<お小遣い帳>お金の管理はこれで決まり!アプリや書き方を徹底解説

家計簿より気軽に始められる「お小遣い帳」ですが、いざ始めようとすると、どういうものが使いやすいのかよく分からない…なんてことありますよね。ここでは、子供から大人まで使えるお小遣い帳のおすすめアプリや書き方を解説していきます。



「お小遣い帳」をつける意味とは?

「お小遣い帳」と「家計簿」の違いって考えたことはありますか?「家計簿」はその名の通り、家計のお金の管理をすることをいいますが、「お小遣い帳」とは自分のお金を記録していくことをいいます。

「お小遣い帳」を小さい時から付けることで金銭感覚(お金の大切さ)を自分の身をもって体験して理解することができます。欲しがった時にお金を渡す、というのは正直言ってお金の大切さを理解させるのは難しいです。毎月定額を渡すことによって、子供ながらに「やりくりする」ことを覚え、金銭感覚を自然と身に付けられるのです。

家計簿とはちょっと違うので、お財布の中身とお小遣い帳がぴったり合っているかどうかよりも、継続的に付けることでお金の流れを理解して、無駄遣いをしていないかを見つけられることが重要です。「お小遣い帳を付け続ける」ことが大事なのです。

これは大人でも言えることです。社会人で実家暮らしをしていて、生活費を入れているだけで家賃や光熱費を出していないとなると、自由になるお金は多くなります。あるからと言って使っていては貯まるものも貯まりません。将来を考えると親の方が不安になってしまいますよね。大人の場合は、自分でルールを作って意義のあるお小遣い帳にすることがポイントです。

簡単に管理をしたい人におすすめの記事です

家計簿やお小遣い帳を付け始めても三日坊主になったり、いつの間にか適当になってきたり、ということもありますよね。それは付け方が自身に合っていないということです。今は手書きだけでなく、パソコンを使って入力したり、スマホのアプリを使って管理することもできます。ずぼらな人でも続けられて無駄遣いを防げるようなお小遣い帳の付け方を紹介していきますね。



<Android>人気無料アプリランキング

今回は、Android版のお小遣い帳アプリをタイプ別に分けてランキングにしてご紹介します。家計簿も含まれますが、極力お小遣い帳に近いものを選びました。ちなみに、このランキングは著者がダウンロード数やレビューの評価などを総合的に見て独自に付けたものになります。他のランキングとは異なるものとなりますのでご了承下さい。

シンプルにつけるなら

複雑な作りだったり入力が面倒でなかなか続かないのでは意味がありませんよね。そこで、余計な機能が付いていないシンプルなアプリを紹介します。お金の管理を始めるなら、まずはシンプルなアプリで付ける習慣を作って、慣れてきてからワンランク上のアプリを使ってみましょう。挫折せずに続けられるはずです! 【1位】お父さんこづかい帳

ソフトバンクのCMでおなじみの、白戸家のお父さんが管理してくれるシンプルかつ使いやすいアプリです。日付と項目、金額を入力するとリストアップされてぱっと見ただけでも、いつ何にいくら使ったか、あとどれだけ残っているかを見ることができるので、家計簿のようにあれやこれやと細かく入力せずに済みます。

お父さんこづかい帳 – Google Play の Android アプリ
参照元:Google Play(2016年6月時点、著者調べ) 【2位】かわいい♪おこづかい帳

女子向けの可愛いイラストと色使いが特徴のアプリです。手書き風の電卓で収支を入力して記録していきます。「+」が収入、「-」が支出と分かりやすくなっていて、月の残高が大きく表示されるので使いすぎを防げると思います。項目と金額の入力のみなので、使ったその場でささっと入力ができるシンプルなアプリですよ。

かわいい♪おこづかい帳 – Google Play の Android アプリ
参照元: Google Play(2016年6月時点、著者調べ) 【3位】かんたんおこづかいちょう

ザ・お小遣い帳といったアプリです。上記のようなイラストなどで作られていない、これ以上ないくらいのシンプルなデザインのお小遣い帳アプリです。金額と項目(用途)を記入し、項目の詳細をメモに残せる機能もあります。これなら三日坊主で終わってしまう、なんてことはなくなるはずですよ!

かんたんおこづかいちょう – Google Play の Android アプリ
参照元: Google Play(2016年6月時点、著者調べ)

学生さんにはコレ!

貯蓄を始めるなら、社会人特有の飲み会などの付き合いがない学生からの方が貯まりやすくなります。社会人になっていきなりやろうとすると挫折することが多いので、学生の時から習慣づけておくことで貯蓄への意識が高まりますよ。賢い学生が使っているおすすめアプリを紹介します。 【1位】マネーフォワード

ユーザー数が多く、テレビでも話題になった家計簿アプリです。通常のお小遣い帳(家計簿)としても利用できますが、レシートを撮影することで自動で入力することができる優れもののアプリです。カレンダーでいつ、何に、どれだけ使ったのかを一目で確認することができ、円グラフや棒グラフで管理できます。あまり持っている学生はいないとは思いますが、クレジットカードの情報を登録することもできます。マネーフォワードに関してはセキュリティがしっかりしているので安心して利用できます。

家計簿マネーフォワード~管理が簡単 人気の無料家計簿アプリ – Google Play の Android アプリ
参照元:Google Play(2016年6月時点、著者調べ) 【2位】家計簿♪カンタン管理 by だーぱん

可愛いパンダのアイコンが目印のお小遣い帳アプリです。シンプルなアプリと同様、カテゴリと金額を入力するだけです。1日に使える金額の設定ができ、使いすぎると赤字で表示されるので使いすぎ防止にもあります。このアプリには、節約術の記事が載っているので、節約したいけどどうしたらいいの?という時に活用できます。何といってもイラストが可愛いので、女子の学生さんには使いやすいアプリだと思いますよ。

家計簿♪カンタン管理:貯金が貯まる節約アプリ by だーぱん – Google Play の Android アプリ
参照元:Google Play(2016年6月時点、著者調べ) 【3位】極ゆる家計簿 〜クマときどき脳トレ〜

お小遣い帳特有の「どんぶり勘定」でもOKなゆる~く付けられるアプリで、レシートの金額を入力するだけです。家計簿にデータが溜まっていくとお話が進んでいくというストーリー付です。飽きないように脳トレゲームまで出来ちゃう、ただのお小遣い帳アプリだけの機能以外のものも付いています。この、ゆるい感じが長続きする秘訣なのではないでしょうか。

極ゆる家計簿 〜クマときどき脳トレ〜 – Google Play の Android アプリ
参照元:Google Play(2016年6月時点、著者調べ)

レシートだけで管理できる

カメラの性能やスマホ自体の性能が上がってきて、レシートを読み込んで家計簿として記録するアプリが増えてきました。それがもう当たり前のようになってきています。いちいち入力する手間までも省け、非常に便利なアプリになっています。そんなレシートで管理できるアプリを紹介していきます。 【1位】Zaim(ザイム)

最も読み込みの精度が高いと言われているレシート読み込み機能付きアプリです。500万人以上のユーザーがいて、テレビや新聞などのメディアでも話題になっています。このアプリは店名、内容、合計金額、カテゴリを高確率で読み込むことができます。100%読み込んだりカテゴリの認識をしてくれるわけではないので打ち直すこともありますが、使いやすくて続けやすいと人気があります。

家計簿Zaimレシート・銀行カード対応が無料の簡単人気アプリ – Google Play の Android アプリ
参照元:Google Play(2016年6月時点、著者調べ) 【2位】家計簿レシーピ!

こちらもレシートを正確に読み取ってくれるアプリです。読み取った材料からNHKの「きょうの料理」から献立を自動的に選んでくれるといううれしい機能も付いています。設定時に一緒に管理してくれるキャラクターを選ぶのですが、毎日一言を言ってくれるというちょっとした遊び心も加わっています。数々のメディアでも取り上げられた優秀なおすすめアプリですよ。

家計簿レシーピ!レシート撮影&節約レシピ提案で簡単に支出管理 – Google Play の Android アプリ
参照元:Google Play(2016年6月時点、著者調べ) 【3位】ReceReco

少し前までiPhone版しかなかったアプリですが、Android版もリリースされました。長いレシートに対応していたり、カテゴリがすでにたくさん準備されていたりと、多機能なのに無料で使えると話題になっています。キャンペーンやレシピ、チラシなどとも連携しています。CSVに出力してエクセルでも利用できます。こちらも多数のメディアで取り上げられている人気のアプリです。
※CSVとは、エクセルで使えるテキストデータとファイルのことをいいます。

【無料家計簿の決定版】ReceRecoレシート撮影で支出管理 – Google Play の Android アプリ
参照元:Google Play(2016年6月時点、著者調べ) 家計簿!お金の出入りを管理し、家計状況をより良い状態に保つためには、どうしても必要ですね。この家計簿に関して、今回はIOSとAndroidで利用できる「家計簿アプリ」に注目してみました。たくさんある家計簿アプリの中でも、あなたにピッタリのアプリに出会えるよう、14個選んでみましたよ。

子供でも続けられる方法

学年別でやり方を変える

ある程度大きくなっていれば理解させることは簡単ですが、小学校に上がったらお小遣い制にする、というご家庭も少なくないでしょう。子供にお小遣い帳を付けさせる場合、学年によってやり方を分けることがポイントになります。

■小学校低学年
この頃はまだ字を書くことで精いっぱいでしょうから、無理強いをすることはできません。「お金は使ったらなくなる」ということを理解してもらう事が重要です。

■小学校中学年
この頃になると字も自分でしっかりと書け、計算もできるようになってきます。項目を子供自身で書かせるのはまだ難しいので、親が見本を見せてあげましょう。ただ付けているだけでは長続きしませんので、何か買い物をしたら見せる、などのルールを作って「習慣付ける」ということを学んでもらいます。

■小学校高学年以上
この頃になればお金の大切さが分かってきます。「親に見せながらお小遣い帳を付ける」ということをしなくても大丈夫になってくるはずです。嫌々やるのでは意味がありませんので、「継続してお小遣い帳に記入する」という意義を分かってもらいましょう。過去を振り返って無駄遣いをしていないかをチェックすることも重要です。

お小遣いを渡す時にお小遣い帳を受け取ってチェックすると、始めのページで止まったまま、なんてこともなくなると思います。何カ月か継続的に付けられたらお小遣いアップ、などの子供のモチベーションが上がるようなルール作りを心がけましょう。

おすすめは手書きで書くこと

市販のものを使う

手を使って書くことで脳が刺激されると言われています。子供の時には、電卓を叩き計算して手書きで記入するアナログな方法の方が「お小遣い帳を付けている」という感覚を覚えられます。始めの頃はうまくいかないことの方が多いでしょう。この失敗で怒られると子供はやる気を失くします。続けてもらうには親が真剣に教えてあげることが重要です。

小さいうちは100均に売っている「お小遣い帳」程度でも問題ないと思います。日付とおおまかな項目、収支と合計を記入するだけでお小遣い帳は成立します。間違えることも多いので慣れないうちは100均で、上手に付けられるようになってきたら「小学生のおこづかいちょう」などの低学年向け、「こづかい帳」などの中高学年向けのお小遣い帳を使ってもいいと思います。

小学生のこづかいちょう(しろくま)2016年版

こづかい帳 2016年版

工作して作る

印刷して自分で切って貼って手作りするお小遣い帳もあります。

■知るぽると
金融広報中央委員会のHP上で手作りお小遣い帳の作り方と中身とシールをダウンロードすることができます。親子で一緒に作って楽しみながらできることを目的としているので、プリンターがあるお宅ならこちらもおすすめします。

こづかい帳のつくりかた : 知るぽると
参照元:金融広報中央委員会(2016年6月時点、著者調べ) ■ステーショナリーハウス
アイスメーカーの日世のHP上でダウンロードできる手作りお小遣い帳です。金融広報中央委員会のお小遣い帳と同じような作りになっています。日世の可愛いキャラクターが表紙になっています。A4サイズに印刷してA5サイズに折って使います。

日世ソフトクリームランド | ステーショナリーハウス | おこづかい帳 | NISSEI
参照元:日世株式会社(2016年6月時点、著者調べ)

子供用のアプリを使う

小学校の高学年ともなると、自分のスマホを持ったりパソコンを操作するようになったりしますよね。小学校の授業に組み込まれているくらい、パソコンのスキルを養うのが近年では当たり前になってきています。私はあまり小さい頃からスマホやタブレット機器などを使うことはおすすめしませんが、簡単に済ませたいという親御さんのためにも紹介します。

<スマホアプリ>
■お父さんこづかい帳(Android、iPhone対応)
これは上記のシンプルなアプリとして紹介したアプリです。簡単操作で入力できるので、子供でも簡単にできます。イラストも可愛いので飽きずに使えるお小遣い帳アプリだと思います。

■簡単!こづかい帳(iPhoneのみ対応)
紙のノートと同じように使えるので簡単にお小遣い帳として使えます。表紙がジャポニカ学習帳のようなデザインになっています。子供だけでなく、大人にも使いやすいとの口コミがありました。

簡単!こづかい帳 – シンプルで使いやすい無料の家計簿を App Store で
参照元:App Store(2016年6月時点、著者調べ) <PCアプリ>
■カンタンおこづかいメモ
ソニーバンクで作っているパソコン用アプリです。あのポストペットのモモちゃんが書かれているお小遣い帳です。口座を作らなくてもダウンロード・インストールをすれば使えるので気軽に利用できます。使い方を教えながらやればすぐに習得できるでしょう。

パソコンは立ち上げるのに時間が掛かったりと面倒なので、スマホやタブレットを使うことの方が多いと思います。ブルーライトは子供には悪影響を及ぼすこともあります。使うのであれば短時間で、ブルーライト軽減のフィルムなどを貼ってから使用することをおすすめします。

特長 || MONEYKit-PostPet カンタンおこづかいメモ || MONEYKit – ソニー銀行
参照元:ソニー銀行株式会社(2016年6月時点、著者調べ)



大人も使えるお小遣い帳

続けられる手書きで付ける書き方

家計簿にしても同じことがいえますが、細かく項目を分けたり買ったものを1つ1つすべて書くような書き方では長続きしません。始めたばかりの人は、張り切って細かく分けてどの費用に分けていいのか分からなくて挫折してしまうことが多いようです。そこで、手書きでつけるお小遣い帳を長続きさせるためにはどうしたらいいのかを解説します。

<長続きの秘訣>
①項目を細かく分けない事
お小遣い帳の場合、自分のお金の管理をするということが目的なので細かく付ける必要はありません。ただ、「食費」にいくらと書いただけでは何の食費か分からないので、「ランチ代」や「ジュース代」などと記載した方が、見返した時に「あれ?これなんだっけ…」ということは起こらなくなります。

②自分に合ったものを探す、又はノートを手作りする
お小遣い帳や家計簿が付けられない原因は、自分に合ったノートに巡り合えていないということです。お小遣い帳は大差ありませんが、家計簿となるとものによって使いにくいこともあります。自分に合ったものが見つからないという時は、自作でお小遣い帳を作ってみましょう。

【例えば…】
見開きで使います。左のページに、日付、収入、支出、残高、明細(備考でもOK)の欄を作り、右側に食費などの項目ごとに金額を分けられるように欄を作ります。これに書き込めば家計簿にもなるお小遣い帳の出来上がりです。

③口座引き落としのものは付けない、又は別のノートに書く
口座から引き落とされる公共料金については、お財布の中身と同じように管理しない方が混乱しなくて済みます。どうしてもノートに付けて管理したい場合は、口座引き落とし専用に別のノートに記入するといいでしょう。あくまでも現金を管理するということですので、お小遣い帳は「金銭出納帳」として扱いましょう。

④決まった曜日にまとめて付ける
毎日お金を使う場合に、その都度記入しなければいけないと思うとストレスになって長続きしないことも。レシートがあれば1週間まとめて記入でも問題ありません。ただし、習慣付けなければなりませんので、お小遣い帳を記入する曜日を決めるようにしましょう!

⑤レシートがない時はメモを取る
必ずしもレシートがあるとは限りませんよね。自動販売機で飲み物を買ったり、出店などで何かを買ったときは、スマホやケータイのメモ機能を使ってメモしておけばお財布の中身との整合性が取れます。うっかり忘れてしまった時は、大きくずれていなければ悩まないで「使途不明金」として処理してしまっても大丈夫でしょう。

この5つが出来れば、お小遣い帳(家計簿)を付けられない自分とはお別れできます。続かないという方はぜひ試してみて下さい。 さあ家計簿をつけよう!と意気込んで市販の家計簿を購入したけど、結局続かず宝の持ち腐れになってしまった経験ありませんか?これでは無駄な出費を生むことになってしまいますね。まず家計簿をはじめるなら、自分に合ったオリジナル家計簿を手作りしてみることをおすすめします。きっと愛着がわいて三日坊主も解消されますよ。

テンプレートを使って簡単に

「手書きは面倒だけど、一覧でぱっと見られるようにしたい」と思っている方には、無料で使えるテンプレートがおすすめです。テンプレートといっても、エクセルを使ったり、オンラインで入力したりと形式は色々ありますが、オンラインの場合はサービスが配信停止になったり、何らかの原因でデータが消えてしまうという大きなデメリットがありますので、私のおすすめはエクセルシートです。

こなれている人は自分でエクセルシートを作って管理してもいいですが、ゼロからのスタートは案外面倒なものです。そこで、マイクロソフトで配信しているエクセルの家計簿を使って管理してみましょう。「かんたん家計簿」は1日単位で最低限の項目のみでの管理なので、ものぐさな人でもパッと入力できます。スマホでも使える様なので、外出先からでも管理可能です。

その他にもテンプレートはたくさん存在しています。下記のリンクでおすすめテンプレートの紹介をしていますので、そちらも合わせて参照してみて下さい。

かんたん家計簿(for Microsoft Excel Mobile) – 無料テンプレート公開中 – Microsoft Office – 楽しもう Office ライフ
参照元:マイクロソフト株式会社(2016年6月時点、著者調べ) 「家計簿をパソコンでつけたい!」そんな要望を持っている人は、たくさんいます。あなたもその一人ですか?でも自分で作るのは、大変ですよね。それで、パソコンで家計簿をつけ続けて10年のわたしがオススメする、かわいい家計簿「テンプレート」10選をご紹介します!

項目は必要な分だけ作る

何度も出てきていますが、項目は最低限に抑えると分けることに対して頭を悩ませることもありません。まずは下記の項目から付け始めてみましょう。

<必要最低限な項目>
■食費
■日用雑貨費
■交際・娯楽費
■交通費
■医療費

<一人暮らしをしている方の追加項目>
■水道光熱費
■通信費
■保険・税金費

上記あたりに分けてとりあえず1カ月は続けていきましょう。何に分けていいのか分からない、何にも属さないようなものは「特別費」、洋服を買ったり、美容室に頻繁に行くようであれば「被服費」や「美容費」などを追加してもいいでしょう。必要に応じて2カ月目以降から追加していくと、自分が付けやすいお小遣い帳になりますよ。 お金を節約したり貯金する為にも家計簿はつけたほうがいいのは分かっているけれど、続かない。家計簿をつけてみたものの、上手く活かせている気がしない。毎月なんとなくこれくらいで生活しようと感覚的に過ごしてしまう。思うようにお金が貯まらない。そんな経験はありませんか?家計簿は継続してつけて毎月改善していくことが大切です。時間をかけすぎずに家計簿をつけて、あなたもやりくり上手になりませんか?

Amazonで買う!おすすめ商品

シンプルな小型タイプ

ダイゴー キャッシュブック ディズニー 通帳型キャッシュブック ドナルド J1332
最近は通帳と同じサイズのコンパクトタイプのお小遣い帳が増えてきています。通帳と一緒にしまっておけるので、小さくても失くす心配はなさそうですね。

中身は、日付、内容、収入、支出、残高、備考欄がある、通帳と同じ書き方をするようになっています。英語と日本語の両方で表記されているので、シンプルだけどちょっとおしゃれな雰囲気になっています。ドナルドの他に、デイジー、グーフィ、プルート、ミッキー、ミニーとメインキャラは全員そろっていますので、お好みのキャラクターを選んでみてはいかがでしょうか。

今始めるならコレ!

ミドリ 家計簿 A5月間 かんたん リンゴ柄
家計簿ですが、どちらかというとお小遣い帳に近い簡単な構成になっているものです。私も使ったことがありますが、食費の項目は元々書かれていますが、その他は自分で項目を作れるので「これはいらないな~」ということはありません。

住居費や光熱費などの固定の支出を書く欄とカードの引き落としについて書く欄もありますが、私は口座引き落としの部分は別で付けて書くタイプなので使いませんでしたが、見開きで項目別で書けるので重宝した記憶があります。

裏表紙にファスナーが付いていて、レシートやペンなどがしまえるようになっています。お財布にレシートを入れっぱなしにしてパンパンになることもありませんね。

表紙も中身も可愛いお小遣い帳

[おこづかい帳]B6 お小遣い帳/fortune signal クラックス 新入学準備品 ステーショナリー グッズ 通販
女の子におすすめなのが、可愛い系のお小遣い帳です。「おこづかい帳」とデカデカと書かれていないデザインが、可愛いものが好きな女子にウケると思います。中は一般的なお小遣い帳と同じシンプルな構成になっています。価格も手ごろなので、女の子のお子様のお小遣い帳によさそうですね。

ちなみに、このシリーズにはクマやスイーツなどの絵柄もあります。どれも可愛いので迷ってしまいそうですね。

キャラクターものでやる気UP

ふしぎの国のアリス[おこづかい帳]A6小遣いノート/69936 ディズニー
ディズニー好きの女子には淡いタッチのイラストが描かれたお小遣い帳はいかがでしょうか。A6サイズと小さいので持ち運びにも便利です。こちらの中身も標準的なお小遣い帳と同じ構成になっています。その他、スヌーピーやマイメロディなどもありますよ。 みなさんは家計簿を何でつけていますか?最近は、スマートフォンのアプリを使っている人も多いですよね。でも、いまだに家計簿は”手書き派”という人も多いのではないでしょうか?今回は、そんな家計簿手書派の方に、または手書派に転向を考えている家計簿初心者の方に、Amazonで人気の家計簿をご紹介していきたいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。お小遣い帳でも家計簿でも「お金の管理をする」難しさというものがあります。しかし、面倒だと捉えないように工夫することによって、自然とストレスなく長い期間管理していくことができます。

長続きしなくて悩んでいる方は、とにかく1カ月、選んだお小遣い帳を使って管理してみて下さい。使いにくいなと思ったら、次の月に新しいものを使ってみましょう。手書きの場合は前の月のものは切り取って新しいものに貼りつけた方が、やって損した気分にならないと思います。この記事で、お小遣い帳を付けようと思っている方の参考になれば幸いです。 いくらあっても足りない「お金」。子どもの将来の学費や自分の老後など、心配すればするほど、どうすれば効率よくお金が貯められるのか?考えてしまいますよね。しかし、貯金上手な人は、お金をうまく管理することで、お金を増やしていることをみなさんは、ご存知でしょうか?これまで知らなかった「お金の管理方法」をぜひ見てみましょう。