宝くじの期待値と当選確率から、当たる買い方を検証しました!

年末ジャンボの1等賞金が「7億円」。前後賞併せてナント「10億円」!過去最高金額になっています。みなさんは、もう購入されてますよね!?ところで、宝くじが当たる「確率」がどのくらいかって、ご存知でしょうか?当選確率ってなかなか興味がありますよね!「当選確率」と「期待値」から、当たるくじの買い方について、検証してみました。



年末ジャンボ宝くじについて

今年の「第688回年末ジャンボ宝くじ」は、11月25日から12月22日までの販売となっていました。みなさんは、忘れずに買われましたか?今回は、1等前後賞併せて、ナント「10億円」!と史上最高賞金額になります。

また、「年末ジャンボ」だけでなく、「年末ジャンボミニ」も発売されましたので、「当選」をドキドキして待つ「年末」になること間違いないでしょう。「年末ジャンボ」と「年末ジャンボミニ」のそれぞれの特徴について、みていきましょう!

2015年末ジャンボの特徴

今年の年末ジャンボは、過去最高賞金(1等7億円)となっております。しかしながら、当たる確率も過去最高に「低く」なっていると言えるでしょう。これまでは、(1/1000万)に1等が当たる確率となっていましたが、今回は、(1/2000万)の確率となっています。

そう考えると、賞金金額が上がったことに納得がいきますね。また、今回は、70周年記念賞(70万円)もありますので、楽しみが増えていると言えるでしょう。

<等級:当せん金/本数>
■1等:700,000,000円/27本
■1等前後賞:150,000,000円/54本
■1等組違い賞:100,000円/5373 本
■2等:10,000,000円/540本
■3等:1,000,000円/5400本
■4等:50,000円/54000本
■5等:3,000円/540万本
■6等:300円/5400万本
■70周年記念賞:700,000円/10800本

出典:

oh-atari.lekumo.biz

年末ジャンボミニの特徴

1等賞金が(7,000万円)が(190本)となっており、当選確率が(1/100万)となっています。これは、年末ジャンボより(20倍)も当選確率もが高くなっていることが判ります。当選確率を上げたい方であれば、ジャンボでなく、こちらの「年末ジャンボミニ」がおすすめです。

ですが、ジャンボミニで残念なのが、2等・3等の賞金金額がかなり低い金額である点でしょうか。本数は多いので、当たる確率はありますが、3等で(5万円)。1等(7,000万円)と比較すると、かなりの差があるため、ちょっと残念な気分になります。やはり、一攫千金を狙うのであれば、「年末ジャンボ」にするしかないですね。

<等級:当選金額/本数>
■1等:7,000万円/190本
■2等:100万円/1,900本
■3等:5万円/38,000本
■4等:3,000円/1,900,000本
■5等:300円/19,000,000本

出典:

oh-atari.lekumo.biz



当選確率を上げる方法について

売り場によって、当選確率は違うのか?

みなさんも聞いたことがあるかもしれませんが、「この売り場は、毎年1等が出てるのよ」なんて、ウワサも耳にすることは、ありませんか?この話を聞くと、「宝くじ売り場によって、当たる確率が変わるの?!」という話ですが、決してそうではありません。なぜなら、これは、後で当選番号が決定する「くじ」だからです。

では、どうして「その売り場」から、「毎年1等が出るのか?」ということを説明しますと、売った本数の違いからではないか?と考えられます。

(例えば)
■近所のタバコ屋で売っている「宝くじ」
■新宿のチャンスセンターで売っている「宝くじ」

どちらのお店が「多く」宝くじを売ったか?想像してみると、新宿のチャンスセンターが想像出来ますよね?特に、人通りの多い場所にある「宝くじ売り場」の売り上げは、1ユニット(1000万枚)以上であることが予想できます。

1ユニットには、「必ず」当たりが入っていますので、「当たる可能性」もあるというわけです。逆に考えると、近所のタバコ屋の場合、1ユニット(1000万枚)も仕入れてない可能性があるわけです。ですので、そのお店に「当たり」があるのかどうか?も謎に包まれるでしょう。

そのため、もし、近所のタバコ屋で「1等当選」が出た場合、当たる確率が非常に「高かった」と言えるわけです。理論的に説明すると、なかなか深いです。

連番で買う?バラで買う?

「バラ」で購入し(1等)が当たった場合は、当然(前後賞)がつきませんので、「連番」で購入する方もいらっしゃるでしょう。しかし、「連番」だから当たり易いかといえば、それは理論的から申しますと、違いは無いように思います。(連番もバラも、期待値が等しいためです。)

しかし、(1等)と(前後賞)は「同一組」で数字が連続していますので、10枚購入で比較してみると、「バラ」で購入する方が(2.5倍)となり、(1等)または、(前後賞)を獲得できる可能性が高まる計算になります。 しかし、じゃ「バラ」の方が当たりやすいのでは?と思われるかもしれませんが、これは10枚買った場合の話です。

■連番で「1等」を獲得する可能性:(10とおり)
■連番で「前後賞」しか獲得できない場合:(2とおり)

連番は、合計(12とおり)が考えられるわけです。

■バラで「1等」を獲得する可能性:(10とおり)
■バラで「前後賞」しか獲得できない場合:(20とおり)

バラは、合計(30とおり)が考えられるのです。ですので、「バラ」の方が、「2.5倍」当たりやすいという話になるわけです。番号が多い分、その計算も奥が深いと言えるでしょう。

何数買えば、当たる確率が上がるの?

当たる確率を高くする方法として言われているのは、「枚数を多く買うこと」です。多ければ、当選する確率も高くなるのは、当然のことでしょう。 ですが、枚数が多くなると、その「金額」も高くなりますので、そんなに買えないのが、実情ですよね。

そこで、当選確率を上げる購入方法があるのをご存知でしょうか?それは、(前後賞)を視野に入れた「バラ」での購入、「縦バラ」という方法になります。

普通、バラで購入した場合は、(前後賞)を狙うことはできません。しかし、「縦バラ」で買うと、(前後賞)を狙うことが可能になるでしょう。 「縦バラ」とは、同じユニットの「組数」と「番号」が「連番」になるよう、「バラ」を選んで買うことです。宝くじの「組」と「番号」が全て連番になるよう買う方法になります。

しかしながら、大きな売り場(チャンスセンター)でないと、「縦バラ」で購入することができませんので、ご注意下さいね!

縦バラについて:大当たり.com(大阪駅前第4ビル特設売り場)
参照元:大当たり.com(2015年12月時点、著者調べ)

宝くじの期待値とは?

みなさん「期待値」については、ご存知でしょうか?これは、宝くじだけでなく、ギャンブルなどにも使う「払い戻し率」で用いる値のことです。

(例えば)宝くじを買うとき、

■「当選金は少ないがよく当たる宝くじ」
■「当選金は多いがあまり当たらない宝くじ」

あなたはどちらを買おうと思いますか? 私だったら、お得な方を選んで買うでしょう。その「お得な方」とは、どうやって解かるか?計算して導き出せるその値が「期待値」になります。

せっかくですので、「払い戻し率」がいくら程度なのか?「期待値」を計算してみましょう!

年末ジャンボの「期待値」について

その①:まず、当選金額の合計を算出します!
・(7億円×27本)+(1億5000万円×54本)+(10万円×5373本)+(1000万円×540本)+(100万円×5400本)+(5万円×54000本)+(3000円×540万本)+(300円×5400万本)+(70万円×10800本)
=189億+81億+5億3730万+54億+54億+27億+162億+162億+75億6000万
=809億9,730万円

その②:次に、(当選金額合計:809億9,730万円)を(売り上げ金額:1620億円)で割ります。
・(809億9,730万円)÷1620億円=0.4999…
この(0.499)が「払い戻し率」となります。

その③:1枚300円にこの払い戻し率を掛けて
・300円×(0.499)=149.7円

年末ジャンボの(期待値)は「149.7円」という結果になります!300円のくじですので、約半分が「損失」になっていると言えますね。

年末ジャンボミニの「期待値」について

ついでに、年末ジャンボミニの期待値も計算してみましょう!

その①:まず、当選金額の合計を算出します!

・(7,000万円×190本)+(100万円×1,900本)+(5万円×38,000本)+(3,000円×190万本)+(300円×1900万本)
=133億+19億+19億+57億+57億=285億円

その②:次に、その(当選金額合計:285億円)を(売り上げ金額:570億円)で割ります。
・285億円÷570億円=0.5

この(0.5)が「払い戻し率」となります。

その③:1枚300円にこの払い戻し率を掛けて
・300円×(0.5)=150円

年末ジャンボミニの(期待値)は「150円」になります!年末ジャンボとほぼ同じ期待値になりますので、約半額が「損失」になっていることが判ります。



宝くじの当選確率について

ここでは、年末ジャンボの「1等」当選確率について、みてみたいと思います。一体、どのくらいの確率で当たる方がいるでしょうか!?気になるところです。

年末ジャンボの「当選確率」は?

年末ジャンボの(1ユニット)は、2000万枚となります。販売総数が(27ユニット)ですので、(5億4000万枚)が発売されるということになります。その中に、1等の枚数は(27本)あることになるため、
・(5億4000万枚)÷27本=2000万

当選確率は、(1/2000万)という計算になるでしょう。2000万人に1人の確率ですので、1等を当てることが本当に難しいことが判ります。夢がどんどん遠くなっていく気がしますね。

ジャンボ1枚は、300円ですので、1ユニット(2000万枚)買うとすると、
・300円×1ユニット(2000万枚)=60億円

(60億円)分購入すれば、(10億円)が当たるという計算です。これは、多く買えば良いという次元の話では無いように思います。まさに大赤字となる結果と言えますね!

年末ジャンボミニの「当選確率」は?

年末ジャンボミニで「1等」が当たる確率を計算してみましょう!

年末ジャンボミニの(1ユニット)は、(1000万枚)となるでしょう。その中に1枚だけ、1等が含まれる計算になるのです。販売が(19ユニット)ですので、1億9000枚のジャンボミニが発売されるわけです。その中に、1等の枚数は(190本)あることになります。

当選確率について計算してみると、
・1億9000万枚÷190本=100万

当選確率は、(1/100万)になります。1ユニットを連番購入すれば、必ず当たる計算です!
・300円×1ユニット(1000万枚)=30億円

(30億円)分買って、1等の(7,000万円)を当てることになるわけですね。当選確率(1/100万)ですから、年末ジャンボより(20倍)ほど当たる確率が高くなっていると言えるでしょう。何だか、当たりそうな予感がしてきますね!

宝くじに関する豆知識

宝くじは、税金払う必要がない!

普通、ギャンブルで「勝ったお金」については、税金がかかることになります。そのため、その「全額」が手に入るわけではありません。

以前、競馬で(30億円)ほどを当てた人が「6億円課税」された裁判について、覚えていらっしゃいますでしょうか?この方は、(30億円)を当てるのに(約29億円)分の馬券を購入しており、利益が(1億円)程度でした。しかし、「ハズレ馬券」が「経費」として認められないということで、多額の課税がされたわけです。

ですが、最終的に、その金額の大きさと営利目的が認められることとなり、「勝ったお金」は「雑所得」。また、「外れ馬券」も「経費」として認められた結果となりましたね。ギャンブル好きとしては、人ごとながら、ちょっと「ホッ」とした裁判内容でした。

通常だと、ギャンブルで「勝ったお金」については、「一時所得」扱いとなります。そのため、サラリーマンが「一時所得」で(年間90万円)を超えてしまう場合は、(所得税)と(住民税)の支払い義務が生じてくることになります。

しかし、「宝くじ」の場合ですと、法律により、「当せん金」にかかる所得税は「非課税」となっております。賞金は、全て手元に入ってくることになるのです。そう考えると、宝くじは、当てればかなりお得(割が良いギャンブル)であることが解かるでしょう。当てるのが大変なんですけどね…。

ですので、「夢を買う」という意味でも、宝くじは、「価値のあるギャンブル」と言って良いのでは無いでしょうか!?

当たったことは、あまり知られないように

もしあなたが、今回の年末ジャンボ、または、ジャンボミニで高額当選した場合、その話を口外しないことをおすすめします。最低限、奥さんなど家族に教えることは、ショウガナイですが、特に「子ども」や「義母」など、「話したがり屋さん」がいらっしゃれば、一瞬でその話題が「町内」に広まる可能性もあります。

下手すると、変な団体や宗教が、あなたの「お家」へ寄付の勧誘に来る可能性もあるということです。そのようなことも視野に入れておくことをおすすめします。嬉しくなって話したくなっちゃうのは解かるのですが、後で苦労するのが目に見えますからね。シークレットにしておきましょう!

まとめ

ここまで、宝くじの「期待値」と「当選確率」について、いろいろみてきましたがいかがでしたでしょうか?宝くじは、売り上げる本数も多いことから、当てるのも奇跡的な確率であることが解かりましたね。

ですが、その「奇跡」とめぐり合う可能性もなきにしもあらずです!なぜなら、あなたは、宝くじを買ってますよね?!買わなきゃ当たりませんので、当選確率には、一歩近づいていると言えるわけです。

もうすぐ宝くじの当選発表です。ドキドキしますね!高額当選出来るよう、陰ながら幸運を祈ってます!