クレジットカードを紛失しちゃった!対処方法を教えて!

クレジットカードを紛失したり盗難に合ってしまった時、落ち着いて行動できるように手続きの流れと対処方法をまとめました。事前に知っておくことで、いざという時慌てないで済みます。また実際に今カードを失くしてドキドキしている方は、とにかく最初の章をチェックしてすぐ行動しましょう!順を追って対処すれば、不安が軽減されます。



目次一覧

クレジットカードを紛失したら

1.クレジットカード会社に連絡する

「クレジットカードが無い!」と気が付いて、周りを見渡しても全然見当たらないという時には、まずはクレジットカード会社に連絡して【カードの利用を止めて】もらいましょう。こうすることで、ひとまず他人に不正使用されるのを防ぐことが出来ます。

この章の最後に主なクレジットカード会社の「紛失・盗難」ページへのリンクを貼りました。参考になさって下さい。

ただ、紛失してすぐ気が付いたのなら被害も少なく済みますが、問題は多くの人が「失くして幾日か経って」気が付くということです。例えばこんな風に…。

・カードを使う。(買い物をしたり、カード番号を調べるために財布から出した)
・カードを置き忘れたり、落としたり、しまい忘れて失くす。あるいは盗まれる。
・次にカードを使う時に財布をみて紛失に気が付く。 こんな事態を防ぐために有効なのは『毎晩財布の中身をチェックする』ことです。やっぱり節約の基本「家計簿」を付けるのがおススメ!少なくてもその日に使ったレシートは、取り出して別に保管しましょう。毎晩財布を開けていれば異変に気が付くのも早いと思います。

でも過剰に不安になることはありません。もし届を出すまでに不正使用されてしまっても、条件を満たせば大体のカード会社は、届け出から遡って60日以降の不正使用分を負担してくれます。詳しくは次の章でお話しします。

ここでは次のStepを。クレジットカードの利用を止めたら、次は…

2.警察に紛失届を出す

そう、次は警察署又は交番に「遺失物届」を出しましょう。その際、「落とした場所の管轄」の警察署や交番が良いとされています。その方が早期発見につながるそうです。

今は「電子申請・届出システム」という便利なサービスがあり、インターネットでも正式な届け出が出来ます。これは便利ですね!ただし、土日祝日や年末年始は拾得物との照合を行っていないため、急ぎの場合はやはり出向いた方が良さそうです。

また明らかに盗難にあったと分かっている場合は「盗難届」を出します。

このような届け出をしないでおくと、クレジットカードが不正使用された際にカード会社にその費用を負担してもらえないことがあります。

・カード会社に紛失・盗難の連絡をする。
・警察署又は交番に届け出る

この二つはセットで行いましょう!これを済ませたら、後はカード会社からの書類を待つだけです。

神奈川県警察/落とし物(遺失物)の取扱いについて
落とし物(遺失物)の取扱いについて (神奈川県警察)

3.新しいカードの手続きをする

クレジットカード会社に紛失の連絡をした後、書類が送られてきます。その書類に必要事項を記入したら、速やかに返送します。書類をいつまでも返送しないでおくと、これも不正使用された場合の費用補償を受けられない理由になるそうです。また、記入漏れが無いように注意します。

失くしたカードは手続きにより利用停止になっていますので、次はカード会社から新しいクレジットカードが再発行されます。この新カードは、カード番号も変更されています。そのため、月々の支払いにカードを使用していた場合は、各支払先へカード番号変更の申し込みをしましょう。

★紛失したカードを見つけたら

カード会社にも警察にも届けてしまった後で、カードが見つかった…!という場合もありますよね。悪い人の手に渡っていなくて何よりです。

そんな時は、見つかったカードにハサミを入れて処分してOK。もう利用停止にされ、カードは新たに再発行されているからです。そして「遺失届」を出した警察署又は交番に「見つかりました!」と連絡するのを忘れずに。

★主なカード会社の緊急連絡先リンク

ここに主なクレジットカード発行会社のサイトより「紛失・盗難」ページへのリンクを貼っておきます。ほとんどのページで『海外での紛失』にも対応しています。(していないサイトもあります)

この機会にお手持ちのクレジットカードの緊急連絡先を、携帯や手帳などにメモしておいてはいかがでしょう?いざという時に必ず役立ちます。(財布ごと紛失する可能性もあるので、財布に入れておくのは止めた方がベター)「スマホで調べればいいや」と思っていると、いざネットがつながらない地域で困ります。 【五十音順】
※2015年12月著者調べ <アメックスカード>

カードの紛失・盗難時に – クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス)
<アプラスカード>

カードの紛失・盗難連絡先 | アプラス 新生銀行グループ
【新生銀行グループ】アプラス:カードの紛失・盗難連絡先のご案内ページです。 <イオンカード>

カードの紛失・盗難について|暮らしのマネーサイト
クレジットカードがお手元にない、または盗難にあわれた場合、紛失・盗難ダイヤルまでご連絡ください。 <エポスカード>

エポスカード|お問い合わせ
マルイの赤いカード <オリコカード>

カードの紛失・盗難|クレジットカード・カードローンのオリコ
クレジットカード・カードローンのオリコ公式サイトです。このページではカードの紛失・盗難についてご紹介しております。 <ジャックスカード>

カード紛失・盗難のご連絡|お問い合わせ|ジャックス
ジャックスカード カード紛失・盗難のご連絡に関するご案内です。 <JCBカード>

紛失・盗難のご連絡|クレジットカードなら、JCBカード
<セゾンカード>

紛失・盗難連絡先|お問い合わせ|クレジットカードは永久不滅ポイントのセゾンカード
セゾンカードが提供する各種サービス。エンターテインメントから保険やローンまで幅広いサービスをご利用いただけます。 <セディナカード>

カードの紛失・盗難連絡先 | クレジットカードを選ぶなら、セディナ(Cedyna)
カードの紛失・盗難連絡先。セディナ(Cedyna)のクレジットカードは、ポイントやショッピングモールなど、おトクな特典が満載!キャッシングにはローンカードが便利です! <ダイナースカード>

紛失・盗難の場合|ダイナースクラブカード 日本で最初のクレジットカード
カードご利用方法をご案内。ダイナースクラブカードに付帯されている保険や生命保険、損害保険、キャッシングなどついて掲載。日本で最初のクレジットカード、ダイナースクラブカード。 <三井住友VISAカード>

カード紛失・盗難の際は|クレジットカードの三井住友VISAカード
三井住友カードの紛失、盗難に気づいたら、すぐに三井住友カード紛失・盗難受付デスクにご連絡ください。24時間・年中無休で受付します。 <三菱UFJニコス>

カード盗難・紛失|クレジットカードなら三菱UFJニコス
<Yahoo!カード>

紛失・盗難のお問い合わせ – Yahoo!カード
最短2分でクレジットカード審査完了・今すぐお買い物に使えるTポイントプレゼント。年会費無料、Tポイント毎日3倍でどんどんたまるYahoo! JAPANカード。ヤフオク!のお買い物も補償。今ならもれなくTポイント5,000ポイントプレゼント中。 <Yahoo! JAPAN JCBカード>

カードの紛失・盗難(Yahoo! JAPAN JCBカード) – Yahoo!カード
「カードの紛失・盗難」の際は、すぐに紛失盗難受付デスクにお電話下さい。24時間受け付けで、あなたのカードをすぐにストップします。 <ライフカード>

カード盗難・紛失のご連絡|クレジットカードはライフカード
国内・海外でカード盗難・紛失時のご連絡先についてご案内。 <楽天カード>

楽天カード: カードの紛失・盗難
楽天カードの紛失、盗難にあったときは、楽天コンタクトセンターもしくは、紛失・盗難専用ダイヤルへ至急ご連絡ください。海外渡航先からのお電話もお受付いたします。



もしも不正使用されてしまったら

これは不正使用かも?と不安になったら

さて、クレジットカードを失くした際に最も不安になるのが「不正使用されたらどうしよう!!」ということ。失くしてから利用停止処置をするまでの間が長ければ長いほど、不安の種は大きくなりますよね。

カード会社から「○○万円の買い物をしましたか?」と、多額の利用を確認する電話でカードの紛失に気が付く人も多いそう。

クレジットカードを紛失したら(しなくとも)、必ず利用明細をチェックしましょう。日頃から、レシートと利用明細を突き合わせて確認する習慣をつけておくと良いですね。そして身に覚えのない請求があったらすぐにカード会社に連絡します。

あなたがルールを守り、ごく一般的な方法でクレジットカードを扱っていた場合、大概は不正使用に対する補償がなされます。

お金は戻ってくるの?補償はある?

先の章でも少し書きましたが、大体のクレジットカード会社が不正使用に対する補償をしてくれます。

そして、それは「紛失・盗難届を出した日から遡って60日以降に発生した損害」に対してなされる場合が多いようです。つまり、この場合だと失くしてから60日以内に届けた物は補償の範囲内、という事になります。失くしてから直ぐに気が付かなかったからと言って、ガックリするのはまだ早いですよ!まだ補償の範囲内かもしれません。とにかく落ち着いて、気づき次第出来るだけ早くクレジットカード会社に連絡することが大切です。

※補償の有無や補償の期間はご利用のカード会社のサイトでご確認下さいね。

暗証番号を盗まれたらお金は返ってこない!?

実は、失くしたクレジットカードで何者かに「キャッシング」でお金を引き出されてしまった場合、補償がされないそうなんです!

それは「暗証番号が使用された場合」不正使用に対する補償が適用されないからです。暗証番号を管理していなかった会員の責任となるのです。そのため暗証番号を入力しないと利用できないキャッシングなどは、補償の対象外となります。

暗証番号はくれぐれも慎重に扱いたいものですね。間違っても、暗証番号のメモを財布に入れておくなんてことはしないように!お願いします。そして、他人に推測されやすい数字もNGです。今も誕生日ナンバーに設定している方は、この機会に変更することをおススメします。

そして普段キャッシングを利用しない場合、限度額を低く抑えておくことも一つの方法です。万が一不正使用された時にも、大きな心配をしないで済むような金額が理想ですね。本来なら借り入れはしないに越したことは無いので、限度額が低ければ借金の抑止効果にもなり一石二鳥です。

補償を受けるのに必要な条件

上に挙げた「暗証番号が使用された場合はNG」の他にも、補償を受けるのには様々な条件があります。会社によって細かい所が異なるかもしれませんが、一部をご紹介します。これらの条件に当てはまると補償が受けられないことがあります。

・カード情報をきちんと管理・使用していない
・カードを他人に貸与、譲渡した
・提出した書類に虚偽が認められた場合
・決められた期間内に手続きをしない場合
・カード裏に署名が無い場合
・警察に届け出を行っていない場合
・暗証番号を使用された場合

などです。今一度、ご利用のクレジットカードの利用規約を確認しておくと良いですね!

海外旅行中にカードを紛失したら

基本は日本国内と同じ手順で

海外旅行や出張中にクレジットカードを失くしてしまったら…!外国でのトラブルは対処の難易度も高そうで、嫌なものですよね。でもクレジットカードの紛失に関しては、カード会社が国内の場合と同じようにフォローしてくれますので電話さえあればひとまず安心です。

1.クレジットカード会社の紛失・盗難ダイヤルに電話をかける。
2.近くの警察署に届ける。

国内の場合と同じですね。違うのは、カード会社の電話番号です。上の章でご紹介した『★主なカード会社の緊急連絡先リンク』も参考にして下さい。海外専用ダイヤルが設けられています。ほとんどがコレクトコールで掛けられるので安心です。

警察署への届け出はちょっとハードルが高くて気が重くなりそうですが、やはり不正使用されていた場合の事を考えると、届けておいた方が良さそうです。もし言葉が不得手な場合は、日本を発つ前に緊急時のフレーズをメモしたり、翻訳アプリを入手しておいたりして準備しておきましょう。

盗難や不正使用が心配なクレジットカードですが、海外旅行ではやはり必需品です。きちんと管理して使用すれば、過剰に恐れることはないでしょう。少なくとも、多額の現金を持ち歩くよりは補償があるだけ安心です。

クレジットカードも現金も失ったら

財布を落としたりスられるなどして、クレジットカードはおろか現金さえも無くなってしまった!なんてことが起こったら、どうしますか?遠い土地で一文無しになってしまっては、慌てないでと言われても絶対に慌てちゃいますよね!でもパニックになってもならなくても事態は変わりません。深く深呼吸して、出来るだけ落ち着いて対処したいですね。

1.まずはクレジットカード会社に連絡して利用を停止する。
2.キャッシュカードも無くした場合はその利用も停止する。
3.警察署に行き届けを出す。
4.現金を調達する。

問題は、3の「現金を調達する」です。本当に一文無しになってしまい、連れもいない場合は、日本からお金を送ってもらわなくてはなりません。その方法をいくつかご紹介します。

・ウエスタンユニオン・ジャパンを利用する
・パスポート送金を利用する

2つとも、日本にいる誰かにお金を送ってもらうサービスです。

【ウエスタンユニオン・ジャパン】は、セブン銀行ATMやFamiポートからも送金できる便利なサービスです。それぞれに口座開設又は事前登録が必要ですが、送金手続き終了後【最短数分】で受け取れるというのですから有難い!(但し受取拠点の営業時間内で)
受取店に限りがありますので、滞在している街にあるかどうか送金してもらう前に確認が必要です。

ウエスタンユニオン・ジャパン
ウエスタンユニオン・ジャパンへようこそ。ウエスタンユニオンでは、皆様の大切な送金を世界中にお届けしております。ウエスタンユニオン国際送金サービスの詳細については、こちらをご覧ください。

送金限度額 / 受取国 / 受取拠点 / 受取通貨 | 海外送金サービス | セブン銀行
セブン銀行海外送金サービスで送金可能な国や通貨、主な受取拠点のご案内です。



主な受取場所が掲載されています。 【パスポート送金】とは、現地の口座や海外で引出し可能な口座を持っていなくても、「パスポート番号」を提示すればお金を受け取ることが出来るもので、お願いした人に日本の銀行で手続きしてもらいます。受取に日数がかかったり、送金完了の連絡が無かったりと手間がある方法ですので緊急の手段として心得ておくと良いですね。全ての銀行で利用できるわけは無いそうなので、問い合わせが必要です。

【ゆうちょ銀行の国際送金(住所あて送金)】というサービスもあるのですが、お金の受け取りに日数がかかるためここでは省きました。このサービスも、口座がなくても現地郵便局でお金が受け取れます。興味のある方は、以下にリンクを貼りますのでチェックして見て下さいね!

住所あて送金-ゆうちょ銀行
これから海外旅行の予定がある方は、前もってこれらの方法を調べておくことをおススメします。手は打てるうちに打っておいた方が後々安心です。

★しかし今すでにひとりで海外旅行中で「現金もカードも盗まれた!」、しかも「送金してくれる人が日本にいない!」「送金予定日まで旅先にいることが出来ない!」という大ピンチの方は、大使館や総領事館等の【在外公館】にヘルプを求めましょう。相談に乗ってくれると思います。

海外旅行に行く際は、やはりお金やカード類はいくつかに分けて保管した方が安心ですね。

在外公館リスト(目次) | 外務省
2015年12月著者調べ

海外旅行で注意したいこと

日本クレジットカード協会のサイトでは、海外で多発しているクレジットカードのトラブルについて記載があります。主なものは…

・盗難・スリ
・レストラン等で高額請求される
・警官を装った者にクレジットカードをだまし取られる
・女性の甘い言葉に騙されて、うっかりATMへ誘導されて暗証番号を盗み見られ、後でカードを盗まれる
・店主に「カードで支払いして欲しい」と要求され、暗証番号を盗み見られたあげくカードが持ち去られる
・ATM等でスキミングされる

などです。くれぐれも第3者にクレジットカードを手渡さないようにしましょう。また暗証番号を入力する時は、入力する手をもう一方の手で覆い隠すのも有効だそうですよ。

JCCA 日本クレジットカード協会
日本クレジットカード協会(Japan Credit Card Association)は クレジットカード社会の健全な発展を目的に、銀行系クレジットカード会社によって設立された協会です

盗難・スキミングに合わないために

多発している盗難手口

上にご紹介した「日本クレジットカード協会」のサイトでは、クレジットカードの紛失・盗難による不正使用の手口も確認することが出来ます。主な手口は…

・スリ…電車内、駅構内(眠り込んでいる人が狙われる)、店内(壁のフックや椅子にかけた上着や鞄から盗む)
・駐車場に停めた車内からの盗難
・スキミング

だそうです。紛失したと思っていても実は盗まれていた、なんてこともあるかもしれませんね。心当たりは有りませんか?クレジットカードや現金は、常に体から離さないで所持しておきたいものです。でも、もっと心配なのは良く聞く『スキミング』。それはどうしたら防げるのでしょうか。

JCCA 日本クレジットカード協会
日本クレジットカード協会(Japan Credit Card Association)は クレジットカード社会の健全な発展を目的に、銀行系クレジットカード会社によって設立された協会です

スキミングを防ぐ

「スキミング」とは、スキマ―と呼ばれる装置でクレジットカードの情報を抜き取る犯罪です。抜き取った情報から偽造カードを作り、不正使用します。巧妙に作られた装置は主にATMのカード抜き差し口などに仕掛けられます。パッと見では発見出来ず、知らぬ間にスキミング被害に遭ってしまうのです。

これを100%防ぐ手は無いと言われています。ただ、被害を最小限に抑える事は可能です。カードを使用する時、次の事に注意するようにしましょう!

・人目につかないATMの利用は控える
・暗証番号を入力する時は手元を隠す(スキミングでは暗証番号は抜き取られないので、合わせて盗み見られないように気を付ける)
・レジでカード決済する時は、自分のカードから目を離さない
・ICチップ付き(情報が暗号化されて被害に遭いにくい)カードに変更する
・利用明細は必ずチェックし、身に覚えがない決済がある時はすぐにカード会社に連絡する
・多すぎる限度額を見直す

自分の身は自分で守るように心がけたいですね。

カード紛失・盗難のまとめ

さて、クレジットカードを紛失した際に行うべき手続きから、盗難や不正使用の対処法までをご紹介してきました。

クレジットカードの紛失は、現金のそれとは違い「補償」がある点が特徴です。ですから、あまり過敏になりすぎず、基本的なルールとしっかりとした管理さえ心がけていれば良いと思います。あとは、暗証番号を定期的に見直すともっと安心ですね!

最後に、カードを紛失した時にするべきこと、不正使用を防ぐポイントをおさらいして今回の記事を終わりにしたいと思います。

【1にカード会社に連絡、2に警察へ届け出】

【カード&暗証番号の管理はしっかり、毎月明細をチェック!】