オーストラリアの物価についてのまとめ

オーストラリアでの移動や宿泊、食事などにかかる費用や、それに付随する情報などをまとめています。



オーストラリアの通貨

masuyo_kilari

流通しているお金の種類(通貨)について説明

オーストラリアでは、オーストラリアドル(AUDと表記)が流通しています。このオーストラリアドルは、高金利の通貨として日本でも良く知られていますので、比較的なじみのある通貨だと言え、日本国内の銀行でも比較的円との交換がしやすくなっています。

オーストラリア現地でも、空港や銀行、街中の至る所にある交換場所で円から直接オーストラリアドルに交換できますので、旅行の際などに困ることはほとんどありません。ただ、円とオーストラリアドルは、変動相場制となっているので、その時々でしっかりと為替レートを確認しながら交換する必要があります。また交換の際には、レートが安くても、高い手数料を取っている場所もあるので、この部分もしっかり把握しておく必要があるでしょう。

またオーストラリアは、トラベラーズチェックに対応している施設やショップも多くあるので、あまり多くの現金を持ち歩く必要がないことも、治安の面で安心感があります。

クレジットカードの使用について説明

オーストラリアは、カード社会として発達していますので、ショッピングや施設利用料に関しては、クレジットカードでの決済が便利です。現地のオーストラリア人も、ほとんど現金を持ち歩かないと言われるほどですので、比較的小さなショップなどでも利用することができます。

ただしオーストラリアでは、お店側がカード手数料を上乗せできるシステムとなっていますので、場合によっては、数パーセントの手数料が上乗せされることがあります。



オーストラリア旅行での両替

・空港での両替方法について説明

オーストラリア旅行に行く際に、多くの人が利用するのが空港内の両替所です。主要空港であれば、おおむね朝6時くらいから夜の9時くらいまでは、両替所が開いていますので、まず両替で困ることはないでしょう。

また空港には複数の両替所がありますが、場所によって手数料のかかり具合が変わってきますので、レートだけでなく手数料の確認も行っておく必要があります。

また日本でも成田や関空などであれば、出発前に空港内で両替が可能ですので、英語の苦手な方などには便利です。

・街中での両替方法について説明

オーストラリア旅行において、両替をするのであれば、空港やホテルのフロント、または街中にある銀行や両替所で円からオーストラリアドルに交換することができます。

この際、ホテルや空港は、レートや手数料が割高なケースが多いので、やはり街中の両替所の利用がメインになってきます。また街中の両替所でも、レートが微妙に違っていますので、よく確かめる必要がありますし、レートが良くても手数料が高い場合などがありますので、注意が必要です。

・両替における補足や注意点について説明

オーストラリアでは、クレジットカード社会となっていますので、旅行する場合においても、クレジットカードを利用する方が便利で安全です。

観光施設やホテルでの支払い、レストランでの食事などから、小さなショップで何か購入した場合など、ほとんどのシーンでクレジットカードが利用できます。ただ一つだけ注意が必要なのは、お店によっては、クレジットカードでの支払いに対して、数パーセントの手数料を上乗せする場合があるので、頭に入れておく必要があります。

オーストラリア国内の移動にかかる交通費はどれくらいか

・交通手段の紹介

広大な国土のため都市間の移動は飛行機が便利です。また、コーチと呼ばれる長距離バスは地元の人たちの移動手段としても普及しています。鉄道はほかの交通手段と比べると、オーストラリアではあまり実用的ではありません。主要都市部の市内の交通手段は、大都市シドニーならモノレールやバス、フェリーなど交通機関が発達していますし、ほかのエリアでもツアーバスやタクシーなど様々です。

ツアーバスやタクシーはスケジュールをスムーズに進めやすくなりますが、郊外に向かう路線バスやトラム、ローカル列車などを上手に使いこなしていけば、オーストラリアのまた違った魅力を発見できる旅を楽しむことができ、地元の人々の日常生活を知ることもできます。

・各手段にかかる交通費

オーストラリアの各都市の市内交通の中心はバスとなります。ケアンズのマーリン・コースト・サンバスは地元の人たちも利用する市バスで豪ドルで1.9ドルから利用でき、1日券は4.6ドルから購入可能です。ゴールドコーストをまわるのであれば、サーフサイド・バスの利用が欠かせません。特にルート750はバスの利用が便利で、2.4ドルから乗車可能となっています。

また、大都市シドニーではモノレールが4.9ドル、バスが2ドルから、メトロは24時間運行していて、3.4ドルから乗車可能です。メルボルンはトラムが便利で1日券が6.8から10.6ドルで購入できますが、短時間で集中してまわるのなら、2時間有効券が1日券の半額ほどで購入できます。南部のアデレードやパースでは無料バスが巡回しているので、お得です。タクシーは各地3から3.5ドルが初乗り料金です。



オーストラリアの宿泊費

・一般的な宿泊施設を紹介

オーストラリアで一般的な宿泊施設はビジネスホテルを含むホテル・コンドミニアム・バックパッカーズホステル&ユースホステル・小規模の家族経営または一般宅の一室を貸し出しているイギリス発祥のB&Bがあります。

ホテルは五つ星の高級ホテルから三つ星のリーズナブルホテル・簡易宿泊施設で自動車旅行客がよく使うバジェットホテルや郊外にあるモーテルがあります。コンドミニアムはリゾート地に多く存在し、豪華リゾートマンションが使われていたりオーシャンビューやモダンな室内が特徴です。また、週単位の割引レートが出ているので長期滞在向きの施設だと言えます。バックパッカーズホステル・ユースホステルは格安料金と4人から10人が泊れるドームという大部屋が特徴です。

・宿泊施設の金額相場を紹介

宿泊費の相場としては、ホテルの場合だと五つ星ホテルなら一泊最低200AUドル(約17,350円)ほどかかります。三つ星の場合は一泊95から150AUドルです。(約8,200円~13,000円)となっています。

モーテルには無料駐車場があり、郊外にあることが多いので自動車旅行にはぴったりの施設です。

B&B(ベッドと朝ごはんの意味)は一般家庭の一室や家族経営なのでアットホームさが魅力で、相場は100AUドル(約8,680円)です。

バックパッカーズホステル・ユースホステルはドームの場合相場が20から36AUドル(1,700から3,100円)で個室の場合はこの2倍の金額がかかります。注意点としては会員のみの利用なので、事前に会員登録しておくこととドームの場合は貴重品を肌身離さず身に着けることです。

コンドミニアムの相場は150から300AUドル(13,000円から26,000円)ほどです。

オーストラリアの食費事情についてテーマ別で紹介してみる

・主な料理を紹介

オーストラリアは先進国かつ世界で最も裕福な国の一つで世界第12位の経済規模を有する国ですが明確な料理というものがありません。ですが自給率200%以上を誇る国なので美味しい料理を作る為の素材には不自由しません。様々な気候に適した農産物と汚染の少ない熱帯~南極に近い海でとれる魚介類の種類も豊富です。

有名な海産物ではパシフィックオイスター、ロブスター、クルマエビ他イギリスの影響でバラマンディという大型で肉厚、淡泊な味のする魚を使用したフィッシュアンドチップスが有名です。また肉料理もバラエティに富んでおり有名なオージービーフ・ラムがあります。(最近は品種改良が進み味の良い物が食べられます。)また先住民の伝統料理ではカンガルーの肉を使用したブッシュタッカーが知られています。オーストラリア奥地になるとエミューやラクダ、養殖のクロコダイルがあり、いずれも癖のある味を美味しく味付けしたものが食べられます。

・外食した際の金額相場を紹介

オーストラリアの都市や観光地ではテイクアウェイ(持ち帰り)店やフードコートを利用すれば比較的安上がりに食事ができます。レストランの値段はその店の場所やレベルによって差があります。有名なパシフィックオイスターは日本では1個500円程するものもありますが、ここでは1ダースで1,500円くらいからです。外食にかかる一人分の費用はファーストフード店で300円~1000円程、レストランになると昼食で1,500円~3,000円、夕食で3,000円~7,000円くらいです。

レストランでは前菜、メイン、デザートと3コースを注文するのが通常ですが単品でも問題ありません。飲み物の注文を先に済ませますがこの国ではBYOといってお酒を店内に持ち込めるシステムがあります。チップも原則的に不要ですが都市では会計をテーブルで済ませる際、端数の小銭はテーブルに残しておくのがマナーです。土日祝の特別料金には注意して下さい。

オーストラリアを旅行した際に必ず払う税金!

・消費税や空港利用税などの税金についての説明

オーストラリアを旅行する際には、飛行機やホテルや飲食店などさまざまな施設を利用したり、日用品などを購入したりすることでしょう。その際には必ず税金を払うことになります。

まずオーストラリアの出入国時に関する税金についてですが、航空券に含まれている場合がほとんどなので空港で直接税金を払うことはありません。入国税はありませんが、出国についてはどの都市からでも55ドルとなっています。

オーストラリアの消費税は10%となっています。ほとんどの商品やサービスがこの対象となっています。未使用で日本に持ち帰る物に対しては返金制度がありますが、一部でも現地で消費したものに関しては納めなければなりません。またワインには29%の税金がかかります。未開封で日本に持って帰る場合にはその約半分の14.5%の税金が返金される制度があります。

・チップなどの習慣や金額について説明

オーストラリアではチップは不要という考え方は一昔前のもので、最近ではチップが必要なお店が増えてきています。まずはホテルですが、ポーターに荷物を運んでもらった時やスタッフに何かお願いした時に日本円で100~200円ほど払うのが一般的です。また1、2泊程度なら必要ありませんが、3日以上宿泊した場合はホテルを出る際に枕元に数百円ほど気持ち程度のチップを置くと良いでしょう。

タクシーを利用した場合も利用金額の5~10%ほどのチップが必要になります。荷物を多く積んだ場合などは多めに用意しましょう。高級レストランやちょっとランクが高めのレストランでも、食事の代金にサービス料が含まれていない場合にはチップが必要です。サービスや料理の満足度に応じて食事代の10~15%ていどを目安に用意し、伝票に自分でチップ代を書き足して払いましょう。

オーストラリアの楽しい観光施設と費用

・無料で利用できる観光施設を紹介

オーストラリアで無料で利用できる観光施設は、ブリスベンシティ・ボタニックガーデンがあります。20ヘクタールの敷地内には、蓮池、マングローブの森、竹林、日本庭園などがあり、観光客はもちろん地元の人の憩いの場としても人気です。毎日11時と13時からは、ボランティアガイドによるツアーも行われています。

そのほか、1988年の万博跡地を公園にし、人気の観光施設となっているのが、サウスバンク・パークランドです。モートンベイ沿岸から運ばれてきた白砂を敷き詰めた人口のビーチがあり、ライフガードも常駐するので、夏は海水浴も楽しめます。パークランド内には、クィーンズランド海事博物館や、レストラン、ショップなどが建ち並んできます。

・有料で利用できる観光施設を、その料金とあわせて紹介

オーストラリアといえば、コアラの生息地として有名ですが、柵の外から見るだけでなく、実際に抱っこできる観光施設がいくつかあります。

ケアンズ最大の動物園であるケアンズトロピカルズーで、コアラを抱っこして写真撮影ができるほか、ペリカンの餌付けや、スネークショーなど、楽しいイベントが盛りだくさんです。また、夜行性の動物が観察できるナイトズーもあります。入場料は、大人33オーストラリアドル、子ども16.50オーストラリアドルで、ナイトズーは大人99オーストラリアドル、子ども49.50オーストラリアドルとなっています。

そのほか、キュランダコアラガーデンでも、コアラを抱っこすることができ、入場料は大人17.50オーストラリアドル、子ども8.50オーストラリアドルです。

オーストラリアでの買い物

・生活に必要なものを購入するお店を紹介

日本では少し珍しいかもしれませんが、オーストラリアではスーパーに行けば本当に何でもそろいます。小型店では難しいですが、少し大きなスーパーに行くと食料品はもちろん、本、お土産、家電、寝具、生活雑貨と何でもそろうので、新生活を始める人にとってもすごく便利です。

プライベートブランドもあり、日本のようにしっかりとしたつくりではないものの、安く手に入ります。ただ買うものはちゃんとチェックしないと袋が破けていたり、商品が破損している、汚れているといったことも多々あるので注意が必要です。

日本でも便利なコンビニエンスストアですが、日本ほど品ぞろえはよくありません。また価格も非常に高く、スーパーの3~6倍の値段で売られている商品も中にはあるので、スーパーがあるならそちらで済ませたほうがいいです。

・一般的なおみやげの種類や相場について紹介

空港内でももちろんお土産は買えますが、街中のスーパーや、マーケット等でもたくさん買えます。オーストラリアのお土産の定番はコアラやカンガルーのグッズ、チョコレート菓子、ワインですが、安く買うならスーパーです。3つでいくら、などといったセールで購入することも可能です。特に食品のお土産はスーパーの方が種類も多く値段も安いのでおすすめです。

一般的なお土産屋さんは街中にたくさんありますが、店によって値段も様々で、あの店では1ドルで売っていたけどここでは3ドルといったことも珍しくありません。たくさん買う予定があると、結構な金額になってしまうので、時間に余裕があれば、何件もお土産屋さんを回って確認したほうがいいです。

オーストラリアの水、タバコ、ビールの価格

・水(ミネラルウォーター)の価格について説明

オーストラリア全土の水は水道から直接飲むことができます。しかし日本の軟水とは成分が違い硬水が多いので、初めて飲む際には注意が必要です。心配な人はミネラルウオーターを購入するようにしましょう。

オーストラリアのミネラルウオーターは約$2~$3程、日本よりも少し高いと思っておくと良いです。炭酸入りのミネラルウオーターが多く、オーストラリアではこちらのほうが人気が高いです。ミネラルウオーターやスプリングウォーターと記載のものを選ぶようにしましょう。

・タバコの価格について説明

オーストラリアは喫煙に厳しく、タバコを吸えるところは非常に限られています。駅などの公共施設はもちろん、パブやレストランといった飲食店、住宅街でも喫煙することができません。スーパーマーケットの出口付近などに「Smoking Area」と指定されたところがありますので、そこで吸うようにしましょう。

タバコの価格も高く、日本で購入する4倍ぐらいします。スーパーマーケットや酒屋で売っていますが陳列されておらず、店員にタバコがあるか声をかけないと購入できません。

・ビールの価格について説明

ビールの消費量世界8位のオーストラリアはビール好きの国民が多く、金曜日の夜はレストランやパブに長蛇の列ができるほどの人気です。オーストラリアで1番有名なビールは「Victoria Bitter」、VBと大きく書かれたボトルが印象的なビールです。苦みが強く、コクのあるラガービールで飲み応えがあります。

価格はスーパーマーケットで$3程で、日本で購入するのよりも少し高いぐらいの価格で購入することができます。