イギリスの物価についてのまとめ

イギリスでの移動や宿泊、食事などにかかる費用や、それに付随する情報などをまとめています。



気になる外国のお金事情!イギリスの通貨ってどんなもの?

___a.u.a___

流通しているお金の種類(通貨)について説明

イギリスで流通している通貨はポンド、正式名称はスターリングポンドといい、通貨記号は£と記します。補助通貨にはペニーがあり、これが複数形になると、ペンスになります。ちなみに1ポンド=100ペンスになります。

現在イギリスで流通している硬貨は1ペニー、2ペンス、5ペンス、10ペンス、20ペンス、50ペンス、1ポンド、2ポンドの8種類、紙幣は5ポンド、10ポンド、20ポンド、50ポンドの4種類があり、その全ての表面に、エリザベス女王のお顔が描かれています。なお、50ポンド紙幣は、たまに旅行者が持っている程度の、非常に珍しいもの。店によっては、お釣りがないなどの理由で、受け取りを拒否されることもあるほど、ほとんど市場には出回っていない紙幣です。

また、イギリスは単一の国家ではなく、イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの、4つの非独立国からなる連合国です。このうちスコットランドと北アイルランドでは、独自の紙幣が発行され、利用されています。とはいえ、もちろんスコットランドや北アイルランドでも、通常のイギリス紙幣は利用できます。

クレジットカードの使用について説明

イギリスは、日本よりも遥かにクレジットカード社会であり、細かい会計もカードで行う人は多いです。支払いの際、日本では店員にカードを渡しますが、イギリスのスーパーなどでは、店員に渡すことなく自分で機械に挿入し、暗証番号を入力、カードを引き抜く流れになります。この時、ICチップ付きのクレジットカードでPINナンバーを入力するタイプがほとんどなので、防犯上のためにもICチップ付きのカードを用意することをおすすめします。

また、カードは単なる現金の代わりではなく、支払い能力があるという証明にもなります。逆に、カードがないと高いデポジットを要求される恐れもあるので、できるだけカードを使った方がお得です。



イギリスでの両替について

・空港での両替方法について説明

旅行やビジネスなどでイギリスを訪れる場合は、到着後に空港内で日本円をイギリスポンドに両替する人がほとんどだと思います。

イギリスだけでなくヨーロッパでみても最大のヒースロー空港であればまだしも、それ以外の国際空港などでは、空港内に両替所はありますが、それほど数が多いとは言えないケースもあります。したがて空港内での両替は、時間帯によっては待たされることもありますし、レートや手数料の面からも、あまりおすすめできません。

・街中での両替方法について説明

イギリス国内に入ってからの両替については、銀行や郵便局などの金融機関か、両替所を利用することになります。観光などでイギリスを訪れる場合は、主要な観光名所であったり、規模の大きな駅などには、かならず両替所がありますので、それほど困ることもありません。

またホテルのフロントでの両替に関しては、他のヨーロッパ諸国に比べて、両替に対応しているホテルがやや少ないのが現状です。有名ホテルや大きなホテルでは、両替可能ですが、かなりレートが悪いので、最後の手段と考えておくべきでしょう。

・両替における補足や注意点について説明

イギリスに滞在する時には、ほとんどの場合がクレジットカードにて支払いを済ませることができます。現金での支払いが必要となるシーンとしては、タクシーやバスを利用した場合、市場やマーケットをはじめとした、個人でやっている小売店や飲食店などがあげられます。

イギリス国内にもレートがよく手数料無料といった両替所がいくつかありますが、旅行の行程では、その両替所を利用できない場合もあります。結局さまざまな面から、出国前に日本でポンドを用意しておくのが、一番メリットがおおきくなります。

現金?ICカード?イギリスの交通費事情

・交通手段の紹介

イギリスでの交通手段は遠距離か近距離かで大きく分かれます。

遠距離の場合は基本的にNational Railという国鉄か、もしくは飛行機を利用します。

近距離の場合、田舎ではバスかタクシーくらいしか選択肢がありませんが、ロンドンでは地下鉄、バス、タクシー、徒歩と選び放題です。

ロンドンの地下鉄は色分けをされていてわかりやすいため旅行者にもオススメです。一方でバスは慣れるのにコツがいりますが、夜中でも運行しているため終電を逃してしまっても安心して帰宅できます。

またタクシーは日本と同様免許制で、Black Cabと呼ばれる黒いタクシーは安全です。一方で一般車に見える流しのタクシーは危ないので乗らないようにしてください。

そして最後になんといっても徒歩!ロンドンのZone1と呼ばれる中心地は狭いので2~3駅の距離ならば徒歩で十分に移動できます。観光をしながら交通費を節約したいときにもオススメです。

・各手段にかかる交通費

遠距離の場合、National Railは通常チケットの他に事前にVisit BritenからBritRail pass(乗り放題)を購入して乗ることができます。種類によりますが値段は約8,000円~27,000円と長距離を頻繁に移動する際にはとてもお得です。また飛行機もILCがかなり安く飛んでいますので時期によっては費用を抑えることができます。

ロンドン内の場合、地下鉄は現金で乗車すると1駅でも4.8ポンド(約720円)近くかかり高価なため、Oysterという日本のSuicaやPASMOと同じようなICカードの利用をオススメします。Oysterの場合2.3ポンド(約345円)で乗車可能です。

バスにもOysterは使え1.50ポンド(約225円)で乗ることができます。タクシーは初乗り料金が2.4ポンド(約360円)と日本よりお得です。



イギリス旅行で必要な宿泊費について

・一般的な宿泊施設を紹介

イギリスの場合多くの形態の宿泊施設が揃っている為、旅行客の要望に合わせて選ぶ事が可能です。格安料金で宿泊できるチェーン展開されているホテルや、貴族の館を改装したホテルなどもありますが、イギリスの一般的な宿泊施設を選ぶのであれば、イギリスが発祥のホテルB&Bが外せません。

B&Bとはベッド・アンド・ブレックファーストの略で、その名の通り料金に宿泊代金と、朝食の代金が含まれた宿泊施設の事です。B&Bの場合も規模や料金はピンからキリまで幅広くありますが、一般住宅を宿泊施設に改装した、こじんまりとした家族経営の格安料金のものが普通です。首都であるロンドンや観光地だけでなく、イギリス中にあります。日本ではよく民宿に例えられます。

・宿泊施設の金額相場を紹介

一般的なB&Bの宿泊費は、都市部で1人あたり1泊30ポンドから40ポンド、地方は15ポンドから30ポンド程度の料金が標準的な相場となっています。

ただし宿泊施設のベッドの数やトイレ、バスルームが宿泊客で共用する形態なのか、個人で使用できる形態なのかなどによって、宿泊料金は大きく異なります。また首都であるロンドンの様な大都市や、グレードの高い家具や調度品を揃えたマナーハウスなどのB&Bになれば、宿泊料金は当然上がります。

注意点としては、個人経営の宿泊施設である事から普通のホテルのようなサービスは期待出来ませんし、家に泊めてもらっているので最低限のコミュニケーションが必要となります。施設によっては小さな子供は歓迎されなかったり、食べ物の持ち込みが許されなかったりと、オーナーによって異なる規則がありますので、そういったことは予約する時に確認するべきです。

イギリスで外食、その時食費は?

・主な料理を紹介

イギリスと言えば、イングリッシュ・ブレックファーストが有名です。これは英国風朝食といった意味です。目玉焼き、ベイクド・ビーンズ、マッシュルーム、トマト、ベーコン、パン、それにコーヒーか紅茶がつきます。かなりのボリュームですね。ブレックファーストという名前がついていますが、大抵のお店では1日中提供されています。

そして定番と言えばフィッシュ&チップス。こちらはパブなどで、安く気軽に食べることができ、ボリュームも満点です。イギリス流ですと、ソルトとモルドビネガーをかけて食べるのが一般的です。

その他、イギリス料理にはじゃがいもが頻繁に登場します。じゃがいもを揚げたり茹でたりしたものが多く、付け合せとして多く出されます。

・外食した際の金額相場を紹介

外食にかかる費用ですが、まず定番のイングリッシュ・ブレックファーストは大体5から10ポンドの価格で食べることができるでしょう。

フィッシュ&チップスなど、パブを利用して食事をする際には8ポンドから15ポンドあれば大丈夫です。レストランは庶民的なものから高級レストランまでと幅が広いです。カジュアルレストランでしたら、昼間は10ポンド、夜は20ポンドから30ポンド、一流レストランですと50ポンド以上かかるでしょう。

外食の際に注意したいのは、チップを払うというところです。料理を運んでもらったり、個人的なサービスを受けた場合には、チップを払うと考えて良いでしょう。相場は大体請求額の10から15パーセントと言われています。

イギリスの税金について

・消費税や空港利用税などの税金についての説明

イギリスのVATと呼ばれる付加価値税は日本でいう消費税にあたるものです。イギリスでは2011年にVATが17.5パーセントから20パーセントへひきあげられました。

イギリスのVATは日本の消費税のようにすべての商品やサービスに課税されるのではなく、課税の対象外となるものがたくさんあります。例えば、食料品や日用品のような生活必需品、子供用おむつ、子供用文具や衣料品、書籍などです。このように子供を持つ家庭の支出を軽くするという仕組みになっています。

イギリスの空港利用税は、国際線国内線出発に航空旅客税がかかります。エコノミークラスには71ポンド、ビジネスクラス以上には142ポンドです。また、ヒースローLHR空港利用時には、国内線の乗り継ぎなどで22から42ポンドほどの旅客サービス料がかかります。

・チップなどの習慣や金額について説明

イギリスにはチップの習慣がありますが、利用する場所によっては必要ないというところもあります。

イギリスのホテルでは部屋に置いておくチップは必要ありません。かつてはこのチップを受け取る習慣がありましたが、今ではイギリス中のホテルで取らない方針となっています。

イギリスのレストランにおいては約10パーセントのチップを渡す習慣があります。ファーストフード店などでは必要ありません。

タクシーにおいては、あえてチップとして渡す習慣はありませんが、「キープ、ユア、チェンジ」というおつりはいらないという習慣があります。タクシーの料金メーターの金額に約10パーセントの金額を加えて支払うのが普通となっています。また、荷物の積み下ろしなど特別に何かを手伝ってもらった場合には少し多めに加えます。

イギリスに存在する観光施設の見学費用

・無料で利用できる観光施設を紹介

ウォリックシャーのストラトフォード=アポン=エイヴォンにはホーリー・トリニティ教会という無料で見学できる観光スポットが存在します。文豪として知られるウィリアム・シェイクスピアが通っていた教会であり、内陣にはウィリアムとその妻であるアン・ハサウェイが埋葬されています。中庭を散策することも可能です。

グラスゴーにはグラスゴー大聖堂が存在し、こちらも無料での見学が可能です。古くから修道所があった場所で、1136年に現在の大聖堂のベースができました。その後改築が繰り返されており、宗教改革でも破壊を免れました。内部では美しいステンドグラスを見ることができます。また、聖書を奉納したと言われる聖マンゴーの墓所が存在します。

・有料で利用できる観光施設を、その料金とあわせて紹介

バークシャーにはウィンザー城という観光スポットがあります。入場料は大人が17ポンド、子どもが12.5ポンド、シニアが15.5ポンドです。床面積が約45,000平方メートルという大きな城で、ウィリアム1世により建造されました。エリザベス女王が週末を過ごす場所でもあります。11時からは衛兵交代式を見ることも可能です。また、毎年6月にはガーターセレモニーが行われます。

ソールズベリーには世界的に有名な環状列石であるストーンヘンジが存在します。見学料金は大人が7.8ポンド、子どもが4.7ポンド、シニアが7ポンドです。直立した巨石が円の形に並んでおり、その周囲に土塁があります。石の中には50トンにも達するほど巨大なものも存在します。

イギリスでお買い物を楽しもう

・生活に必要なものを購入するお店を紹介

イギリスで、食料品などを買えるスーパーマーケットとして有名なのが、マークス アンド スペンサー (Marks & Spencer)です。イギリス国内に300店舗以上あるので、だいたいどの街に行っても見かけると思います。食料品だけではなく、衣料品や雑貨なども販売していますので、日常使いだけでなく、おみやげを探すのにもピッタリです。サンドイッチなどのお惣菜もおいしいです。

また、セインズベリー(Sainsbury's)も有名です。プライベートブランドの紅茶は、自宅用にもおみやげ用にもよいです。

テスコ(TESCO)も、おなじみのスーパーマーケットです。

ダブル エイチ スミス (W H Smith)は、書籍や文房具などを販売するイギリスのチェーン店です。

・一般的なおみやげの種類や相場について紹介

イギリスのおみやげの定番といえば、なんといっても紅茶です。セインズベリーなどのスーパーで売っているPBブランドのものでも十分おいしいものです。セインズベリーの紅茶なら、ティーバッグ160個入りで2ポンドです。職場の上司など、気を遣う相手へのおみやげなら、ハロッズなどの百貨店ブランドの紅茶がオススメです。リプトンやトワイニングなど、日本でポピュラーな銘柄の紅茶でも、日本のものとはパッケージが違いますし、わかりやすく喜ばれるでしょう。

紅茶の国は、お茶受けのクッキーなどのお菓子も充実しています。ウォーカーのショートブレットは、日本でも有名です。

コッツウォルド地方に行くなら、はちみつがおいしいと評判です。

イギリスで水、タバコ、ビールを購入する場合の価格と注意点

・水(ミネラルウォーター)の価格について説明

イギリスでお水は、駅のキオスクやスーパー、ドラッグショップ、ファーストフード店など、日本と同じく、どこでも購入する事ができます。

ただ、スーパーで買う方が多少安いです。キオスクなどでは大体、エビアン500mlが1ポンド=185円(2015年10月現在)ほどですが、Tescoなど大手スーパーでは0.55ポンド=102円ほどです。また、それぞれのスーパーが出している、オリジナルブランドのお水は、より格安です。

12本などのまとめ買いをすると、もっと安くなります。

・タバコの価格について説明

タバコは、駅のキオスクやスーパー、ドラッグショップなどで購入できます。

大体20本入りで6~9ポンド=1,110~1,665円(2015年10月現在)ほどです。マルボロゴールド20本入りの場合、9.5ポンド=1,758円ですので、とても高いです。喫煙者は多いですが、フィルターの付いたタバコは高いので、自分で葉っぱを紙に巻いて吸うタイプを、無くなるギリギリまで吸っている人が多いです。

タバコは16歳から喫煙できますが、レストランや公共の施設の室内では全面禁止です。

吸った場合、違法で罰金を支払わなければいけない場合もありますので、気をつけましょう。

・ビールの価格について説明

ビールはスーパーやリカーショップで購入できます。

比較的どこでも購入できますが、日本人は若く見られるため、30代の方でもパスポートのコピーなどのIDを必ず持ち歩きましょう。

スーパーでは大体660mlのビールが1本2ポンド=370円(2015年10月現在)ほどですので、日本の輸入ビールよりは安く買えます。日本で言う発泡酒はありません。6本セットなどで購入すると、もっと安くなります。

アルコールの購入は、18歳以上と法律で決められていますが、レストランやパブなどで食事と一緒に注文するのであれば、16歳から飲酒可能な場所もあります。また家庭では、親の管理のもと5歳から飲酒することができます。