プロポーズの後は?!結納金の相場と結納の準備に向けた知識

プロポーズをお受けしたら、次は結婚式?その前に「結納」の儀式がありますね。しかし結納ってなにをするのかわからないという方へ、結納の知識や結納金の相場をわかりやすくまとめました。



結納ってなに?

プロポーズを受けて結婚の約束をした後は、結婚式の準備と何かと忙しくなりますね。しかしその前に、日本には「結納」という儀式があります。この「結納」とは、結婚式までの2人の関係を確かなものにする、公の場での結婚の約束をすることをいいます。

女性にとってもプロポーズを受けてから、なにか確かなものがないと不安になることがあります。結納とは、そんな結婚の約束をした証という意味で、両家の間で結納の品を取り交わして、婚約を確かなものにするのです。

男性側は、花嫁さんに来てもらう準備のための金品を渡し、そのお金で結婚の準備をすることになります。結婚を決めた2人にとっても、その両家にとっても約束を交わすことで節目となり、さらに覚悟や責任を新たにするための大切なものになります。

女性側の親への誠意

結納は、女性側の家では大事な娘を花嫁に出すことになるため、女性のご両親への誠意を表す気持ちとなります。そして、結納を取り交わすことで、この先、両家が初めて歩み寄り親戚としてのお付き合いをしていくことになりますし、その後のことを進めていく事を、スムーズにさせることもできるようになります。

こうした結納は心のこもったものである必要がありますが、思っているだけでは伝わらないものですから、それを形に表すことで、相手にわかりやすく伝え、心と形の両面で伝えることが、結納の意義となってくるのです。

結納の歴史

結納は1400年前の仁徳天皇の時代が起源といわれています。日本書紀では、仁徳天皇の皇太子が、黒姫を妃として迎えるにあたって、納采(のうさい)が贈られました。納采とは、男性側の親が女性側の親に贈り物をして挨拶へ伺うことをいいます。

このもともと平安時代の貴族の行っていた結婚の儀式が、だんだんと取り入れられ、江戸時代では裕福な商家で結納が行われるようになりました。

一般庶民が行うようになったのは、まだ最近の明治時代になってからなのです。結婚の約束のために贈るのが結納ですので、その結納品は相手に対して願いと誠意をこめて贈りました。

最近では、結納も簡略化することも多く、行わないこともありますが、ひとつの区切りとしての結納は、日本のよき文化となって残っているものであるといえます。

結納はしたほうがいいものなの?

最近は結納をしないことも増えてきましたが、結納ってしないといけないものなのでしょうか?

実は、結納をすることもしないことも自由なのです。ただし、結婚は当人のみのことではなく、両家に関わってくる大切なことになってきます。結納を行うことで、婚約の儀式を経て、お互いの気持ちや誠意を形に表し、さらに両家が良い関係を築いていくための大切な場になると思います。

そういう意味では、結納を行う意味はとても大きくなると思います。

結納はお金がかかる?

結納ってお金がかかるイメージですね。しかし、結納といっても色々な種類があります。正式に豪華にすれば、それは費用がかかりますが、最近では略式結納があります。コンパクトな結納品を準備して、レストランなどで食事を兼ねて結納を行うこともあります。

また、結納金は包まないで、指輪や記念品のみの場合もあり、その方の予算に合わせたタイプの結納を行うようになっています。



結納金の相場

結納金は、男性側から女性側へ送るもので、結納品の中のひとつになります。「小袖料」「御帯料」と表書きをしたものに現金を包むのですが、これは昔の結納での反物や着物などを贈っていた名残となっています。

結納金の意味合いは、花嫁として嫁ぐための支度金となり、特に金額が決められているわけではありません。実際の金額は、自身に見合った額を男性側で決めることになります。

一般的には、50万円~100万円で、全体の50~60%が100万円となっており、次いで50万円~100万円となっています。また100万~200万が10%以上で、その金額を決める要因も、お見合い結婚なのか恋愛結婚なのか、また地域によっても違いますし、両家の親戚関係などもその要因となってきます。

またその家柄などで、金額も高くなることもあると思います。しかし無理をして準備をする必要はありません。

結納金のマナー

結納金は、新札を用意しましょう。銀行で予約をすれば、1週間ほどで受取れます。当日は、お札を1枚ずつ数えるわけにはいかないため、帯封がついているばあいはそのまま包みましょう。

女性側に「いくら包めばよいか」などと聞くのは失礼に当たりますので気をつけてください。また、金額はキリのよい数字にしましょう。100万円のほか、50万円・70万円といった奇数であることや、80万円でも感じの「八」は末広がりで縁起が良いので大丈夫です。

また結納当日は、食事やお車代などは女性側が行い、費用を負担します。結納は、結納品を持ってあがった男性側をねぎらう意味で、女性側がおもてなしをするのがマナーとなります。

酒肴料について

昔ながらの結納では、これから親戚付き合いをするという意味合いで、酒や肴を持参して飲み交わし、祝い膳を囲んだようです。現在はその酒や肴などの現物から現金で「酒肴料」として持参することが多くなっています。

「酒肴料」は結納金の10%といわれますが、3万円~5万円が相場となっています。結納セットなどにはついていない場合もありますので、もし付ける場合は、オプションで付けるとよいでしょう。迷うときは結納屋さんと相談するのがいいと思います。

また、結納金と酒肴料は別で包むようにしましょう。一緒に包んでは厳禁です。

結納金なしの結納

結納金などの金銭的なものを行いたくないという希望で、結納金などを取り交わさないで、けじめとしての結納を行う方もいます。結納はもともと、お金を贈るのではなく着物や酒肴などを送っていたという歴史がありますので、もともとの結納の方法に近いですね。

その場合には、金銭的な物の代わりに、昆布・スルメといったおめでたい品を贈る、または指輪などをメインにした結納のセットがあります。

ただし、やはり現在は結納というのは、金額の大きさに関わらず、結納金を贈るというのが一般的になっています。男性側で勝手に決めてしまうのではなく、女性側に前もってそのことを了承してもらっておくのが良いと思います。

結納金の目安はいくら?相場と贈り方 – ぐるなびウエディングHOWTO
参照元:ぐるなびウエディングHOWTO(2015年12月時点、著者調べ)

結納当日の準備

結納の当日の準備としては、男性側が準備するものとして「結納品」と「手土産」、あれば「結納の受書」などが必要です。また、相手方の親御さんが亡くなっている場合は、「お線香」も準備します。

また、女性側が準備するものとしては、「結納返し」「引き出物」「掛け軸」「桜茶や昆布茶」「仲人へのお車代」などのほかに、祝い膳などの会食の準備などがあります。

こうした結納品はセットで販売されており、基本セットのほかにもそれに関連するものが沢山あります。なにを準備していいのかわからない場合は、そのお店で確認してみると良いでしょう。

地域や結納を行う場所などによっても、準備する品は変わってきます。簡略式のものもありますので、相談してみるのが一番安心です。



結納のマナー

結納式は、結婚というケジメの第一歩となる大切な儀式です。最近はラフな感じでの結納があるなど、多様化していますが、結納とする意味を意識し、両家ともども失礼のないように心がけましょう。

結納は古くから伝わっているしきたりが多く、決め事もあります。地域によっての習慣でまた違うこともあります。しかし、基本をしっかり押さえていれば大丈夫です。

マナーに気を使いすぎて、場が固くなりすぎるのも考え物ですが、最低限の基本マナーだけはしっかりと押さえておきましょう。

基本的な3種類のマナー

祝いの場での基本的なマナーになります。これは結納に限らず全てに関して通じるマナーになりますので、覚えておくと良いでしょう。

【1】縁起をかつぐしきたり
・お茶は桜茶・昆布茶をお出しします。おめでたい場のお茶としての定番です。
・結納品などを持参するときは、風呂敷に包みますが、基本的に結び目は作りません。「結び目をほどく」という言葉は縁起が悪いとされています。
・祝いの膳の場では、割り箸は使用しません。割れるという言葉は縁起が悪いとされています。

【2】基本のマナー
・開始時間に余裕をもって結納場所へ着いておきましょう。
・大切な日です。体調を当日に向けて整えましょう。
・祝い膳の場ですので飲みすぎは厳禁です。
・言葉遣いはできるだけ丁寧に注意をしましょう。

【3】忌み言葉は使わない
縁起の良くない別れる・割れる・嫌う・流れる・敗れる・切れるなどの言葉は使用しないようにしましょう。

これから結婚式や、子供が産まれたときのお祝いなどのときも、こういったマナーには気をつけることが大切です。

顔合わせ・結納特集-ぐるなびウエディング 結納・顔合わせ-
参照元:ぐるなびウエディング(2015年12月時点、著者調べ)

結納返しはどうしたらいい?

結納にたいしてのお礼と、こちらからの気持ちをこめて送るものを「結納返し」といいます。「結納返し」は現金や記念品をお返しします。地域によっては「土産のし」「返しのし」ともいわれています。

最近は、結納の日に結納返しも行ってしまう場合も多くありますが、地域によってはしきたりや形式が決まっていますし、関西などでは結納返し自体がないところもあるようです。

結納返しの注意点

結納返しは、相手の結納品より豪華になってはいけません。結納返しを準備するときは気をつけましょう。

結納返しは、結納品と同じランクのものか、それよりも控えめのものにします。しかし、あまり差がありすぎるのも良くありません。後日に結納返しをする場合は問題ありませんが、結納の日に同時に行う場合は、打ち合わせをしておくことも大切です。

また、必ず結納返しが必要というわけではありませんので、結納返しをしないという選択をするのもあります。しかし、お祝いをいただいて何もお返ししないのはやはり失礼にあたりますので、結納返しのないしきたりの地域などではない限り、準備をしておくことをおすすめします。

結納返しはしなくていいと言われた場合

相手方に結納返しはしなくていいといわれた場合でも、頂いたもののお礼をするのは礼儀となります。必要がないといわれたのであれば、なにか別の品を用意すると良いでしょう。例えば、スーツやネクタイ・タイピン・時計などを、お返しとして渡しても良いと思います。

また、地域によって結納返しのない地域もあるので、しっかり確認することが大切です。

結納返しについて

結納返しは、男性側からいただいた結納金にたいして、「袴料」としてお返しをします。この金額にも決まりはありませんが、一般的には結納金の1割程度となります。またこれも地域によって色々ですので、結納屋さんへ確認するのが良いと思います。

また、現金ではなく品物でも大丈夫です。先に書きましたが、スーツなどの洋服でも良いですし、なにか婚約の記念になるもの、新生活に役に立つものなどを選んでも良いでしょう。

結納返しの相場を知っておこう – ぐるなびウエディングHOWTO
参照元:ぐるなびウエディングHOWTO(2015年12月時点、著者調べ)

まとめ

結納は結婚の約束をしたことを、男性側の家庭・女性側の家庭の両家で確認し、公に約束をすることです。古くからのしきたりですので、行う場合はマナーなどに気をつけることが大切です。

結納金の相場は100万円が半数以上を占めますが、その人なりの金額で十分気持ちは伝わるでしょう。さらに結納だけでなく、その後の結婚式の資金なども必要になりますので、結納だけに気をとられてしまうのはよくありません。

費用については、誰がどのくらい負担をするのかなどを、しっかり相談しましょう。この場合、両家での考え方が違うのが普通になりますので、ご両親も交えて話をすることがとても大切です。

また、最近は結納という形にとらわれないことも多いものです。食事会という形で簡単に済ませることもありますが、その場合はちゃんと両家の考えを尊重することも大切です。

どちらかの家が「結納が必要だ」と言われるのに、「やりません」と頑なに断るのは失礼にあたります。きちんと筋をとおして話し合いを行いましょう。そして両家が納得の元で、結納を行うのか行わないのか決めることが大切です。

これから結婚に向けて幸せな日々を送るのですから、ご両親との良い関係を保つためにも、結納などで躓かないようにしたいですね。そしてこれから迎える結婚までの道のりを、笑顔で楽しんでいってくださいね。