クレジットカードの支払いをドル決済にする!支払額はどうなる?

海外旅行や海外のショッピングサイトでのネットショッピングでクレジットカードを利用して支払うとドル決済をなされます。なんだかニュースで聞く為替レートより高いような…。今回はこの仕組みについて解説します。



クレジットカードでドル決済って?

日本でクレジットカードを利用した場合は通常円決済

クレジットカードを利用して日本国内で買い物をした場合、レシートや利用明細書を見ると、利用金額が円で表記され、請求金額も円でなされています。しかしたまにドルで決済されていることがあります。これはどういうことなのでしょうか。

今回はドル決済といっても、ドルは多数の国が通貨単位としており、国ごとに○○ドルとされていますので、多いアメリカドルを例に説明します。

アメリカでクレジットカードを利用した場合はドル決済

日本でクレジットカードを利用して買い物をするとレシートには円で金額が表示され、利用明細書にも円で請求されます。当たり前のことだと思うかもしれませんが、海外で買い物をした場合は現地の通貨でレシートが表示されています。

例えば、ハワイへ海外旅行に行った際に、ホテル代、スーパーなどで買い物した場合などレシートにはアメリカドルで金額が記載されています。

また、ネット通販でアメリカの会社から購入した場合、例えばアメリカのアマゾンで化粧品を個人輸入した場合、納品書にはアメリカドルで金額が記載されています。

ドル決済とはドルで支払うということ

それではドル決済とは一体何か、といいますとドルでカード支払いをするということです。私たちが海外の旅行先などでクレジットカード利用して買い物をします。お店からカード会社へ利用明細が送られます。カード会社はお店へドルを立替払するのです。

カード会社から利用者へ立替払したドルを請求、となりますが、利用者が外国通貨を持ち合わせていることは少なく困ってしまいます。そこで、利用者へは日本円で請求されることになります。

このように、カード利用上の決済をドルで行うことをドル決済というのです。



クレジットカードでドル決済するといくらになるの?

ドル決済の仕組み(VISAカードやMasterカードの場合)

利用者がカードを利用

お店など加盟店から各地のVISAセンターやMasterカードセンターにカード利用通知

VISAやMasterカードの決済センターにて加盟店へ立替え払い
決済センターでの為替レートにカード会社の事務手数料が加算され、利用者への請求額が決定する

為替レートはこの決済センターに届いた日を基準に決定します。この為替レートは独自の為替レートですから新聞等に出ている為替レートとは一致しません。

また事務手数料は各カード会社で異なります。利用規約などには必ず定められていますので海外旅行に行く前に調べておくといいでしょう。

外貨で決済した場合の換算レートについて
参照元:三井住友カード(2016年1月時点、著者調べ)

ドル決済の仕組み(JCBカードの場合)

利用者がカードを利用

お店など加盟店からJCBへ利用通知

JCBから加盟店へドルで立替え払い
独自の基準為替レートに事務手数料1.6%を加算して利用者への請求額が決定する

為替レートは立て替え払いした時のものが基準となります。

レート換算について
参照元:JCBカード(2016年1月時点、著者調べ)

海外でのお取り引きにおける基準レート
参照元:JCBカード(2016年1月時点、著者調べ)

為替レートより割高な換算レート

ドル決済で注意しなければならないことは、通常の為替レートでないものが採用されているということに加えてカード会社の事務手数料が含まれていることです。この事務手数料を含んだレートが換算レートとなります。そのため、利用明細書の換算レートは実際の為替レートよりかなり割高になります。

例えば、著者は2015年12月3日に海外でマスターカードを利用しました。この日の為替レートは約122円でしたが利用明細書の換算レートは124.7円でした。

決済日が異なりますので一概にはいえませんが、海外で買い物をするときには金額を少し多めに考えて検討する方がいいでしょう。

海外での利用は円決済もできることも

海外でクレジットカードを利用する際にレジなどにてドルで支払うか円で支払うか聞かれることがあります。この場合、どちらを選ぶ方がよいでしょうか?

円決済は、加盟店である店が独自に為替レートを決定しているため割高になる場合が多いといいます。ドル決済は利用日と決済日に日の開きがあります。そのため急激に円安に進むことが予想される場合には円決済を、それ以外の場合はドル決済にするとお得になるのではないでしょうか。

結局なにがお得なの?

クレジットカードを利用するよりも外国通貨で支払った方がいいのか、トラベラーズチェックで支払った方がいいのか悩ましいところですね。以下に検討できる留意点を挙げます。

■クレジットカードの場合
利用した分だけの支払いで済みます。事務手数料などはかかりますが、カードを利用したことによりポイントやマイルが付与されるためお得になる場合もあります。また、海外利用の場合、カード会社も加盟店と提携してカード支払いをするとその場で割引になることもあります。

■外国通貨での現金支払いの場合
請求金額をそのまま支払えばよいのでわかりやすいですが、もともと外貨両替の際に手数料が取られているためクレジットカード利用よりも割高になる場合もあります。円高の際に両替していた場合などは外国通貨で支払いをすると支払い額は少なくなっているでしょう。

■トラベラーズチェックの場合
トラベラーズチェックの場合、サイン1つすればよいので、支払いが簡単にできるというメリットがあります。発行の際に手数料がかかっていますが比較的手数料が低額です。しかしお店によってはトラベラーズチェックでの支払いが拒否されることもあります。

外国通貨やトラベラーズチェックの場合おつりは出ますが、硬貨は円に戻せないことから硬貨を使用しなければ結果的に割高になってしまうおそれもあります。

まとめ

いかがだったでしょうか?近年は個人輸入として海外の通販サイトから買い物をすることも多くなってきていますからドル決済は身近に存在するのです。海外通販や海外旅行の際に参考にしてみてくださいね。