カナダの物価についてのまとめ

カナダでの移動や宿泊、食事などにかかる費用や、それに付随する情報などをまとめています。



カナダの通貨について

satori_sand

流通しているお金の種類(通貨)について説明

カナダで流通しているお金の種類は、カナダドルで、5種類ずつの紙幣と硬貨が使用されています。具体的に、紙幣は5、10、20、50、100ドル、硬貨は5、10、25セントと1、2ドルがあります。1ドルは100セントで計算し、特に5セントは二ッケル、10セントはダイム、25セントはクオーター、1ドルコインはルーニー、2ドルはトゥー二ーとも呼ばれています。また、以前は1セント硬貨もありましたが、現在では現金収受での煩雑さを回避し廃止されています。その為、5セント未満の端数については現金を使用する場合、0又は5の単位へ切り上げ若しくは切り下げられ、例えば1.01~1.02=1ドル、1.03~1.07=1.50ドル、1.08~1.09=2ドルとします。

また、カナダの都市部では隣接するアメリカのドルも多く流通しており、この場合アメリカドル:カナダドル=1:1.1で換算され、アメリカドルの1ドルはカナダドルで1ドル10セントとなります。

クレジットカードの使用について説明

カナダでのクレジットカードの使用では、カード社会と言われるアメリカと同様高額な現金を持ち歩くことが少なく、その分日常的なグロッサリーストアーに至るまでカードの利用頻度が高くなっています。使用可能なクレジットカードの銘柄は、VISA及びマスターの他アメリカンエクスプレスであれば殆どの場所で利用でき、JCBに関しては観光地など使用できる場所がある程度限られています。

また、5セント未満の端数については、クレジットカードの場合切り上げや切り下げがなく、そのままで計算し請求されます。



カナダ旅行での両替について

・空港での両替方法について説明

旅行などでカナダを訪れるときには、日本円をカナダドルに両替する必要があります。

日本からカナダへと向かうときには、トロント空港やバンクーバー空港、モントリオール空港などが玄関口になりますが、これらの主要空港であれば、両替所が整備されています。またカナダドルであれば、出発前に日本の空港でも両替をすることができますので、語学力に自信がない方や初心者には、こちらがお勧めです。

ただ両替の際には、日本・カナダのどちらの空港も、ややレートが不利になることが多いので、最小限の両替にとどめておくべきでしょう。

・街中での両替方法について説明

カナダの街中で両替をする場合は、銀行かホテルのフロント、一般の両替所を利用することになります。

ホテルのフロントに関しては、日本人が通常泊まるホテルであれば、ほとんどが両替に対応してくれますが、やはりレートがやや不利になります。銀行については、両替サービスを行っている銀行が非常に少ないことと、営業時間が短いことなどから、あまり利用する旅行者はいません。したがって、街中にある一般の両替所の利用が一番便利ですが、店舗によって交換レートに違いがありますので、よく確認してから利用するとよいでしょう。

・両替における補足や注意点について説明

カナダも、隣接するアメリカなどと同じで、非常に発達したカード社会を形成しています。

したがって、ホテルの支払いやレストラン、スーパーマーケット、観光地など、日本からの旅行者が利用する場所では、ほとんどクレジットカードでの支払いが可能となっています。特にパッケージツアーなどの旅行であれば、ほとんど現金での支払いが発生しないこともあります。

このようなことから、支払いのメインはカード、サブで現金を持っておくといった方法が、一番便利でしょう。

カナダでの主な交通手段とその交通費について

・交通手段の紹介

カナダにはほとんどの都市に安全で清潔な公共交通機関があり、移動がとても便利になっています。そのなかでも中心となっているのがバスで、本数も多く都市部では10分に1本走っていたりします。24時間運行しているバスもあり、深夜でも20分に1本のペースでバスが来るところもあります。

カナダの主要都市バンクーバーには交通機関が集まっており、シーバスと呼ばれる400人乗りの小型フェリーが運航していたり、スカイトレインと呼ばれる無人のリニアモーターカーが市内と郊外を結んでいたりと様々な交通手段が存在します。

また、バンクーバー-トロント間など大陸を横断したいときには飛行機の利用が便利ですが、カナディアン号という人気の大陸横断鉄道が通っているのでそちらに乗ってみてもいいかもしれません。

・各手段にかかる交通費

市バス、シーバス、スカイトレインは同じ会社が運営しているので、2.75ドルのチケットを1枚購入すると3つすべての交通機関が一定の範囲内で90分間乗り放題になるという方式になっています。3つに共通の一日乗り放題乗車券や回数券も存在するので何度も乗るときはそちらを購入するとお得で便利かもしれません。一日乗り放題乗車券や回数券はコンビニエンスストアで購入することができます。券売機にはお釣りを出す機能がないので、券売機で購入するときには小銭を用意しておくように注意しましょう。

大陸横断鉄道カナディアン号はトロントからバンクーバーまで行くのに4泊5日で普通座席の場合約768ドルです。寝台車の場合は普通座席の場合の倍ほどですが、寝台車の料金には食事代が含まれています。



カナダの宿泊費とホテル事情

・一般的な宿泊施設を紹介

カナダの2大都市、バンクーバーとトロントは特に旅行客やビジネスで訪れる方が多い都市ですので、ダウンタウン内には多くのホテルがあり、宿泊場所に困ることはあまりないでしょう。メインステーションから3ブロック以内の立地には、高級外資系ホテルが並びます。少しメインストリートから離れたところに、ビジネスホテルが点在します。こちらも、駅からは少し離れますがダウンタウン内であり、駅までは歩けない距離ではないので観光などで訪れた際は使いやすいでしょう。

アパートメントホテルやユースホステルは少しダウンタウンから離れた場所にあります。基本的に、ダウンタウンに出るにはバスか電車に乗る必要があることが多く、観光地を少し離れた住宅街にあることが多いです。ただ、他のホテルに比べると価格は安いので、旅慣れしている方やコストを抑えたい方には利便性が高いでしょう。

・宿泊施設の金額相場を紹介

バンクーバー、トロントのダウンタウン中心は三星以上の外資系ホテルが多く、金額の相場は200ドルから300ドルくらいになります。夏のハイシーズンなどは価格が上がることもあります。

立地もよく、基本的にダウンタウンのメインステーションから3ブッロク以内、徒歩5-10分くらいの立地にあるのでアクセスが便利です。

メインストリートを少し外れた、ストリートにビジネスホテルが多くあり、金額の相場は80ドルから120ドルくらいです。駅から徒歩15分から20分くらいでメインステーションに行けるので、不便を感じることはないでしょう。また、バスも多くあるので、少し慣れている方はバスでの移動も可能です。アパートメントホテルやユースホテルは場所や綺麗さによって値段が異なります。安かろう悪かろうのところもあるので、治安やセキュリティーについてはしっかり下調べをしておく必要があります。

カナダでの外食費用は??

・主な料理を紹介

カナダの食文化はアメリカと似ているため、ピザ、ハンバーガー、パスタなどがよく食べられる傾向に有りますが、移民国家でもあるため、実にいろいろな国の食文化が融合しています。日本食をはじめインド料理、ギリシャ料理、インドネシア料理、トルコ料理等、いろいろな国の料理がカナダ流にアレンジされています。もちろん、出身国の方がレストランを経営していることが多いので本場の味を食べることも出来ます。

また、西海岸に位置するバンクーバーは海に面しているため、新鮮な魚介類を使ったシーフド料理もたくさんあります。サーモンを使ったパスタやカナダ版のカリフォルニアロール、フィラデルフィアロールは地元の人にもとても人気です。

・外食した際の金額相場を紹介

全体的にレストランのお料理の単価は、日本とだいたい同じくらいですが、トータルの外食の相場は日本より少し高くなります。

理由の一つはまずタックスです。GST7%、PST5%、計12%のタックスがかかります。旅行者は申請すればGST7%はタックスリターンで戻ってきます。さらに、チップ代も加算されます。チップは税抜き価格の10%から15%が通常です。高級レストランのディナーなどでは、20%から25%のチップを払わないと失礼にあたることもありますので注意が必要です。普通のレストランではメニューの表示価格に5ドル上乗せするくらいの値段になるでしょう。

ただ、お料理の量は日本より多いため食べきれなかった場合、持ち帰り用のボックスで持ち帰ることが出来ますし、何人かでシェアをすることも出来ます。

カナダには税金やチップの習慣はあるのか

・消費税や空港利用税などの税金についての説明

カナダではショッピングや食事、ホテルなどの利用時に日本の消費税と同じようなシステムで課税されるようになっていますが、表示価格は税抜きとなっているところがほとんどです。B&Bやゲストハウスでは内税となっています。物品サービス税が7パーセントと州税があり、一部の州では合体型のハーモナイズドセールス税が導入されています。

外国人旅行者に関しては還元制度がありますから、現地の空港や案内所で申請書を入手し、カナダ歳入庁に申請、または代理会社から申請する仕組みです。空港はバンクーバーとトロントにありますが、バンクーバーから国内外線利用する際に空港利用税として日本円で2,210円程度、カナダドルで21ドルかかります。

・チップなどの習慣や金額について説明

相手のサービスの心づけとして支払うチップの習慣はカナダにはあります。状況によって金額は異なりますが、空港や駅のポーターでは荷物を1つに対して1ドル、レストランでは合計金額の10から15パーセントが目安です。サービス料として含まれていることもあるので、レシートをチェックします。含まれていると思いチップを渡さずにお店を出ると追いかけてきて徴収されることもあるので注意が必要ですが、セルフサービスのお店やファストフード店では原則、不要です。

タクシーも料金の10パーセントから15パーセントが目安で、荷物が多い場合は少し多めに渡すようにします。ルームメイドにたいしては、必要はありませんが、置くなら部屋を出る前にベット1つにつき1ドルと考え、サイドテーブルに置いておきます。ルームサービスも料金の10から15パーセント、備品を持ってきてもらった時には50セントから1ドルが目安です。

大自然が美しいカナダの観光施設の費用

・無料で利用できる観光施設を紹介

カナダには、大自然を満喫できる観光施設がたくさんあり、無料で利用できるものもたくさんあります。中でも、ナイアガラの滝は世界的に有名で、幅675メートル、高さ52メートルの滝から毎分1億5500万リットルの水が流れ落ちるさまは、迫力満点です。水煙があがり、光の反射によって虹が見えることもあり、幻想的で美しい風景が楽しめます。また、滝の流れを眼下に見ることができる、滝へと張り出した大岩テーブルロックは、怒号を立てて落ちていく水を眺められる展望スポットとして人気があります。

そのほか、パワースポットであるキャッスル山、絶景ポイントであるペイト湖、エメラルド湖なども、無料で楽しむことができる観光施設です。

・有料で利用できる観光施設を、その料金とあわせて紹介

カナダの観光施設で、スリリングな体験ができるとして高い人気を誇るのが、キャピラノ渓谷にかかるキャピラノ吊り橋です。

キャピラノ吊り橋公園内にある、全長137メートル、高さ約70メートルの吊り橋で、歩くたびに橋が左右に揺れスリル満点です。吊り橋だけでなく、渓谷に張り出した遊歩道のクリフウォークや、リスになった気分で木から木へと移動できるツリートップアドベンチャーなど、エキサイティングなアトラクションが揃っています。

入場料は、大人32.95カナダドル、シニア(65歳以上)30.95カナダドル、学生27.95カナダドル、ユース(13~16歳)21.95カナダドル、子供(6~12歳)12カナダドルです。

物品の種類が豊富で選びがいのあるカナダのお買い物

・生活に必要なものを購入するお店を紹介

カナダは食品類は日本よりも安いため、地元のスーパーでドリンクやフードを調達するのも楽しいものです。バンクーバー、ロブドン通りにあるロンドンドラッグでは電化製品からコスメ、日用品やフードまでショッピングセンター並になんでもあるドラッグストアがあります。グランビルアイランドではマーケットが開かれていて、野菜やフルーツ、シーフードがずらりと並ぶマーケットが多く、サンドイッチやフローズンヨーグルトをかって公園でランチを楽しむことも可能です。

また、ケベックシティでは旧港市場で新鮮な野菜やお惣菜、花などの屋台が並び、ワインやジャムも手に入りますし、トロントのセントローレンスマーケットは市民の台所として親しまれていて、日曜日にはサンデーマケーットが開かれアンティークや雑貨も食品とともに手に入ります。

・一般的なおみやげの種類や相場について紹介

カナダでは各地にギフトショップが点在していて、メープルシロップをはじめ、極北の海で取れたサーモンや地元のお酒、ウエスタンブーツやイヌイットの工芸品などお土産の種類も豊富です。メープルシロップは採取時期によってエキストラライトからダークまで5段階あり、迷った時はミディアムでPURE100パーセントのもを選ぶようにします。お土産用のミニサイズが複数パックになったものなどがお手頃です。

クッキーやチョコレートなど定番品は空港の免税店よりもスーパーなどで掘り出し物に出会えることもあります。世界的にも評価の高いアイスワインンは200mlで29ドルと少々、値ははりますが、デザートワインとしてミニボトルでも売られているので、50mlが9ドル程度で手に入れることができます。基本的には5ドルから10ドルの範囲で手に入るお土産物が多いです。

カナダでの水、タバコ、ビールの価格

・水(ミネラルウォーター)の価格について説明

海外での飲料水には気を遣いますが、カナダの場合は水道水が飲めないことはありません。しかし、ミネラル分が多いことから胃腸が敏感な場合は、やはり飲料水(ミネラルウォーター)を購入するほうが良いでしょう。価格はペットボトル1リットルのもので約2.50カナダドルで、日本円に換算すると大体240円ほどとなります。

購入はコンビニエンスストアーやスーパーで簡単に購入できます。水資源が多い国であることから硬水、中硬水、軟水など種類が豊富です。

・タバコの価格について説明

タバコは嗜好品になりますが、健康被害となるということから税金がかなり加算されているため高めといえます。カナダではおおよそ8.70カナダドルとなり日本円にすると840円ほどとなります。カナダでは州によって違いがありますがトロントではコンビニエンスストアやスーパーで購入できますが、必ずIDの提示が求められます。パスポートを持っていくことが必要となります。

また、チャイナタウンなど購入場所によって価格が安くなっているところもあります。

・ビールの価格について説明

ビールが好きな方は多いのですが、カナダは日本と違い以外とお酒に関してはお堅いようです。州によって決められていることに違いがありますが日本のようにコンビニエンスストアーやスーパーで簡単に購入できるということはなくビアストアという場所での購入になります。

価格は5.54カナダドルで日本円としては510円ほどとなります。もちろん、身分証明の提示が求められます。限られた場所での購入になっているので種類も豊富にありますが購入単位も12本入りなどのようにまとめて購入することが通例となっています。