生活費とは?具体的な内訳や家計簿のコツをしっかり解説!

家計簿をつける時に計算するのが生活費。でも、家計簿をつける時、生活費ってどういう風にしてつけたらいいのかわからない、と思うことはありませんか?生活費ってそもそも何?から家計簿のつけ方のコツまで、生活費のあれこれをわかりやすく解説します。



生活費とは何だろう?

生活費とは生活水準を維持する費用

生活費とは、簡単に説明しますと日常生活を送るために必要な費用、となります。他の呼び方では『家計費』とか『生計費』と呼ばれることもあるようですが、意味としては同じようです。1人暮らしか家族か、家族であれば何人家族かで、支出における項目が増えたり減ったりします。いずれにせよ、生活水準を維持するために消費しなければならない、必要最低限の費用といえるでしょう。

では、その必要最低限の費用とは、一体どういうものを指すのでしょうか?専門用語を用いて言いますと、可処分所得から貯蓄額を引いた金額が、生活費として計上できます。可処分所得とは、実際の収入から税金や社会保険費など家計の自由にならないお金(非消費支出)を引いた金額で、つまりは手取り収入のことを指します。なので、手取りから貯金額を引けば、生活費が割り出せるというわけですね。

家計簿をつける際は、大体手取り収入から1カ月で『何に』、『どれだけ』お金を使ったのかを記述することが多いでしょう。その時、お金を使ったものの種類によって、生活費は細かく分類することができます。まず、大枠の分類では『固定費』と『変動費』の2つに分類することができます。

固定費と変動費の二つ

固定費とは、簡単にいえば毎月一定の金額がかかるような支出を言います。ほとんどの場合、サービスなどを提供する会社等と契約を交わすことで、お金が発生する部分ですね。固定費に分類される消費は、結構な割合で生活に直結する内容が多く、日常生活を送る上で欠かすことのできないお金と言えると思います。

固定費として扱われる例としまして、家賃や住宅ローンなどの住居費、水道や光熱費、NHK受信料などの公共料金、固定電話や携帯電話、プロバイダー料金などの情報通信費があります。他にも新聞代、マイカーをお持ちでしたらガソリン代や駐車場代などの費用、子供がいるご家庭では教育養育費、それに各種保険料も固定費に分類されます。

一方、変動費はその名の通り、1カ月ごとの消費に波があるようなお金です。先ほど固定費として扱った光熱費は、エアコンなどの空調機器の使用頻度で変動しますが、そういうことではありません。変動費は普段私たち消費者がお店に行って商品を選び、買い物をした時に発生するお金、という認識で構いません。自分の裁量で消費金額がかなり上下する、節約する時に真っ先に削りそうな部分でもあります。

変動費として扱われる例としまして、自宅で料理をする時の食材費や外食を含む食費、普段着や仕事着などの被服費、自分の趣味や家族とのレジャーなどに含まれる娯楽費が含まれます。他には怪我や病気で必要となる医療費、仕事上必要な会食や友人との食事などといった交際費、日用品や家電家財を含む雑費などが代表的な変動費になります。

家庭によって基準が違う

上記のように生活費は説明しましたが、実際に家計簿をつけるとなった時に上で説明した通りに分類する必要はありません。生活費についての定義は曖昧な部分もあり、これが絶対の決まり事!というものがなかったりします。

例えば、上記で紹介した税金や社会保障費を指す非消費支出ですが、この中に住宅ローンや教育費、あとは各種保険料を含む場合もあります。非消費支出の定義が『家計で自由にならないお金』ということですから、分類としては間違ってはいませんよね?

実際に家計簿をつける段階になって、自分がわかりやすいのであれば、こうした分類をきっちりと行う必要はありません。生活費として消えていくお金は変わりませんが、管理するためのラベルは管理する人が理解しやすい形で行う方が、より長く効率よく管理するためのコツのようなものだと思います。



固定費の項目って?

さて、ここでは一般的に固定費に分類される項目について、1つずつ見ていこうと思います。家計簿をつけるにあたって、ぜひ参考にしてみてください。また、すでに記述したように、今から説明する項目を皆さんが生活費の固定費に分類するかどうかは自由ですので、深く考えずに読んでいただきたく思います。

住居費は家賃や住宅ローンのこと

住居費とは名の通り、家に関するお金を指します。アパートやマンションといった場所で住んでいるのであれば家賃が、マイホームを建てた方ならば住宅ローンが、住居費として毎月消費されるお金になります。他にもマイホームの土地代や、毎年かかる固定資産税、リフォームなどでかかる設備修繕費用、場合によっては水道料金も住居費に含むこともできます。

ちなみに、家賃の支払いが停滞すると、不動産会社や大家さんからの催促はすぐに行われます。住居費は生活費の中でも割合が大きい費用ですから、1カ月2カ月と滞納されると負担が大きくなり、支払いができなくなることが容易に想像できるからです。貸す側としましても家賃の回収ができないことは大問題ですので、素早く対処しようとしますので、滞納はなるべく回避しましょう。

水道光熱費は最低限のライフライン

水道光熱費は公共料金に分類され、固定費の中でもそこまで高額になることのない費用です。水道料金は名の通り、水道を使うと発生する料金です。光熱費は電気やガス、灯油などの燃料に関する支出で、生活における光源や熱源に関する費用を言います。金額も変動することがあまりなく、安定した支出になりますが、使いすぎると余分にお金がかかりますので、こまめに節約することをお勧めします。

生活に必要不可欠なものですから、1度や2度ほど支払いが滞ったとしても、すぐに止められることはありません。が、催促状や最後通告などの書面が届いても支払いができない・忘れていた場合、止められる可能性があります。口座への入金を忘れて滞納してしまった場合、支払期限をきちんと確認して払いましょう。

教育費は教科書から筆記用具まで

教育費は子供の教育にかかるお金全般を指します。基本的には学校でかかる学費や給食費や教科書代、ノートや鉛筆などの筆記用具などが基本になります。また、それ以外にも塾や通信教育、参考書や習字やスイミングなどの習い事も教育費に分類されます。収入が高い家庭ほど教育費にかける割合が高くなりますので、ご家庭によって金額は大きく異なるでしょう。

また、学費が未納状態となると、小中学校の場合まず話し合いの場が設けられます。義務教育ですから、未納が原因で除籍となる可能性は低いでしょう。高校でも同様ですが、私立高校では『卒業保留』という学費納入まで卒業証書を渡さず、卒業証明書も発行しないという処分になることが多いようです。大学ではまず書面で警告がなされ、対処が遅れれば除籍もあり得ます。学費滞納には注意してください。

通信費は電話代やインターネットの料金

通信費は主に固定電話や携帯電話、インターネットに関連した通信料金が該当します。他にも、はがき代とか郵便切手代、小包や宅配便などの配送料金に加えて、ファックスの代金や有料放送の視聴料なども通信費に分類されます。通信費はスマホやパソコンの普及率が上がり、気を抜くとあっという間に金額が加算されていきますから、注意が必要です。

ちなみに、携帯電話料金を滞納すると、支払期限から約1カ月で利用ができなくなります。3カ月以上延滞すると強制解約となり、新規での通信契約にも支障が出ます。また、滞納した場合、携帯会社で利率が異なりますが延滞金も発生します。携帯電話の通信は料金を支払えば数時間程度で回復しますが、仕事でも活用されるアイテムですから、滞納はできる限り避けた方がいいと思います。

車両関連費はマイカー維持費

車両関連費はマイカーを所持している場合に生じる、維持費のことを指します。ガソリンの燃料代を始め、数年に1度は必要な車検代、車体をこすったり事故を起こしたりした際の修理費、毎年かかる自動車税もこれに分類されます。また、車の自賠責保険や任意で加入する自動車保険の料金、タイヤやカーナビなどのカー用品代、ETCを搭載していれば年会費も必要になってきます。

自動車の購入そのものも大きな買い物ですが、その維持費も意外とかかるものです。自動車が必要な地域でなければ必須ではなくなってきたためか、若年世代の車離れも進んできています。こうした種々の維持費がかかるとなれば、敬遠されがちになるのも無理はないかもしれません。

各種保険は必要性を考えて

保険は色んな種類があり、契約内容によっても金額が変動します。死亡保険や医療保険、がん保険に学資保険など、万一の保障や積み立てとして色んな保険に加入することができます。こちらは家庭の形態によって、必要な保障や支払い可能な金額の違いが出てきますので、消費する金額は一概に言えません。

ただ、家計の節約を考えるのであれば、保険は契約内容を比較・確認し、必要性をよく吟味した上で厳選することが望ましいです。予期せぬ事態への不安から必要以上の保障がつく保険に契約し、結果無駄な出費となっていた、なんてこともあると思います。そうした無駄をなくすには、保険内容の見直しをお勧めします。もしかすると節約できる余地が見つかるかもしれません。

変動費の項目って?

続いて、変動費について項目別に紹介していきたいと思います。こちらについても、設定した項目が別のサイトの記述では違っていることもあるかもしれません。例えば、被服費を雑費の中に含むなど、細かい違いは出てくると思います。実際に家計簿に計上される場合は、ご自身がわかりやすい分類で大丈夫ですので、参考程度にご覧ください。

食費は外食を含むと大きくなる

食費は文字通り、自分や家族が食事の時に消費したお金全般を指します。米やパン、麺類などの主食はもちろんのこと、肉類に卵に魚介類に野菜などといった副食、お菓子に調味料に清涼飲料に惣菜などといったその他の食品、さらには家族で行った外食などが食費に含まれます。

自炊で作って食べる内食と呼ばれる食生活ですと、手間はかかるでしょうが食事の内容を健康面で管理しやすくなる上、外食や惣菜中心の食事と比べても比較的安価なので節約ができます。どうしても外食は費用がかさみますので、家計が気になる方は頻度を減らしてみてはいかがでしょうか?ちなみに、仕事関係や友人と行く外食は交際費として計上することが多いので、食費とは区別する場合があります。

被服費は好きな人ほど加算される

被服費は私たちが着るもの、身に着けるものに関するお金を指します。洋服や和服、スポーツウエアやレンタル衣装などから始まり、シャツや下着などのインナー、靴下や手袋やタオルなども被服費に当たります。他にも、靴や寝間着等の寝具、カバンやアクセサリーといった服飾品、あとは傘や洗濯代といったものも被服費に含まれるようです。

ファッションの流行に敏感な人であれば、1カ月に何点も新しい洋服や服飾品を購入してしまい、かなりのお金がかかってしまう、という人もいるかと思います。買い物はストレス発散になりますから、適度であれば生活の張り合いになっていいでしょう。が、あまり度が過ぎると家計を圧迫し、悪化すると買い物依存症になりますから、お財布と相談しながら計画的に買い物をすることをお勧めします。

娯楽費は趣味やレジャーのお金

娯楽費は簡単にいえば自分の趣味や家族とのレジャーに使われるお金です。個人個人で使われる場所が異なり、費用も差が出てくるでしょう。例えば旅行であれば旅行で生じた交通費や食費、宿泊費や娯楽施設利用費等々が含まれます。他にも書籍代やゲーム関連費、DVDやCDの購入費、スポーツで用いる道具代なども娯楽費に入ります。

こちらも被服費と同じく、日々の生活に潤いを与えてくれる出費です。好きなことをすれば日頃の鬱憤も解消されますし、リラックスできますのである程度は必要ではないかと思います。娯楽費は何を趣味とするかで、かかる費用も大きく変わっていきます。こちらも度が過ぎるとお金は湯水のごとくなくなっていきますので、くれぐれも注意が必要です。

医療費は突然かかるもの

医療費は主に病院にお世話になった時にかかるお金を指します。病気などで病院にかかった診察代や治療費、処方された医薬品はもちろん、常備薬として購入する市販薬やバンドエイドなどの衛生消耗品が医療費に当たります。また、衛生管理という観点から女性が主に購入する化粧品や、美容院や理容院での代金も医療費に含むこともあるようです。

とはいえ、医療費と聞いて真っ先に思い浮かべるのは病院での治療費でしょう。国民健康保険に加入していれば、病院にかかることがあっても3割負担ですから、そこまで大きい負担には思わないかもしれません。が、事故に巻き込まれたり大病を患ったりしまえば話は別です。保険とは別に、少しずつ積み立てておけばいざという時に役に立つかもしれませんから、多少は家計から毎月捻出する方がいいと思います。

交際費は削れそうで削れない

食費の項目で少し触れましたが、交際費はいわゆる仕事のお付き合いで生じるお金や、友人たちと遊んだりするときに発生するお金が該当します。主に仕事関連のお金としましては、飲み会や食事会、歓送迎会や忘年会など、色んな場面で発生するお金になります。

交際費は他の項目と違い、不意に生じてしまうようなものであり、自分だけで管理するのはかなり難しい費用ではあります。特に歓送迎会や忘年会などが毎年あるのであれば、その季節は出費も多くなってしまうでしょう。他にも断れない誘いはどこかで生じるものですから、毎月一定額を確保しておいて、積み立てておけば、その時になって焦ることはないかと思います。

雑費は日用品などの細かい出費

雑費はあまり分類ができないような、細々とした出費です。上記した項目に分類されない、その他の支出とも言えます。主にサランラップやトイレットペーパー、電池などといった日用消耗品のように、わざわざ項目を作って管理するほどでもない少額の消費をひっくるめて称することが多いようです。

ただ、家計簿の付け方によって雑費はかなり高額になる場合があります。なぜなら、項目ごとに家計簿をつけていて、かつ項目数が少なくなるほど、残りの出費が雑費として計上されるからです。性質上、娯楽費や通信費、医療費の中でも常備薬等の消耗品や教育費の中の筆記用具なども雑費に含むことがありますので、家計簿のつけ方で小さくも大きくもなる項目といえます。

特別費は冠婚葬祭などの臨時の出費

雑費とは違って、特別費ともいえる比較的大きなその他の出費もご紹介します。例えば冠婚葬祭で発生する支出や、家財に家電に自動車などといった耐久消費財など、臨時で発生するお金ですね。冠婚葬祭費は人間関係の繋がりで生じるお金ということで、交際費として計上する場合もありますが、この場では特別費として紹介します。

冠婚葬祭はある日突然知らせが舞い込み、また1カ月に重なることもありますから、無視できない金額になることもあります。また、耐久消費財などは一度購入すれば長続きしますが、突然の故障などで買い替えが必要となると、これもまた手痛い出費となるでしょう。これらは生活費の余剰分といえる貯蓄を切り崩すことになると思います。



家計簿をつける時のコツ

生活費を細かく分類した項目の例を上で紹介しましたが、家計簿をつける時に絶対分けなければいけないものではありません。その人によっては、そんなに細かく分類するのは面倒くさいし、何よりやる気がなくなる!という意見もあると思います。それは個々の性格の違いもありますので、致し方ないことです。

ですが、面倒くさくても日々の家計が苦しくて、問題点を知るためにも家計簿をつけたいと思う方もいるでしょう。そうした時に、ちょっとした家計簿のつけ方の一例を紹介したいと思います。家計簿のつけ方は人によって向き不向きがあるでしょうから、これなら続きそう!と思えるやり方のヒントになればと思います。

きっちりタイプは細かく分類

まずスタンダードなのは、きっちりと項目ごとに支出を分けて管理するタイプです。上記で紹介したような項目別に消費したお金を振り分け、どこに何が多く使われているかを知ることができます。あまり細かく分類しすぎると管理がより難しくなってしまうので、ご自身で管理できる範囲で項目を混ぜたり分けたりする方がいいと思います。

こちらのタイプは几帳面な方や、細かく分類して記録する時間が取れるような人にお勧めします。メリットとしては、どの出費が生活費の問題点なのかがわかりやすくなり、改善点も見えてきやすくなります。デメリットは、やはり途中で面倒くさくなって長続きしない可能性が高いことです。また、細かく分けすぎると逆に問題点がわからなくなることもありますので、細分化するだけいい、ということでもないようです。

大ざっぱタイプはざっくり分類

次に紹介するのはざっくりとした分類で生活費を管理するタイプです。大体5つくらいの項目に支出を分け、使ったお金を分類することで支出の傾向を掴むことができます。項目例として、上記で紹介した『固定費』全般、食費・雑費などの生活に必要不可欠な『必要経費』、被服費や娯楽費などのなくても生活できる『浪費』、貯蓄もできる保険料や有価証券などの将来利益や成長に繋がる『投資』、そして臨時支出の『特別費』です。

大まかに消費の傾向を知ることができ、忙しくて時間がない人やきっちり分類タイプが肌に合わない人でも管理がしやすいというメリットがあります。以前家計簿をつけて途中で投げ出してしまった、という方でも管理項目が少ないので、もしかしたら長く続けることができるかもしれません。一度試してみてはいかがでしょうか?

支出目的での分類も傾向がわかる

最後に紹介するのは、大ざっぱタイプよりもさらに項目を絞ります。どうするのかといいますと、何にお金を使ったのかを見るのではなく、そのお金はどういった目的で使用されたのか、で分類するタイプです。具体的にどう分けるのかといいますと、『消費』、『浪費』、『投資』のたった3パターンです。

まず、消費は生活を送る上で必ずかかってしまう最低限の支出を指します。使ったお金と消費で得た利益はほぼイコールであり、他に替えが利かないものを言います。消費に含まれる例としまして、住居費や外食を含まない食費、日用品などのことを指します。

次の浪費は、文字通り無駄遣いのことです。例えば1食で10,000円を超えるようなディナーや、付加価値がついたアンティークの椅子など、他に安価で手に入ることができるような支出で、客観的に得られる価値よりも使用したお金の方が大きくなります。主に娯楽費がこれに分類されるでしょう。

最後の投資は、使用した時はマイナスとなってしまいますが、将来的に金銭、あるいは自己成長などのプラスに繋がると判断される支出を指します。金銭的なものでいうと株式などの金融投資、自己成長でいえば習い事や人間関係を広げられる交際費などがこちらに分類されます。投資がうまく成功すれば、使ったお金よりも将来的に得られる価値が大きくなる消費といえるでしょう。

この3種類でレシートを分類し、生活費として振り分けることで、自分の支出の傾向を反省することができ、家計改善に取り組む意識が芽生えやすくなります。ただし、デメリットとして細かく消費を分類しませんので、何にどれだけお金を使ってしまったのかはわかりません。何が生活費の課題かを知りたいのであれば、大ざっぱタイプでもいいので項目ごとにお金を分ける方がいいと思います。

ちなみに、3つの分類で理想とされる支出の割合は、消費が70%、浪費が5%、投資が25%といわれているそうです。この割合を目安に支出のバランスを整えれば、赤字傾向だった家計簿も少しは改善の兆しが見えてくるかもしれません。初心者が家計簿をつける導入として、この方法は効果的なのではないかと思います。

自分に合ったつけ方を見つけよう

家計簿のつけ方の例として、3つの方法をご紹介しましたが、この方法が自分にぴったり当てはまる方法かどうかは試してみないとわかりません。つけ方のコツといいましても、生活費として計上される項目をどのように分類したりまとめたりして管理するか、という違いでしかありません。

上記の方法はあくまで参考という形で捉えていただき、自分が納得して管理しやすい方法が見つかれば、そちらにシフトしていただいた方がより長続きすると思います。大事なのは家計簿のつけ方ではなく、家計簿をより長くつけてデータを蓄積し、生活費の見直しを行うことです。生活費の赤字をなくす、あるいは貯蓄の増額を目指すのが家計簿なのですから、目的を見失わないようにしたいですね。

まとめ

生活費を家計簿としてつける際、難しく考えすぎることはありません。細かく分類することよりも、データとして残るよう、長期的に記録し続けることの方が大事なのです。こちらで紹介した内容を参考にしてみて、一度生活費を見直してみませんか?もしかしたら、思わぬところで余分な出費が見つかり、改善に動くことで生活費に余裕を持たせることができるかもしれません。