クレジットカードの最高峰「ブラックカード」が桁違いなわけ!

みなさんは、クレジットカードの「ブラックカード」を持ってますか?!私は持っていませんが、触ったことはあります。前に働いていたお店の客層がみなさん「大金持ち」だったんです。そのお金持ちが持つ「ブラックカード」は、他のカードと一体何が違うのでしょうか?また、そのカードを取得するための「条件」について、調べてみました。



ブラックカードについて

「ブラックカード」という名前は聞いたことがあるけれど、実物を持っている人をみたことが無い人は、多いのではないでしょうか。そもそも、ブラックカードって、一体どんなカードなのか?詳しくみていきましょう!

クレジットカードのランク

クレジットカードのランクについては、4つのランクに分類されていると思います。

■誰もが持っている:一般カード
■一定の条件をクリアしないと持てない:ゴールドカード
■さらに厳しい条件をクリアする必要のある:プラチナカード
■そう簡単には持てない:ブラックカード

の順に、ランクが高くなっていきます。ゴールドカード以上は、「ステータスカード」とも呼ばれており、クレジット会社の出している「その条件」を満たした人しか、そのカードを持つことが出来ないとされています。

20年前を振り返ってみると、「ゴールドカード」を持つことが、お金持ちの「ステータス」とされていました。しかし現在は、ゴールドカードを保有率が高くなっていることと、最上級カードである「ブラックカード」が登場したことから、「ステータス」をそれほど感じないカードになってしまったように思います。そのため、「ブラックカード」に興味を持つ方が多いのではないでしょうか!? クレジットカードには「スタンダード」「ゴールド」「プラチナ」「ブラック」と種類があるようですが、その違いについてよくわからないという方も多いようです。ゴールドの中でも特徴がそれぞれであり、プラチナについては申し込むタイプもあれば招待制のものもあるようです。そしてブラックカードだけがただ黒い色のカードということではないとのこと。気になるクレジットカードのランクについて簡単にまとめました。

ブラックカードの特徴

「ブラックカード」の名前の由来は、アメリカン・エキスプレス社が出している、最上級カード「センチュリオンカード」のブラック色から来ています。それに続いて、各クレジットカード会社もブラックカラーを基調とした「最高クラス」のクレジットカードが発行されました。

そのため、最上級クラス(=イコール)ブラックカードという形が、出来上がったように思います。お金持ちが持っている印象の「ゴールドカード」より、さらに「レベルの高い」カードとして知られる「プラチナカード」。更に、そのランクが上がると「ブラックカード」になるわけです。

アメリカン・エキスプレス社の「センチュリオンカード」を例に挙げてみると、そのカードは、通常のクレジットカードのような「プラステック製」ではなく、「チタン製」でドッシリ重いのが特徴と言えるでしょう。

「お金持ちとは程遠い」私が、そのカードを手にした瞬間に感じたことは、「このカード、鉄?」と思いましたね。

ブラックカードの所持率

「ブラックカード」って、芸能人や大企業の社長さんなど、お金持ちが所持していることは聞いたことがありますが、日本国内ではどのくらいの人が保有しているのか?気になりますよね。

しかしながら、アメリカン・エキスプレス社では、その詳細を公表しておりません。そのため、具体的な数字は、明らかになっていないのが現状です。ですので、ここでは、楽天リサーチが行った「クレジットカードに関する調査」(2011年度)より、おおまかな数字が出ておりますので、参考にみてみましょう。

<利用しているクレジットカードのタイプ>

■「一般カード」:87.0%
■「ゴールドカード」:11.3%
■「プラチナカード」、「ブラックカード」:1.4%
■その他:0.3%

出典:

research.rakuten.co.jp
「プラチナカード」の保有率と合計しても、(約1.4%)程度という数字が出ております。ということは、「ブラックカード」の保有率は、(1.0%)以下であることが判りますね。

最高ランクの「ステイタス」を求めている方であれば、「ブラックカード」を所持したいと思うかもしれません。ですが、ブラックカードを保有するのも、なかなか難しいことを示している結果となっているようです。



ブラックカードに関する【ウワサ】

【日本】多くの芸能人がブラック所有

テレビ番組などで、芸能人がお財布の中を公表する場面を見ることが時々ありますよね!そんな時に判るのが、財布にいくら入っているのか?だけでなく、どんなクレジットカードを所有しているのか?ということです。芸能人の多くがブラックカードを所有しているようです。

みなさんご存知、堀江貴文さん(ホリエモン)や浜田雅功(ダウンタウン)、神田うのさん、細木数子さんなど、お金持ちな方々がブラックカードを持っているようです。「ステータスカード」と言われるだけあり、ブラックカードを持ちたい人が多くいる国である、というのも事実かもしれませんね。

【海外】ビルゲイツはブラックを持たない

世界的に有名なマイクロソフト社の創業者であり、長者番付に名を連ねている「ビル・ゲイツ」。彼だけでなく、投資家で有名な「ウォーレン・バフェット」もウワサによると、カードはアメックスのブラックではなく「グリーン」だそうです。グリーンといえば、私の母と同じカード!?

なぜ、金持ちなのにブラックじゃないのか?それは、ブラックを持てないのではなく「敢えて持たない」と聞きました。その理由が「年会費が高い」ことだそうです。無駄なお金は使わず、投資や寄付にお金を回したいというのが、彼らの精神のようです。日本で聞きなれない言葉なので、大変驚きましたね!世界レベルの金持ちは、スケールが違うみたいです。

持つことが許される方の条件

必要な年収について

「ブラックカード」と言えど、各クレジット会社によって、審査する「基準」には、多少のバラつきがあると言えるかもしれません。「ブラックカード」についての情報がアメリカン・エキスプレス社から、ほとんど公表されていないため、その必要年収額は、現時点でも不明と言えます。

ですが、各クレジットカードの情報や、そのカードにかかる「年会費」の金額から考えてみると、「ブラックカード」を取得のに必要な年収は、最低でも「1,000万円以上」が必要になるように思います。

せっかく「ブラックカード」を持てたとしても、「高い年会費」を支払うことを考えれば、そのカードの利用金額が大きくなければ、全く意味がないと言っても良いかもしれません。 <アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカードの場合>
■入会金:540,000円
■年会費:378,000円

<ダイナースクラブプレミアムカードの場合>
■年会費:無料(初年度)
※次年度以降は、50,000円
※国内では、三井住友信託銀行が発行しているカードになります。

<SBIワールドカードの場合>
■年会費:157,500円

<JCB THE CLASSの場合>
■年会費:50,000円(税抜)

<Visa Infiniteカードの場合>
■年会費:120,000円(税抜)
※国内では、スルガ銀行が発行しているカードになります。

SBIワールドカード:SBIホールディングス
参照元:SBIホールディングス(2015年12月時点、著者調べ)

ダイナースクラブカード:三井住友信託銀行グループ
参照元:三井住友信託銀行グループ(2015年12月時点、著者調べ) ブラックカードは、クレジットカードの最高峰として憧れとステイタスの象徴となっています。プレミアムな特典とともに高額な年会費も気になりますよね。謎に包まれた部分の多いブラックカードの種類と年会費・取得難易度についてまとめました。 ブラックカードはクレカの中でも最高峰のカードです。そのサービスもカードランクの中では最高峰ですが、取得はとても難しいと言われています。具体的に年収はどれくらい必要なの?取得しやすい黒はある?「黒」について簡単解説。

クレジットカードの利用実績について

ここでは、「アメリカン・エクスプレス社」と「JCB」の場合を例に、その利用実績「条件」をみていきましょう。

<センチュリオンカードの申込み基準>
■アメリカンエキスプレスカードは、カード一律で利用限度額を設けていないので、個人の利用実績に応じて変動する仕組みとなるようです。そのため、毎月の「決済額が多くなる」ほど、利用「限度額も拡大」していき、「ブラックカード」の「インビテーション」(紹介状)が届くのも遠くないと思われます。
ですので、まずはゴールドや一般カードでの実績を積み上げていくことがいいでしょう。
ちなみにアメリカンエクスプレスカードでは、ゴールドカードの場合で年会費が3万円弱となっておりますが、入会キャンペーンをやっていることが多く、所定の条件を満たせば、初年度は実質無料といったこともできます。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの詳細はこちら
<JCB THE CLASSの申込み基準>
■JCBカードでの利用実績を作り、年間決済額100万円を2年以上続けていること。JCBより、ブラックカードの「インビテーション」(紹介状)が届くことが考えられるでしょう。
JCBゴールドカードは年会費が1万円ですが、こちらも新規入会キャンペーンをやっていることが多いですので、条件を満たせば初年度の年会費を相殺できるかもしれないですね。

JCBゴールドカードの詳細はこちら

年齢や社会的地位について

ここでは、「ダイナースクラブカード」と「JCB」の場合を例に、年齢や社会的地位の条件について、みていきましょう。

<ダイナースクラブカードの場合>
■カード発行基準年齢:27歳以上
■社会的地位:会社での勤続年数が10年以上の役職者、または、自営業10年以上
■自家を保有していること

<JCBの場合>
■カード発行基準年齢:40歳以上
■社会的地位:会社での勤続年数が10年以上の役員や、管理職であること
■自家の保有していること
※上記の条件は、JCBが「インビテーション」を採用していなかった時点の条件になっています。
※JCBカードへの入会歴が3年以上であることが、必要になります。

JCBでは、40歳以上とされていますが、実際は、その他条件をクリアしていれば、30歳以上でもインビテーションが届いているようです。とりあえず、100万円以上カードを利用していることが重要になると思います!

ダイナースクラブカード:三井住友信託銀行グループ
参照元:三井住友信託銀行グループ(2015年12月時点、著者調べ)

JCB THE CLASSカード:JCBザ・クラス
参照元:JCBザ・クラス(2015年12月時点、著者調べ)



ブラックカードの取得方法とは?

取得に必要なものとは?

「持つことが許される方の条件」にも書きましたが、ほとんどの場合、「インビテーション」(招待状)が必要になると思います。ですので、「ブラックカード欲しい!」と言って、簡単に作れるものでは無いことが解かるでしょう。

では、その「インビテーション」は、どうやって入手するのか?という話ですが、ブラックカードの「現カード保有者」からの「紹介」であることが理由の1つとして、挙げられます。そのため、ある程度の社会的地位を持った人の所持が多いのではないでしょうか。

他には、クレジットカード会社が招待する「高額利用者」であることのように思います。数百万円を毎月利用する方であれば、そのカード会社から、意外と容易に「インビテーション」が届くかもしれませんね。

クレジット利用額を高額する必要性?

実際のところ、現時点で所持している「クレジットカード」でかなり高額金額で使用し続けることが、インビテーション(招待状)を得るための「近道」であることが挙げられます。クレジットの利用実績を作ることで、クレジットカード会社への信用を得るためと言えるでしょう。

「インビテーション」を得るためには、JCBの場合、年間利用額が100万円以上を2年間続けると、可能性が高くなると言われています。しかし、「センチュリオン・カード」や「ダイナースクラブカード」の場合だと、その金額規定は設けられてはいません。もしかしたら、年間500万円以上とか、そのようなレベルになるのかもしれませんね。

ブラックカードの利用限度額について

アメックスセンチュリオンカードの上限額

限度額が無いと錯覚するくらい、高額な設定であることが多いと言われています。各個人によって、その限度額が違うと言われています。しかし、利用実績のある方であれば、数千万円以上、または、数億円以上の利用が出来る方もいらっしゃるというわけです。

自動車や住宅など、普通ならローンを組んで買うであろうものを「ポーン」とクレジットカードで購入できるのです。正しく「金持ち」のステイタスと言えますね!

ダイナースクラブプレミアムカードの上限額

ダイナースクラブカードについても、センチュリオンカードと「同様」に、個人の「利用実績」に応じて、その「限度額」が設定されるようです。ですので、ビルでも、クルーザーでも、買おうと思えば買える方もいらっしゃると思います。

ダイナーズカードについてもっと見る

現金で持ってなくとも、いつでも「数千万円以上」のお買い物が出来るわけですよね!?やはり、貧乏人が持つべきカードではないことが解かります。

SBIワールドカードの上限額

SBIワールドカードについても、センチュリオンカードと同様、その限度額は、個人に応じて設定されるようです。こちらも比較的入手することが難しいといわれているカードですので、高額設定になることが考えられると思います。ワールドカードについての情報が、あまり公式で出回っていないため、詳しくは判っていないのが現状です。

JCB THE CLASSの上限額

JCB THE CLASSについても、各個人のクレジットカード「利用状況」や「資産状況」などに応じて、利用可能枠を個別に設定されるようです。資産が多ければ多いほど、設定される金額も高いことが考えられるでしょう。また、年収が億単位などの方も利用限度額が高そうな気がしますね。

VISA Infiniteカードの上限額

スルガ銀行で出しているVISAの「Infiniteカード」については、ショッピング枠で金額の設定がされるようです。しかし、一般的なカードより、高額での設定になっていると言えるでしょう。ですが、他のブラックカードと比べると、その金額設定は、低いのかもしれませんね。銀行で出しているから?というのも、もしかしたら関係しているのかもしれません。

ブラックカードの特典比較

アメックスセンチュリオンカードの特典は?

■航空券の無料グレードアップ
■世界中の空港のVIPラウンジの利用権(プライオリティパス)
■最高1億円の海外・国内旅行傷害保険
■パーソナル・コンシェルジュ付き(24時間対応)
■プロ野球やサッカーなどVIP観戦
■ホテルのアップグレード
■会員制のスポーツクラブ、ゴルフクラブの利用
■ジェット機チャーターなど

もう庶民の生活範囲ではない特典であることが判りますね!年会費が高い分、そのレベルが凄すぎます。

会員特典について:アメリカンエクスプレス
参照元:アメリカンエクスプレス(2015年12月時点、著者調べ)

世界に広がるラウンジ・ネットワーク :プライオリティ・パス
参照元:プライオリティ・パス(2015年12月時点、著者調べ)

ダイナースクラブプレミアムカードの特典は?

■コンシェルジュサービス(24時間対応)
■おもてなしプラン(レストラン対応サービス)
■料亭プラン(予約困難である高級料亭の予約対応)
■プレミアム エグゼクティブダイニング(1名分が無料となる)
■メディカルコンサルティング(治療法の相談、専門医の紹介)
■最高1億円の海外・国内旅行傷害保険
■ジェット機チャーターなど

こちらもなかなか目を引く「特典」が勢ぞろいですね!利用できるのが、羨ましいです。

ダイナースクラブカード:三井住友信託銀行グループ
参照元:三井住友信託銀行グループ(2015年12月時点、著者調べ)

SBIワールドカードの特典は?

■世界中の空港のVIPラウンジの利用権(プライオリティパス)
■MasterCard優良加盟店の特別優待サービス
■最高1億2千万円の死亡・後遺障害を補償する国内・海外旅行傷害保険
■家族特約付海外・国内旅行傷害保険
■最高1.2%のキャッシュバック還元率
■ブラックカードに天然「ダイヤモンド」使用

SBIブラックカードの魅力の1つとして、カードに「ダイヤモンド」が使われていることが挙げられます。正しく、最上級のカードである証と言えますね!

SBIワールドカード:SBIホールディングス
参照元:SBIホールディングス(2015年12月時点、著者調べ)

JCB THE CLASSの特典は?

■グルメベネフィット(1名分無料になる)
■プレミアムステイ(厳選ホテルでの優待特典)
■コンシェルジェサービス(24時間対応)
■ディズニーランド優待特典、専用ラウンジの利用
■世界中の空港のVIPラウンジの利用権(プライオリティパス)
■スポーツクラブ優待など

JCBのブラックカードが人気である理由の1つとして、ディズニーランドの優待特典が考えられます。ディズニーランド内には、JCB専用ラウンジもあり、「JCB THE CLASS」保持者のみ利用できる特典となっているようです!

「JCBザ・クラス」について:ザイ・オンライン
参照元:ザイ・オンライン(2015年12月時点、著者調べ)

VISA Infiniteカードの特典は?

■プレミアム返済アシスト(銀行ローンの繰り上げ返済に充当可能)
■プレミアムトラベルアシスト(キャッシュバックあり)
■世界中の空港のVIPラウンジの利用権(プライオリティパス)
■コンシェルジュサービス(24時間対応)
■グルメ優待、ホテル優待など
■銀行サービスに対する優遇
・普通預金金利優遇サービス
・キャッシングサービスの金利優遇
・投資信託手数料半額キャッシュバック
・プレミアムICキャッシュカード(ATM手数料無料)

「Visa Infiniteカード」は、スルガ銀行で発行されているものになるため、銀行利用の特典が多くあるように思います。スルガ銀行で住宅ローンなどを借りている方であれば、得する特典も多いのではないでしょうか。この銀行を利用される方には、なかなか魅力的なカードです。

SURUGA Visaクレジットカードについて:スルガ銀行
参照元:スルガ銀行(2015年12月時点、著者調べ)

ブラックカードのメリット・デメリット

所持することのメリット

各クレジット会社のブラックカードの「メリット」とは、

■特典のレベルが高いこと
■特典を利用すればするほど、得をする仕組みであること

などが、挙げられます。そのため、手にしたいが「そう簡単には手に入らない」というカードなのではないでしょうか!?その誰もが持てないという「ステイタス」自体にも、メリットを感じる方が多いかもしれません。

所持することのデメリット

最大のメリットとして挙げられるのは、

■年会費、入会金(センチュリオンの場合のみ)が高いこと

でしょうか?ですが、特典のレベルの高さから考えると、もしかしたら、この年会費は、安い方かもしれません。もし、あなたがこの特典を全て使うとしましょう。一体、いくらくらいかかると思いますか?航空券のグレードアップだけでも元が取れるように思うのです。

そう考えると、ブラックカードを所持する方は、その年会費の元が取れるように有意義な使い方をする必要があるように思います。

ブラックカードQ&A

カードで分割払いする人は?

アメリカンエキスプレスのブラックカードホルダーで、カード決済するとき、分割払いする人なんていますか?

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
買うモノの値段にもよると思いますが、ほとんどの方は、一括払いで支払っていると思います。その理由として、分割手数料が高いためです。また、ブラックカードを所有している時点で、高収入が見込まれている方ですので、カードで分割払いするような方は、あまり居ないように思います。

私の経験(仕事上)ですが、普通のクレジットカードを機械で読み込みますと、「一回払いか?分割か?」という表示が出ます。ですが、ブラックカードを通した場合には「分割払い」という選択項目は出てこなかった記憶があります。たぶん、カードの設定でそうなっているのではないでしょうか。

ブラックホルダーになりたい

ブラックカードについてです。
今大学生ですが、将来ブラックカードホルダーになりたいです。
ブラックカードを持つには今後どのようなルートが考えられるでしょうか。
大学生活から社会人に
なってからの年収や消費活動まで、なるべく詳しく教えてください。

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
どのようなルートで、アメックスのブラックカードが持てるのか?という質問ですが、年収は最低でも「1,000万円以上」なければ、年会費378,000円は払えないと言われています。毎月の「カードでの決済額」が多くなればなるほど、ブラックカードのインビテーション(紹介状)が来る日も近いと噂で聞きます。

私の知り合いにブラックホルダーがいるので、聞いてみましたところ、新品の外車(高級車)をカードで買えば、インビテーションが来るような話でした。その車の値段を教えてもらえなかったので、一体いくらなのかは解かりませんが、カードで数千万円使えば、ブラックカードになるような気がします。

ブラックカードの上

クレカのブラックカードの上ができるとすれば
次はどんなカードになると思いますか?
アメックスがプラチナを出したのが1984年ですね。
類似した種類のカードを各社が出してきて15年後
の1999年にブラックを出しましたね。それから
16年後の現在までにブラックと称したカードが
また各社からいくつも出てきています。
またアメックスは更なる超富裕層限定の次なる
カードを作ってきたりしますかね?
普通→金→白金→黒→?

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
日本では、あまり話題にならないため知られていませんが、実は、ブラックの上のカードが存在するんです!そのカードは、アメックスではありません。アメリカの「JPモルガン」という大手金融会社がVISAと提携し、上顧客向けに作られたクレジットカードです。

その名は「パラジウムカード」というものです。ちなみに、パラジウムとは、貴金属に利用されている素材で、光り輝く高級なカードと言われています。

最後に、衝撃の事実も!

ブラックより上のカードがある

世界の富裕層にとって、ブラックは普通のカードなのかもしれません。実は、ブラックカードを「超える」ステータスカードが存在しています。それは、JPモルガン・チェース・アンド・カンパニーが大富豪の顧客向けに発行しているクレジットカード「パラジウムカード」です。

パラジウムは、ジュエリーに利用されている素材です。このカードには、パラジウムだけでなく、23金も使用されており、カード自体の価値が「約19万5000円」と言われています。高級品です!

さらに、このカード最大の魅力として、1時間50万円のプライベートジェット機を「無料」で手配することができます。カードホルダーの特典もスケールがデカい!ですね。

また、カードの利用限度額は、当然ながらありません。自己資産額の範囲内であれば、何十億でも使おうと思えば使えるようです。家やビル、船などを次々カードで買えちゃうんですね!想像をはるかに超えているカードであることは間違いないです。

JP Morgan Chase Palladium Credit Card Designed for Richest Americans | TIME.com
Will that be credit, debit or 23-karat gold? For a small number of very wealthy consumers, that's not a hypothetical question. The JPMorgan Chase Palladium card is made out of laser-etched palladium and gold.

さらに上のカードを持つ人とは…

<パラジウムカードを所持できる条件>
■JPモルガンの上顧客で、銀行に「約48億7000万円」以上の資産を保有していること

本当かどうか知りませんが、オバマ大統領が持っているという話を聞いたことがあります。パラジウムカードは、世界で5,000人程度が所有していると言われていますが、はっきりした情報は公表されていません。日本国内で所持されている方って、いらっしゃるんですかね?!

パラジウムカードを観られる可能性も奇跡的な確率だと思います。ドバイに行けば、観れるかな?って感じですかね。 アメリカンエクスプレスのブラックカードをご存知でしょうか?お金持ちが持っている、あの黒くて重いカードです。しかしながら、それをも凌ぐ「最強カード」があるというウワサを聞きつけ調べてみたところ、やっぱりそのカードは存在しました!ブラックカードを超える「最強」カードとは、一体どんなカードなのでしょうか?また、どんな人が持てるものなのでしょうか?最上級「パラジウムカード」についてご紹介します。

まとめ

ここまで、ブラックカードについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか?なかなか手にすることが難しいことが判明しましたね。ですが、得られる特典もビックリするようなものが沢山みられました。

もし、お金持ちになれたら、私も「ブラックカード」が欲しいと思いました。これから、ブラックカードの取得を考えている方、ぜひ、これらを参考にゲットしてみて下さい! ※本記事は一般的な情報に過ぎず、適用法令等の改正、前提事実や個人状況の違いおよび変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。