産前産後給付金(出産手当金)をおさらい!貰える金額と手続き

出産のため会社を休まなければならない期間、お給料が貰えないと生活していけるか心配になりますよね。でも「出産手当金」ー産前産後給付金について知っておけば産休中も給料の約2/3を受け取れるので安心です。これから出産を迎える新米ママの見方となる出産手当金について、貰える金額や手続き方法をご紹介します。



産前産後の給付金「出産手当金」って?

出産で休業した産前42日・産後56日分給付金を受け取れます

働いている会社で健康保険に加入していた場合、出産のために休んだ期間は「出産手当金」が支給されます。出産の日以前42日(多胎妊娠の場合98日)から出産の翌日以後56日目までの範囲で給与の支払がなかった期間が対象となります。

出産日当日は出産の日以前42日に含まれ、実際の出産が予定日より遅かった場合は遅れた期間についても出産手当金が支給されるようになっています。対象となる日数は全国健保協会ホームページの「産前産後計算ツール」で対象期間を確認することが出来るので出産予定日と実際の出産日を入力して確認してみてください。

出産手当金について | よくあるご質問 | 全国健康保険協会
参照元:全国健康保険協会(2016年1月、著者調べ)

支給の対象となる人

・会社の健康保険に入っている人。正社員だけでなく、契約社員・派遣社員・パートでも対象。
・退職はせず、出産のため会社を休む場合。
・被保険者期間が1年以上あり、出産日または出産予定日の42日以前(多胎妊娠の場合は98日)に退職しているなど条件を満たしていれば退職者も支払い対象となる。
・妊娠4か月以上(85日以上)の出産(早産・流産・死産・人工中絶)。

さらに、H26年4月から産休中の社会保険料(健康保険料、厚生年金など)については支払い免除となっているので出産・育児で働けない間も安心ですね。

出産・育休でもらえるお金 – 育児休業手続き・育児休業給付金のことなら何でも[IKU cute]
参照元:ikucute(2016年1月時点、著者調べ)



貰える金額の計算方法

1日につき産休前の平均給与日額の2/3相当が貰える

受け取れる出産手当金の計算方法ですが、まずは1日あたりに貰える金額を算出します。産休前に貰っていた給与(月給)の1/30が標準報酬日額(10円未満四捨五入)となるので、そのさらに2/3(1円未満四捨五入)が1日あたりの支給額です。具体的な例をあげると…

【月給24万円の場合】※出産予定日に出産したケース

・標準報酬日額:240,000円÷30=8,000円
・8,000円✕2/3=5,333円

▶1日あたり、5,333円の支給となります。

手当金の総額と休業期間の計算方法

出産手当金の総額は上記の項目で計算した1日あたりの金額(5,333円)に休業期間と認められる日数をかければ求められます。予定日より早い出産と遅れて出産した場合では日数が違うのでそれぞれの例をあげてみたいと思います。

※以下、出産予定日はすべてH28年4月15日として計算します。

【4月10日に出産:予定日より早かったケース】
・産前産後期間:H28年2月29日からH28年6月5日まで
・日数:98日(産前42日+産後56日)
・総額522,634円=5,333円✕98日

【4月15日に出産:予定日通りだったケース】
・産前産後期間:H28年3月5日からH28年6月10日まで
・日数:98日(産前42日+産後56日)
・総額522,634円=5,333円✕98日

【4月18日に出産:予定日より遅れたケース】
・産前産後期間:H28年3月5日からH28年6月13日まで
・日数:101日(産前42日+産後59日)
・総額538,633円=5,333円✕101日

出産が早まった場合や予定日通りの出産は元々決められた98日分で変わりありませんが、出産が遅れた場合は産後期間がその分長くなるのでその分貰える総額は多くなるという事ですね。

手続きの流れ

産休前の手続き

休みに入るまでに申請書類を受け取っておきましょう。会社の総務部や健康保険組合などが手続きを管轄している場合が多いようです。会社を管轄する社会保険事務所を通して手続きをするケースもあるので手続きする窓口がどこか確認しておきましょう。

産休を取る場合はその他の申請書類とまとめて入っている場合もあるので出産手当金の申請書が入っているか確認しましょう。産休後にもらい忘れた書類があると色々と面倒なのできちんと確認しておきたいですね。

申請書には氏名・住所の他、健康保険の被保険者番号・給付の受取先口座を記入する必要があります。産休に入ったらいつお産になってもいいように記入出来るところは書いておくといいと思います。

出産後の手続き

申請書には自分で記入する箇所と産院で記入してもらう箇所があります。出産後、退院の手続きをするタイミングなどに病院で必ず記入してもらいましょう。また申請書の出産日や申請期間も記入出来るようになるのでそこも記入しておきます。

特に申請期間は出産日当日を産前・産後のどちらにするか迷うなど間違いやすいので注意しましょう。(出産日は産前として数えます。)そんな時は最初に紹介した産前産後期間計算ツールを利用すると期間がすぐに分かるので便利ですよ。

出産で会社を休んだとき | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会
参照元:全国健康保険協会(2016年1月、著者調べ)

支給の申請は産後期間が終わってから

出産手当金は出産したらすぐに貰えるという訳ではありません。上で計算した産後56日の期間が終わって始めて申請となります。会社によっては申請書類を事前に受け取ってもらえる場合もあるかもしれませんが、申請をするのはいずれにしても産後期間終了後となります。

産休に入ってからもらえるまでにかなり期間が開くので、出産手当金を当面の生活費のあてにしていて計画が狂うケースもあるようです。給付金の支払いは書類に不備がなくても申請後1、2か月はかかります、出産後の家計の計画も事前に立てておくといいかもしれませんね。

万一、申請を忘れてしまった場合ですが、産休開始から2年以内なら遡って請求することも出来るようです。会社の担当部署や社会保険事務所へ確認をしてみましょう。



まとめ

出産と育児で仕事に就けない期間も給料の2/3でも給付が受けられるなら安心ですよね。出産でもらえる「出産育児一時金」や「育児休業給付金」とあわせて、この「出産手当金」についてもきちんと確認しておきましょう。貰えるものはしっかり貰って、ゆとりある産休にしてください。