出産祝いを兄弟に!相場を大公開!どんなタイミングで渡す?

出産!赤ちゃんを迎える家族だけでなく、関係するわたしたちも幸せを感じる時ですね。ですから、わたしたちは「出産祝い」をプレゼントします。ところで、身近な親族である「兄弟」に対して、いくらぐらい渡したら良いのでしょうか?みんなが知りたい「相場」を教えます!



出産祝いの相場を知りたい!

「子どもが生まれる。」これほど嬉しく、感動する時はあまりありませんね。その赤ちゃんが自分の子でなくても、幸せを分けてもらえます。出産に関して、「おめでとう!」という気持ちを表すために、わたしたちは「出産祝い」を渡す習慣があります。お互い喜びを表現するよい文化だと思います。

とはいえ、この出産祝いに関して、いくつか疑問があります。例えば、このようなものです。

・みんなはいくらぐらい渡しているのだろう

お金が全てではないことは承知ですが、お互いに嫌な気持ちにならないように、出産祝いの相場を知っておくことは大切ですね。出産祝いの額に関して、すべてが一律ではありません。まず、「誰に対して」送るものかによって、異なります。

・兄弟姉妹
・いとこ、姪、甥
・友人
・職場の人

立場やその人との関係の深さも、出産祝いに影響します。この中で、比較的、楽な気持ちで渡せる相手として「兄弟姉妹」がいます。小さい時から同じ家で過ごしていましたし、今でも交流があるなら、なおさらです。とっても親しい相手とはいえ、出産祝いをあげる兄弟や姉妹の配偶者や、その親族の目もあるので、気をつけたいですね。

では、自分の「兄弟」には、どのぐらいの額の出産祝いを渡したら妥当なのでしょうか?また、その他、関係する疑問も見てみましょう。



出産祝いとは?

まず、出産祝いの意味がわからないと、いけませんね。その行為が、お金の受け渡しだけになってしまいます。その名の通り、出産祝いとは、生まれてきた赤ちゃんを祝い、現金や物を送ることを言います。これからもわかるように、単なる儀式ではないということですね。心から「うれしい!」気持ちを表現する時です。

この出産祝いには、3つの意味があります。

・子どもへの祝い(生まれてきたことと成長を祈るために)
・お母さんへの祝い(出産を無事に終えたことに)
・家族への祝い(新しい命を迎えたことに)

この素晴らしい時に、わたしたちもささやかながら参加できて、幸せですね。ですから、出産祝いを渡す相手は、赤ちゃん自身やその夫婦ということです。今後、子どもの成長とともに経験するであろう問題に対処できるよう、ほんの少しですが、物やお金で助けてあげます。私は、これまでに友人やいとこに出産祝いを渡したことがあるのですが、彼らは心から喜んでいました!それを見ると、「あげてよかった!」と思います。

出産祝い》お返し・金額相場・書き方・渡す時期・お祝い金/兄弟/友人/友達
参照元:冠婚葬祭マナー&ビジネス知識(2015年12月、著者調べ)

【相場】出産祝いを兄弟にいくら渡す?

誰が誰に送るかで異なる

この記事のメイン、家族である「兄弟」へ送る出産祝いは、いくらぐらいが妥当なのでしょうか?相場を見てみましょう。あなたは、いくらぐらいだと思いますか?大抵、自分の「弟」に送る額が一番大きいです。自分が家を出る前まで、ケンカをしたり遊んだり、面倒を見たりした弟に、子どもが生まれることを聞き、赤ちゃんに対面できるのは、すばらしいことですね。

自分が姉として、弟とその妻、また生まれてきた赤ちゃんに対して、出産祝いをあげるのですから、少なすぎるのは、ちょっと心が痛みますね。高額も問題ですが。実際、多くの人は、兄弟に対して次の額をプレゼントしているようです。

■1万円 ~ 3万円

この額をどう思いますか?意外と安いと思いましたか?それとも、かなり家計に影響する額だなあと感じたでしょうか?一万円から3万円という幅がありますが、出産祝いを渡す側の立場や経済状態により、金額が変わっていきます。

例えば、自分はまだ学生で、兄に子どもが出来た場合は、どうでしょうか?3万円など、お金の工面をするのが大変ですよね。その場合は、人によっては、一円も出さなかったりしても、わかってもらえたりします。10代であってもアルバイトをしているなら、5,000円ほど渡せたりするかもしれませんね。

自分が結婚して、相手が「弟とその妻・赤ちゃん」に渡す場合、金額が5,000円というのは渡すのに躊躇するかもしれません。そのため、多くの人は、「2万円~3万円」を渡すようです。人によっては、1万円を現金で渡し、残りは品物などをプレゼントしたりします。私の友人の1人は、おしゃれなベビーグッズをもらっていましたよ。

また、わたしたちの年齢が20代前半で、自分の兄に出産祝いを渡す場合は、1万円でも全く問題がありません。兄として、かわいい妹が自分とその家族のためを思ってくれたことを、心から感謝するでしょう。

出産祝いの相場、兄弟の場合はどれくらいの?いつ渡すのがいい?
参照元:えむずすたいるネット(2015年12月、著者調べ)

兄弟姉妹以外の人に渡す

簡単にですが、友人や会社の人、また少し遠い親戚には、いくらぐらいが相場なのかも見てみましょう。

・いとこ、姪、甥 → 5,000 ~ 10,000円
・友人 → 3,000 ~ 10,000円
・職場の人 → 3,000 ~ 10,000円

これらの額は、彼らが自分との関係が深いか、それとも少しだけかによって上下してきます。職場で自分が上司だったら、3,000円ではなく、10,000円渡すでしょう。立場が相手より上か下か、自分の年齢が20代か30代かでも、受け取る側の気持ちが違います。これらからわかるように、一番、自分の兄弟か姉妹にたくさんのお金や物を渡すことが理解出来ます。

大体の額がわかれば、「いくら渡そうかな?」「どんなプレゼントをしようかな?」と考えるのが楽になりますね。出産祝いに関して、相場だけでなく、その他にも知っておくとよいことがあります。次は、それを見てみましょう。

出産祝いの相場
参照元: 赤すぐ出産祝い(2015年12月、著者調べ)



出産祝いの注意点【5選】

【その1】偶数の現金

あなたは、こんなことを聞いたことがありますか?「結婚祝いでは、2万円など偶数の現金はダメだよ」と。この意味を知っていますか?偶数は、「割り切れる」つまり「別れる」ことを暗示させるため、結婚したのに別れさせようとしているように感じます。縁起の問題ですね。これは「出産祝い」にも当てはまることなのでしょうか?

いいえ!出産祝いでは、2万円でも大丈夫です。その他にも、縁起を担ぐことを意識して、避けたほうが良い金額があります。

・4万円 → 死
・9万円 → 苦

兄弟に渡す出産祝いの相場は、「1~3万円」と分かりましたので、4万円とか9万円とか関係ないように思えますね。しかし、家族で出産祝いを合算して渡す場合はどうでしょうか?まとめて一つの祝儀袋に入れると、そのぐらいの額になるでしょう。自分が意識していなくても、相手に不愉快な思いをさせてしまう可能性があります。

新札じゃないとだめ?出産祝いのマナーと金額相場を徹底解析! | ANOTHER WEDDING
参照元:another wedding(2015年12月、著者調べ)

【その2】現金?それとも品物?

出産祝いは「現金と品物」どちらがいいのでしょうか?これは、もらう相手次第ですね。でも、ある調査によると、出産祝いを家族から貰う場合、かなりの確率で「現金」が喜ばれるようです。なぜなのでしょうか?あなただったら、どちらがいいですか?

「現金」を望む理由は、いくつかあります。

・もらう品物のセンスやデザインが悪いとイヤ
・現金だと自分の欲しいものが買える

特に興味深かったのが、「親自身が愛する子どものための物を自分で選び、購入したい」という理由から、品物ではなく「現金」を望むようです。確かにそうだなあと思いますね。どちらにせよ、一番問題を少なくするには、次に紹介する方法が良いでしょう。私自身、以前試してみた方法で、他の人もしていることです。

・何がほしいか直接尋ねる

相手によっては、聞きにくいことでしょう。しかし、相手は、自分の「兄弟」です。ですから、あまり躊躇せず、尋ねることができるでしょう。「いくらほしいか」とは聞きづらいですが、品物を希望した場合は、購入しやすいでしょう。何をあげたらよいか迷う場合は、「カタログを渡す」という方法もありますよ。

【その3】双子の場合

出産祝いをあげようと準備していたら、実は双子だったということもあるでしょう。その場合は、どうしましょうか?1人「1~3万円」で、その額の2倍をあげなければならないのでしょうか?あなたなら、この場合、どうしますか?

祝い金の額を決めるのは、実際、わたしたちの経済状態と、その兄弟へのわたしたちの気持ち次第ですね。2倍渡したいと心から渡すなら、大変よろこばれるでしょうね。品物を渡す場合は、どうでしょうか?ペア物をあげるのが良いでしょう。同じデザインの物でも、色使いを変えたり、絵柄の異なるのを選べたりするでしょう。

そのようなプレゼントを選ぶだけでも、楽しいですね。可愛らしい赤ちゃんのために、少しでも助けに慣れるのは、特権ですね!

双子の出産祝いの相場
参照元:双子の出産祝い(2015年12月、著者調べ)

【その4】二人目や三人目の場合

出産祝いに関して、他にも疑問があります。その一つに、同じ兄弟に「1人・2人・3人」と子どもが生まれた場合、出産祝いの額はどうしたら良いか、というものです。例えば、1人目には3万円を渡したが、二人目には、2万円などにしてもいいのでしょうか?その逆に、1人目には1万円だったが、二人目は2万円にしなければならないのでしょか?

この件に関しての答えは、とっても明快です。

・一人目も二人目も同額がふさわしい

これは、なぜでしょうか?もし、1人目より2人目に渡す出産祝いの金額が減っていたりすると、もらう側は、どう思うでしょうか?多くの場合、額が少しでも、わたしたちのために祝ってくれて、ありがとうという気持ちになります。でも、マナーとして、減額はあまり良くありません。かなり失礼を感じさせることにもなりかねません。

親にとって、1人目も3人目も大切な命であり、どちらの子も価値があります。どちらが優れていて、どちらが劣っているなどありません。ですから、値段で高い安いとしてほしくない、というのが本音でしょう。ですから、可能なら2人目も3人目も同額の出産祝いを渡して、祝福してあげましょう!

【出産祝い】兄弟に贈る金額の相場は?2人目、3人目で違うのは? | ベビーライフ
参照元:ベビーライフ(2015年12月、著者調べ)

【その5】相場の額が出せない時

この不況の時代、1万円2万円でも、工面するのが難しいことがあります。ただでさえ、自分の家計状況が大変ならなおさらです。もし、どうしても出産祝いの相場の額を、渡してあげられないと感じるなら、どうしたらよいでしょうか?マナー違反であることは、わかっているのですが、難しい状況なのです。

多くのニュースにもなっているように、親族間のお金関係は、問題や争いのもとになります。自分の家や親族の中には、そのような問題が起きるわけがない、と思いたいですが、その可能性は否定できません。ですから、事前に問題を防ぐ対策を取る必要がありますね。どうしたらよいでしょうか?あなたには、何かアイデアがありますか?

・親や他の兄弟に相談する

この方法は、かなりいいですね。自分の状況を説明し、家族会議のように話し合うのです。もしかしたら、誰かと一緒のご祝儀袋にお金を入れることができるかもしれません。そうすると誰がいくらくれたのか、わかりませんよね。

出産祝いの額を抑えられる?

兄弟の家族に新しい命の誕生という、嬉しい時なのですが、自分の家計を圧迫する可能性のある「出産祝い」。相場の額を出してあげたいけど、難しいこともあるかもしれません。相手に喜ばれつつ、少しでも、家計の負担を減らすためには、どうしたらよいでしょうか?

もちろん、ケチになって、出産祝いの額を減らしているのではありません。心から、兄弟の家族に赤ちゃんが出来たことを喜んでいることを前提に、できることを見てみましょう。

・現金だけでなく、品物も渡す

多くのお父さんお母さんは、できれば現金がほしいということでしたが、自分たちのことを考えて購入し、プレゼントしてくれた品物は、もらってうれしいですよね。とりわけ、すぐに使える実用品をプレゼントすると、とても喜ばれます。例えば、どんな実用品があるでしょうか?あげる対象ごとに分けることができます。

・赤ちゃんへのプレゼント
・お母さんへのプレゼント

赤ちゃんへの物だったら、「衣類や寝具・ベビーカー・食器・おもちゃ」などが喜ばれるでしょう。絵本なども、良いかもしれません。小さい時から本の読み聞かせをするのは良い、と言われていますので、そのことも伝えつつ、渡せるでしょう。

あ母さんへのプレゼントでしたら、何がいいでしょうか?抱っこするのに助けになる物が嬉しいでしょう。プレゼントと言っても、いろいろなメーカーが、様々な商品を提供しているため、選ぶのが難しいですよね。そんな時、次のように彼らに尋ねられます。

・「どこのブランドの何が欲しい?」

こう聞けば、探したり、選んだりする手間が省け、しかも相手がもらって嬉しい物を渡せますね!オススメの方法なので、ぜひ試してみてください。「お金を1万円、残りを何か品物を渡す」なら、少しは費用を抑えられるでしょう。

では最後に、用意した「出産祝い」をいつどのように渡したらよいか、ご紹介します。

出産祝いの渡し方

1.渡すのに適切な時

まず、いつ渡すのがマナーないのでしょうか?赤ちゃんが誕生して「7日目から1カ月以内」と言われています。これは、なぜなのでしょうか?渡すのが早くても、遅くてもダメということですね。理由の一つに、赤ちゃんを産んだ「お母さん」の体が、とても疲れていることをあげられます。心と身体に休息を必要としているのに、いろいろな人がすぐに来てしまうと、疲労が増してしまうでしょう。

ですから、出産して一週間後ぐらいに、訪問するようにしましょう。赤ちゃんの名前が決まって、少し落ち着いた時が、ベストタイミングです。出産して間もない時には、電話やメールで「おめでとう」と言えるでしょう。

渡すタイミングとして、やってはいけないことがあります。それは、何でしょうか?

・出産前に渡す
・病院まで行って渡す

なぜ、これらの時に出産祝いを渡すのは、ふさわしくないのでしょうか?まず、子どもが誕生する前に渡さない理由は、産まれるまでにたくさんの問題が潜んでいるからです。流産やその他の危険があるため、無事に生まれてから、祝福しましょう。「もうすぐ、生まれそうだから」という理由で、先走らないようにしましょう。

出産後とはいえ、病院まで行って渡すのも、やめましょう。お母さんが自宅に帰り、ゆっくりしたところで、出産祝いを届けるようにしましょう。受け取る側の喜びが、全く違いますよ。

出産祝いはいつ渡す? 時期と渡し方、訪問のマナー | ギフトコンシェルジュ〔リンベル〕
参照元:リンベル(2015年12月、著者調べ)

2.出産祝いのベストな渡し方

では、現金などをどのように「兄弟とその家族」に渡すと良いでしょうか?現金を何にも包まず、渡すことはないと思います。「ご祝儀袋」に入れて渡すのが、マナーとなっています。袋の表書きに何を書けば良いでしょうか?

・御出産祝
・御出産
・祝御出産

これらの中の一つを、書きましょう。袋に付けるリボンですが、水引という紅白のリボン結びをします。お札は、新札を入れて、お金に印刷されている人の顔が上を向くように、整えて入れましょう。最後に、ご祝儀袋が汚れないように、「ふくさ」という袋に包んで終わりです。

祝儀袋のマナー 祝儀袋の包み方・渡し方
参照元:祝儀袋のマナー(2015年12月、著者調べ)

まとめ

いかがでしたが?

「兄弟」に出産祝いをいくら渡したら良いか、相場を見ることが出来ましたね。覚えていますか?「1~3万円」でしたね。現金だけでなく、物をプレゼントするのも喜ばれるということでした。嬉しい時ですが、お金が関係することなので、マナーに沿いつつ、とりわけ「心から祝っている」ことを示しましょう。そうするなら、金額が少なめでも、そうすればきっと感謝してもらえると思いますよ!