【乳酸菌効果】知らなきゃ損する効果の全貌!元気な体は腸内から!

乳酸菌に対してあなたはどんなイメージをお持ちですか?たかが乳酸菌。いいえ、そうではありません。乳酸菌はあなたの体に必要不可欠なパートナーです。乳酸菌の全てを知って健康生活に役立ててみませんか?さあ、今日からあなたは乳酸菌マスターです。



乳酸菌の効能を知ろう!

乳酸菌、一度は聞いたことがあるこの名前。しかし、乳酸菌の全てについて知っている人はどれくらいいるでしょうか。便秘解消にいいと言うけどそれはなぜ?免疫力が上がるっていうけどそれはどういったメカニズムで?疑問に思う事にはキリがありませんね。

漠然とした知識ではなく乳酸菌の力を知って、自分自身の健康に役立てる事で健康的な生活はもう目の前です。

乳酸菌の力を最大限に活用したい方の為の記事です

物事の基本を知り、そしてその可能性を知る。これは何も乳酸菌に限ったことではありません。あいまいな知識のまま又は乳酸菌の本当の力を知らないまま過ごしてしまうのはもったいない事です。

実は乳酸菌は私たちの体に住むことのお礼としてたくさんの有用効果を与えてくれます。それを知りうまく活用する事が出来たら、健康的な生活を手に入れる事が出来るのではないでしょうか。

さあ、乳酸菌のアレコレを一緒に考察していきましょう!

乳酸菌ってどんなもの?

ではさっそく乳酸菌がどのようなものなのか調べていきましょう。

<乳酸菌とは?>

オリゴ糖などの糖を利用して、乳酸をはじめとする酸をつくりだす細菌の総称で、自然界に広く存在しています。
人間の体内にすんでいるのは、各種のビフィズス菌、アシドフィルス菌、腸球菌の一種であるフェカーリス菌などで、これらは善玉菌と呼ばれ、その働きをプロバイオティクスと呼んでいます。

出典:

www.e-nobel.jp
乳酸菌は自然界に多くある菌の総称です。善玉菌の仲間で乳酸菌と混同されやすいビフィズス菌とは違い、人間の腸以外でも生息する事が出来るんですね。

<乳酸菌の働き>

腸内にすむ乳酸菌、ビフィズス菌を増やし、腸内の有用菌を増やします。
乳酸、酢酸を産生し、腸の運動を促進して、有害菌の増殖を抑制します。

出典:

www.e-nobel.jp
乳酸菌は腸内に既に生息している有用菌を活性化してくれるようですね。乳酸菌は消化の過程で胃酸や胆汁などの消化液で死滅してしまっても、腸内の有用菌のエサとして作用してくれます。ですから必ずしも生きて腸まで届く必要はない、と言えますね。

乳酸菌は糖を分解する過程に乳酸を生成し、その乳酸は腸の動きを活発にしてくれます。活発化した腸にさらなる生きた乳酸菌や、死滅してエサ化した乳酸菌が送り込まれる事で悪玉菌の増殖を防ぐ効果が高まるようです。

大切なのは生きて腸まで届く事、と言うよりは定期的に乳酸菌を摂取する事のようですね。

<乳酸菌の含まれる食品>

はっ酵乳の形では、ヨーグルト、乳酸菌飲料、チーズ、バターなど、乳を乳酸菌で発酵したものがよく知られていますが、はっ酵乳以外では、漬物、味噌、醤油などの加工品にも乳酸菌が含まれています。食品によって使われる乳酸菌の種類が決まっています。
乳酸発酵によりつくられた食品には、独特の風味が生まれ、さらには、乳酸菌の働きにより保存性に優れ、乳酸発酵により、食べ物は消化吸収されやすい形に変わります。

出典:

www.e-nobel.jp
乳酸菌と言えばヨーグルト、というイメージですがそれだけではありません。実は私たちの食事になじみ深い味噌や醤油などにも乳酸菌が含まれているんです。

おなかの調子が悪いな、便秘が続いているな、だけどヨーグルトはあまり好きじゃないなんて人はご飯、みそ汁、お漬物という典型的な和食を食べると調子が良くなる!?かもしれませんね。 あなたはビフィズス菌について詳しく知っていますか?実はただの乳酸菌ではないビフィズス菌の力、知っていると知らないとでは大きな違いがあるかもしれません。健康、アンチエイジング、あなたが求める効果はビフィズス菌が叶えてくれるかも知れませんよ!?



効果的な摂り方があるって知ってる?

乳酸菌は薬ではありません。ですから決まった用法や容量は存在しないと言えます。しかし、効率よく乳酸菌を腸に定着させやすい方法は存在するようです。これを実践するのとしないのとでは雲泥の差かもしれませんよ。

乳酸菌の力を効率よく利用しその力を最大限に生かす方法を調べていきましょう。

乳酸菌の寿命は意外と短かった!?

乳酸菌は腸内でせいぜい1週間ほどしか生きられません。腸内で増殖・死滅を繰り返し、最後には体外に排泄されます。
ストレスや多量の飲酒、または老化などによっても、腸内の善玉菌はどんどん減っていきます。
そのため、積極的にできるだけ毎日とるようにしたいものです。
はっ酵乳の代表であるヨーグルトやチーズは、日本人に不足しがちなカルシウム源としても貴重です。善玉菌の“エサ”となるガラクトオリゴ糖やフラクトオリゴ糖、食物繊維を一緒にとるようにすると、より効果的です。

出典:

www.e-nobel.jp
乳酸菌は一度定着するとその腸にずっと住み続けるわけではありません。ですから定期的に摂取する事が大切なようです。そして乳酸菌のエサとなるオリゴ糖と一緒に食べる事が重要です。

毎朝ヨーグルトを食べる習慣があるのなら、フラクトオリゴ糖を含むバナナやはちみつをトッピングとして加えて食べるとより効果が高いのではないでしょうか。

和食派のあなたはご飯に乳酸菌たっぷりのぬか漬けのお漬物にイソマルトオリゴ糖を含む醤油をほんの少したらし、乳酸菌、イソマルトオリゴ糖両方を含む味噌で味噌汁なんて純和風な朝ごはんもいいですね。もちろん塩分の摂りすぎには注意が必要ですよ。

乳酸菌とは? | 株式会社ノーベル
参照元:株式会社ノーベル(2016年7月時点、著者調べ)

慣れが堕落の一歩かもしれない真実

実は乳酸菌もずっと同じようなペースで同じ種類の乳酸菌を摂取し続けていると効果が薄くなる、と言うのをご存知ですか?乳酸菌も人間関係の様に慣れ合ってしまう事があるんですね。何事も適度な緊張感が必要だという事でしょうか。

幸いに乳酸菌を含む食品は動物性、植物性ともに多く存在します。動物性の乳酸菌であればヨーグルトですが、ヨーグルトも乳酸菌の種類は1つではありません。銘柄ごとに含まれている乳酸菌の種類が違うと言っても過言ではないかもしれませんね。

植物性の乳酸菌を例に挙げればキムチや漬け物などの発酵食品、穀物や野菜にも乳酸菌は含まれています。ですから1つのものを続けて食べるよりは楽しみながらいろんな種類の乳酸菌を摂取する事が大切なのではないでしょうか。

乳酸品が含まれる食品 | 乳酸菌ラボ《フジッコ株式会社》
参照元:フジッコ株式会社(2016年7月時点、著者調べ)

効果なし!悲しい結果に終わらせないコツ

ヨーグルトを食べても便秘解消しなかった。乳酸菌に効果があるのかわからない。そんな声もあります。しかし、乳酸菌が効果が無いなんてないはずです。もしあるのだとすれば、何かを間違っているのかもしれません。

ヨーグルトが効果なかったから諦めるのではなく、正しい乳酸菌との付き合い方を一緒に勉強しましょう!

体に合う菌、合わない菌

乳酸菌を摂取して何の効果も見られない場合に考えられるのが、自分に合っていない菌だったという事です。人間にも個性があり、体質も人それぞれ違います。つまり腸内に存在している菌が違う、という事です。

この自分にバッチリあった菌を見つけられたら便秘やその他の不快症状は軽減する可能性が高くなってきます。もちろん見ただけであなたに合う菌はコレ!なんて判断は出来ないので、合う菌に出会うまでひたすらローラー作戦をする事になります。

その場合には、2週間~4週間を目安にお試ししてみて下さい。体に合う菌なら1週間ほどで効果が出る事が多いようです。4週間たっても何ら変化が見られない様ならあなたの体には合っていない乳酸菌だと考えていいでしょう。

ヨーグルトに含まれている菌の種類 | 乳酸菌ラボ《フジッコ株式会社》
参照元:フジッコ株式会社(2016年7月時点、著者調べ)

乳糖不耐症と言う事実

日本人は乳糖を分解するの力のない人がほとんどだそうです。牛乳を飲んでおなかがゴロゴロする、そんなあなたは乳糖不耐症かもしれません。発酵し、ヨーグルトになる事で幾分かは消化されやすくなってはいますが、それでもうまく消化吸収出来ない事がヨーグルトが効果ない、と感じてしまう原因かもしれません。

そんな場合は乳酸菌をヨーグルトで摂るのではなく植物性の乳酸菌で摂ると良いのではないでしょうか。植物性の乳酸菌と言えば、先ほどから挙げているぬか漬けのお漬物やキムチ、みそなどの発酵食品ですね。こういった植物から作られる乳酸菌を日頃から定期的に摂取する事で効果が無い、なんて残念な結果を迎える事は減るのではないでしょうか。

ぬか床に含まれる乳酸菌は植物性の乳酸菌で非常に強い菌なので、体内に入ると胃をくぐり抜けて大腸まで達します。そして腸内で腸内フローラのバランスを整える働きをするので、整腸作用や免疫力アップ効果が期待できます。

出典:

www.nyusankin.org

キムチにいる乳酸菌は、植物性の乳酸菌です。塩や唐辛子たっぷりのキムチのなかでもしっかりと生き残って発酵する強さがあり、独特の香りやうまみを醸し出しているのです。
キムチは時間がたつとピリピリしたり、すっぱくなっていきますが、これは乳酸菌が生きていて発酵が進んでいる証拠です。

出典:

www.nyusankin.org

また、牛乳に含まれる乳糖を消化できないのが原因で、お腹がゴロゴロする体質の方がいますが(乳糖不耐症)、乳酸発酵したチーズなどでは、この乳糖が分解されているため、乳糖不耐症の人でも消化吸収がしやすくなります。

出典:

www.nyusankin.org

乳糖不耐症
参照元:国際酪農連盟(2016年7月時点、著者調べ)

量と種類を考える必要あり

乳酸菌の効果が感じられない人はもしかすると摂取する乳酸菌の量が足りないのかもしれません。特に腸内環境が悪化している場合、なかなか効果が感じられない事があるようです。便秘状態が長く続いている、おならがとても臭いなどの症状がある方は腸内環境が悪化している可能性が高いので多めの乳酸菌を摂る事を心がけたほうがいいかもしれませんね。

そして、量もさることながら乳酸菌の種類も大切です。先ほどもお伝えしましたが、同じ乳酸菌をずっと摂取していると腸内細菌が慣れてしまい効果が薄くなってしまいます。定期的に摂取する乳酸菌の種類を変える事で効果が出やすく、持続しやすくなるようです。

ヨーグルトの味わいは、乳酸菌の種類や発酵時間により違ってきます。日本の原料乳にはあまり違いが無いので、ヨーグルトの違いは乳酸菌の違い出てきます。
また、それぞれの乳酸菌がもつ性質が違うため、1種類だけでなく、2?3種類を併用して作られるのが一般的なので、その組み合わせによっても違いが出てきます。

出典:

www.nyusankin.org

サプリで摂るのが効果的か

乳酸菌は様々な食べ物に含まれているので食事から摂る事が望ましいのでしょうか。私は必ずしもそうではないと思います。本人のライフスタイルに合った乳酸菌の摂取方法を採用する事が一番だと思います。

まずは続ける事です。続けやすい環境にないと習慣化する事は難しいですし、続けないと効果は半減どころか意味無いものに終わってしまうかもしれません。

食欲がない時に乳酸菌を摂らなくちゃ!と気構えるだけでもなんだか気持ちが滅入ってきますよね。そんな時や忙しく生活が乱れがちになっている方などは気軽に続けられるサプリメントを利用したらいいと思います。 「お通じが来ない!」「お腹が張って思う存分食べられない!」などそんなふうに便秘で悩んでいる人もいるのではないでしょうか?そんな同じ悩みを抱えている人達の中には乳酸菌サプリを利用している人が多くいます!一体どんな効果があるのでしょうか?



ヤクルトの効果を知る!実はかなりの実力が

子供も大人も大好きヤクルト。おなじみの乳酸菌飲料ヤクルトですが、実はかなりの実力の持ち主のようです。美味しく飲みやすいうえに実力も本物と来れば利用しない理由はありません。ではヤクルトについて詳しく調べていきましょう。

ヤクルト菌は、「LCS」「ラクトバチルスカゼイ・シロタ株」「乳酸菌シロタ株」とも呼ばれる善玉菌で、人の腸内に住み付いている乳酸幹菌を強化培養したものであり、その開発者である医学博士代田稔(しろたみのる)氏の名前をとって、「ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株」と命名されました。
ヤクルト菌は主に小腸で活躍する乳酸菌で、腸内で乳酸を作り出します。腸の蠕動運動を高めて、便秘を改善したり、大腸菌やウェルシュ菌などの悪玉菌の増殖を抑制します。これにより、発がん性物質などの発生が抑制され、アンモニアなどの腐敗産物も減り、腸内腐敗が防止されます。
また、ヤクルト菌は耐酸性なので、胃液や胆汁中でもほとんど死滅することなく、最終的に排便まで生き続けられます。そのため、経口摂取しても生きたまま腸に届き、高いプロバイオティクス効果が期待できるのです

出典:

www.nyusankin.org
ヤクルトの乳酸菌はラクトバチルスガゼイ・シロタ株と言うもののようです。人の腸にもともと住んでいた乳酸菌を取り出し、さらに強化させたこの菌はまさに人の腸に定着しやすく効果の高い乳酸菌であると言えるでしょう。

ビフィズス菌などは大腸で働く善玉菌ですがヤクルト菌は小腸で働く乳酸菌なんですね。しかも酸に強い性質なので消化液の影響を受けることなく生きたまま腸に届くと言う事も大きなポイントの1つだと言えると思います。

ヤクルト菌とは|乳酸菌のすべて
参照元:ヤクルト(2016年7月時点、著者調べ)

効果は無限大!お肌つるぴかゲット

ヤクルトは飲むだけでなく化粧品も研究開発しています。どうしてヤクルトが化粧品を?と思うかもしれませんね。しかし、内臓と肌は繋がっていますね。内臓が若々しく元気であればおのずと肌にも現れてくるはずです。

内からと外から、ダブルのケアでつるピカお肌をゲットしてしまいましょう。 どうしてヤクルト菌がお肌にいいとされているのか、それは乳酸菌の持つうるおい成分だそうです。乳酸菌発酵エキスはお肌の潤いを守ってくれる成分とよく似ているんですね。

おなかの中からも乳酸菌を補う事で、内側からも天然保湿因子を補うのと同じような効果が得られるのかもしれませんね。年齢とともに天然保湿因子は少なくなってきます。それを化粧品だけでなく食品で補う事が出来るなんて嬉しいですね。

おなかの健康とともにお肌の健康まで手に入れられるなんて優秀すぎます、ヤクルト!

ヤクルトの化粧品は何が違うの? | 乳酸菌飲料のヤクルトが作った化粧品の公式オンラインショップ ヤクルトビューティエンス
参照元:ヤクルト(2016年7月時点、著者調べ)

ヤクルト効果で便秘解消メカニズム

私たちの腸内には、
数百種、約100兆個もの菌がすみつき、
それらは良い菌と悪い菌、
どちらでもない中間的な菌に分けられます。
菌たちは腸の中で
常にせめぎ合い勢力争いをしています。
せめぎ合いの中で悪い菌が優位に立つと、
腸内の菌のバランスは乱れ、
腸内環境が乱れてしまう場合があります。
100兆個の菌のバランスを保つことで、
腸がしっかりと働くことができるのです。

出典:

www.yakult.co.jp
私たちの腸は常にたくさんの菌たちが生存競争を行っています。善玉菌が勝っているはおなかの調子が整うだけでなく、免疫力が上がったり、お肌がきれいになったりと私たちにとって良いことずくめです。

しかし、ひとたび悪玉菌優位に陥ってしまうと、便秘、肌荒れ、アレルギー症状悪化、病気になりやすくなるなど心も体もブルーになるばかりです。そうならないように私たちが出来る事と言えば食生活の見直しが一番の近道なのではないでしょうか。
まず、ヤクルト菌を摂取する事で腸内に起こる変化は、腸内のビフィズス菌などの善玉菌の増加です。この時、腸内では腸内環境正常化を図っているため一時的に便秘になる、と言う方もおられるようです。

便秘が解消せずお腹が張る場合、効果が無いのでやめてしまいたい、と思う方もおられるかもしれませんが続ける事が腸内環境正常化のキーポイントでもあると思います。

どうしても便秘解消に至らない場合は、小腸に効果のあるヤクルトに加え大腸に効果のあるミルミルなどをプラスして飲んでみるのもいいのではないでしょうか。

もっと知ろうミルミル|ためしてミルミルすっきりキャンペーン|ヤクルト
参照元:ヤクルト(2016年7月時点、著者調べ)

www.milmil-sukkiri.jp
ヤクルトを飲用していると善玉菌が増えるだけでなく悪玉菌が減る効果もあるようです。こうして腸内環境が整えられた結果便秘を解消できる、というメカニズムなのですね。

乳酸菌シロタ株って?|シロタ株.jp
参照元:ヤクルト(2016年7月時点、著者調べ)

ヤクルトは子供に必要か否か

いくら腸内環境にいいと言っても子供にヤクルトは必要なのか。これは個人の考え方なので何とも言えません。子供の便秘に困っている困っているお母さま方なら藁にもすがる思いでしょうし、便秘に無縁のお子様をお持ちならいらないんじゃない?と思うのも当然のことです。

何より甘くおいしいので小さな子供は一度あげてしまうと、目に入れば欲しがりますよね。私の子供もヤクルトは大好きです。しかし、我が家の子供たちは幸い便秘知らずの為定期的にヤクルトを与えてはいません。たまたま頂いた時やジジババが与えた時くらいでしょうか。

私の意見としては与えた時は歯磨きしようね、と歯磨きを徹底するくらいですね。ヤクルトは子供に必要か否か、皆さんの意見はどのようなものでしょうか。

ヤクルトって幼児に毎日飲ませても大丈夫でしょうか?
健康には良さそうですが、甘味が強いので、甘い飲み物が癖になったりはないでしょうか?

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
子供が小さい間は甘いものは控えている、そういうご家庭は増えてきていると思います。みんなどれくらいの年齢になったら嗜好品を与えるのか、迷うところですよね。

ヤクルトは確かに甘味があります 甘くしないと乳酸菌が酸っぱすぎて飲めないし、甘味が乳酸菌の餌となり増える?活躍します

お子さんにヤクルトを与える、与えないは自由ですが、うちは風邪予防に毎日飲ませてます。虫歯はありません

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
ヤクルトで免疫力アップをはかっているご家庭もあるんですね。虫歯も無いようで羨ましいですね。

我が家は、三姉妹の娘達が2歳頃から毎朝、ヤクルト400愛飲しておりますが、虫歯はありません。
長女(9歳)のアレルギーは改善しております。
次女(7歳)三女(5歳)はお腹にいる頃から私を介して取り込んでいるおかげ?で、めったに風邪を引かない子供だと思います。

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
2歳ごろからヤクルトを飲ませているご家庭も。アレルギーが改善したり風邪などひかない元気なお子さんの姿を目の前で見ているとヤクルトの恩恵を感じられますね。

歯科医の先生にも、「某乳酸菌飲料を毎日飲ませている保育園の園児は、他の保育園の園児よりも圧倒的に虫歯が多いから絶対にやめなさい」と教えてもらいました。

甘くて濃いので、その味になれてしまったら大変そうですよね。
虫歯になりにくい歯質、聞き分けの良い子、親がしっかりと虫歯対策をしてあげられる…等であれば、少しはリスクも減るのでは…。

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
もちろん、根強くある虫歯が心配、と言う声も。ヤクルトを毎日飲ませるのなら虫歯対策も必要なのかもしれませんね。 乳酸菌飲料は簡単に購入することの出来る、とても身近な飲み物です。実際にカルピスやヤクルトなど、お馴染みの乳酸菌飲料を良く飲んでいるという人も多いかと思います。乳酸菌飲料はとても健康効果の高い飲み物でもあるので、簡単にご紹介したいと思います。

乳酸菌ショコラ

<チョコで包んだ乳酸菌が生きて腸まで100倍届く>現実ならばなんて嬉しい事でしょう。女の子が大好きなチョコが腸を活性化させてくれる乳酸菌を守って腸まで届けてくれるなんて。では乳酸菌ショコラについて詳しく調べていきましょう! 乳酸菌は熱や酸に弱く生きて腸まで届くことが困難です。その弱点を克服したのが乳酸菌ショコラのようです。

下痢になるほど!?チョコレート効果

論より証拠!乳酸菌ショコラを食べたことある皆さんの声、集めてみました。皆さん乳酸菌ショコラの効果をどのように感じているのでしょうか。 何とお腹を壊してしまうほどの効果が!?乳酸菌ショコラに使用されている乳酸菌は植物性乳酸菌でただでさえ酸や熱に強い乳酸菌なのにチョコレートに守られているのだから納得、と言うべきでしょうか。最初はほんの少しから始めたほうがよさそうです。 定期注文に踏み切るほど効果を感じられたんですね。甘いチョコレートで健康習慣、なんて甘い響きでしょうか。 やはりリピ買いの方が多いようです。効果を感じなければリピートしたいとは思わない、女って正直な生き物ですもの。 翌日に効果ありなんてとてもうれしいですね。もちろん個人差はあるでしょうが効果は確かなようです。 効果もアリながら味も満足が出来るなんてにわかには信じられませんね。でも乳酸菌ショコラをすでに体験した方たちの生の声、無視するわけにはいかないでしょう!

まとめ

いかがでしたか?乳酸菌の力は私たちの健康な生活には欠かせないものだという事が分かりました。そして乳酸菌とうまく付き合っていく事でおなかの調子だけでなくお肌、アレルギー、病気になりにくい強い体作りなど嬉しい効果がたくさんありますね。

しかし、まちがった知識で乳酸菌の良さを生かしきれない事もある、と言うのも頭にとめておいてください。乳酸菌の力を最大限に生かすも殺すもあなた次第です。ぜひこの記事を乳酸菌生活に役立ててほしいと思います!