宝くじが当たる人の傾向と共通点を徹底的に分析

今回は、誰もが憧れる「宝くじの当選」について掘り下げて解説しています。宝くじに当たる人の事例を踏まえながら、その特徴や共通点を探っていきたいと思います。一攫千金を狙っている方にとっては、必見の内容となっています。



宝くじとは。その定義と歴史について理解しよう

宝くじとは、日本におきまして、当せん金付証票法に基づいて発行される富くじのことを意味しています。正式には「当せん金付証票」と呼ばれます。江戸時代から宝くじは存在していて、神社や寺の修復費用を集めるという目的で、富籤(とみくじ)というものが発行されたのが始まりとされています。

宝くじの法律 当せん金付証票法
参照元:当せん金付証票法(2015年12月時点、著者調べ)



宝くじの方式/種類にはどういったものがあるのか

宝くじには、大きく分けて「開封くじ」、「被封くじ(スクラッチ)」、「数字選択式宝くじ」と呼ばれる3つの方式が存在します。順番に説明していきます。

「開封くじ」について

開封くじとは、番号が印刷された券を、1枚100円~500円で購入するというものです。抽選で番号が適合した場合は、最低100円~最高で数億円の当選金額を受け取ることが可能です。その歴史は、1945年から始まっています。

発売元や販売地域などによって様々な開封くじのサービスが存在します。具体的なものとしましては、

・ジャンボ宝くじ(「グリーンジャンボ」、「ドリームジャンボ」、「サマージャンボ」、「オータムジャンボ」などがあります)
・全国通常宝くじ(「宝くじの日記念」などが代表的です)
・ブロックくじ(東京都、関東・中部・東北自治、近畿地方、西日本、の4つのブロックで発売されています)
・地域医療等復興自治宝くじ(レインボーくじとも呼ばれています)

などがあります。

ジャンボ宝くじ公式サイト

「被封くじ(スクラッチ)」について

被封くじ(スクラッチ)」とは、番号がシールで被われているタイプのくじを指します。「スクラッチカード」のようなものを購入した後に、券面の銀色のシール部分をコインなどで削ることによって、「当たり」「はずれ」が分かります。発売された初めの頃は、「インスタント」とも呼ばれていました。現在では「スクラッチ」と呼ばれることが多いです。1枚あたり100円~200円で手軽に楽しめるというのも魅力です。

発売元や販売地域によるサービスは、開封くじと同様です。種類としましては、

・ラッキー3
・ハッピーリンク
・お年玉スクラッチ
・幸運の女神スクラッチ

などが存在しています。

「数字選択式宝くじ」について

数字選択式宝くじとは、欧米が発祥の宝くじになります。マークシートのような券を購入してルールに従って番号を選び、その選んだ番号が抽選による当選番号と一致すると、当選金を受け取ることができます。当選者がいない場合は、キャリーオーバーというものが発生するため、当選金額が高額になるという特徴があります。最高で8億円の当選金が当たるとされています。

具体的な種類としましては、

・ナンバーズ3(3桁の数字を選択する方式と、百の位を除く2桁の数字を選択する方式があります)
・ナンバーズ4(4桁の数字を選択する方式があります)
・ミニロト(1から31までの数字から、5個を選択するという方式です)
・ロト6(1から43までの数字から、6個を選択するという方式です)
・ロト7(1から37までの数字から、7個を選択するという方式です。1口300円となっています)

などが存在します。

宝くじに当たる人とは。その特徴をピックアップ

ここからは、過去に宝くじに当たった人の特徴をピックアップしてご紹介していきます。以下の項目に該当しないからと言って、必ずしも当たらないわけではありません。あくまで、「宝くじ長者白書」による統計データによるものですので、一つの参考としてチェックいただければ幸いです。

ちなみに、ここで紹介しているデータは以下の書籍/ウェブサイトを参考にしています。詳しく知りたいという方はチェックしてみてください。

宝くじ(超)当せんデータ「当たる人のルール」がわかった

宝くじ長者白書 | 宝くじ公式サイト
宝くじ公式サイトでは、ジャンボ宝くじをはじめとする全国自治宝くじ・ブロックくじ、スクラッチ、ロト、ナンバーズといった各くじの特徴や購入方法、発売スケジュールなどをご紹介。さらに宝くじにまつわるデータや歴史、当せん者のエピソード、収益金の使われ方など宝くじのことがもっとよくわかる情報を提供しております。

身体的な特徴と年齢

身体的な特徴としましては、中肉中背で丸顔の方が多い傾向にあるようです。年齢は35歳から60歳までの方が中心で、特に60代の方に高額当選者が多いそうです。男女の比率としては、男性が68%、女性が32%というデータもあります。

当たりやすい名前

宝くじに当たる人の名前にも共通点があるというデータがあります。男性の場合ですと、イニシャルは「K.S」「K.K」「M.K」、女性の場合ですと、「K.K」「M.M」「M.S」が多い傾向があるようです。

手相が良く、やわらかい

宝くじに当たりやすい人の特徴として、手が柔らかいというデータもあるようです。さらに手相も共通して言う部分があるらしいです。

具体的な手相の傾向としましては、2つあると言われています。1つ目は、薬指の下に、縦に長い線があるということです。線が長くて濃いほど、金運が強い傾向にあるようです。

2つ目は、薬指の付け根のあたりに、星型のしわがあるということです。こういったしわのない人は、マジックで書くという手もあるようです。実際にマジックで星型の印を入れて、見事に当たったという事例もあるようです。

当たりやすい星座

12個ある星座の中で、男女ともに当たりやすい人のトップが「水瓶座」というデータが出ています。男女の合計で計算すると、全体の10.8%ということになります。1つの星座の平均で割り出すと、8.3%になります。1,495人のアンケートによる、統計データですので、ある程度は信頼できる数字といってもいいでしょう。

女性の場合は、水瓶座は11%で、双子座(4.8%)の2.3倍というデータになっています。 男女ともに同じ水瓶座がトップに君臨しているというのは注目に値するかもしれません。



宝くじに当たる人に共通する対策方法について

先ほどは、実際に宝くじに当たった人の特徴を記載しましたが、ここからは具体的な行動/対策方法をご紹介していきます。年齢や名前、手相などに関係なく、行動を起こすことはできますので、できる限り実践しておくといいかもしれません。

保管場所を考えている

古代の中国においては、お金を壺の中に入れた上で、地中に保管すると増加すると伝えられてきました。ひんやりとしていて、静かで暗く、穏やかな場所です。現在の日本でいえば、一番近いとされているのが冷蔵庫といわれています。

この理論を提唱したのは、中国江蘇省生まれで華僑3代目の風水師である「張真紀」という方です。宝くじの保管場所として、冷蔵庫がもっとも有効だというわけです。

中国では古くから、お金は人に例えられています。地中の静かな場所で心地よく休んでいただくことも大切ですが、お金は寂しがり屋とも考えられています。ですので「ここは良い場所だし、落ち着くところ。でも寂しいな」とお金が感じて、仲間を呼び始めるというのです。宝くじも紙幣と同じで、この効果があると考えられています。居心地のよい場所に、吉を呼ぶということです。従って、冷蔵庫の気の流れをどのような状態の時も良好にしておくことが基本なのです。

冷蔵庫の中の運気を上昇させるポイントとしては、5つあります。

・1つ目は、全部の棚やポケットを美しくすることです。棚が調味料で汚くなっていると気が澱んでしまう原因になるからです。

・2つ目は、脱臭剤を常に新しいものにしておくことです。
気を新鮮な状態でキープするためには、欠かせない要素です。木炭を使った脱臭剤が特にオススメとされています。

・3つ目は、賞味期限切れの腐りかけの食品は処分して、整理するということです。そのまま放置するのは危険です。思い切って処分し、新鮮な空気で満たすようにしましょう。

・4つ目は、常温での保存が可能な食品に関しては、冷蔵庫に入れないということです。
こういったものも、気の流れの妨げになると言われています。

・5つ目は、冷蔵庫の外側に貼ってある紙やマグネットをしっかりと整理するということです。色々な物を貼ってしまいがちですが、気の巡りを悪くしてしまいますので気をつけましょう。何も無い状態が理想とされています。

という感じです。

きちんと宝くじを置く場所を確保できましたら、予定通り冷蔵庫に入れて保管しましょう。ちなみに、宝くじを置く場所は、自分の心臓の高さに置いておくのが基本とされています。心臓は生命エネルギーの根源とされていますので、宝くじと自分の気がしっかりと呼応しやすい高さだと考えられています。冷蔵庫の種類によっては、低いものもあるかも知れませんが、その場合は、冷蔵室で最も心臓の位置に近い高さの棚でも大丈夫だということです。

あとは、宝くじを袋から出した状態で、上に重しといった形で、白い石や金のアクセサリーを置いておくと、冷蔵庫の中の気が、宝くじを中心として回りやすくなるとされています。

当たりやすい場所を選んでいる

街を歩いていると頻繁に宝くじ売り場で見かけると思うのですが「1等の●億円が当選しました!」というのがあったりします。テレビや雑誌などでも人気が高い売り場に行列が並んでいる様子が映し出されたりもしていますよね。理論上では当たる確率はどちらの売り場も同じで、ほとんど変わらないといわれていますが、果たしてそうでしょうか。

実際に沢山よく当たる売り場というものも存在しています。風水的な観点から考えますと、以下のような場所がオススメとされています。

・自分の家から南あるいは西の方角に位置している宝くじ売り場。
・人ごみのあまり多くない宝くじ売り場。
・近くにビルや木などの障害物が何も無いような、開放感のあるところにある宝くじ売り場
・自分自身の気持ちが良好な状態で購入することが可能な宝くじ売り場

という感じです。また、風水の考え方では、西が金運アップの方角であり、南は直感力アップの方角とされています。

日ごろの行いによって運気をアップさせている

日々のライフスタイルをきちんと送ることによって、運気をアップさせているというデータもあります。高額当選者は、とにかく風水を実践している傾向が高いです。例えば、簡単に実現できそうなものを挙げますと掃除です。特に日本の風水では、トイレは金運に影響する重要ポイントとして知られています。

朝起きた時に、洗顔や歯磨きを行うのと同じルーティーンでトイレを掃除する習慣を組み込めばいいのではないでしょうか。掃除以外で注意しておきたいのは、トイレのフタをきちんと閉めることです。常に水が溜められた状態の水洗トイレの場合、溜まった水から「気」が発生してくると考えられています。トイレのフタは必ず閉めることによって、トイレの「気」を清浄することができ、金運を上昇させることが可能となるわけです。

他にも金運を高める方法として、幸運が入ってくると言われている玄関や窓、カーテンといったところを美しく保つということも効果的だと考えられています。

あとは、西の方角に黄色い花を置くことや、購入した宝くじを黄色い袋に入れた状態で保管するなどといった工夫も、金運を上昇させる上で、重要なやり方として取り入れられています。運気の上がる財布やパワーストーンを持ち歩くというのも、運気を上げる上で効果的かもしれませんね。

漠然とした自信と思考を持っている

「自分は絶対に宝くじに当たる」という風に思い込むことも重要です。ひょっとすると金運を引き寄せる最上級のアプローチなのかもしれないのです。風水を意識するといった工夫ももちろん大切ですが、こういった思考で臨むというのも重要なのです。

自己啓発マニアの間で話題となり、爆発的な人気を博した『ザ・シークレット』 (ロンダ・バーン著 山川紘矢・亜希子・佐野美代子訳)にも、思考が大事だと書かれています。思考は磁石みたいなものであり、その思いにはある特定の周波数が出ているというのです。あなたが思考やイメージを抱くことによって、それが宇宙に放たれて、同じ周波数を持った物や環境を引き寄せるというのです。あなたが放つあらゆるものが、その源であるあなたに返ってくるというのです。

当たりやすい購入方法

宝くじに当たる人は、買い方も工夫しているようです。宝くじを10枚以上購入するとシミュレーションしますと、原則的にはバラで購入する方法と連番で購入する方法の2種類の買い方が存在します。

連番で購入した場合の方が、1等+前後賞を狙うことが可能な気がしますが、10枚の購入で比べた場合、バラで買ったほうが連番で購入するよりも、2.5倍以上も当たるパーセンテージが高くなるようです。

まとめ。宝くじに当たる人の共通点を考察

以上が、宝くじを当たる人の特徴と、具体的な対策になります。細かい部分まできちんと実践していただければ幸いです。

まとめとして、3つの観点から説明を加えておきましたので、ご確認ください。

統計データによる当たる人の特徴を把握

宝くじに当たる人自体の特徴として、

・当たりやすい名前
・手相が良く、やわらかい
・当たりやすい星座

の3つを挙げさせていただきました。
どうしようもない部分もありますが、確固たる統計データが出ていますので、こういった情報を把握しておくことも重要だと思います。代理で購入してもらうという方法もありますよね。

具体的行動による対策で運気を上げる

具体的な行動対策として、

・保管場所を考えている
・当たりやすい場所を選んでいる
・日ごろの行いによって運気をアップさせている
・漠然とした自信と思考を持っている
・当たりやすい購入方法

の5つを挙げさせていただきました。
当たる人の特徴に当てはまらないという場合は、行動対策をきちんと実践することで、運気を上げることができます。これらは、努力をすれば誰でも行うことが可能ですので、いかに面倒だと感じずにやりきるのかが鍵だと思います。

闇雲に買うのではなくできる限りのことをする

必ずしも当たると断言することはできませんが、何も考えずに臨むよりは、統計データや運気を味方につけた方がいいのではないでしょうか。是非、前向きな気持ちでチャレンジしていただければと思います。 本記事の情報は、一般的または筆者個人の調査によるものです。法令などの改正、前提事実や個人状況の違いや変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。