プラズマ乳酸菌の効果は?免疫力を高めるヨーグルトやサプリも

世の中にはたくさんの効能のある乳酸菌があります。その中でもひときわ効果の期待される乳酸菌があるのをご存知ですか?その名も【プラズマ乳酸菌】です。プラズマ乳酸菌の知られざるパワーを知り効果的に摂取して病気知らずになってみませんか?



プラズマ乳酸菌 とは?

乳酸菌が体にいい。そんな常識は今更語る事はないくらい知られている事ですよね。そして腸内の活性化を図るという従来の乳酸菌の働きのほかに【機能性乳酸菌】と言われるものが出てきました。

この【機能性乳酸菌】の中でも効果が頭一つ抜きんでているのが【プラズマ乳酸菌】のようです。従来の機能性乳酸菌は一部の免疫細胞を活性化して免疫機能を高めているのに対して【プラズマ乳酸菌】は免疫機能の司令塔ともいえるおおもとの【pDC(プラズマサイトイド樹状細胞)】を活性化する事が特徴です。

「プラズマ乳酸菌」は、<対ウイルス免疫の司令塔(pDC)>を直接活性化させるという、これまでにない画期的な発見がされました。pDCからの指令により、いくつもの役割をもつ免疫細胞の全ての種類を活性化させるため、総合的なウイルス感染防御システムがパワーアップするのです。

出典:

health.kirin.co.jp
つまり、いくつも種類のある免疫系等のおおもとを活性化する事で全体の免疫機能を高める役割を果たしてくれるのですね。

活性化していないpDCがほとんど動かないのに対し、プラズマ乳酸菌で活性化されたpDCは、活発に動き回り、ウイルスをつかまえている様子が見られます。その後、他の免疫細胞たちに指令を与え、ウイルスを撃退します。

出典:

health.kirin.co.jp
プラズマ乳酸菌により活性化されたpDCそのものがウイルスを捕まえ撃退するだけでなく、他の免疫系等にも指令を与え何重にもウイルス撃退の包囲網を広げてくれると言ったところでしょうか。

しかも免疫細胞が活性化されるだけでなく、ウイルスに対抗してくれる物質であるインターフェロンαの生産量も挙げてくれる事が確認されているようです。

私たちがウイルスに感染すると、そのウイルスに対抗できるように物質が体内で作り出されます。そのような物質の一つがインターフェロンです。

インターフェロンは、体の細胞にくっつき、これに信号を送ります。すると、ウイルスの遺伝子を切断する物質や、ウイルスのたんぱく質が作られるのを妨げる物質が作り出され、ウイルスは増えることができなくなってしまいます。

出典:

www.gibo-clinic.com
今あるウイルスを捕まえ、攻撃するだけでなくそのウイルスたちが増える事が出来ないようにする作用も兼ね備えているのですね。このインターフェロンは体内でも生成しますが、薬としても服用され、その効果は高いとされている物質です。

しかしインターフェロンは副作用が出てしまう方もいる様な諸刃の剣の薬なんです。そんなインターフェロンαが体内で多く作られるという事は副作用のない効果の高い薬を服用するのと同じだと言えるのではないでしょうか。

pDC」は免疫細胞の司令塔のような役割。普段は眠っている状態ですが、プラズマ乳酸菌を加えることである変化が!眠りから目覚めたpDCは日夜、外敵であるウイルスと戦って免疫細胞たちに指示を送り、防御や攻撃のためのアイテム(抗ウイルス物質)を出してウイルスに対して臨戦態勢をとる役割を担っています。

出典:

health.kirin.co.jp
この普段眠っていて十分に力を発揮できていない免疫細胞たちを起こし、活性化させてくれるのがプラズマ乳酸菌の力なのです。



プラズマ乳酸菌を詳しく知りたい方へ

現代はストレスのない生活を送っている人などほとんどいないほどストレス社会だと言われています。小さな子供でさえ、たくさんの習い事で時間がないストレスや人間関係のストレスを抱えていると言われています。実はこのストレスが私たちの免疫機能を低下させてしまっている、という事はご存知ですか?

何だか最近病気になりやすくなった。風邪をひいてしまうとなかなか完治しない。なんて心当たりはありませんか?そんなあなたは免疫力が下がっているのかもしれません。そんな心当たりはなくても小さなお子さんやお年寄りは免疫力が低い傾向にあります。

プラズマ乳酸菌のアレコレを知り効果的に活用する事で家族全員の健康増進に役立ててみませんか?家族の健康を守りたいあなた。病気なんてしていられないあなた。プラズマ乳酸菌を知って、ぜひ日常生活に活かしてみてくださいね。

どのような効果が期待できるの?

プラズマ乳酸菌が私たちの免疫細胞に深く関わり、その機能を高めてくれる事は分かりました。しかし、そんな漠然とした効能ではなく、もっと分かりやすくどのような効果があるのか知りたいですよね。ではどのような効果が認められているのか調査していきましょう。

風邪やインフルエンザを軽減

風邪やインフルエンザは避けたい病気の一つです。しかし、予防接種を打っていてもかかる時にはかかってしまうのがこの手の病気ですね。特にインフルエンザが流行する季節は楽しいイベントや受験などがあり、ついうっかり病気になってしまった、では済まない事態になりかねない季節ですよね。

そんな風邪やインフルエンザの猛威に対抗できるのがプラズマ乳酸菌なのだそうです。

プラズマ乳酸菌を摂取していたグループは、「のどの痛み」「せき」などの自覚症状が有意に低減していることがわかり、なかでも重症者の症状が大幅に減少していることが確認されました。

出典:

health.kirin.co.jp
もし風邪やインフルエンザになってしまっても、重症化を避ける事が出来たら本当に助かりますよね。私も乳幼児を抱えてのインフルエンザを経験したことがありますが、本当に死ぬ思いでした。子供にうつさないように、と言う気づかいも健康だからできる事。

自分が体も動かないほどの重症ではどうする事も出来ませんよね。そんな不安もプラズマ乳酸菌を摂取する事で軽減されるかもしれませんね。

小学生においてA町ではインフルエンザ最大罹患率が8.7%であったのに対し、雫石町では5.9%でした。一方、中学生においてもA町ではインフルエンザ最大罹患率が9.9%であったのに対し、雫石町では4.0%でした

出典:

health.kirin.co.jp
プラズマ乳酸菌含有のヨーグルトを週3回配布されて食べていた町の小中学生の方が、その隣接する町の小中学生よりインフルエンザ罹患(病気になった)率が低かったと言うデータは何よりも心強いですね。重症化も避けたいですが、一番は病気にかからない事ですから。

ロタウィルス感染症状を軽減

乳幼児やお年寄りと一緒に暮らしている方にはインフルエンザと同様に避けたいのはロタウィルスなどのウィルス性の下痢症状です。

ロタウィルスとは

ロタウィルスによる非常に感染力の強い病気で、免疫のない小児では6か月~2歳くらいまでに必ずと言っていいほど経験する病気です。
水のような多量の下痢便が特徴で、便の色も白っぽくなることから、白色便性下痢とも言われます。激しい嘔吐を伴うこともあるため嘔吐下痢症、小児仮性コレラ、白痢などとも呼ばれています。
秋から冬にかけて発生するので、冬季下痢症とも呼ばれています。
かかる頻度が非常に高く、乳幼児の冬の急性の下痢症の8割以上を占めます。

出典:

www.kansen-wakayama.jp
もちろん乳幼児と一緒に暮らしている方は予防接種などの予防策はとっているでしょうが、保育所などに通っているとかかる確率も高くなりますし、一人がかかってしまうと家族全員が順番に罹患してしまうという事も珍しくはないようです。

プラズマ乳酸菌を投与しなかったマウスたち(8匹)は、下痢によって体重が増えなくなる傾向が見られたのに対し、プラズマ乳酸菌を投与したマウスたち(8匹)は、順調に成長していくことが確認(表1)されました。

出典:

health.kirin.co.jp
ロタウィルスの恐ろしいところは非常に高い感染力と下痢や嘔吐がひどく続く事です。何も食べる事が出来ず、ひどい脱水症状が引き起こされてしまう事も注意しなければなりません。マウスでの実験ではありますがプラズマ乳酸菌を摂取する事で、ひどい下痢の症状でも順調に成長していると言うのは心強いですね。

さらに、プラズマ乳酸菌(JCM5805株)を投与されたマウスたち(8匹)には、感染2日後の糞便中ウイルス量の有意な低下が確認されました。

出典:

health.kirin.co.jp
この様なウィルス性の下痢は、腸内にウィルスがいなくなる事しか解決策はありません。ですから下痢止めなどを使用せず、こまめな水分補給と安静しか対処方法はないと言われています。プラズマ乳酸菌を摂取する事でウイルス量が顕著に減ってくれるのならこれほど有り難いことありません。

子供が苦しむ姿はなるべくなら見たくないものです。プラズマ乳酸菌は私たちママの強い味方という事が出来るでしょう!もちろん感染するのは子供たちだけではありません。

初めにに言った通り、現在はストレスの多い社会です。ストレスにより免疫力の低下してしまった大人もその対象に入っています。対岸の火事ではなく、自分に起こるかもしれないと思い何らかの予防対策を講じる事で健康的な生活が送れるのではないでしょうか。

内側からのアンチエイジング効果

アンチエイジングは女性の切なる思いです。プラズマ乳酸菌のパワーはアンチエイジングにも効果を発揮してくれるようです。ではどのようなアンチエイジング効果なのか調査していきましょう。

「プラズマ乳酸菌(JCM5805株)群」は「標準食群」と比較して、プラズマ乳酸菌(JCM5805株)摂取による老化スコアの有意な改善が認められ、加齢に伴い毛つやが悪くなる、皮膚表皮が薄くなる、筋肉量が減少する、といった老化現象の進行を緩和することが確認できました。

出典:

health.kirin.co.jp
化粧やエステなどでの表面的なアンチエイジングではなく髪の毛や筋肉量など根本的なアンチエイジングにプラズマ乳酸菌は効果を発揮してくれるようですね。体の内側から若さを保つことが出来れば見た目だけでなく動きも若々しく保つことが出来ますね。

特に髪の毛などは年齢とともに痩せて艶もなくなりがちになります。日々のヘアケアに加え内側からのケアで、さらに若々しい見た目を保つことが出来るのではないでしょうか。

プラズマ乳酸菌(JCM5805株)の摂取で、免疫系を活性化することにより、日常的な感染・がん化を防ぎ、体内での累積炎症頻度を低下させ、生存率の向上にも繋がると考えられます。

出典:

health.kirin.co.jp
単なるアンチエイジングと言うよりは細胞自体の若返り、そして体の細胞自身を健康的に長生きできる【長寿細胞】にする事が出来るのかもしれません。そう考えるとプラズマ乳酸菌はとてつもない可能性を秘めていると言えるのかもしれませんね。 年齢を重ねるほど【髪の毛が美しい事】その奥深さを知ります。髪の毛の美しさはその人の格の底上効果まで与えてくれます。傷んでいるから、私の髪質はこんなものなんて諦めないで。美容マニア、美容ライターさんの力を借り一生もののケア商品見つけませんか?

便秘に効果はあるのかどうか

プラズマ乳酸菌の研究開発に関わっているキリンと小岩井乳業の研究発表では便秘に効果があるかどうかは明記されていません。

しかしロタウィルスの感染症状の改善の手助けになるようにある程度の腸内環境を良くする効果はあるのではないか、と個人的には思います。ですが便秘解消を第一に考えて何かヨーグルトや乳酸菌サプリメントを選びたいならプラズマ乳酸菌でなくても良いのではないか、というのが私個人の感想です。

便秘の場合は人の腸に住みやすいビフィズス菌や生きて腸に届きやすい植物性乳酸菌の方がおすすめです。もちろん便秘に効果があった、と言う口コミも無いわけではありません。ですからプラズマ乳酸菌を摂取するなら、免疫機能アップに加え便秘解消効果があればラッキーくらいに考えておいた方が良いと思います。 あなたはビフィズス菌について詳しく知っていますか?実はただの乳酸菌ではないビフィズス菌の力、知っていると知らないとでは大きな違いがあるかもしれません。健康、アンチエイジング、あなたが求める効果はビフィズス菌が叶えてくれるかも知れませんよ!?



小岩井ヨーグルトのポイント

私の小岩井のイメージは美味しいバターです。お中元やお歳暮で小岩井のシリーズがセットになったものなどが届くと子供ながらにとっても嬉しかったのを覚えています。プラズマ乳酸菌は飲料メーカーのキリンと小岩井乳業の共同研究開発した乳酸菌だそうです。

ではその小岩井から販売されているプラズマ乳酸菌配合ヨーグルトについて調べていきましょう。

コンビニで買えない人が多い

プラズマ乳酸菌が少し前に発売され、飲みたいと、思うのですが、売ってないです。スーパーやコンビニで探していますが見つからず、です
入手方法は直接しかないのでしょうか?
飲まれた方、教
えて下さい。よろしくお願いします

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
プラズマ乳酸菌が欲しいのだけどどこに売っているのかわからない、近所のコンビニに売っていないと言う方が多数おられるようですね。最近では取り扱いのあるスーパーなども増えてきているようですが、近所に売っていないという事もあるようです。

そんな時はやっぱり頼りになるのはネットです。小岩井乳業では一部地域ですが宅配も行っているようなのでそちらを利用するのもいいと思います。

小岩井 プラズマ乳酸菌ヨーグルト KW乳酸菌プラス 110g 24個

小岩井乳業株式会社|宅配サービス
参照元:小岩井乳業株式会社(2016年7月時点、著者調べ)

www.koiwaimilk.com

ヨーグルトメーカーで手作りできるの?

プラズマ乳酸菌を毎日摂ったほうがいいという事は分かっていてもお財布に優しくないと続きませんよね。ならばヨーグルトメーカーを使ってプラズマ乳酸菌のヨーグルトを増やしてしまいましょう。そうすればプラズマ乳酸菌ヨーグルト1個分の価格で1Lものヨーグルトを作る事が出来ます。

しかし、注意も必要です。やはり何より清潔にする事。清潔にしておかないと雑菌が繁殖してしまいかねません。そして種菌の使いまわしはしない事、が大切になってきます。

種菌の使いまわしをしてしまうと安定したヨーグルトができにくくなってしまいます。40℃に設定したヨーグルトメーカーで6時間ほどで出来上がるようです。温度調節可能なヨーグルトメーカーを持っているとヨーグルトだけでなく甘酒や納豆などの発酵食品を作るのも簡単に出してしまいます。

私もこのヨーグルトメーカー【ヨーグルティア】を持っていますが、とても簡単にヨーグルトが作れるので便利で重宝しています。販売元のタニカが行っている【発酵食試作報告書】もとっても参考になりますよ。

【試作】小岩井 プラズマ乳酸菌ヨーグルト | タニカ電器
参照元:タニカ電器(2016年7月時点、著者調べ)

www.tanica.jp

TANICA 【温度調節機能で市販・カスピ海・ケフィアヨーグルト / 納豆・甘酒に対応】 ヨーグルティア スタートセット ブルー YM-1200-NB

サプリのポイントは?

毎日の習慣にしようと思ったら、やはり簡単で手っ取り早いのが一番です。そんな方にはサプリメントでのプラズマ乳酸菌摂取をお勧めします。

「毎日続けやすいサプリメントで摂取したい」という消費者の声に応えて開発しました。一日あたり4粒と、手軽に飲みやすい錠剤タイプのサプリメントです。

出典:

www.kyowa-kirin.co.jp
キリンと小岩井乳業が共同開発したプラズマ乳酸菌を、協和発酵バイオが粉末食品化に成功したことから手軽にサプリメントでプラズマ乳酸菌を摂取できることに繋がったようです。

キリンと協和発酵バイオとの共同開発で、プラズマ乳酸菌の粉末食品素材化に成功し、サプリメント商品を開発致しました。

出典:

www.kyowa-kirin.co.jp

サプリは効果あり

プラズマ乳酸菌のサプリメントの効果は先ほどから述べていた効果と同等の効果があります。そしてサプリメントには、免疫効果を高めるプラズマ乳酸菌のほかにおなかの調子を整える効果のあるオリゴ糖なども配合されているようです。

オリゴ糖は私たちの腸内の善玉菌のエサになり善玉菌を活性化させる効果があります。免疫力アップと便秘解消を同時に望むならプラズマ乳酸菌の摂取はサプリメントからが向いているのかもしれませんね。

 一日あたり4粒の錠剤タイプのサプリメントに、プラズマ乳酸菌を50mgと、オリゴ糖を500mg配合しました。プラズマ乳酸菌がまもるチカラをサポート、オリゴ糖は我々の体内にいる微生物の働きをサポートします。

出典:

www.kyowa-kirin.co.jp

サプリの口コミをご紹介

気に入っています。プラズマ乳酸菌を飲んでから風邪をひきません。

出典:

www.amazon.co.jp

風の免疫力を高めることをテレビで見て注文しました。そのおかげか?インフルエンザでクラス学級閉鎖になりましたが息子は元気です。

出典:

www.amazon.co.jp

サプリメント、と して 買いました、腸の感じが良くなった感じさせる。

出典:

www.amazon.co.jp
やはりプラズマ乳酸菌の口コミとしては圧倒的に病気にかかりにくくなった。という事でしょうか。定期的に摂取する事で免疫機能の活性化が期待できるようです。そしてやはり腸の調子が良くなった感じがする、という方もおられるので便秘解消にも一定の効果を発揮してくれるのではないでしょうか。

もちろん便秘解消効果でしたら他の機能性乳酸菌でも効果があると思いますのでご自分に合った乳酸菌を見つける事が望ましいと思います。 乳酸菌に対してあなたはどんなイメージをお持ちですか?たかが乳酸菌。いいえ、そうではありません。乳酸菌はあなたの体に必要不可欠なパートナーです。乳酸菌の全てを知って健康生活に役立ててみませんか?さあ、今日からあなたは乳酸菌マスターです。

花粉症にも効果があるの?

プラズマ乳酸菌はお薬ではありません。ですから花粉症などの症状がとてもキツイ、今すぐどうにかしたい。そんな場合は病院への通院をお勧めします。しかし、プラズマ乳酸菌の効果を紹介してきた通り全免疫機能を活性化させてくれると言う効果は確かなようです。

ですから予防の為、これ以上悪くしない為、などの効果を求めてのプラズマ乳酸菌の摂取には一定の効果があると思います。しかし何にせよ、早めの予防が一番で何かを治すとか治療する目的と言うよりは低下してしまっている体の力の底上げをするためのもの、と考えたほうがいいと思います。

プラズマ乳酸菌を毎日の習慣にし、免疫力を常に高く保つことが体の不調を招かない方法なのかもしれませんね。

花粉症には早めの治療が大切 ~あなたに合った花粉症対策を始めましょう | 病気の知識 | 患者・ご家族の皆さま | シオノギ製薬(塩野義製薬)
参照元:シオノギ製薬(2016年7月時点、著者調べ)

おすすめ商品は?

プラズマ乳酸菌の配合されている商品はどのようなものがあるのでしょうか。味や形状、飲みやすさ、取り入れやすさなど自分に合った商品を見つける事が大切ですよ。

ヨーグルトタイプ

ヨーグルトタイプならコチラ、【プラズマ乳酸菌ヨーグルト・KW乳酸菌プラス】です。ヨーグルトが好きな方、食べごたえを求める方にはこちらをお勧めします。 飲むヨーグルトタイプもありますね。小岩井こだわりの生乳を使用して作っている飲むヨーグルトです。手軽にグイッと飲めるのも嬉しいですよね。

ウォータータイプ

ヨーグルトが苦手な方にはこちらのウォータータイプがおすすめです。ミネラルウオーターの代わりにこちらを飲んでみてはいかがでしょうか。

サプリメントタイプ

忙しく手軽にプラズマ乳酸菌を摂取したい方にはサプリメントがおすすめです。サプリメントならまとめ買いや1か月単位での購入もできますのでつい買い忘れてしまったなんてことが起こりにくいのも嬉しいですよね。

プラズマ乳酸菌の水がおすすめな理由は?

プラズマ乳酸菌を摂取するにあたって、どのタイプの商品が自分に合っているか迷うところですね。しかし、カロリーが気になる方や乳製品が苦手な方、甘いものがあまり好きではない方にはプラズマ乳酸菌のお水、【まもるチカラのみず】がおすすめです。

余計な味わいを一切加えておらず飲みやすいという点でも高評価だと言えるでしょう。味の好みはあるでしょうが健康の為ならまあいいんじゃないの?と思えるのではないでしょうか。常温でも飲めるので場所を気にせず飲むことが出来ますね。

下痢しちゃう人はココに気をつけて!

プラズマ乳酸菌に関わらず乳酸菌を摂取すると下痢になってしまう、と言う方は一定量おられるようです。そんな時は乳酸菌が原因と言うよりはその他の要因が関係しているかもしれません。

その要因をクリアにしてもまだ下痢が続いてしまう場合は摂取をいったん中止と言う選択も必要だと思います。では下痢になってしまうかもしれない要因をチェックしてみましょう。

<下痢になってしまうかもしれない要因チェック>

・冷たいものを多くとっていないか
・牛乳などを飲むとおなかがゴロゴロする体質でないか
・過剰摂取していないか
・ストレスの多い生活をしていないか
・おならが臭い、便が臭く黒いなど腸内環境が極度に悪化していないか

これらの要因を取り除けば下痢になる事は少なくなるのではないかと思われます。この要因は日常生活を少しずつ気をつける事で随分と解消される要因です。しかし、気をつけなければならないのはアレルギーの問題です。

乳製品にアレルギーのある方は医師の判断に従って下さいね。

まとめ

いかがでしたか?免疫機能に作用して体を健康に導いてくれるプラズマ乳酸菌についてお伝えしました。我が家も幼稚園児と乳幼児がいますのでぜひとも生活に取り入れたい!と思いました。

幸い我が家の子供たちはアレルギーもありませんし、毎日ヨーグルトを食べているのでプラズマ乳酸菌入りのものにしてみようと思います。もちろんヨーグルティアで自家培養しお得に増やして食べさせたいと思います。

あなたもプラズマ乳酸菌生活、始めてみませんか? 腸内の善玉菌を増やすために、ヨーグルトは出来れば毎日食べたい食品の一つです。最近では生きたまま腸内まで届いて、腸の中で活躍してくれる菌が入ったヨーグルトが多くなってきました。毎日食べるヨーグルトが手作り出来たらいいのにな…そう思う方も多いでしょう。今回はスプーンたった一杯のプレーンヨーグルトを合計3L程まで増やせる、手作りヨーグルトの作り方を紹介していきます。