対策のまとめ

クレジットカードの審査に落ちる……別に落ちたから死ぬ、というわけでもありません。でも、気分的にはあんまりいいものではないでしょう。どうして落ちるのか、また、どうすれば通るのか知りたい!という人は多いのではないかと思います。そこで、落ちる原因と対策を徹底的に考えてみました。ポイントを押さえれば、あなたがクレジットカードの審査に通る確率はぐっと上がりますよ!



クレジットカードの審査に落ちる理由

どんな物事にも、理由があります。クレジットカードの審査に落ちるのも、もちろん理由があるからです。でも、理由って一体何でしょうね。そのあたりを考えてみました。

クレジットカードが求める顧客じゃない

クレジットカードにもいろいろあります。ファミリー層をターゲットにしているのもあれば、サラリーマン、OLをターゲットにしているのもあります。中には、一般の会社員は最初から顧客として想定していない、というカードもあります。クレジットカードの想定する顧客層とあなたの属性にあまりにずれがある場合、審査に落ちることもあります。クレジットカードを申し込むときは、ただ何となく選ぶのではなく「この会社はどういうお客さんを求めているんだろう?」と考えてみるといいかもしれません。

年収が少なすぎる

属性、という意味では、年収も重視したいポイントの一つです。ゴールドカード、プラチナカードなど、いわゆるステイタスの高いクレジットカードは、年収にきっちりとした基準を設けている場合が多いです。「年収○○○万円以上で、継続して安定した収入のある方」と明記されているので、申込書はしっかり読みましょう。そして、自分の現状の年収を確認し、「これならいけるかな?」と思えれば、申し込みしましょう。

大変失礼な言い方で恐縮ですが、年収が明らかに足りていないのに、高いステイタスのクレジットカードに申し込むのは、時間と労力の無駄です。どこのクレジットカード会社も、年収に見合わない限度額でのクレジットカードの申込は受け付けません。後述しますが、クレジットカードの申込の履歴は信用情報機関に登録されます。つまり、ステイタスの高いクレジットカードに申し込んで、審査に落ちたというある意味「黒歴史(悪い過去)」もしっかり書かれてしまうのです。先に書いたことと被りますが、クレジットカードを申し込むとき、使うときには「ただ何となく」は危険です。しっかり情報を吟味して、納得した上で行動を起こしましょう。そうしないと痛い目を見ます。

過去に滞納などがあった

あなたは過去に、クレジットカードの利用代金を滞納したことはありませんか?期限に少し遅れたくらいなら、即審査に通らない、ということは希です。しかし、しょっちゅう遅れている、踏み倒した、など、素人が考えても「それは明らかにまずいでしょ」と思う失敗があった場合は注意が必要です。まず、新規でクレジットカードを申し込んでも審査には通りません。

クレジットカードの支払い上での失敗は、難しい言葉で言えば「事故情報」と言います。こういった事故情報は一般的には3~5年は信用情報機関に登録されているので、その間はクレジットカードの新規申し込みは難しいと考えてください。やはり、事故は起こさないのが一番です。新しいカードを作るときは、「これまでに事故を起こしていないか?」「これからも事故を起こさない自信があるか?」の二点を重視してください。

カードを持ちすぎている

クレジットカードの審査に通らない理由として考えられることはまだあります。あなたの財布の中にはクレジットカードは何枚入っていますか?大体1~2枚、多くて3枚くらいが妥当な線でしょう。4枚以上持っている、または持とうとするのは明らかにやりすぎの感があります。クレジットカードは枚数が多ければ多いほど、与信枠が多いことになります。与信枠が多ければ、新規の申し込みは通りにくいです。新しくクレジットカードを申し込むときは「自分はカードを持ちすぎていないか?」という点からも、物事をとらえてみましょう。



クレジットカードの審査に通るには?

では、クレジットカードの審査に通るにはどうすればいいのでしょうか?一言でいえば「落ちないようにする」です。これだとあまりに簡単すぎるので、より具体的に説明します。

限度額は低めに設定する

クレジットカードの中には、キャッシング機能がついているものがあります。わかりやすく言えば、利用可能額の限度内で、クレジットカードで現金を引き出せるサービスです。あれば便利な機能なのは間違いないです。しかし、キャッシング枠があまりに大きすぎると、これも審査の段階で不利になります。キャッシングを利用しない、という場合は、キャッシング枠を0にして申込をしてみるのも手段かもしれません。

頑張って年収を上げる

クレジットカードの中には、キャッシング機能がついているものがあります。わかりやすく言えば、利用可能額の限度内で、クレジットカードで現金を引き出せるサービスです。あれば便利な機能なのは間違いないです。しかし、キャッシング枠があまりに大きすぎると、これも審査の段階で不利になります。キャッシングを利用しない、という場合は、キャッシング枠を0にして申込をしてみるのも手段かもしれません。

毎月の支払いはきっちりと

先ほども書いたように、支払いが滞ってしまうと、信用情報機関に事故情報として記載されてしまいます。毎月の支払はきっちりするようにしましょう。そのためには、毎月支払い続けることができる範囲内でクレジットカードを利用するのが大事になってきます。

そこで、「ついつい使い過ぎちゃって」という人にオススメの方法があります。家計簿(お小遣い帳でもいいです)をつけることです。クレジットカードで支払いをした場合、「○○費 ▽▽円 クレジットカード支払い」と記入する方法です。そして、時間があるときに銀行の残高を確認し、「この分は使ってはいけない」などとわかりやすく記録しておくといいでしょう。毎月、ちゃんと払えるか?を何よりも重視しましょう。その積み重ねが、将来新しいクレジットカードを作るときの糧になるのです。

カードを作りすぎない

一般的に、クレジットカードの適正な枚数は2~3枚とされています。VISA、MASTER、JCBなどのグローバルブランドを2~3枚持っておけば大丈夫です。裏を返せば、それを超えてクレジットカードを作ろうとする場合、使用頻度の低いクレジットカードは解約したほうがいいでしょう。自分にとって使い勝手の悪いクレジットカードをいつまでも持ち続けておくのは、何の得にもなりません。新たにクレジットカードを申し込むときは、一度自分が持っているカードの棚卸をするといいでしょう。

審査がゆるいカードを選ぶ

クレジットカードにも特性があって、「このクレジットカードなら比較的審査がゆるい」「あのクレジットカードは審査が厳しい」という傾向はあります。基準については後述します。そして、当然のことですが、審査がゆるいクレジットカードを選べば、審査に通る確率は上がります。自分が申し込もうとしているクレジットカードについての情報収集をしっかりと行い、審査の厳しさについても知識を得ておきましょう。

クレジットカードの選び方

クレジットカードの審査に通るためには、選び方にも気を付けなくてはいけません。そこで、クレジットカードの選び方についてアドバイスさせていただきます。どれも取り入れやすいものばかりだと思いますので、参考にしてください。

自分のニーズに合っているか?

一番に重視してほしいのは、自分のニーズに合っているか?ということです。よく行くショッピングセンター、百貨店などが独自にクレジットカードを発行しているなら、検討してみるのも一つの手段でしょう。買い物が10%引きになる、レストラン・カラオケ等で優待が受けられるなどの特典がある場合もあります。まずはパンフレットをもらって、比較検討してみましょう。わからないことがあれば、カスタマーセンターに電話するなどの手段も取るといいかもしれません。

また、普段の買い物の傾向を分析して、「自分はここのお店でよく買い物をしている」と分かれば、そこのクレジットカードを作ってみましょう。逆に、「昔はよく行っていたけど、今は行かない」というお店のクレジットカードをいつまでも持ち続けているのもよくありません。思いきって解約することも考えましょう。

ポイントがたまるか?

クレジットカードを作る人の中には、ポイント目当てで作る人もいるかもしれません。ポイント目当てなら、どのクレジットカードが効率的にポイントを貯められるか、重視しましょう。インターネットにも比較サイトがあります。また、書店に行けば「ポイントを効率的に貯めるならこのカード」と紹介している雑誌もあります。

似たものに、航空会社のマイレージがあります。もし、あなたが出張族で、飛行機によく乗るというなら、航空会社のマイレージが貯まるクレジットカードを作ってもいいでしょう。日本航空によく乗る人ならJALカード、全日空によく乗る人ならANAカードを作りましょう。マイレージを貯めるという目的に特化するなら、ご贔屓の航空会社の便を使った方が効率的なのは言うまでもありません。

デビットカードは1枚あると便利

ここまではクレジットカードの話をしてきました。しかし、クレジットカードには落とし穴があります。それは、買い物をしてから支払われるまでのスパンが長いということです。きっちりと家計簿やお小遣い帳につけるなど、対策を講じないと、計画的な利用はできません。注意が必要です。でも、通信販売をよく使う、普段なかなか銀行に行っている暇がないという場合、どうすればいいのでしょうか?

オススメはデビットカードを作ることです。これは、分かりやすく言えば、決済と共に口座から代金が引き落とされるクレジットカードです。裏を返せば、口座にお金がなければ使えません。そのため、使いすぎを防ぐことができます。海外旅行に行くときも、普通のクレジットカードと同じように使えるので、一枚持っておくと便利かもしれません。

Visa Japan | Personal | Cards | Visa Debit
参照元:Visa Debit (2016年1月時点、著者調べ)



審査に通りやすいクレジットカードは?

それでは、審査に通りやすいクレジットカードには、どんなものがあるのでしょうか?大まかに分けると、次のようなものがあります。

インターネットショッピングモール系

インターネットショッピングモールはクレジットカードでの決済が主流です。そのため、より多くの人に買い物してもらう目的で、審査がゆるめになっていると言われています。買い物は通販が基本、という人は考えてみましょう。

Amazon.co.jp  Amazon MasterCardƒ
参照:Amazon.co.jp、2016年1月参照、筆者調べ

【楽天市場】楽天カードのお申し込み|クレジットカードは年会費無料の楽天カード
参照:楽天カード、2016年1月参照、筆者調べ

家電量販店系

家電量販店は実店舗とインターネット店舗の双方で買い物をしてもらいやすくするため、クレジットカードを発行しているケースが多いです。家電量販店のポイント付与率は、現金の場合の方が高く、クレジットカードを使うと低くなるケースが多いです。しかし、お店と提携しているクレジットカードを使えば現金と同じポイント付与率になることも。家電大好き、という人はどうぞ。

ビックカメラSuicaカードの6つのメリット | ビックカメラ
参照:ビッグカメラ、2016年1月参照、筆者調べ

ゴールドポイントカード・プラス GOLD POINT CARD + | 株式会社ゴールドポイントマーケティング
参照;ヨドバシカメラ、2016年1月参照、筆者調べ

共通ポイントサービス系

ポンタ、Tポイント、nanaco、Edyなど共通ポイントサービスを取り入れているお店は増えました。よく買い物をするお店がこのようなポイントサービスを取り入れているなら、ポイントが効率的に貯まるクレジットカードを作るといいでしょう。こつこつやっていれば、かなりのものになります。

JMBローソンPontaカードVisa|クレジットカードはセゾンカード
参照:セゾンカード、2016年1月参照、筆者調べ

Tサイト[Tポイント/Tカード]
参照:Tポイント、2016年1月参照、筆者調べ

大手スーパー系

普段の買い物はスーパーで、という人におすすめしたいです。高ポイントが還元される日を狙っていけば、効率的にポイントを貯めるのも可能です。また、クレジットカードを持っていることで、ショッピングモール内の飲食店での優待が受けられる場合もあります。近くに大手スーパーがある、という場合は検討しましょう。

イオンカード新規ご入会・ご利用キャンペーン | 暮らしのマネーサイト
参照:イオンカード、2016年1月参照、筆者調べ

クレジットカードはセブンカード・プラス|セブンカード
参照:セブンカード、2016年1月参照、筆者調べ

まとめ~身の丈に合ったクレジットカードを

クレジットカードを作れない理由、作れるようになるための方法をまとめました。そこから浮かび上がってきた事実を指摘して、まとめに代えさせていただきます。人間、自分の身の丈に合わないことはできないのです。年収が足りない、支払い実績に問題があれば、それだけ信用力も低いとみなされてしまいます。やはり、どんなに審査に通りやすいクレジットカードを選んだところで、あなた自身の信用力が低ければ審査には通りません。まずは自分の身の丈を知りましょう。全てはそこからです。