【エンゲージリング】相場はいくら?先輩花嫁に聞いてみた!

エンゲージリング!愛しあうようになった男女が「結婚」という段階を踏むために、日本でも多くの男性が女性にプレゼントする「婚約指輪」ですね。でも実際、みんなはいくらぐらいの指輪を購入し、プレゼントしているのでしょうか?先輩たちの経験から、相場について理解しましょう!



【エンゲージリング】実際にはどんな指輪?

エンゲージリングについて、あなたは何を知っていますか?エンゲージリング(engágement rìng)とは、婚約指輪のことで、結婚という段階を踏むための大切な時に準備し、渡すものです。男性が女性に「プロポーズ」する時にプレゼントするものですね。あなたは、この指輪を大切な人からもらいましたか?それとも、プレゼントされそうな状況におられますか?

実は、このエンゲージリング、値段の幅がかなりあり、一体どのくらいの価格が平均なのか、誰かからのアドバイスがないと、検討もつかないですよね。もうすでに、あなたはリングを受け取った方なら、「自分のもらった指輪は、妥当な金額なのか?かなり高額なのか?それともかなり安い部類なのか?」男性に直に聞くことは出来ませんが、少し気になりますよね。

逆に、結婚の準備をしようとしている方で、将来の旦那さんと婚約指輪を購入しようと考えているかもしれません。でも、どのくらいのグレードのお店に行って、どのくらいの価格帯のリングを選んだら良いのか、迷ってしまうかもしれませんね。女性にとって、値段よりも気持ちが大切なのはわかっていますが、知りたいところです。

昔は、婚約指輪の値段は「給料の3カ月分」つまり100万円ぐらいだったそうです。今もその価格のリングを買うのが、普通なのでしょうか?それとも、他の価格帯の婚約指輪を買う人が多いのでしょうか?今日は、その疑問をメインにご紹介します!私は既婚の男性なため、妻にエンゲージリングをプレゼントした側です。それで、男性女性どちらの友人からも「実際、いくらぐらいの指輪をプレゼントしたの?」とよく聞かれます。

私の経験と現在の統計、また特に先輩花嫁たちに、エンゲージリング(婚約指輪)について、聞いてしまいました!あなたが知りたい答えすべてを、教えてあげますね!



エンゲージリングについて知っておくべき「3つの常識」

1.エンゲージリングとマリッジリングの違い

まず、エンゲージリングについて、知っておくべき3つのことを、見てみましょう。あなたはこれらをご存知ですか?婚約指輪について考え、プレゼントをしようとしているなら、もしかすると、調べたり、友人に聞いたりしたかもしれません。ここでは、3つの常識を見てみましょう。

・エンゲージリングとマリッジリングの違い
・エンゲージリングの歴史(由来)
・エンゲージリングのデザイン

まず、エンゲージリングとマリッジリングの違いをみてみましょう。あなたは、これらのリングの違いを説明できますか?まず一つに、渡す「時」が異なります。エンゲージリングとは、婚約指輪なので、結婚をしたいと2人が願い、そのための準備を踏み出すために、結婚するという約束をするために、この指輪を男性が女性に渡します。

リングの「数」も異なります。まず、女性は男性に、婚約指輪を渡しません。ですから、用意するエンゲージリングは「一つだけ」です。それでは、マリッジリングはどうなのでしょうか?マリッジリングとは、結婚指輪ですね。この指輪は、結婚式の時に、男性が女性に、女性が男性に渡すものです。ですから、結婚指輪は「2つ」必要です。マリッジリングは、結婚式の時に、お互いに指輪を付けあいます。

また、婚約指輪と結婚指輪は、同じような「価格帯」ではありません。大抵の場合、婚約指輪は、高価な物を、結婚指輪は、シンプルなものを選ぶことが多いです。人によって考え方は異なりますが、婚約指輪は、特別な日や時にだけ身につけ、結婚指輪は、日常使いします。このことから、エンゲージメントリングは、きらびやかに輝く宝石などをつけたリングです。

「使い方」の点でも異なっていることがあります。婚約指輪もいつも薬指につけていたいと、希望している人たちは、強度もあり、毎日つけていても問題のないデザインや材質の指輪を購入し、身につけます。ですから、特別に「婚約指輪だけ、高価なもの」よというわけではないということです。2人が話し合って、どのような婚約指輪がいいのか決める必要があります。とりわけ、女性自身が納得できれば、良いわけですね。

今さら聞けない!婚約指輪と結婚指輪の違いとは?|男のための婚約指輪コンテンツ|婚約指輪トレンドランキング 2015年版
参照元:婚約指輪トレンドランキング(2015年12月、著者調べ)

2.エンゲージリングの歴史

婚約指輪の始まりに関して、いろいろな説があります。1つ上げてみるとしたら、紀元前2世紀頃に、イタリアのローマで、男性が女性に指輪を渡し始めたのが、始まりであると言われています。中世になると、だたのリングではなく、宝石が付されたものになってきます。宝石の一つとして、ダイヤモンドが使われていたようです。では、日本には、いつ婚約指輪の文化が入ってきたのでしょうか?

明治時代に、他の国の様々な文化や習慣が日本に入ってきた時に、婚約指輪をプレゼントするということが、浸透し始めたと言われています。ですから、歴史を辿って行くと、日本には婚約指輪というものが最初はなかった、ということですね。自分の親、また祖父や祖母に「婚約指輪」について、聞いてみると面白いかもしれませんね。彼らもあげたり、もらったりしたのでしょうか?

3.エンゲージリングのデザイン

エンゲージリングについて、知っておくべきことの3つ目に、婚約指輪の「デザイン」があります。婚約指輪の身に付ける「時・目的」からわかるように、婚約指輪のデザインは、コージャスでしかも華やかであることが多いです。普段使いするというより、パーティーや式典など、特別な時にだけ付ける人が多いです。それで、指輪に使う宝石やリングそのものを、輝きのある素材を使います。

どんな素材のものを使って、婚約指輪を買ったり、注文したりすることが多いでしょうか?宝石には「ダイヤモンド」を使い、リングの部分には「プラチナ」を使用する人が多数を占めています。ダイヤモンドを使う理由は、この石に「固い絆・純粋な愛」という意味があるため、とても縁起がいいですよね。見た目もキラキラして、「記念の物」というイメージがあります。

リングの「プラチナ」については、何が言えますか?このプラチナは、ダイヤモンドを更に美しくする助けをしてくれます。白の貴金属なため、ダイヤモンドそのものの輝きを引き立てます。また、他の素材より、酸化しにくいため、プラチナそのものの輝きが持続します。特別な時にしか身に着けないゆえに、デザインが凝っていたり、輝きが続く素材を使うことが多いようです。

いろいろな花嫁さんたちに聞いてみると、100%プラチナではなく、他の素材を混ぜたリングを選ぶようです。プラチナだけだと、あまり強度がないのです。

エンゲージリングの相場!金額が異なる「3つの理由」

では、気になる婚約指輪の「相場」について、見てみましょう。実際、みんなはどのくらいの値段の婚約指輪を買ったり、プレゼントを貰ったりしているのでしょうか?あなたは、いくらぐらいが平均だと思いますか?いろいろな人に聞いてみました。ズバリ、相場はこれです!

◆平均30万円

どうですか?値段が高いと思いましたか?それとも予想より、安いと感じたでしょうか?注目すべきこととして、平均すると30万円なだけで、他の価格帯を購入する人もたくさんいます。多くの人が「20~40万円」のリングを買う人が多いということです。これはつまり、一般サラリーマンが手取り20万円だとすると、2カ月分の給料ぐらいですね。

私自身、妻に渡した婚約指輪の値段を公表することは出来ませんが、私の友人の中には、10万円未満のリングを買う人や、50万円以上の指輪を買った人もいました。ですから、価格帯は、様々であるということです。なぜ、これほど、みんなが購入する婚約指輪の値段がバラバラなのでしょうか?理由は、いろいろあります。値段の違いとして、3つ取り上げてみました。

もっと知りたい!婚約指輪|婚約指輪値段/相場のことならゼクシィ
参照元:ゼクシィ(2015年12月、著者調べ)

【理由1】ダイヤモンドの大きさと質

多くの人が婚約指輪に「ダイヤモンド」のものを選びます。でも、ダイヤモンドと言っても、その大きさや質によって、値段が異なります。多くの人がダイヤモンドの重さ「0,3カラット(0,06g)」を選択します。このサイズが人気です。このダイヤモンドが重いほど、値段も上がっていきます。

更に、ダイヤモンドの「色味・透明度・均等性や研磨状態」によっても、値段が変わってきます。これら4つの質が、高ければ高いほど、価格は上昇していきます。

【理由2】指輪のデザイン

ダイヤモンドだけでなく、指輪自体のデザインによっても、値段が異なります。デザインには、4種類あります。

・ソリティア
・メレ付き
・パヴェ
・エタニティ

どんなデザインにするか、カップルの好みによりますが、多くの人は、「ソリティア」を選びます。なぜでしょうか?これは、一粒のダイヤを立て爪で止めたタイプで、定番のデザインだからです。宝石自体を際だたせる効果があり、しかも、飽きないシンプルな指輪だからでしょう。婚約指輪を購入する人の半数ほどの人が、このデザインを選びます。

ちなみに、私もこのデザインにしました。ダイヤモンドが、一層きらびやかに光って、キレイです。私の妻も喜んでいますよ。デザインに関して、ブランド物の指輪は、やはり他の物より値段が高めです。

【理由3】男女の婚約指輪への気持ち

婚約指輪の値段に幅がある理由の最後に、パートナーそれぞれの、婚約指輪へのこだわりや考え方の違いがあります。男性が、「愛する女性に値段の安いリングなんて渡せない」と考えていたりすると、かなり高価な指輪をプレゼントするかもしれません。

サプライズで、婚約指輪を渡そうと、男性1人で考えていたりすると、頑張って自分の給料の何倍にもなるリングを買う人がいます。また人によっては、2人で、指輪を見に行って、選んだりすると、2人の収入に見合ったリングを買うこともあります。女性自身が、「値段の高いものを買わせるのは、かわいそう。むしろ、ここでお金を使わせず、結婚した時の資金にとっておいてほしい」という女性もいます。

なんであれ、男性の婚約指輪への考え方と、女性の考え方が様々なため、婚約指輪の相場にばらつきがあるわけです。大抵の場合、女性は婚約指輪に対して、「大切なもの・記念のもの・一生もの」と考えているため、豪華で価格が高いものを選ぶ場合が多いです。それでも、大切なのは、男性の「結婚相手となる女性への気持ち」が重要なので、かなり高価な指輪でも、10万円以下の指輪でも、心がこもっている指輪であれば、嬉しいですよね。

ダイヤモンドの質が高く、デザインの良い「エンゲージリング」が欲しいとはいえ、現実的に考えてみると、実は、それほど高い値段のリングではなくても良いかもしれません。彼が婚約指輪のお金を出してくれるとしても、そのお金をセーブして、結婚後のために取っておいてほしいとも願うかもしれません。では、どうしたら、指輪の値段を高すぎず、2人にとって「適正な価格」のを購入できるでしょうか?

エンゲージリングの値段を極力抑える「5つの方法」を、ご紹介します!



価格を抑えるオススメの方法【5選】

①2人でよく話し合う

男性と女性の婚約指輪への見方が、異なっているかもしれません。ですから、婚約指輪について、「2人でよく話し合う」必要があります。男性が女性をびっくりさせようとして、もう準備しているならともかく、結婚について考え始めているなら、早めに話し合うと良いでしょう。

・自分は、かなり高価な婚約指輪がほしいと思っているか?
・彼にとって、そのお金を準備するのが少し困難か?
・お金を将来のために取っておいたほうが良いと思っているか?

これらについて、包み隠さず話し合うなら、二人にとって適正な価格の婚約指輪を購入することができるでしょう。できれば、2人で指輪を購入しに行けたら、どちらにも納得のいくリングをゲットできることでしょう。

②婚約指輪は必要かどうか考える

人によっては、「婚約指輪はいらない。結婚指輪だけで十分」と思っているかもしれません。多くの人は、婚約の記念に何かしらの品をプレゼントされるようです。全国平均70%という人が、受け取っています。大抵は、「指輪」を渡すことが多いですが、それ以外の物をプレゼントする男性もいます。ネックレスや時計などですね。

もし、あなたがある男性と婚約をしたにもかかわらず、婚約指輪をもらっていないのであれば、気落ちしないでくださいね。一番大切なのは、指輪という「物」ではありません。気持ちです。お互いの気持ちや状況を理解できれば、納得できるでしょう。すべてが「値段」の話ではありませんが、自動車の次に高い買い物だと思うので、慎重に2人で話し合いましょう。

③指輪を手作りする

知っていましたか?婚約指輪を「手作り」できるのです!指輪というと、宝石店に行って「既成・セミオーダー・フルオーダー」かを選ぶしかないように思えます。でも、手作りするというのもいいですね。私の友人が「手作りエンゲージリング」にチャレンジしたみたいですけど、とても満足のいく指輪に仕上がったようです。

2人で真剣に考えて、取り組む作業ですので、お互いの距離がぐっと近づいたようです。この経験を聞いて、他の友人が私に相談をしてきた時、「ただお店に行って、指輪を購入するだけでなく、手作りという方法もあるよ」と話すようにしています。

新潟の結婚指輪・婚約指輪-アトリエクラム|婚約指輪でプロポーズ
参照元: アトリエクラム(2015年12月、著者調べ)

④彼の母親の指輪をリメイクする

4つ目に、「彼の母親の指輪をリメイクして、オリジナルのエンゲージリングを作る」という方法です。これは、宝石やリングを改めて購入する必要が無いので、10万円以下でも作れるようです。もちろん、ダイヤモンドを増やすなどもできますが、値段が高くなります。

彼のお母さんが納得し、プレゼントしてくださるなら、婚約指輪への費用を抑えることが出来ますね。「頂いた指輪・いろいろな思い出の詰まった指輪」と考えると、身の引き締まる思いがします。「一層大切に使おう。次の世代にも渡そう」と思うようになります。

大切なジュエリー,リング(指輪)をリメイク | しあわせ指輪工房
参照元: しあわせ指輪工房(2015年12月、著者調べ)

⑤ブランド物を避ける

どんな物でもそうですが、ブランドの品は値段が張りますよね。もちろん質が高いのは、認めます。でも、ブランド物でなければならない、という決まりはありません。ブランド物でなくても、質がよく、2人が気に入る指輪はあるものです。

ブランド物のエンゲージリングの中から指輪を選ぶのもいいですが、それ以外の種類の婚約指輪を見てみたりするのも、楽しいですよ。素敵なデザインの物がたくさんあるので、2人で、いろいろな指輪を見に行きましょう!

最新の相場を知る方法

婚約指輪の相場は、最近、年々下がってきているようです。1994年の計測によれば、当時は婚約指輪の値段の平均は「55,8万円」で、計測史上の最高額でした。現在より20万円高かったのです!今後は、どうなるのでしょうか?今よりも、相場が下がるのでしょうか?今後もいろいろな機関が、婚約指輪の相場を発表してくれるでしょう。

次の機関が発表する統計を見れば、最新の相場がわかります。定期的にチェックしましょう。そうすれば、相談してくる人に、適切なアドバイスができたりできますよ。

ブライダル総研リサーチニュース| ブライダル総研: 婚約指輪の平均購入価格は、33.3万円! みんなの選んだ「ダイヤ」の大きさは・・・?
参照元:ブライダル総研(2015年12月、著者調べ)

結婚指輪・婚約指輪を探す|ゼクシィ
参照元: ゼクシィ(2015年12月、著者調べ)

意外と知らない?店の人にお金を支払う方法!

最後に、宝石店で指輪のお金を払う「正しい方法」を、ご紹介します。どんな方法で、店の人にお金を渡すのがふさわしいでしょうか?2つの点に、気をつけましょう。

・いつ金額を払うか
・どのように支払うか

お金を払う「タイミング」ですが、2つあります。

・注文時に支払う
・指輪を受け取る時に支払う

これはお店により異なるので、事前に指輪を購入したいお店に確認しましょう。恥をかいてしまいますよ。次に、「どのように」お金を店に支払うかです。これには、3つの方法があります。

・現金で支払う
・クレジットカードで払う
・ローンにして払う

まず、「現金」で支払うという点ですが、今でも札束を用意する人がいるようです。50万円以上の金額でも、ピン札で支払う人もいます。「クレジットカード」で支払う方法に関しては、少し注意が入ります。とりわけ、年齢が若い人の場合です。もしかしたら、カード会社の利用限度額により、指輪の金額を支払えないことがあるかもしれません。自分が利用しようとしているカードの状況を調べましょう。

「ローン」で支払うという方法(ショッピングクレジット)を取ることも出来ますが、あまりスムーズに指輪を購入できないかもしれません。書類に記入したりする必要がありますし、承認がおりるまで、時間がかかる場合があります。もしかすると、結婚までの予定ができている場合、その予定通りに、指輪の準備が出来ないかもしれません。このことは、「結婚指輪」にも当てはまるので、覚えておきましょう。

支払い方法|婚約指輪BlaCykel
参照元: 婚約指輪BlaCykel(2015年12月、著者調べ)

まとめ

いかがでしたか?エンゲージリング(婚約指輪)について、理解できたでしょうか?年々、少しずつ変動する婚約指輪の相場ですが、今は「30万円前後」のようです。相場があるとはいえ、「婚約・結婚」は、お金だけで成功するものではありませんね。とりわけ、お互いの婚約と婚約指輪に対しての気持ちが大切である、ということでした。2人でよく話し合って、結婚とその後の将来のため、良いスタートを切りましょう!