カナダの通貨についてのまとめ

カナダの通貨の単位やレートだけでなく、クレジットカードが使えるか、税金やチップなどその国や地域の商習慣についての説明です。



カナダのお金事情~通貨・クレジット編~

uuuka

流通しているお金の種類(通貨)について説明

カナダで現在使用されている通貨はカナダドルです。紙幣はドル札が5、10、20、50、100の5種類で硬貨は5、10、25セント硬貨、1、2ドル硬貨の5種類です。硬貨にはそれぞれ名前がついています。5セント硬貨=ニッケル、10セント硬貨=ダイム、25セント硬貨=クォーター、1ドル硬貨=ルーニー、2ドル硬貨=トゥーニーです。現地の人々はこれらを当たり前の様に使用しているので覚えておくと便利かもしれません。なお、現在カナダドルには1セント硬貨がありません。そのため何かを購入する際には5セント単位で四捨五入を行い計算します。

カナダドルの通貨にはカナダの伝統的な建物や国旗にも使われているメイプルリーフがモーチーフとして使用されています。カラフルな見た目はカナダでの旅行を一層良いものとしてくれるはずです。通貨にはその他にも以前行われたバンクーバーオリンピックの記念硬貨が多く流通しており、お釣を貰ったとき通常の硬貨に紛れて入っているかもしれません。

クレジットカードの使用について説明

お金を持っていると大変だと感じる人も多いと思います。そんな時に便利なのがクレジットカードです。日本でクレジットカードを発行するのは銀行、信販会社、航空会社等様々です。海外で使用するならば発行している企業というよりも、クレジットカードの5大ブランドであるVISA、MasterCard、JCB、ダイナース、アメリカンエキスプレスのいずれかがついているかどうかです。

海外でクレジットカードを使用するときには自動的に一括払いになるので必要ならばカード会社に事前に申し込みをしておくと良いでしょう。



カナダ旅行に行くときの両替

h1r0_jp

・空港での両替方法について説明

日本からカナダへ旅行する際には、到着した後に空港内にある両替所で交換することができます。特に日本からの直行便などが多く到着する、バンクーバー空港やカルガリー空港、トロント空港などには、かなり多くの両替所が整備されていますので、到着直後でも、あまり並ぶこともなく両替できて便利です。

また意外と知られていませんが、日本の成田空港や関西国際空港、中部セントレア空港などでは、出発前にカナダドルへの両替ができるようになっています。

・街中での両替方法について説明

街中で、円からカナダドルへの両替をするならば、市内の至ところに両替所が設置してありますのでそこで両替するのが便利です。またほかの国では、銀行でも両替をしてもらえますが、カナダに関しては、銀行では旅行者向けに対応をしている銀行がほとんどないので注意が必要です。

またレートに関しては、空港やホテルなどで両替をするよりも、街中の両替所の方がレートが有利であったり、手数料の面でやや割安な場合がほとんどです。

・両替における補足や注意点について説明

カナダを含む北米では、カード社会と呼ばれるほど、クレジットカードでの支払いが一般化していますので、旅行中においても、現金よりもカードでの支払いが便利です。ただ使い勝手が良いのは、ビザカードとマスターカードで、使う場所が限定されてしまうのがJCBになります。

ただ近年は、クレジットカード情報を悪用されたといったトラブルも起こっていますので、小さなショップや個人経営の商店などでの使用は、控えておいた方が良いかもしれません。

カナダでの移動手段と交通費!

・交通手段の紹介

カナダの2大都市トロントとバンクーバーは公共の交通便がとても便利で、スカイトレインと呼ばれる電車と市内のバスでどこへでも行くことが出来ます。またバンクーバーには、バンクーバーダウンタウンとノースバンクーバを結ぶSeaバスと呼ばれる水上バスがあります。2区間の移動は15分程で、Seaバスも頻繁に行き来しているので、通学や通勤の移動手段としても使われています。

また、カナダには車道と同じように自転車専用のレーンが設けられています。さらに市内のバスは前方と後方に自転車を乗せられるようになっているので、通学や通勤などで自転車を使用する人も少なくありません。タクシーもダウンタウンや、駅前には数多くいるのでちょっとした移動にはとても便利です。

・各手段にかかる交通費

スカイトレインは日本の電車のように1駅ごとに値段が変わるのではなく、1ゾーン、2ゾーン、3ゾーンとエリアに分かれており、ゾーンが上がるごとに料金が上がって行きます。1ゾーンの料金は2.75ドル、2ゾーン料金は4.00ドル、3ゾーン料金は5.50ドルとなります。また、日本との大きな違いは、チケットが90分間有効ということです。90分以内であれば、1枚のチケットで何回でも乗車することが出来ますし、スカイトレインのチケットは、バス、シーバスと共通なのでどの交通機関も同様に使用することが出来ます。

バスでの移動はとても便利ですが、一つ注意点があります。降車するために、バスストップボタンを押して降りようとしても、ドアは自動で開きません。停留所でバスが止まっても、自分で入り口付近にあるドアを空けるための紐を引かないと、ドアが開かずそのままバスは発車してしまうこともありますので、気をつけましょう。



カナダの宿泊費について

・一般的な宿泊施設を紹介

カナダを旅行する際、宿泊するのであれば、比較的リーズナブルなスタンダードクラスのホテルから、ハイグレードのものまで、予算に合わせてバリエーション豊富な選択肢があります。

一般的に日本からの旅行客、特にツアー客などが泊まるホテルとしては、中級から上のクラスが良く利用されています。このクラスのホテルであれば、湯船のある風呂や、WiFi環境が整っていたりと、初めての日本人でも、ほとんどが戸惑うことなく、ホテルステイを満喫することができるでしょう。

また通常のホテル以外にも、欧米ではよく利用されている、朝食付きのB&Bといった民宿のような宿や、プチホテルといった形態のものまでさまざまな宿泊施設もあります。

・宿泊施設の金額相場を紹介

カナダの宿泊施設の相場としては、ホテルのランクによって大きく違いが出てきます。バンクーバー等の大きな都市での宿泊では、上位ランクのホテルが20000円から50000円程度、中くらいのクラスでは、10000円から20000円といったあたり相場になっています。ただ、ナイアガラやカナディアンロッキーといった有名観光地にあるリゾートタイプのホテルだと、この相場がやや高くなる傾向があります。

また宿泊費を安く上げたい人たちや旅慣れた人たちは、市街地から少し離れたスタンダードタイプのホテル、いわゆるモーテルを利用するケースも多く、こういったホテルであれば、だいたい10000円以下で探すことも難しくはありません。

カナダで味わえる料理と食費について

・主な料理を紹介

カナダで味わうことができる料理には、大自然の恵みを満喫できる海の食材を使ったメニューが豊富です。その代表とも言えるのがサーモン料理。その種類も豊富で、キングサーモンやスプリング、ソーカイという名で呼ばれている紅鮭など様々なサーモンが揃っています。ステーキはもちろん、燻製にしたスモークサーモンは独特の香りと味わいを楽しめます。

カナダではロブスター料理も定番で、塩茹でしたロブスターにレモンを添えたさっぱりした料理の他に、ロブスターを使用したビスクと呼ばれるスープや、マヨネーズ味のロブスターをサンドしたロブスターロールなどがあります。

また、ケベック州で郷土料理として知られるトゥルティエールは、ビーフやポークを野菜と一緒にパイにして焼き上げたミートパイで、家庭風の味が特徴的です。

・外食した際の金額相場を紹介

カナダは、外食した場合にかかる費用も比較的高めな傾向があります。ランチをピザで済ませたいなら、街角にある店でテイクアウトすると、1切れが1.50カナダドル前後のものも。中華レストランの飲茶ランチでは、庶民的な店の場合、1皿で3カナダドル程度から利用できるケースもあり、ワンタンヌードルも4カナダドルから利用できます。

洋食系のレストランの場合、前菜からスープ、サラダなどのメニューは10カナダドル程度、ステーキ、シーフードなどメインディッシュは20から30カナダドル前後です。ただし、高級レストランであればそれぞれ単価で5から10カナダドルほどアップし、場合によっては倍になることもあるので注意しましょう。ファーストフードのメニューなら、ドリンクやポテトなどが付いた3点セットに関しては5カナダドルを超える場合が一般的で、8カナダドルより高くなるメニューもあります。

カナダ旅行で気になる税金アレコレ

・消費税や空港利用税などの税金についての説明

カナダには日本の消費税のように商品を購入した際に課税される制度があり、GST(連邦税)とPST(州税)又はその二つが合わさったHST(ハーモニズムタックス)があります。GSTは5%で食料品や農産物・医療器具・調剤費などは非課税対象になっています。PSTは州に支払う税金で、州によって税率などが違ってきます。中にはアルバータ州のように0%の州もあるので事前にチェックしておくと良いですね。一番州税の税率が高いのはプリンスエドワード島州で10%になります。

HSTを導入している州では概ね12~13%の税率になり、オンタリオ州など5つの州が採用しています。非課税対象はGSTと同様で食料品や農産物が対象になります。

・チップなどの習慣や金額について説明

カナダはチップの習慣に非常に厳しいので小銭を準備しておくと困りません。

チップの相場は概ね商品やサービスの総額10~20%程度になり、レストランなどではサービス料が含まれていれば不要です。但し何か特別なサービスを依頼した時等は気持ちとしてチップを依頼した料金の10%程度を渡します。

ホテルのポーターやベッドメイキングなどには1~3カナダドルを準備し、ベッドメイキングは1泊毎に置き最終日にまとめて渡さないようにします。ガイドやタクシーに関しては相場として料金の10~20%になりますが、気持ちの問題で快いサービスと思ったらプラスアルファしても良いですね。タクシーの場合はお釣りをチップに利用しても問題ありません。

カナダの首都オタワにある観光施設とその費用について

・無料で利用できる観光施設を紹介

リドー・ホールはカナダの首都オタワにある総督の公邸です。ビクトリア様式の建物で、1838年に建てられました。賓客を招いての晩餐会などに使われています。夏季には無料で一般公開されており、観光スポットとしても有名です。

広大な庭園には様々な木々が繁っており、天皇陛下やジョン・F・ケネディ大統領が植樹した木も存在します。可愛らしいリスが木の実を拾う姿を見ることも可能です。また、秋には紅葉も見られます。ガイドツアーの利用も可能です。

正門前ではイギリス式の服装に身を包んだ衛兵が門番をしており、記念写真を撮影することができます。夏の間の10時から18時にかけては、1時間毎に衛兵の交替式を見ることも可能です。

・有料で利用できる観光施設を、その料金とあわせて紹介

カナダ国立美術館はオタワにある美術館で、入場料は大人が12カナダ・ドル、学生とシニアが10カナダ・ドル、12歳から19歳が6カナダ・ドルです。12歳以下の子どもは無料で入場できます。

1880年に当時のカナダ総督によって設立され、1988年に現在の建物になりました。モシェ・サフディがデザインを手がけており、全面がガラス張りになっているのが特徴です。正門にはルイーズ・ブルジョワによる蜘蛛の形の彫刻「Maman」が設置されています。

館内には現代美術家の作品を中心として、様々な絵画や彫刻などが展示されています。また、敷地内にはカナダ現代写真博物館も存在します。カフェも併設されているため、お茶を楽しむことも可能です。

カナダで、現地に住んでるかのように買い物してみる方法

・生活に必要なものを購入するお店を紹介

日用品や小型家電、おもちゃやおむつなどの子供用品、ポストカードや文具品、お菓子や飲み物など、大概のものが手に入るのがドラッグストアーです。もちろん、お薬やコスメも売っています。カナダでは、LONDON DRUGDやSHOPPERSというドラッグストアーが大都市にはどこにでもあるので、すぐ見つかるでしょう。

野菜やお肉、お魚、お惣菜などが欲しければ、SAFEWAYが一般的なスーパーで日本のスーパーと同じく、あらゆる物が手に入ります。

少し高級志向のスーパーですと、URBAN FAIRが都心にあり、手軽に食べれるレストランが併用していて、お惣菜や土産物なども充実しています。

アメリカのスーパーWHOLE FOODS MARKETもあり、オーガニック用品に特化したスーパーで、コスメもあり健康志向の人には人気のお店です。

・一般的なおみやげの種類や相場について紹介

一般的なおみやげはまず、メープルシロップです。大きさや質によって価格に差がありますが、10~20ドル=950~1,900円(1CND=95円換算)ぐらいが相場です。高級志向のスーパーでは、可愛い瓶のものやオーガニックの物など、お土産に最適な物が見つかります。

また、サーモンの加工品やスモークサーモンは人気です。干したサーモンをメープルシロップに漬けたものは、カナダならではですし、スーパーや魚屋さんでは図り売りされていますので、一度試してみたら良いでしょう。100g5ドル=475円ほどで手に入ります。

お酒が好きな人には、カナダ産の甘いアイスワインは希少性があり最適です。リカーショップで買えますが、1本ハーフサイズで30ドル=2,850円ぐらいからです。

カナダの水、タバコ、ビールの価格について

・水(ミネラルウォーター)の価格について説明

カナダの水道水は飲料として問題ありませんが、ミネラル分の多い地域もあるため、胃腸の敏感な方などはミネラルウォーターを買うことをおすすめします。

水資源が豊富なカナダでは、ミネラルの豊富な硬水から、中硬水、氷河の天然水を使った軟水、硬度の全くない超軟水など、さまざまなミネラルウォーターが売られています。

1リットルのペットボトルが1カナダドル~2.5カナダドル(約92円~230円)くらいです。コンビニやスーパーなどで買えます。

・タバコの価格について説明

カナダのタバコはとても高いです。マルボロでだいたい1箱13ドル(約1560円)くらいします。他の銘柄も1箱8~12ドル(960~1440円)ほどです。日本のタバコ450円と比べると、のきなみ2~3倍になっています。

セブンイレブンやローカルなコンビニ、スーパーなどで購入することができます。購入の際はIDの提示が欠かせません。アジア人は特に若く見られるため、ほとんどの場合IDチェックをされます。

駅前のお店や地下鉄の売店などではさらに高く売られています。

・ビールの価格について説明

カナダは意外とビール人気が高く、年間消費量では世界第5位になっています。カナダで人気のビールは、モルソン・カナディアンを筆頭に、ラバット・ブルー、ラフィンドゥモンド、コカニー、スリーマンなどがあります。

ビールは1缶(350ml)で1.5ドル(約180円)程度です。6缶パックが10~13ドル(約1200~1600円)ほどで売っており、安いものでは10ドル(約1200円)以下のものもあります。

味はしっかりとしていて癖がなく、水のように飲みやすいビールが多いです。