これで安心!結婚のご祝儀の相場とマナーまとめ

意外と知らないのが、結婚のご祝儀の相場。なかなか人には聞きづらいですよね。そしてそのマナーも大切な要素です。そんな結婚祝いのご祝儀についてをまとめてみました。



意外と知らない結婚式のご祝儀〈相場〉

結婚のお祝いのご祝儀については、意外と知らない人って多いですよね。結婚式の招待状が届いたら、何着ていこうか、誰が来るのかな、なんて色々考えますが、ご祝儀についてはわりと直前まで忘れているものです。

このご祝儀っていくら包めばいいのか、世間の相場って気になりますね。そしてその金額などにも、タブーのマナーなどがあったりします。

また、地域によっても金額に差があったり、贈る人と贈られる人の関係でもまた変わってきます。お祝いは気持ちですが、大人として世間の常識など、知っておくべきことをしっかりと押さえておきましょう。

ご祝儀の金額の基本

日本では古くから「縁起を担ぐ」という慣わしがあります。こういったお祝い事にも縁起がよいものがいいものです。ですので、基本的にご祝儀の金額は、割り切れる額は嫌われます。これは、割れる=別れるといったことを連想させるためです。ですので基本的には偶数の金額は避けるようにしましょう。

しかし最近は、「2」という数字は「ペア」というように考えられる様になっています。ですので、2万円という金額でも気にならなくなっています。この場合は、1万円札を2枚入れるのではなく、1万円札1枚と5千円札を2枚といった形で、3の奇数にすると縁起がよいでしょう。

また、偶数でも「8」という数字は漢字の「八」を見ると、末広がりになっており、縁起が良いとされています。さらに「10万円」という場合もありますが、これも問題は無いようです。

ただし、絶対避けたい数字としては「4」や「9」などの数字でしょう。4は「し」と読めますので「死」を連想させますし、9は「く」と読めますので「苦」を連想させてしまいます。この数字は絶対に避けましょう。

結婚のお祝いというのは、新しい門出を祝うためのものですので、お札は新札を用意します。突然のことではないので、早めに用意できますよね。

親族や家族へのご祝儀

家族や親族の場合、普段のお付き合いによって、また、贈る側の年齢によって違ってきます。さらに、披露宴へ招待されているのか・招待されていないのかでも違ってきます。

【招待されている場合】
新郎新婦の兄弟姉妹の場合は、50,000円から100,000円、ただし弟や妹など20代であれば20,000円からでも大丈夫です。また、夫婦で出席する場合は、100,000円ぐらいからとなります。

新郎新婦の親族の叔父叔母、伯父伯母、いとこの場合は、30,000円ぐらいから。夫婦での出席であれば、50,000円から100,000円となります。また、祖父祖母の場合は50,000円からで、夫婦での出席は100,000円からとなります。

【招待されていない場合】
新郎新婦の親族の場合、その夫婦やその家を代表してのお祝いで大丈夫です。相場は10,000円から30,000円程度ですね。いとこの場合は無くても大丈夫ですが、贈るのであれば10,000円程度で良いでしょう。

友人や先輩後輩などへのご祝儀

友人や先輩後輩へのご祝儀については、親族と同じように、普段のお付き合いにもよりますし、贈る側の年齢などにもより違ってきます。またこれも同じように、招待されているのか・招待されていないのかでも違ってきますね。

しかし最近は身内だけの結婚式も多くあります。ですので披露宴の招待に関係なく、その関係の度合などで金額を判断すると良いと思います。

【招待されている場合】
新郎新婦の友人や先輩後輩のばあいは30,000円程度です。20,000円でも大丈夫です。先輩の場合は、30,000円から50,000円程度になります。夫婦での出席の場合は50,000円からが相場です。

また数人でまとめてご祝儀を贈る場合は、中途半端な金額ではなく、キリの良い数字にするようにしましょう。そして、先に結婚のお祝いの品などを贈っている場合は、その分をご祝儀から差し引いても良いと思います。そのときは、一言本人に伝えておくと良いですね。

【招待されていない場合】
数人でまとめてご祝儀を贈る場合は、1人1,000円程度からで大丈夫ですが、その場合キリの良い数字となるようにしましょう。また、1人で贈る場合は、3,000円から20,000円となります。

招待されていない場合は、ご祝儀はお金ではなく品物を贈るだけでも良いでしょう。

上司や同僚へのご祝儀

会社の上司や同僚などの場合、もちろん普段の関係性にもよりますし、贈る側の年齢によっても金額は違ってきます。またこれも同様に、披露宴への招待がされているか・招待されていないかによっても変わってきます。

【招待されている場合】
新郎新婦の上司で、主賓や祝辞を依頼された場合は、50,000円からとなります。披露宴へ出席するだけの場合は30,000円から、また夫婦での出席であれば、70,000円または100,000万円などになります。

新郎新婦の同僚や部下の場合、30,000円程度で、年齢によっては20,000円でも大丈夫です。

【招待されていない場合】
たとえ会社の上司や同僚のばあいでも、披露宴へ招待されていない場合は、そのお付き合いの度合いにもよりますが、あまり関係性の深くない場合はご祝儀はなくても問題ありません。上司の場合は、10,000円程度でよいでしょう。

また、同僚などでまとまってご祝儀を出す場合は、1人1,000円から3,000円程度、また1人でご祝儀を出す場合は3,000円から10,000円程度となります。数人でまとめて贈る場合は、キリの良い数字にすることが大切です。さらにご祝儀ではなくお祝いの品を贈るのも良いでしょう。

その他のご祝儀について

これは、新郎新婦側からのご祝儀の場合となりますが、遠方からの結婚式や披露宴に出席してくださる方や、主賓や来賓として招待した方には、お車代を引き出物などとは別に出しましょう。

使用するのし袋は、紅白の結び切りを使用し、「お車代」と記入して、下段に新郎新婦の姓を記入します。お車代としての金額は、5,000円から30,000円程度になります。



ご祝儀袋のマナー

結婚のご祝儀とは、お祝いの気持ちを表すものです。ご祝儀といえば、現金のことをいうのが多いのですが、ご祝儀の種類にはいろいろな種類があります。

例えば、新郎新婦への結婚のお祝いの場合は、のし袋の表書きには「寿」「祝御結婚」「御祝」などと記入します。これは、親族や家族、友人や会社の上司同僚など、どの方が贈る場合でも同じです。

また、結婚式に関するお礼としては、新郎新婦やその両家の両親が、式場の世話係りや司会者・受付の方へ、また神社の宮司や教会の神父、あとは仲人の方などへお渡しします。のし袋への表書きは、「寿」や「御礼」が一般的です。

その他、主賓として招待した方や、遠方から出席してくださった方には、お車代としてお礼をお渡しします。

ご祝儀用のし袋について

ご祝儀用ののし袋には、大きく2種類に分かれており、「結び切り」と「蝶結び」とあります。基本的に結婚式のご祝儀には「結び切り」と使用します。結び切りは、水引が固く結んであり、解くのが難しい結び方ですので、人生に1度きりとしたい結婚のお祝いなどのような場合に使うのです。

結び切りののし袋にも2種類で、普通の「結び切り」と「あわじ結び」とあります。どちらも結婚のお祝いには使用します。使い方に違いはありません。

また、結婚以外のお祝いやお礼などには、「蝶結び」を使用します。蝶結びはすぐ解けるものですよね。簡単に水引きを解いたり結んだりとできることから、何度合ってもうれしいお祝に、例えば出産や長寿のお祝などに使います。御礼などにも蝶結びを使用しましょう。

お祝いの品物を贈るときは?

結婚のお祝いの品を贈ることも多いですね。こうしたお祝いの品は、普通早めに贈るものなのですが、あまり早すぎるのも贈る側に気を使わせてしまう事があります。例えば、お祝いの品を早くにもらってしまって、招待するつもりではなかった人を招待しなければならないかな?と思わせてしまうと、こちらから催促しているように捉えられてしまうかもしれません。

問題がなければ、早めでもいいのですが、そうでない場合のお祝いは挙式後の2~3週間後ぐらいに届くぐらいが良いのではないかと思います。

お祝いの品の人気商品

結婚のお祝の品では、新婚生活に役に立つものが喜ばれる傾向があります。特に調理器具や家電などのほかに、カタログギフトなども人気です。「みんなのウエディング」での、もらって嬉しい結婚祝いの品アンケートでも、第1位はキッチン用品となっています。

1.結婚祝いの人気ランキング

Q.頂いた結婚祝いの品で、最も嬉しかったものは何ですか?

第1位   キッチン用品  17%
第2位   ティーカップ、グラス  12%
同率2位  現金、商品券  12%
第4位   家電  11%
第5位   食品  10%
第6位   お皿、カトラリーセット  9%
第7位   カタログギフト  8%
第8位   タオルセット  4%
第9位   フォトフレーム、写真立て  3%
第10位   お酒  2%

※みんなのウェディングアンケート
「【宿題29】結婚内祝いについて」より
有効回答数:307

出典:

www.mwed.jp
やはり、使えるものが一番喜ばれるようです。また、友人ならではだと思いますが、色やサイズを選ばせてもらえて、使い勝手が良いとの声もありました。

ただ、持っているものと重ならないように、できれば本人の希望を先に聞くのが良いでしょう。そして、新生活に即戦力となるものや、自分ではなかなか購入しないものなどを贈ると喜ばれると思います。

また、現金や商品券などは、いくらあっても困るものではないので、貰うほうもありがたいですし、贈る方もある意味手間が省けていいのかもしれません。

カタログギフトなどであれば、現金などの味気なさをカバーできますし、貰うほうも好きなものが選べるのでこれも嬉しいお祝いになると思います。

こうしたお祝の品のほかに、結婚で退職する人などには、今までの思い出の写真やメッセージを色紙にまとめたりするのも嬉しいものですね。フォトフレームに思い出の写真を入れて贈るのも、洒落ていて懐かしく嬉しいですね。

私が遠い昔にもらったお祝いでは、絶対自分では買わないような、おしゃれな置時計をいただいたのが嬉しかったのを覚えています。いまだに使用してますが、キレイなのでお気に入りなのです。

こんな風にいつまでも使ってもらえるものを贈ることができたら、贈るほうも嬉しくなりますね。



会費制の結婚披露宴などもある

一般には披露宴のときに、ご祝儀を渡して参加するというのが普通なのですが、最近では会費制の披露宴と2次会を合わせたようなパーティ形式も増えているようです。会費制でのメリットは、まず金銭的な負担が少なくて済みますし、披露宴と2次会がセットとなっている形になっているので、準備の負担も少なくて済むそうです。

会費制は、招待客にから飲食代ほどの会費を集めて行う、パーティのような形ですので、若い人たちの間では、気心の知れた人とのカジュアルな感じでとても人気なのです。

会費制の場合の会費の相場は、5,000円から10,000円がもっとも多くなっています。一般的なご祝儀よりもかなり予算が抑えられる点が良いのでしょう。

会費制の披露宴パーティに参加して、ちょっとしたお祝いの品を贈るという形は、現代の結婚事情には合っているかもしれませんね。

まとめ

結婚のご祝儀の相場については、一般的にはだいたい3万円ぐらいと考えて良さそうです。親族などではまた違いますが、友人や会社の同僚などの場合はこのぐらいでしょう。

またのし袋についても、結婚のご祝儀袋は水引きが上向きになっている「結び切り」のものを選びましょう。結婚式は、新郎新婦にとってもとてもうれしいイベントです。たとえ仲のよい関係であっても、マナーはしっかり守るようにすることが大切ですね。

またお祝の品などは、本人の希望を聞くのが一番良いと思います。使わないものを贈られるよりも、使えるものがやはり喜ばれますね。少し高価なキッチングッズなどは、自分ではなかなか買わないものでもありますので、この機会に贈られると嬉しいものです。

こうしたご祝儀やお祝いの品は、あくまでもおめでとうという気持ちを形にして伝えるものです。儀式的に贈るのではなく、お祝いの気持ちや喜びの心をこめて贈りたいものですね。そういう意味では、メッセージを添えるなど、ちょっとした工夫で気持ちが伝わると思います。一言添えてお祝いは贈りたいものですね。 本記事の情報は、一般的または筆者個人の調査によるものです。法令などの改正、前提事実や個人状況の違いや変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。 従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。