<ごぼうの保存方法>泥付きと洗いごぼうでは持ちがこんなに違う!?

長持ちしそうな野菜だけれど、意外にすぐにスが入ってしまったり、赤くなったりしてしまうごぼう。適切に保存をして長持ちさせましょう!泥付きごぼうと洗いごぼうでも保存の仕方は変わります。常温から冷凍まで、最適な保存方法をご紹介します。



ごぼうの基本的な保存方法

ごぼうには泥付きのまま売られているものと、泥を落としてある「洗いごぼう」、そして「新ごぼう」があります。それぞれ保存方法が異なり、日持ちの日数も違います。それぞれの保存方法を見てみましょう。

泥付きごぼうの保存方法

ごぼうの保存の適温は0℃前後です。冬場は常温でも構いませんが、夏場は冷蔵庫で保存しましょう。泥付きのごぼうは、新聞紙にくるみ、根を下にして立てて冷暗所で保存します。これで1~2週間程度保存できます。冬場は1か月保存できることもあります。もっと長持ちさせたい場合は、土の中に埋めておくという方法があります。土の中では1か月以上保存できます。庭がない場合でもプランターなどに入れておくとよいですね。

長すぎて立てられない場合は、切って切り口に土を付け、新聞紙にくるんで冷暗所で保存します。ただし、切ってしまうと期限は短くなってしまいます。

洗いごぼうの保存方法

泥を落としてあるごぼうの場合は、湿らせた新聞紙でくるみ、ビニール袋に入れ、野菜室に保存します。正しく保存しても賞味期限は3~5日と短いので早めに食べきらなくてはいけません。

新ごぼうの保存方法

夏場に出回る新ごぼうも、洗いごぼうと同様賞味期限が短いので注意して保存しましょう。ラップまたは新聞紙でくるみ、ビニール袋に入れて野菜室で保存しましょう。季節柄、常温保存は避けたほうがよいでしょう。期限は3~5日程度ですので早めに食べきりましょう。



切ったごぼうの保存方法

長いままのごぼうの保存方法を見てきましたが、ごぼうは長くて冷蔵庫に入りにくいのでカットして保存することも多いと思います。カットした場合はどのように保存すればよいのでしょうか。

カットごぼうの保存方法

長いごぼうが野菜室に入りきらず、いくつかに切った場合や、あらかじめ切って売られているごぼうはどのように保存すればよいのでしょうか。泥付きのごぼうの場合は、断面に土を付けて冷暗所で保存します。季節にもよりますが、カットしても常温で保存できるのは珍しいですね。

洗いごぼうや新ごぼうの場合は、湿らせたペーパーでつくんで、ラップで巻いてから冷蔵庫に入れます。よく、スーパーなどであらかじめ2~3回カットされたごぼうが売られています。

買ってきてパックのまま冷蔵庫に入れていたら使うときにはスが入っていた、なんてことはありませんか。これはカットした部分をそのまましまっているからですね。スーパーでカットごぼうを買ってきた場合もパッケージから出し湿らせたペーパーとラップでくるんで保存すると傷みにくいです。

ただし、カットしたごぼうの賞味期限は短く2~3日です。カットした断面から傷んでいきますので、カットしてあればしてあるほど傷みやすいです。自分で切る場合は、あまり切りすぎないようにするといいでしょう。

ささがきごぼうの保存方法

きんぴらごぼうやなべ物など、ごぼうはささがきにして使うことが多いですよね。ささがきにしたごぼうはどのように保存すればよいのでしょうか。ささがきにした場合は、酢水につけて保存します。ボウルなどに入れてそのまま冷蔵庫に入れるとよいでしょう。時間がたつにつれて栄養分が出ていってしまうので早めに使うのがベストです。1カ月くらいは食べられますが、風味は消えてしまうので3~4日で食べきってしまうのがベストです。長く保存する場合は定期的に酢水は入れ替えましょう。

ささがき以外でも食べやすい大きさにカットしたものは酢水につけておくと長持ちします。スーパーでもささがきになったごぼうが販売されていますが、すぐに使わない場合は袋から出して酢水につけて保存すると長持ちしますよ。

また、調理してしまうという方法もあります。きんぴらごぼうは冷蔵庫で5日ほど保存できますので、新鮮なうちに調理して保存しておくのもよいですね。

冷凍の保存方法

ごぼうを長期保存させたい場合は、冷凍することもできます。手順と冷凍したごぼうの使い方を見てみましょう。

ごぼうを冷凍する手順

ごぼうを冷凍する場合、以下の方法で行ってください。

1.ごぼうをよく洗う。
2.ささがき、細切りなど食べやすい大きさに切る。
3.しばらく酢水につけておく。
4.しっかり水気を切る。
5.ジップ付に袋などに入れ、平たくして冷凍する。

1時間ほどしたら袋の上から軽くもみほぐすと、ごぼう同士がくっつかず、使いやすくなります。冷凍した場合の保存期間は1か月程度です。

冷凍したごぼうの使い方

冷凍したごぼうは、きんぴら、味噌汁、かきあげ、煮物など様々活用できますので、それぞれにあった大きさにカットしましょう。使用するときは冷凍のまま調理ができるので使いやすいです。



まとめ

ごぼうの様々な保存方法を見てきました。泥付きごぼう以外はあまり保存期間が長くないので、早めに調理してから保存するか、冷凍保存しておくと無駄なく食べることができます。ぜひ参考にしてみてください。