クレジットカードの海外旅行保険は不十分?補償内容を大検証!

みなさんのクレジットカードには、「海外旅行保険」が付帯されていますか?海外へ行く際に、カードに保険が付いているから、別途保険を掛けなくても大丈夫!なんて思っている方も多くいらっしゃるように思います。しかし、その「海外旅行保険」の補償される条件をご存知ですか?知っていると後悔しない、その補償内容について検証してみます!



クレジットカード付帯の「海外旅行保険」について

みなさんのクレジットカードには、「海外旅行保険」が付帯されていますでしょうか?最近は、付帯されているカードも多くなってきたように思います。この「保険」が付帯されているカードを持っていることで、海外旅行をする際、保険代を出す必要もなく「お得」になるかもしれません!

ですが、巷では、「クレジットカード付帯保険じゃ足りない」という「ウワサ」もあります。果たして、実際はどうなのでしょうか?その内容を検証していきたいと思います!さっそく、みていきましょう。

保険会社の「海外旅行保険」との違いは?

クレジットカードに付帯されている「海外旅行保険」は、別途かかる保険料がありません。しかしながら、それなりの「デメリット」があることも確かであると言えます。例えば、

<付帯する保険を利用する場合>
■ケガや病気で入院した際→入院にかかる医療費は、立替えする必要がある
■病院を探す際→自分で探して予約する必要がある
■現地で何かあった際→通訳を介せず、自分で相手または、警察と病院へ説明
■救援者が日本から来る際→自分で救援者の航空券やホテル手配

逆に、「保険会社」の海外旅行保険は、掛け金の金額も安くありませんが、それなりの「メリット」があることも事実です。

<保険会社の海外旅行保険を利用する場合>
■ケガや病気で入院した際→入院にかかる医療費は、自分が払わなくて良い(キャッシュレス)
■病院を探す際→保険会社で探して、予約してくれる
■現地で何かあった際→保険会社で通訳を手配し、相手や、警察と病院へ説明してもらえる
■救援者が日本から来る際→救保険会社で援者の航空券やホテル手配してくれる

また、最大のメリットとして考えられるのは、その保険にも寄りますが、かかる治療費が「無制限」であることでしょうか。クレジットカード付帯の保険は、治療費に「金額制限」があることが考えられますので、そこが最大の「デメリット」であると思っていいかもしれません。

AIU海外旅行保険とクレジットカードの違い:AIU保険会社
参照元:AIU海外旅行保険(2015年12月時点、著者調べ)

「病気」で死亡しても保険金が出ない!?

ここでは、私が持っている「ANAカード(一般)」を例に挙げてみることにします。

<旅行傷害保険の詳細は?>

■傷害による死亡:1000万円
■傷害による後遺障害:40万円~1000万円
■傷害、疾病治療費用:無し
■賠償責任:無し
■携行品損害:無し
■救援者費用:100万円

出典:

www.ana.co.jp
私も、今気付きましたが、「ANAカード」の場合、「ケガ」や「病気」にかかる治療費が一切出ない!!補償されるのは、あくまで「ケガで死亡」した場合と、「ケガによる後遺症」を負った場合。それと、「救援者」にかかる費用の一部となるわけです。

もし、旅行中に「病気」になった場合、「全額自己負担」で治療することになると考えて良いでしょう。ですので、「ANAカード(一般)」を頼って海外旅行することは、「保険が無い」のと殆ど変らないと考えて良いと思います。それを知らないでいると、本当にコワイことになりますよね。

ANAカード旅行傷害保険:ANAファシリティーズ
参照元:ANAファシリティーズ(2015年12月時点、著者調べ)

治療費が下りない場合もあり得る

上でみた「ANAカード」は、「治療費」が一切出ないことがわかりました。ですが、最近は、多くの「付帯カード」で治療費も「制限額の範囲内」でもらえるようになっています。例えば、

<楽天カードの場合は?>

■(傷害)死亡後遺障害:最高2,000万円
■傷害治療費用:最高200万円
■疾病治療費用:最高200万円
■賠償責任:最高2,000万円
■携行品損害:最高20万円(免責金額3,000円)
■救援者費用:最高200万円

出典:

www.rakuten-card.co.jp
ですが、ここで注意しなければならない点があるのです!治療費が出ることになっているカードですが、補償されるための「条件」もあるのです!

「楽天カード」の条件は、日本を出国する前に、公共交通(航空券や電車、バス)または、募集型企画旅行(パッケージツアーなど)の料金を「楽天カード」で「支払った場合」に限り、海外旅行傷害保険が付帯されることになります。

ですので、もし、その「条件」を満たしていない場合であれば、「補償は一切無し」となってしまうのです。怖いですね。もし、このカードの補償を期待して旅行するのであれば、「航空券」や「ツアー」などの料金を「楽天カード」で事前に支払う必要があると言えるでしょう。

各種保険自動付帯サービス:楽天カード
参照元:楽天カード(2015年12月時点、著者調べ)

海外旅行保険付きクレジットカードの比較:価格.com
参照元:価格.com(2015年12月時点、著者調べ)



付帯保険の「補償内容」について

ここでは、海外旅行をよくされる方々が多く持っていると思われる「JALカード」の補償内容について、カードの種類ごとに異なる「補償金額」について、みていきたいと思います。

「傷害死亡」と「後遺障害」の補償

下記を見てください。カードによって、補償される金額が異なってくることがわかるでしょう。JAL普通カード(年会費:2,160円)と比較して、年会費金額が高い「ゴールドカード」(年会費:17,280円)は、やはり補償される金額も、手厚い補償になっていますね。

ですが、注意しなければならないのは、「傷害による補償」となっている点です。ですので、「病気」による「死亡」や「後遺障害」については、補償対象外となるのです!

<JAL(普通)カードの場合>
■傷害死亡:1,000万円
■傷害後遺障害:30万~1,000万円

<JALアメリカン・エキスプレス®カード>
■傷害死亡:最高3,000万円
・カード自動付帯分:1,000万円
・カード利用条件分:2,000万円
■傷害後遺障害:最高3,000万円
・カード自動付帯分:1,000万円
・カード利用条件分:2,000万円

<CLUB-Aカード>
■傷害死亡:5,000万円
■傷害後遺障害:150万~5,000万円

<CLUB-Aゴールドカード >
■傷害死亡:5,000万円~最高1億円 (家族特約:1,000万円)
■傷害後遺障害:150万~5,000万円(家族特約:30~1,000万円)

出典:

www.jal.co.jp

「傷害」や「疾病」にかかる治療費用の補償

JAL普通カード(年会費:2,160円)の場合、ANAの一般カード同様、「治療」に関する補償が「一切ない」ことがわかります。但し、普通カードでも「アメリカン・エキスプレス®カード」(年会費:6,480円)は、高い年会費が発生している分、その補償も、その他普通カードより優遇されています。

やはり、その「年会費」の金額の大きさによって、補償される金額も全然違うのですね。

<JAL普通カードの場合>
■傷害治療:無し
■疾病治療:無し

<JALアメリカン・エキスプレス®カード(普通)>
■傷害治療:100万円
■疾病治療:100万円

<CLUB-Aカード>
■傷害治療:150万円
■疾病治療:150万円

<CLUB-Aゴールドカード >
■傷害治療:300万円(家族特約:200万円)
■疾病治療:300万円(家族特約:200万円)

出典:

www.jal.co.jp

「賠償責任」の補償

「賠償責任」の補償とは、

(例えば)
・宿泊先ホテルの窓ガラスを壊してしまった
・宿泊先ホテルのルームキーを紛失してしまった
・レンタルした自転車を壊してしまった

など、賠償(弁償)しなければならなくなった際に必要な費用(訴訟費用も含む)を指します。旅行期間中、想定していなかった事故などにより、弁償しなければならなくなった場合、非常に助かる「補償」といえます。

しかしながら、「JAL普通カード」が、やはり「補償無し」(JALアメリカン・エキスプレス®カード除く)。その他カードは、2,000万円まで補償される内容となっています。カードによる金額条件も、「ゼロ」と「2,000万円」では、かなり違うでしょう。

<JAL普通カードの場合>
■賠償責任:無し

<JALアメリカン・エキスプレス®カード(普通)>
■賠償責任:2,000万円

<CLUB-Aカード>
■賠償責任:2,000万円

<CLUB-Aゴールドカード >
■賠償責任:2,000万円~1億円

出典:

www.jal.co.jp

賠償責任の補償内容について:損保ジャパン日本興亜
参照元:損保ジャパン日本興亜(2015年12月時点、著者調べ)

「携行品損害」の補償

「携行品損害」の補償については、やはり「JAL普通カード」は、補償無し。その他カードも年間100万円を限度という扱いになっています。この補償は、自分は大して必要ないように思う方もいらっしゃるかもしれませんが、「利用する確率」は、そんなに低くありません。海外旅行中に、

(例えば)
・カメラが盗まれた
・ホテルが火事になり、航空券や旅券が無くなった
・旅行中にノートPCが壊れたなど

盗難や破損、火災などの事故に遭ってしまい、損害を受けたときに受けられる補償となるでしょう。

<JAL普通カードの場合>
■携行品損害:無し

<JALアメリカン・エキスプレス®カード(普通)>
■携行品損害:1旅行につき50万円限度/年間100万円限度(免責3,000円)

<CLUB-Aカード>
■携行品損害:1旅行につき50万円限度/年間累計額100万円限度

<CLUB-Aゴールドカード >
■携行品損害:1旅行につき50万円限度/年間100万円限度(免責3,000円)

出典:

www.jal.co.jp

携行品損害の補償内容について:損保ジャパン日本興亜
参照元:損保ジャパン日本興亜(2015年12月時点、著者調べ)

「救援者」にかかる費用補償

「救援者」にかかる費用補償についても、意外と注意しておかなければいけない点だと思います。もし自分がケガなどで、入院することになった場合、旅行先の海外に家族が「救援」に駆けつけることも考えられるでしょう。そうなった場合、その救援者にかかる「航空券」や「ホテル代」など、かかる費用について、補償されるのです。

自分は、大丈夫!と思っていても、いざという時に活躍する「保険」ですので、補償があった方が良いでしょう。

<JAL普通カードの場合>
■救援者費用:100万円

<JALアメリカン・エキスプレス®カード(普通)>
■救援者費用:100万円

<CLUB-Aカード>
■救援者費用:100万円

<CLUB-Aゴールドカード >
■救援者費用:150万円~400万円(家族特約:200万円)

出典:

www.jal.co.jp

カードの種類:JALカード
参照元:JALカード(2015年12月時点、著者調べ)

保険適用の条件と注意ポイント

保険が適用される条件とは?

保険付帯カードのうち、「持っているだけ」で保険が適用される「自動付帯カード」もありますが、保険適用の条件があるカード「利用付帯カード」も存在します。

「利用付帯カード」は、先ほどご紹介した「楽天カード」のように、「旅行費用」をカードで支払う等の条件により、補償が受けられるものです。

あなたのお持ちのクレジットカードの付帯条件は、どうなっていますでしょうか?海外へ旅行される前に必ず、その詳細内容を確認する必要があると言えるでしょう。

補償される金額じゃ足りない?!

保険付帯のクレジットカードを1枚だけでなく、「数枚」持っている方であれば、それぞれのクレジットカード「海外旅行傷害保険」の条件により、適用されることになると思います。その補償額は、

■「傷害・疾病治療」にかかる費用
■「救援者」にかかる費用
■「賠償責任」にかかる費用
■「携行品損害」にかかる費用

この4つの「補償金額」については、カードそれぞれの補償金額が「合算」されて受けられることになるでしょう。

(例えば:旅行中ケガして、治療を受けた場合)

・1枚のカードは、ケガで補償される治療費:200万円まで
・もう1枚のカードは、ケガの治療費:最高100万円まで

ケガで貰える「治療費」は、合計して最高300万円になることが考えられるのです。

しかし、「死亡や後遺障害」の補償は、保険金額が合算されません。あなたの持っている保険付帯カードのうち、補償が「最高金額」であるカード条件が適用されることになるでしょう。

しかしながら、日本の健康保険(社保や国保)は海外で直接利用することは出来ませんが、日本に戻ってから、「保険診療」と認められる場合に関しては、「海外でかかった治療費」について、「海外療養費」として給付される可能性もあります。加入している「健康保険組合」へ詳細を確認しておくとよいと思います。

海外旅行中にかかった医療費の一部が戻る公的制度:日本経済新聞
参照元:日本経済新聞(2015年12月時点、著者調べ)

同行している家族は、補償の対象になる?ならない?

カードを保持者の子ども(未成年)が旅行中にケガをした場合など、どのようになるのか?ですが、これも各カードによって、その条件が異なってくると思います。「JCBカード」の条件を例に挙げてみますと、

<補償条件>
会員の持つカードが「家族特約付き」のカードである場合、カード会員と生計をともにする「家族」で、(満19歳未満)の子どもは、保険適用となります。

この場合、別居や同居を問わないため、カード会員により「仕送り」を受けている子どもへも補償されることになるでしょう。要は、「単身赴任」しているお父さんと旅行へ行って、ケガした場合でも、保険は下りるということです。

あくまで、「家族特約付き」のカードであることが条件となっていますので、注意する必要がありますね。

カード自動付帯各種保険:JCBカード
参照元:JCBカード(2015年12月時点、著者調べ)



保険は、どのように受け取れる?

かかった医療費などに対する「海外保険」の受け取りに関してですが、まず、「海外現地から」カード会社の保険担当(デスク)へ連絡する必要があります。そこで、どのようにすればよいのか?のアドバイスをされるでしょう。

基本的に「かかった費用」に関しては、「立替払い」となり、帰国後にカード会社へその費用を請求する形になると思います。

そのため、「医師の診断書」や「事故の証明書」などの「証明書」やかかった費用の詳細を証明する「領収書」などを用意する必要があるでしょう。各カード会社によって、その詳細が違ってくると思いますので、予め確認しておくことをおすすめします。

もし、多額の治療費が発生する場合、「立替え」支払いが困難になる場合も考えられるでしょう。その場合の対処法に関しても、その保険担当者から指示を受けられると思います。

海外現地で何か起こった場合、突然の出来事で、「カード会社へ連絡する」のを忘れることも考えられますが、後の「保険請求」でトラブルが起こらぬよう、あらかじめ電話で連絡しておくことをおすすめします!

カード自動付帯各種保険:JCBカード
参照元:JCBカード(2015年12月時点、著者調べ)

「海外旅行保険」付帯カードの選び方について

ポイント①補償金額を重視するべし

海外旅行保険で最も重視すべきポイントは、「補償金額」です。しかし、どの補償に着目するべきか?というと、「死亡保障」ではありません!最も重要となってくるのは、「治療補償」です。

海外の病院で治療を受けることになる場合、日本と違って「高額な医療費」を請求されることが予想されます。

(例えば)
■オーストラリアで骨折&手術し、3日間入院:140万円
■アメリカで虫垂炎の手術をし、3日間入院:300~350万円

これらを考えると、「高額補償」という言葉に乗せられて、クレジットカードの契約をするのではなく、その「補償内容」について必ずチェックする必要があるでしょう。たいていの場合、「高額補償」を謳っている「付帯保険」は、「死亡保障」の金額である場合が多いためです。

海外旅行先での医療費も健康保険でカバーできる?:ダイヤモンド・オンライン
参照元:ダイヤモンド・オンライン(2015年12月時点、著者調べ)

AIU海外旅行保険とクレジットカードの違い:AIU保険会社
参照元:AIU海外旅行保険(2015年12月時点、著者調べ)

ポイント②適用条件を確認するべし

クレジットカードの海外旅行保険は、自動適用される「自動付帯カード」と、適用条件のある「利用付帯カード」があります。どちらが自分に適しているのか?比べる必要が出てくるでしょう。

ですが、やはり「自動適用」されるカードの方が魅力的に感じますよね!?保険の適用条件を満たしてなかったために、「補償対象外」になってしまった!?なんてことが無いようにしなければならないので、やはり「自動付帯カード」は、持っておくと便利だと、個人的には思います。

海外旅行保険付きクレジットカードの比較:価格.com
参照元:価格.com(2015年12月時点、著者調べ)

ポイント③付帯カードを複数作るべし

同じ発行会社(VISA、JCB、マスター他)の海外旅行保険付帯クレジットカードを「複数」持っていたとしても。補償金額については、合算されません!

(例えば)あなたが持っているカードが、下記3枚の場合、
・A社のJCBカード
・B社のVISAカード
・C社のJCBカード

この3枚の保険を同時に利用しようと考える場合、「補償される金額」は「JCB」と「VISA」クレジットカードからの2種類となりますので、3枚持っていても「2枚」の保険のみ利用となるわけです。

そのため、付帯クレジットカードを数枚作る場合は、クレジットカードの発行会社(JCB、VISA、マスター、アメックス、ダイナスなど)についても、注意する必要があると言えるでしょう。

付帯カードの「保険期間」について

保険期間は、どれくらい?

補償される保険期間は、一般的に「日本を出発してから90日以内まで」を旅行期間としているカードが多いと思います。ですが、中には、補償対象の期間をそれ以下の日数としているカードもあるかもしれません。そのため、新規でクレジットカードを作成する際、または、旅行の出発前に事前のチェックする必要があるでしょう。

保険期間を延長する方法について

ほとんどのカードの場合、その保険期間が90日間という限度があります。しかし、この保険期間を「延長」する方法もあることが考えられます。それは、「利用付帯カード」の活用です!
「利用付帯カード」によっては、「海外の公共交通機関の利用」となっているクレジット会社もあります。

そう考えてみると、(1枚)の付帯カードの保険期間が終了した時点で、別の「利用付帯カード」を使い、海外現地の「公共交通機関」を利用することを繰り返すことにより、保険期間を「延長」し続けることも可能であると考えられるでしょう。

持っている「利用付帯カード」が多ければ多いほど、長期保険を続けることも可能と言えるわけです。しかしながら、「利用付帯カード」は、ケガや病気にかかる治療費の限度額が「最高100万円」程度と、補償金額の低いカードも多いですので、数枚のカードを同時利用するなど、工夫する必要があるかもしれません。

おすすめ「海外旅行保険」付帯カード

年会費無料でよい条件カードはどれ?

年会費無料の「海外旅行保険付帯」クレジットカードは、多くありますが、ここで「注意すべきポイント」は、その補償される金額です。また、自動付帯であるか、利用付帯であるのか?も気をつけてみる必要があるでしょう。私がおすすめしたいカードは、

■オリコカード:iB(iD×QUICPay)
■楽天カード
■ジャックスカード:REX CARD

年会費が無料であるにも関わらず、その補償金額が「優れている」カードになっています!

■(傷害)死亡後遺障害:最高2,000万円
■傷害治療費用:最高200万円
■疾病治療費用:最高200万円
■賠償責任:最高2,000万円
■携行品損害:最高20万円
■救援者費用:最高200万円

この3枚を持っていれば、「怖いもの無し!」であることが間違いないでしょう。

iB(iD×QUICPay)(アイビー アイディ クイックペイ):クレジットカード・カードローンのオリコ
参照元:クレジットカード・カードローンのオリコ(2015年12月時点、著者調べ)

各種保険自動付帯サービス:楽天カード
参照元:楽天カード(2015年12月時点、著者調べ)

REX CARD:クレジットカードのジャックス
参照元:クレジットカードのジャックス(2015年12月時点、著者調べ)

年会費を払っても選びたい「好条件」カードはどれ?

年会費が少しだけかかりますが、その金額が高くなく、保険の補償内容も優れている点が魅力だと思います。私がおすすめしたいカードは、この2枚です。

<セゾンアメックスカード>
・年会費初年度無料、2年目以降は3,000円(税別)

■傷害死亡・後遺障害:最高3,000万円
■傷害・疾病治療費用:最高300万円
■賠償責任:最高3,000万円
■携行品損害:最高30万円
■救援者費用:最高200万円

<ライフカード(旅行傷害保険付き)>
・年会費:初年度無料、2年度以降は1,250円

■傷害死亡・後遺障害:2,000万円
■傷害・疾病治療費用:200万円
■救援者費用:200万円
■賠償責任:2,000万円(免責金額なし)
■携行品損害:20万円(免責金額3,000円)

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード:セゾンカード
参照元:セゾンカード(2015年12月時点、著者調べ)

ライフカード<旅行傷害保険付き>:ライフカード
参照元:ライフカード(2015年12月時点、著者調べ)

海外旅行保険付きクレジットカードの比較:価格.com
参照元:価格.com(2015年12月時点、著者調べ)

まとめ

ここまで、クレジットカードに付帯される「海外旅行保険」に関して、いろいろと見てきましたが、いかがでしたでしょうか?カードによっては、思っている以上に「補償内容」に差があることがわかりましたね。

今後、カードに付帯される「海外旅行保険」を期待したいと考える方は、そのカードの条件や内容を精査する必要があると言えるでしょう。また、その付帯カードの活用法によっては、保険期間を延長していくことも考えられるでしょう。ぜひ、参考にしてみて下さいね!