生命保険とは?加入前に知っておきたい基礎知識

生命保険といえば、親が掛けてくれいていたのをそのまま払い続けていたり、知り合いに頼まれて加入したなどあまり必要性を深く考えずに掛けている人も少なくないのではないでしょうか。そんな方やこれから加入を検討しているけれども商品が多すぎてどこから検討すべきなのかわからないという方に向けて、この記事を読んで頂くことで生命保険の基本を押さえ、ご自身で保険選択ができるようになってもらえればと思っております。



生命保険って何ですか?

みんなで支え合うという基本原則

日本人の9割が加入をしているという生命保険ですが、みなさんは本来の姿をご存知でしょうか。人は生きていると死亡や病気、ケガ、介護など予期しない出来事で経済的に生活が困難になったり、思い描いていた生活が実現できなくなったりすることがあります。

このようないつ起きるかわからないけれども、いったん起きるとまとまったお金が必要となるような場合に備えておくのが生命保険であり、加入者の人たちが公平に保険料を負担しあい、いざというときに給付を受ける、大勢の人による相互扶助すなわち助け合いの仕組みで成り立っています。

加入の意義

生命保険は、何のために加入するのかということで一般的に言われているのは、「生きるため」ということです。一言で生きるためと言っても、自分自身が生きるためという意味と、家族が生きるためという意味の二通りあります。すべての方はこのどちらか、もしくは両方を守るために生命保険に加入します。

私見ではありますが加入の必要性のない方は、結婚や出産、夢の実現等のライフイベントの際や、けがや病気、配偶者の死亡など万が一の時に対応できる貯蓄を多くお持ちの方であると思われます。幸せなライフイベントも不運な出来事も両方ともにお金はかかります。そのどちらにも対応できるように生命保険は作られています。

生命保険の種類

生命保険の商品は、多くの保険会社が色々な商品を販売しているのでかなりの数がこの世の中には存在します。しかし、どの商品も紐解いていけば、主に3種類プラス医療保険でできています。それが「定期保険、養老保険、終身保険」です。各々の保険会社が出す商品のすべてがこ3つのうちのどれかを組み合わせて構成しています。

では定期保険から見ていきましょう。【定期保険】は、読んで字のごとく期日が定まっている保険です。よく銀行の定期預金のようにお金を貯める保険と勘違いされるんですが、同じ定期でも、電車の通勤定期をイメージされた方がわかりやすいでしょう。

通勤定期は、期日が来ると次の定期に買い換えます。定期保険も同じで期日までは購入した保障を受けることができ、期日が来ればまた買わなければなりません。いわゆる掛け捨ての保障と呼ばれるものです。特徴として大きな保障が必要な場合検討し終身保険や養老保険に比べて小さな保険料で大きな保障が得られます。

次が【養老保険】になります。養老保険は保険期間は一定で、その間に死亡したときには死亡保険金が、満期時に無事生存していたときには満期保険金が受け取れます。死亡保険金と満期金は同額になります。学資保険は、養老保険から作られていることが多いです。

最後に【終身保険】になります。読んで字のごとく身が終わるまでの保険ということで一生涯保障が続きます。ただ定期保険に比べると保険料が割高になります。貯蓄性もあり、最近将来の夢への積立で加入をするケースも多くあります。

死亡保険|定期保険|東京海上日動あんしん生命保険
「定期保険」ページ。死亡保険の東京海上日動あんしん生命保険公式サイト。ライフプランにあわせて、一定期間の大きな死亡・高度障害保障を割安に確保できるかけ捨ての保険です。

養老保険−かんぽ生命

終身死亡保険のシミュレーション | アクサダイレクト生命保険
アクサダイレクト生命の終身生命保険「終身保険」 は保険料はお手ごろで死亡保障はしっかり一生涯。将来の安心に備えた貯蓄性のある死亡保険です。毎月の保険料の試算・シミュレーション・見積もりをこちらから確認できます。



生命保険の組み立て方とは

ライフイベントを設計する

保険の種類が整理出来たところで、次は保険の設計をどうするのかを考えていきましょう。まずは、人生の歩み方でどの保険を選択するのかが変わってきますので自身のライフイベントの整理をしていきます。

ライフイベントとは、結婚や出産、マイホームの購入やお子様の学校への入学卒業、お子様の結婚など人生の節目となるいべんとのことです。予定として考えられるものをすべて書き出し、それがだいたいいつくらいになるのかをイメージしていきます。

それぞれのイベントでどのくらいのお金が必要であるか、そのイベントにたどり着くまでに万が一があった場合どうやってそのイベントを迎えていくかある程度シミュレーションしていくことが大切です。

例えば、小さなお子様がいるご家庭では大黒柱であるご主人様に今万が一があった場合の定期保険、お子様が中学・高校・大学へ進学した際の学資保険、お子様の夢として留学費用を貯めておいてあげたい終身保険を組合わせて一つの保険を作り上げていくようなイメージです。考えられるイベントとリスクに合わせて保険を組み合わせていくことが大切です。

保障内容も生活実態に合ったものを選ぶ

ライフイベントに合わせた人生設計をしていく中で、万が一に対する保障を組み込んでいく訳ですがそれぞれのステージで本当にその保障内容でいいのを考える必要があります。例えば、結婚し小さなお子様が生まれたところのご家庭では、万が一のことが一家の大黒柱のあった場合、大黒柱と同等の収入の確保をしていかなくてはなりません。

これからお子様が独立するまでの生活費や学費、税金が重くのしかかってきます。貯金や、親類からの援助、自身の収入などではなかなかまかないきれませんので保険から保障を受けます。こういったケースに備えて、お子様の小さなご家庭では大黒柱の定期保障をしっかりとされているのがいいと思われます。

しかし、お子様が独立した後も同額の保障がいるのでしょうか。人数も減り生活費もパートナーとの分だけになります。そうした時に若いころと同等の保障がいるのかどうかも考えておかなければなりません。

人生のステージにおいて、かかるお金が変わってきますので保険設計もそれに合わせた無駄のない掛け方が合理的であると言えます。

生命保険の保障以外の活用とは

相続税対策が今注目されている背景

生命保険では、税金の対策という側面があります。誰かが死亡した場合その人が所有していた財産は配偶者や子どもなどが相続します。日本では相続税という税金がこれら財産の移転にともなって課税されます。相続税を納めなければならない人は、相続、遺贈または死因贈与によって財産を取得した人です。相続する遺産総額が一定額を超える場合に、申告して納税することが原則です。遺産相続につきものなのが家族が争いもめるといったことです。

現行制度では基礎控除があるため4%ほどの人しか相続税の対象になりませんでした。しかし平成27年1月からの相続税改正によって対象となる人が拡大すると言われています。それは、なぜでしょうか。基礎控除といういわば相続税の値引きのようなものですがこれが新制度では縮小されました。また最高税率の引き上げなども要因です。

相続税対象者1.5倍に 増税スタート – 産経ニュース
参照元:産経新聞社(2016年1月時点、著者調べ)

相続税対策

相続税の改正で基礎控除縮小により相続税の対象になる人が増えてきましたので、その対策として有効なのが生命保険になります。ここでは保障が一生涯の終身保険を活用していきながら対策をしていきます。生命保険には、相続財産の評価を下げることができる生命保険控除というものがあります。終身保険に加入していれば、この控除を使い評価額を下げることができます。税金がほんの少しかかるといったようなケースではこの生命保険料控除が役に立つ場合もあります。

また、実際に税金を納付する際には現金で納める場合がほとんどですが、土地や有価証券などが現金化に時間がかかりますが生命保険は比較的早いと言われています。最後に相続人が複数いる場合争いが起きるケースが多々あります。保険金は受取人固有の財産であるため、遺産分割協議の対象外となります。特定の相続人だけに財産を残したいと言う場合に活用できます。



まとめ

いかがでしたか。生命保険には様々な特性があります。しかし「定期保険、養老保険、終身保険の」3つの形を理解することと、税金対策になるという側面を理解するだけで自分に応じた商品を選ぶ参考にはなるのではないでしょうか。自身の取り巻いている環境をしっかりと把握することでより自分に合った商品に出会えると思います。