クレジットカードの不正利用?!身に覚えのない請求への対処方法

請求明細を見ていたら、身に覚えのない利用履歴が…。これは不正利用かもしれません。そんな時の確認方法や、不正利用を防ぐ対処法をお伝えします。便利なクレジットカードですが、管理を怠ると悪い人に悪用されてしまうかもしれません。不正利用されないために、ぜひ参考にしてください。



不正利用かもと思ったときは

身に覚えのない請求をクレジットカードの明細で見て、おかしいなと感じたことありますか?もしや、不正にクレジットカードを利用されてしまったのでは?という疑惑を感じたときは、心が落ち着かず焦ってしまうことが多いですね。不正利用が発生してしまった場合は、どうしたらいいのでしょうか。また、クレジットカード会社での対応はどのようなものなのでしょうか。

カスタマーセンターでの確認

不正利用かも?と思ったときは、まずカスタマーセンターへ連絡をしてみましょう。カスタマーセンターでは、身に覚えのない請求に対して、利用履歴のデーターで確認をしていきます。実はこの利用履歴は、毎月あなたの元に送付されているものと同じものになります。

実はカスタマーセンターでは不正かどうかは確認できません。不正利用が疑われる身に覚えのない利用明細については、まずその利用した店に直接確認をするように伝えられます。もし連絡先がわからない場合は、カスタマーセンターで教えてもらい、まず連絡をするのが一番初めの手段として対応がされます。

もしこの時点で不安な場合は、すぐにクレジットカードの利用停止をしてもらえます。しかしクレジットカードの利用停止をすると、カードの再発行の手続きが必要となります。再発行には時間と手間がかかりますので、まずは落ち着いて確認をするようにしましょう。

意外に多いうっかり忘れ

意外に多いのが、うっかり忘れです。例えば、商品の購入ではなくて何かしらの会員の会費だったりすることがあるようです。この場合は、物が届くというわけではないので、その会員の登録すら忘れているということがあるのです。

また、家族が利用したというケースもよくあります。家族が利用した場合は、自分自身の利用ではないため忘れていることも多いものです。クレジットカードの利用はしていないかどうか、家族に確認することも大切になりますね。

直接利用したお店へ確認をする

利用先がわかるのであれば、そのお店に直接確認をとるという方法もあります。利用を忘れている場合もあるので、何を購入したのかなどを確認することで思い出す可能性もあります。また、ネットショッピングなどの場合も同様で、直接その利用先に連絡して確認をしてみると良いでしょう。

もし連絡先がわからない場合は、クレジットカード会社のコールセンターへ連絡することで教えてもらえます。しかし、連絡先の問い合わせについては、少し時間がかかることもあるようです。

不正利用の疑いがあるときはカード利用を止める

このような確認作業を行っても、まだ不正利用の疑いがある場合は、クレジットカードの利用停止をする必要があります。この場合でも、コールセンターへ連絡すれば大丈夫です。コールセンターからクレジットカード利用停止の手続きへ繋げてもらえます。

クレジットカードの不正利用があったということであれば、クレジットカードの利用は30分程度で止めることができます。不正利用が心配な場合は、とりあえずクレジットカードの利用を止めてしまうと安心ですね。

クレジットカードの利用を止めてしまった場合、新しいクレジットカードの再発行が必要になります。このとき心配なのは、毎月光熱費などをクレジットカードで支払っている場合です。こういった場合の対処法は、クレジットカード会社ごとに異なりますので、利用停止の連絡のときに確認しましょう。多くの場合は、振込用紙などで対応することになるようです。

クレジットカード会社での不正利用に関する対処法

クレジットカード会社が不正利用だと判断するケースは、異常な購買行動です。例えば、パソコンや家電など、換金ができるような高額な商品を大量に購入するなどの場合です。不正利用する人は、こうして商品を大量に購入し、それを転売するなどして現金化するそうです。

他にも、商品券やゲーム機、ブランド品などの大量購入がされた場合、不正利用を疑います。クレジットカード会社では、こうした異常な購買行動があった場合、そのクレジットカード会社でのシステムが反応し、クレジットカードの持ち主へ確認を行います。そこで不正利用と判明した場合は、クレジットカードの利用を止める対応をします。

カード紛失・盗難の際は|クレジットカードの三井住友VISAカード
参照元:三井住友VISAカード(2016年1月時点、著者調べ)



不正利用があった場合は?

クレジットカードの不正利用があった場合は、カードの利用をすぐに止める必要があります。クレジットカード会社でも明らかに不正利用だと疑われるものについては、本人に確認次第、カードを止めるといった対処をしています。

しかし、こうした不正利用があった場合、その後、高額な請求がきてはたまりませんね。ではその利用に対しての支払いに関して、クレジットカード会社での補償はどうなっているでしょうか?

不正利用は全額補償される

基本的に不正利用と認められた場合は、クレジットカード会社で全額が補償されます。これは、クレジットカードに付帯する「盗難紛失保険」の適用となります。この保険は特に手続きをしなくても、クレジットカードを作った場合に自動で付帯されている保険です。

「盗難紛失保険」とは、クレジットカードの盗難や紛失・不正利用などをカバーするものとなっていて、盗難や紛失、またスキミング詐欺やクレジットカード番号の漏洩などで、クレジットカード利用の悪用をされた場合に保証されます。

不正利用が確認された場合は、その日からさかのぼり60日以内の不正利用に対して保険が適用され、全額補償がされるようになっています。ただし、クレジットカード裏面の署名欄に、持ち主のサインがなければ補償を受けることができません。更にクレジットカード会社ごとに全額補償が適用されない場合など規定もありますので、一度規約などをしっかり読んで確認するなどの注意が必要です。

不正利用の補償|クレジットカードなら三菱UFJニコス
参照元:三菱UFJニコス(2015年12月、著者調べ)

クレジットカードの不正利用への対処法

最近は、ネットでのショッピングサイトなどでのネット決済や、セキュリティの低いパソコンによって、クレジットカードの情報漏洩の危険性が高くなってきています。クレジットカードの補償規約を確認するだけではなく、クレジットカードの利用に対しての環境を整えることも大切になります。

こうした契約者の不注意によるクレジットカード情報の漏洩に関しては、クレジットカード会社にもよりますが補償対象外となる事もあるようです。クレジットカードの自己管理は非常に重要です。では、どんな点を注意すればいいのか確認していきましょう。

暗証番号の管理

インターネットから暗証番号が漏洩するという可能性も考えなければなりません。こうした事を避けるため、暗証番号の設定はわかりにくいものにしなければなりません。暗証番号には設定できない数字があります。生年月日や電話番号などを始め、ゾロ目(0000や1111)なども設定はできません。そして暗証番号は、定期的に変更する事も大切です。

また、インターネットでの不正利用を防ぐために、ネットショッピングでのクレジットカード利用の際に「セキュリティコード」の入力が必要な場合があります。この「セキュリティコード」とは、クレジットカードの裏面に記載してある3桁の数字になります。この数字は、クレジットカードをもっている人しか確認できないため、クレジットカード番号だけでの購入を防ぐことができますね。

クレジットカードの管理

クレジットカードを常に財布に入れっぱなしという方がほとんどだと思いますが、盗難や紛失などの防止のためにも、最低1日に1回はクレジットカードがあるかどうかを確認しましょう。

クレジットカード1枚で、数十万円から数百万円の買い物ができるものです。これは現金ではなかなか持ち歩けないものですよね。こういった意識をしっかりと持ち、クレジットカードの管理や保管をしっかりとする事が大切です。

利用明細はこまめにチェック

クレジットカードの利用明細は、こまめにチェックしましょう。しっかりと確認している人は、不正利用やクレジットカードの紛失などの場合の被害が大きくなる前に気付けるものです。最近はWebなどで利用明細を確認できるカード会社も多くあります。こうしたサービスを利用し、しっかりと確認する習慣をつけることが大切になります。

利用限度額や利用残高を確認するだけでも、不正利用などのトラブルを避けることもできます。また、クレジットカードの利用明細をしっかり確認する事は、多重債務者に多くある「支払いを避けたい」という気持ちを無くす効果もあるようです。

不正利用の被害届は早めに行う

不正利用などに気付いたら、すぐにクレジットカード会社への連絡と、警察への盗難や紛失届の連絡をすします。こういった手続きについては、各社によって異なりますので、まずはカスタマーセンターへ連絡をしましょう。

カスタマーセンターで落ち着いた対応をしてもらうことで、トラブルに巻き込まれた原因や紛失したと思われる場所などを思い出せることもあります。まずはカスタマーセンターへの連絡、そして落ち着いて対処するようにしましょう。

また、クレジットカード会社の連絡先などを、スマートフォンや手帳に控えておくと安心ですね。

クレジットカードを紛失した場合の対処法・連絡先まとめ – 落し物ドットコム – 紛失・忘れ物・落し物情報の総合ポータルサイト
参照元:落し物ドットコム(2016年1月時点、著者調べ)

カスタマーセンターへ繋がりやすい時間帯

カスタマーセンターなどへ連絡するとき、なかなか繋がらなくて困ったということはありませんか?実はカスタマーセンターへの電話は、混みやすい時間帯と繋がりやすい時間帯があります。

繋がりにくい時間帯としては、
・9時から10時の電話受付開始直後
・12時から13時の仕事や学校の昼休憩の時間
・16時から21時の仕事や学校が終わった時間
以上の時間帯は、なかなか繋がらないので避けた方が良いそうです。

逆に繋がりやすい時間帯は、13時から15時になります。焦る気持ちもわかりますが、連絡をする時間帯も繋がりやすい時間にした方がイライラを避けられるかもしれませんね。

なお、クレジットカードのランクによってカスタマーセンターでの対応が変わるといったこともありませんので安心してください。



クレジットカード会社のセキュリティサービス

クレジットカード会社などでは、不正利用を防ぐためにさまざまなセキュリティサービスや情報漏洩防止対策などを行っています。どんなものがあるか確認していきましょう。

インターネットセキュリティ

パソコンからネットショッピングなどを利用する人向けに、クレディセゾンのサイトで、無料のセキュリティソフトの配布を行っています。これは、ネットショッピングなどを利用する場合に、そのショッピングサイトが安全なのかどうかを確認したり、パソコンの保護などができたりするソフトになります。無料ですので一度試してみるのも良いと思います。

永久不滅インターネットセキュリティ|永久不滅.com(ドットコム)
参照元:株式会社クレディセゾン(2016年1月、著者調べ)

本人認証サービス

本人認証サービスとは、クレジットカードを利用してネットショッピングをするときに、本人しかわからない質問と答えを入力し、本人確認をするサービスになります。少し面倒な確認になりますが、こういった面倒な作業だから、不正に利用されにくいといったメリットになると思います。

本人認証サービス「J/Secure(TM)」|クレジットカードなら、JCBカード
参照元:JCBカード(2016年1月、著者調べ)

写真付きのクレジットカード

最近では顔写真の入ったクレジットカードなどもあるそうです。顔写真が入っている事で、もしクレジットカードを紛失してしまった場合の不正利用の抑制になります。セキュリティを重視したい場合には有効な手段となりますね。なお、発行手数料は無料となっています。

ICカード|クレジットカードの三井住友VISAカード
参照元:三井住友VISAカード(2016年1月、著者調べ)

まとめ

クレジットカードの不正利用によって、高額な請求がきたことに気付かず、支払いが滞ってしまいカード利用が停止されてしまってからでは遅いですよね。不正利用を防ぐためには、自分自身での対策を、まず心がけることが大切です。

カードがあるかどうか、こまめに確認をする事や、暗証番号などの管理、また利用明細をしっかり確認する習慣をつけるようにしましょう。

クレジットカードの不正利用に関しては、全額補償とはなっていますが、クレジットカード会社ごとにその規定が異なります。規定に反している場合は補償がされないということも実際にありますので、規約の確認をしっかりしておくことも大切になりますね。

そして、もしおかしいなと感じたときは、クレジットカード会社のコールセンターへ問い合わせをして下さい。そして不正利用が発覚したときは、直ちにカード利用停止の手続きをするようにしましょう。

でもまず、自分自身でのセキュリティ強化が第一ですね。