カードローン返済へ!完済のコツや仕組み・人気のローンって?

コンビニのATMでも簡単にお金を借りられる時代。「カードローンを使っている!」という方も多いですよね。しかし気軽に借りられる反面、「カードローンが完済できない!」という方も年々増えているって知っていますか?その理由はカードローンの仕組みと気軽さ。増えてしまったカードローンを完済する、賢い方法をまとめてみました!



毎月返済してるのに、減らないのはなぜ?

カードローンの仕組みを知ろう

「カードローン」と「住宅ローン」では、返済の仕方が違うってご存じですか?他のローンと同じ感覚でカードローンを利用していると、この先の人生が【返済地獄】になってしまうかもしれません!

カードローンに使われる返済方式では「リボルビング払い」という方法が多く採用されています。その「リボルビング払い」の中でも、払い方・利息の付き方は3種類に分けられているんです。それぞれの返済方式については、下でじっくりとお話しますね!

また、カードローンによって、リボルビング払いではない「定額方式」を採用しているもの・同じ仕組みでも名前が違うもの・同じカードローンでも返済方式が変わったものなど、様々です。自分の借り入れているカードローンや、これから利用したいなと思っているカードローンの支払い方式をしっかりチェックすることをオススメします!

「リボルビング払い」って何?

クレジットカードで【リボルビング払い】という支払い方法を利用したことがある方ならわかるかもしれませんが、例えば月々の支払額を「リボルビング払いで月々3万円にする」と決めるとしましょう。すると5万円以上利用した月も、その月の支払額は「3万円」で済んでしまいます。

毎月たくさん買い物をしているのに月々の返済がお手軽なので、ついついショッピングをたくさんしてしまいそうですね。しかし気づけば「返済額の合計が100万円を超してしまった!」ということにもなりかねません。

「100万円も使っていないのにどうして?」と思うかもしれませんが、それが【リボルビング払い】の怖さ。CMや広告で【リボはお得!】と言っているのは、【高額な金利分がカード会社の利益になるから】と思っておいてもいいかもしれません。 カードローンも原理は同じ。他の多数のローンが「〇回払いで返済すること」と決まっているものが多いのですが、カードローンの「リボルビング払い」の場合には、回数は特に決まっていなく「毎月〇円を返済してください」というものが多いんです。

だから、他のローンとカードローンとでは考え方や返済の仕方を変えないと、利息が長くついて「なかなか返済が終わらない!」ということになってしまいがちなんだそう。貸している金融機関としては【長く借りておいてくれた方が金利が利益になる】ので、できるだけ利益がたくさん出るような仕組みになっているのは当然のことではないでしょうか。

1日○円増えている!?

カードローンには「金利」が設定されていますよね。そのため、カードローンを1日返済しないと、1日分の金利がかかります。1日分の金利が100円だったとしても、1カ月借りていると100円×30日=3,000円がローンの残高に上乗せされると考えることができますね。

この利息の付き方に関しては後ほど説明しますが、「たった○円増えるだけだから!」と思って油断していると、後々返せないほど高額のローン残高になる可能性もあるのがカードローンの怖いところなんです。

「1日でも短く返す!」カードローンを利用する人は、この言葉をいつも考えていないと完済への道は遠くなってしまうかもしれません。そのためにコツを覚えておくのもいいでしょう。そのコツについても、後ほど説明しましょう。



カードローンの返済方式を理解しよう

リボルビングの返済方式の説明の前に、カードローンの説明書などに出てくる「元利方式・元金方式、定額・定率」という言葉から見ていきましょう!

「元利方式」というのは、「毎月ローン会社へ支払う金額=毎月の返済額」となり、その毎月の返済額から利息を引いた金額が「ローンの元金返済」にあてられるというもの。「元金方式」というのは、「毎月の返済額+利息=毎月ローン会社へ支払う金額」となり、毎月の返済額のすべてが「ローンの元金返済」にあてられるというものです。

そして、「定額」というのは毎月の返済額が○万円と決まっているもの。そして「定率」というのは、毎月の利用残高の○%を返済してくださいというものです。これらは頭に入れておくと便利でしょう。 では上でもお話した、払い方・利息の付き方が異なる「リボルビング払い」の返済方式について説明していきましょう。

「リボルビング払い」というのは、【定率リボルビング方式】と【定額リボルビング方式】、そして【残高スライド方式】とに分けることができます。そしてそれぞれを「元利・元金」の返済方式でさらに分けることができるとされています。

しかしカードローンで使われるのは限られています。現在のほとんどのカードローンに採用されているのは【元利定率リボルビング方式】と【残高スライド方式】と言われています。今回はその2つの返済方式についてみていくことにしましょう!

「元利定率リボルビング方式」について

毎月ローン会社へ支払う金額がそのまま毎月の返済額となっていて、「ローンの残高に対して○%が返済額になる」という、<○%>の部分が決まっている返済方式を【元利定率リボルビング方式】と呼びます。

元利定率リボルビング方式には、月々の返済額は多めになりますが、総返済額は少なめになるというメリットがあるそう。また「残高の○%」をずっと返済していくことになるため、最終的に残高0にするためには一括返済をしなければなりません。そのひと手間を忘れてしまうと、自動引き落としで契約をしていると「返済がいつまでたっても終わらない!」ということにもなりかねないので、忘れないようにしましょうね。

カードローン(キャッシング専用アコムカード)│【公式サイト】キャッシングなら消費者金融のアコム
参照元:アコム(2015年12月現在、著者調べ)

「残高スライド方式」とは?

毎月ローン会社に支払う金額の内訳として「元金返済部分にあてられる金額」と「利息分の支払い金額」とに分けることができますよね。そのためリボルビング払いの特徴として、ローンの残高が多いと、決められた毎月の支払い額だけでは、元金部分がなかなか減らないということがあるので注意しないといけないんです。

その理由として、最初のうちの支払い額のほとんどが「利息部分」にあてられ、毎月の支払い額から「利息部分」を差し引いて残った金額だけが「元金の返済分」にあてられるため、元金の返済分が少なくなってしまうからなんです。ローンの残高が多ければ多いほど利息も高くなるため、元金の返済分にまわる金額はますます少なくなってしまうんですね。

このために多くのカードローンでは「残高スライド方式」というものが使われているんです。「残高スライド方式」というのは、毎月の返済日の残高に応じて、返済額・返済定率が変わる返済方式のことです。そしてさらに残高スライド方式も、どの部分を【スライド】しているかによって3種類の呼び方に分けることができます。

残高スライド元金定額リボルビング方式

【残高スライド元金定額リボルビング方式】とは、返済が進むにつれて、「元金返済にあてられる金額」がスライドして増えていく返済方式です。スライドしていく元金返済額に「利息」を足した金額が、毎月の返済額となるそう。

残高スライド元利定率リボルビング方式

【残高スライド元利定率リボルビング方式】とは、ローンの残高によって「返済定率」がスライドするもの。借入残高×スライドした定率=元金返済額となり、その金額に利息を足した金額が、毎月の返済となるでしょう。

残高スライド元利定額リボルビング方式

大多数のカードローンで採用されているのが、【残高スライド元利定額リボルビング方式】という返済方式です。この返済方式の特徴は<元金と利息がローンの残高によってスライドする>というものなんです。

ローン残高が多いときには毎月の返済額も多くなりますが、ローン残高が少ないときには毎月の返済額も少なくなるという特徴があります。そのため月々の支払いはだんだんと楽になりますが、「返済を続けてもなかなか元金が減っていかずローンが終わらない!」というデメリットがあるため、注意が必要な返済方式です。 例えば【残高スライド元利定額リボルビング方式】を採用している<三井住友銀行カードローン>を見てみましょう。

●約定返済期日までの残高と約定返済金額は以下のようになっています。

・残高50万円以下:10,000円
・50万円~100万円以下:15,000円 
・100万円~150万円以下:20,000円
・150万円~200万円以下:25,000円
・以下50万円ごとに5,000円ずつ約定返済金額が増えていきます。

残高が200万円だったときには毎月の返済日に25,000円ずつ返済していましたが、返済が進みローンの残高が100万円以下になると、毎月15,000円ずつの返済でOKになります。すると、「約定返済金額」の通りに支払いを続けていると、ローンの残高が少なくなっているのに、なかなか返済が終わらないという状況になるんです。この状況から抜け出すためのコツは、後ほどお話しますね!

カードローン : 三井住友銀行
参照元:三井住友銀行(2015年12月現在、著者調べ)

「借入時」から返済額が変わらないものも!

また、残高スライド元利定額リボルビング方式に似ているもので【借入時残高スライド元利定額リボルビング方式】という返済の方式もあります。

先ほどは「残高が一定金額以下になると、約定返済金額がスライドしていく」というものでしたね。しかし【借入時残高スライド元利定額リボルビング方式】の場合には「最終借入後残高が基準」となり、その最後に借りたときの残高で、金利がスライドしていくという仕組みになっているんだそう! この返済方式を採用している<モビット>のカードローンを見てみましょう!

●最終借入後残高と約定返済金額は以下のようになっています。(年率18%の場合)

・10万円以下:4,000円
・10万円~20万円以下:8,000円
・20万円~40万円以下:11,000円
・以下だんだんと増えていき、100万円からは最終借入後残高が20万円増えると約定返済額が4,000円ずつ増えていくんだそう。

例えば1月に100万円を借り、約定返済額は26,000円でした。6月まで毎月26,000円ずつの返済+追加返済で、ローンの残高が40万円になったとします。【残高スライド元利定額リボルビング方式】のカードローンの場合には、ローンの残高が減ったので約定返済金額も減っていましたよね。

しかし【借入時残高スライド元利定額リボルビング方式】の場合には、いくら残高が減っても最後に借りたときの残高に合わせた約定返済金額の26,000円で変わらないという仕組みになっているんだそう!

そしてもし「月々の返済が厳しくなってきた」などで、約定返済金額を減らしたい場合には、追加融資を申し込んで、最後の借入時の残高を高くすることで約定返済金額を少なくすることができるでしょう。ただ、追加融資を受けたい場合には再度審査が必要だったりと、すべての方ができる方法ではないので注意してくださいね!

「残高スライド式」の計算方法は?

カードローンの仕組みはわかりましたか?似ている名前でも、少しずつ返済方式が異なる場合がありますので、ローンを契約するときに確認を忘れず、今後返済していけるかどうかをチェックしましょうね!

では次に、具体的に利息がどのように増えていっているのかを見ていきましょう!今回は、カードローンの大多数で採用している「残高スライド元利定額リボルビング方式」の計算方法を見ていきたいと思います。

利息の計算式はこちら!

ではここでも<三井住友銀行カードローン>を参考にみていきましょう!三井住友銀行のカードローンの返済日は毎月5日・15日・25日・月末から選ぶことができるそう。

●契約限度額によって金利は以下のようになっています。

・100万円以下:年12.0%~14.5%
・100万円~200万円以下:年10.0%~12.0%
・200万円~300万円以下:年8.0%~10.0%
・300万円~400万円以下 年7.0%~8.0%
・400万円~500万円以下 年6.0%~7.0%

そして利息の計算式は【残高×金利÷365日×借りた日数】となっています!

借りた当日・返済がスタートした当日は日数には含まれないので、次の日から計算することになっています。例えば4月20日に10万円・金利12%で借り、5月20日に全額返済したとしましょう。すると、<10万円×12%÷365日×30日=5,958円>と計算できるでしょう。

また、こんな使い方もできます。4月1日に5万円・金利12%で借り、7日に返済をした場合には、5万円×12%÷365日×6日=約98円が利息としてつくでしょう。1週間借りてもATMの手数料と同じくらいの金利となるため、ATMで手数料がかかる時には口座から降ろさず、「カードローンから借りてすぐ返す」という使い方をしている人もいるのだそう。

三井住友銀行
参照元:三井住友銀行(2015年12月現在、著者調べ)

計算式の考え方

この計算式、どのように考えるといいのでしょうか。

金利は「1年間に借りていた場合の金利=年利」となっているカードローンが多いんだそう。例えば100万円・金利10%の場合には、1年で100万円を借りると100万円×10%=10万円の利息がつくことになるんですね。

ではそれを365日で割ると約273円。これが1日で100万円を借りたときの利息となります。そして、これを何日借りたかというのを「×日数」することで、○日で借りた場合の利息が計算できるということになるんですね!

ただ、カードローンによって独自の計算方法がある場合や、「利息は返済日の○日前に確定させる」といったものもあるので、しっかりと確認をしましょうね。

返しても返しても減らないワケとは?

では長期で借りた場合について考えてみましょう!返済日を毎月月末としており、120万円を金利14.5%で借りたとします。最初の返済日には金利が120万円×14.5%÷365日×30日=約14,301円となるので、ローンの残高は120万円+14,301円=1,214,301円ですね。

借入残高が150万円以下の場合には20,000円が約定返済金額となっているので、月末に20,000円を返済します。するとローンの残高は1,214,301円-20,000円=1,194,301円となるでしょう。ここから次の月がスタートします。

次の月末の金利は1,194,301円×14.5%÷365日×30日=約14,233円となります。したがってローンの残高は1,194,301円+14,233円=1,208,534円ですね。ここでまた20,000円を返済するので、次の月は1,188,534円からのスタートとなります。 つまりこの月では20,000円を返済しているのにも関わらず、ローンの残高は前の月から1,194,301円-1,188,534円=5,767円しか減っていないことがわかりますね。つまり20,000円を返済してもローンの元金には5,767円しか支払われていなく、残り14,233円はすべて金利分に支払っているということになるでしょう。

これが「返しても返しても減らない」と言われるカードローンの仕組みです。



賢い返済の方法って?

賢い「繰り上げ返済」のススメ

では、みなさんが気になるカードローンの完済のコツについてお話しましょう!

まず一つ目が「繰り上げ返済」をすることです。【残高スライド元利定額リボルビング方式】の場合、カードローンの返済が進み残高が減ると、返済日に支払わなければならない金額も減っていきましたね。しかし「決まっている金額以上に返すこと=繰り上げ返済」もほとんどのローンで出来ることになっています。

では「繰り上げ返済」をすることで、何がメリットとなるのでしょうか。 そのメリットとして一番大きいのが【返済金額すべてが元金の返済にあてられる】ということです。これまでお話していた通り、カードローンの月々の返済金額は「元金返済部分にあてられる金額」と「利息分の支払い金額」とに分かれていましたよね。

しかし「繰り上げ返済」をしたときの金額は、利息分への支払い金額はないとされています。そのため「繰り上げ返済」をした分、元金が早く減ることになります。元金が減ると、それにかかる利息も減ることになりますね。

ですので、もし「貯金があるのにカードローンも借りている」という方がいるのなら、まず早めに元金を減らすために繰り上げ返済をすることをおすすめします! もし繰り上げ返済をした場合、どのくらいの金額があるのか計算してみましょう。2016年1月に、金利10%のカードローンで100万円を借りたとしますね。返済額は繰り上げ返済日と最終返済日以外は約21,000円を返済するとして計算をします。

●繰り上げ返済をしない場合

60回の支払いで、およそ270,000円の利息と計算できるでしょう。

●2017年1月に30万円繰り上げ返済をした場合

1年間で30万円を貯めて繰り上げ返済にすると、41回の支払いでおよそ160,000円の利息になるでしょう。繰り上げ返済をしなかった場合に比べると、110,000円のお得になることがわかります。

●2019年1月に30万円繰り上げ返済をした場合

もし同じ金額をその2年後に繰り上げ返済をすると、利息の支払いはどうなるでしょうか。実は繰り上げ返済を遅くすると利息は増えてしまいます。元金返済を早くした方が、それにかかる利息が減るからです。2019年1月に30万円を繰り上げ返済をすると、44回の支払いでおよそ230,000円の利息と計算ができます。繰り上げ返済をしなかった場合と比べると約40,000円のお得になるでしょう。

●ボーナス時に5万円ずつ繰り上げ返済をした場合

2016年から2018年の6月と12月に50,000円ずつ、合計30万円の繰り上げ返済をしたとしましょう。すると42回の支払いで、およそ184,000円の利息を払うことになるでしょう。繰り上げ返済をしなかった場合と比べると、約86,000円のお得に。また、2019年1月にまとめて繰り上げ返済をするよりも、少しずつ返済をしていた方が利息が減るということがわかりますね! 最近では繰り上げ返済をするときの手数料がかからないカードローンも増えてきました。しかし、もしあなたの利用しているカードローンの繰り上げ返済に手数料がかかる場合で、何回かに分けて返済しようとしているなら、その手数料分と利息分でどちらがオトクなのかをしっかりと考えることをおすすめします。

また、「繰り上げ返済がオトクだから!」という気持ちでどんどん繰り上げ返済をしていくうちに、決まった返済日にお金が足りなくなってしまった!とならないように注意しましょう。もし決まった返済日までにお金が用意できないと、高額な遅延損害金の支払いや追加融資が出来なくなったり、さらにはブラックリストにのってしまうこともありえます。

毎月の返済金をしっかりと確保した上で、繰り上げ返済をするようにしましょうね。

「おまとめローン」の選択も。

CMでもよく耳にする「おまとめローン」も、カードローンの完済のコツの1つ。「おまとめローン」とは今利用しているいくつかのカードローンよりももっと低い金利のカードローン1つにまとめることで、<金利をお得に・返済を楽に>する方法なんです。

例えばA社の金利18%のカードローンから100万円と、B社の金利15%のカードローンから150万円を借りているとしましょう。A社には毎月2万円を、B社には毎月3万円を返済しているとします。それを、金利10%のC社のカードローンに「おまとめ」したとしましょう。

すると、C社へは毎月4万円の返済で済むようになったため、月々の返済も楽になります。また、金利が低くなったため、同じ金額を借りているのにも関わらず、そのローンにかかる利息が低くなり、金利をお得にすることができるようになるというものです!さらに、月々の返済で減った額を「繰り上げ返済」に回すことで、さらに支払う利息の金額を下げることもできると言えるでしょう。

おすすめするなら、このカードローン!

ではたくさんのカードローンの中でも、私が特に「おまとめローン」におすすめしたいカードローンをご紹介します。それが<イオン銀行 カードローンBIG>です。

このカードローンの返済方式は【残高スライド元利定額リボルビング方式】となっています。このカードローンは「いくらまで借りられるかの限度額=貸越極度額」で金利が区切られており、もし150万円借りたい場合には「200万円」のローンを契約し、そこから150万円を引き出して利用するという仕組みになっています。ですので、もし100万円しか利用する予定がなくても、審査が通るならば金利の低い「800万円」のローンで契約した方がお得になるでしょう。

●まず貸越極度額と金利はこのようになっています。

・30万円~90万円:13.8%
・100万円・200万円:8.8%
・300万円:7.8%
・400万円・600万円:4.8%
・700万円・800万円:3.8%

これらの金利は、他のカードローンに比べてもかなり低い金利となっているでしょう。もし今利用しているカードローンよりもこちらの金利が低ければ、イオン銀行のカードローンで「おまとめローン」する方がお得かもしれません。 毎月7日にイオン銀行の口座から自動で引落されることになっているため、7日までに返済額を口座に入金している必要があります。これはいつでも入金しておくことができるので、「返済を忘れてた!」という理由で遅延損害金を支払わないようにすることができるでしょう。

●返済日前日の利用残高と返済額は以下のようになっています。

・~10万円以下:3,000円
・10万円~40万円:5,000円
・40万円~50万円:10,000円
・50万円~100万円:15,000円
・100万円~150万円:20,000円
・以下増えていき、600万円~で60,000円の返済額となっています。 では、A社とB社でそれぞれカードローンを借りていた場合と、イオン銀行のカードローンでまとめた場合、どのくらいお得になるのか計算してみましょう!

A社から金利10%で200万円を、B社から金利15%で70万円を借りているとしましょう。A社には毎月3万円、B社には毎月1万円で、合計4万円を返済し、繰り上げ返済は行っていないとします。30日後、A社の利息は200万円×10%÷365日×30日=約16,438円に。B社の利息は70万円×15%÷365日×30日=約8,630円でした。

つまり4万円を返済しても、利息として16,438円+8,630円=25,068円を支払っているため、元金へ充てられる金額は14,932円となることがわかりますね。 では<イオン銀行カードローンBIG>にこの2つのカードローンを「おまとめ」したとします!

270万円を借りたいので300万円のカードローンを契約し、金利は7.8%ですね。そして毎月の返済額は35,000円となっています。30日後の利息を計算すると、270万円×7.8%÷365日×30日=約17,309円となりますね。したがって、35,000円の返済で、利息は17,309円・元金へ充てられる金額は17,691円。そして更に、5,000円を繰り上げ返済できるということが言えるでしょう!

A社でずっと返済していた場合、65回払いで利息がおよそ597,000円となるでしょう。そしてB社で返済し続けていた場合には、なんと168回払いで利息が983,000 円。A社とB社合わせて利息を約156万円も支払わなければならないでしょう。それに対してイオン銀行でおまとめローンにした場合、108回払いで利息が約60万円で済むことになるんだそう。

同じ金額を借りているのに、カードローンを変更しただけで96万円もお得になってしまいました。これは、「変更するのが面倒だな」とか言っている場合ではないのではないでしょうか? さらに利息が減るだけでなく、A社とB社それぞれに毎月返済するひと手間も、イオン銀行だけに返済すればいいというメリットもあるでしょう。また、イオン系列のお店やミニストップなどにあるイオン銀行のATMを利用すると、返済や借入の手数料はかからず、更にインターネットバンキングも利用できるので、「忙しくてなかなかATMへ行けない!」という方でも返済しやすいのではないでしょうか?

ただ、おまとめローンにすることで返済方式が変更したりローン契約にお金がかかったりでお得にならない方もいるかもしれませんので、十分考慮した上で変更することをおすすめします!

カードローンBIG |イオン銀行なら低金利で安心
参照元:イオン銀行(2015年12月現在、著者調べ)

おわりに

いかがでしたか?

カードローンの計算方法がわからなかったという方も多いのではないでしょうか。けれど、計算式の考え方を知っていると、今月の利息がぱぱっと計算できるようにもなるでしょう。また、カードローンの仕組みを知っていると「どうすればオトクに返せるかな?」とか「どのカードローンがいいのかな?」とも考えられるようになるのではないでしょうか。

大切なお金。最近ではインターネットでも気軽にローンのシミュレーションをしたり、お得なカードローンについて知ることもできますよね。今後の人生のためにも、今後支払う予定の利息を計算して、返済計画を立ててみることをおすすめします!