【ネイルアート】初心者におススメの道具&簡単なデザインまとめ

エナメルが上手く塗れない。ネイルアートは難しい。そんな風に思ったことはありませんか?今回の記事ではネイルアート初心者のために、簡単に描けるデザインや便利な道具についてまとめました!エナメルを塗る時のコツなども紹介しているので、初心者におススメの記事となっています。



ネイルアートの初心者とは?

大人のオシャレとして人気のあるネイルアート。ネイルサロンに行かず、自分自身でアートを楽しんでいる人も多いですよね。服装に合わせて爪のデザインや色を変えると、より一層楽しむことができます。

ですが、中にはネイルアートに興味があるけど、やり方がわからないという人もいるのではないでしょうか?もしくは、上手くできずに失敗することが多いという人もいるでしょう。エナメルを上手く塗れないという人は、そもそも基本的な手順を飛ばしている可能性もあります。

そこで、今回の記事では「ネイルアート初心者」におススメの道具や、簡単にできるデザインを紹介していきます。まずは基本を押さえて、簡単なデザインからマスターしていきましょう!ネイルサロンだと、5,000円以上かかってしまう場合でも、セルフネイルなら必要な費用は道具代だけなので、1,000円未満で楽しめちゃうんです。



初心者に必要な道具はどれ?

最初に用意しておきたい道具

ネイルアートを始めるためには、まず必要な道具をそろえる必要がありますよね?ですが、何を買えばいいのかわからないという人もいるのではないでしょうか。

ネイルアートに必要なものは、エナメルだけではありません。塗る前にはまずネイルケアをして爪の形を整えたり、汚れを取ったりします。そのためには、次のような手入れのための道具が必要になります。

・エメリーボード(爪の形を整える道具)
・キューティクルケアクリーム(爪の皮を処理する道具)
・ウッドスティック(エナメルのズレなどを修正する道具)
・コットンなど

手入れ後にエナメルを塗ることになりますが、その際には、エナメルを落ちにくくするための「ベースコート」や「トップコート」などが必要になります。塗る順番は最初にベースコート、次にエナメル、最後にトップコートとなります。

3回も塗らなきゃならないなんて、乾くまでに時間がかかるし面倒!と思うかもしれませんが、この2つには爪の保護やエナメルの持ちを長くするという利点がありますから、ちゃんと塗っておきましょう。

100均なら道具が低コストでそろいます!

上の項目で、ネイルアートに必要な道具を取り上げましたが、実は全部100均で買えるんです。エナメルに加えて手入れ道具まで買うと、何となく費用が高くなりそうな気がしますが、100均でそろえれば1,000円未満で済みます。

また、ネイルの装飾に使える「ネイルシール」や「ラインストーン」などもそろっているので、100均だけでもゴージャスなネイルアートを作れちゃうんです。

ネイルアートに模様を入れたいけど、自分では描けない……という場合、ネイルシールを貼るだけでガラッと印象が変わります。安いだけではなく種類も豊富なところが、嬉しいポイントですよね。100均にはネイルアートのためのグッズが充実しているので、セルフで楽しみたい人にはとても魅力的だと言えるでしょう。 100円均一「セリア」のネイルグッズを使ったことはありますか?口コミでも評判が良く「かわいい!超有能!」との声が大きい商品なんです!今回は特に人気のあるセリアのネイルグッズと、簡単なネイルアートの作り方について紹介していきます。

「ジェルネイルキット」は初心者の味方!

ネイルアートには、エナメルではなくジェルを使った「ジェルネイル」もありますよね。ジェルネイルは発色が良くキレイに仕上がり、長持ちするというメリットがあり、こちらを好む女性はかなり多いです。

ジェルネイルを自分で作りたい場合、必要な道具が一式そろっている「ジェルネイルキット」がおススメです。カラージェルだけでなく、装飾に必要なアクリルストーンやホログラムなども複数入っているので、このスターターキットだけで手軽にジェルネイルを楽しむことができちゃうんです。

【宅配便】【送料無料】最新カラージェルが7個選べる!超特盛169点4980円★ 【01】UVジェルも硬化できる24wLEDライト新登場! ジェルネイル 超得盛 最大169点セット 新作 カラージェル 7個付 ネイル スターターキット お試し 説明書付き ジェルネイルキット

【宅急便送料無料】ジェルネイル スターター キット 【GOODデザイン】最新チップ型LEDライト搭載 173色カラージェルから4個選べるジェルネイルセット  初心者も簡単!説明書付き ジェルネイルランキング1位入賞! ネイル用品 お試し
スターターキットの値段は、商品によって全く違います。安い物なら税込みで3,000円程度、高ければ1万円以上することもあります。「ちょっと高い……」と感じるかもしれませんが、毎回ネイルサロンに行くよりは圧倒的に低コストで済みます。お試しで買ってみたいという人は、前者のように安いものを購入してみるといいかもしれませんね。

スターターキットなら、必要道具一式に加えて説明書も付いているので、初心者でも安心して作ることができるんです。

セルフで簡単に描けるデザインを紹介

職場でもOKな「フレンチ」

ネイルアートの定番で、幅広い年齢層から人気がある「フレンチネイル」は、意外と簡単にできるので、初心者向けだといえるでしょう。職場でも使えるデザインなので、自分で塗れるようになると嬉しいですね!

フレンチネイルの塗り方ですが、まずはベースとなるピンクのエナメルを最初に塗ります。ピンクのエナメルが乾いたら、次にホワイトのエナメルで爪先を丸く塗っていくと完成です。爪の端から中心部分に向って描くと塗りやすいです。

通常はフリーハンドで塗りますが、上手く出来ない場合はマスキングテープを使うと便利です。ホワイトエナメルを塗る際に、丸く切り取ったマスキングテープを爪に貼ると、はみ出さずに済みます。

実は初心者向けの「グラデーション」

一見難しそうに見える「グラデーションネイル」ですが、実は初心者向けなんです。グラデーションは同じ系統の色を使い、ラメを入れると可愛らしく見えます。

グラデーションを作る場合、3色程度同色系のエナメルを用意します。通常はベースとなる色を全体に塗ってから、爪の上部に別の色を塗り、最後にラメが入ったエナメルを先端に塗っていくと完成です。

この方法が基本ですが、逆の手順で行っても簡単にできるようです。爪の先端から先に塗っていく方法ですね。爪先1/4の部分を塗って乾かし、乾いた後は2/4の部分を塗り、最後に3/4の部分を塗ります。残った根元部分ですが、エナメルを塗らないことでよりグラデーションらしく仕上がるそうです。

因みに、グラデーションネイルなら爪の先端がはげてしまった時にもごまかせるというメリットがあります。爪先にラメ入りのエナメルを付けるだけで、違和感なく仕上げることができちゃいます。

通常、はげた場合は全体を塗り直さなければならないので、時間が無い時には嬉しいポイントですよね。 サロンに行くと1回6,000円はかかってしまうネイルアート。1カ月もすればお直しにいかなくてはいけないし、節約家にはなかなかハードルが高いですよね。しかし、セルフネイルならマニキュア代だけで色々な色やデザインを楽しむことが出来ます。不器用だから凝ったデザインは出来ないし…と思っている方にも安心の簡単な夏に持ってこいのデザインをご紹介したいと思います。 「ハロウィン」「クリスマス」と華やかなイベントも多い季節でもある秋冬。今回はネイルサロンに行かなくても、本格的なお洒落なネイルをお得に楽しめる方法をお伝えします。可愛いネイルアートを自分でやるって難しいのでは?と諦めていた方必見!簡単にお手頃価格でネイルが楽しめちゃう情報を沢山お届けします。是非参考にしてみてくださいね。

超簡単テク!「誰でも10分でできる」グラデーションネイルのコツ | キレイ | ダイエットナビ | CLUB Panasonic
参照元:パナソニック株式会社(2016年6月 著者調べ)



やっぱり失敗する!という時の対処法

不器用さんには「つけ爪」がおすすめ

自分でネイルアートをしていると、もっと上級者向けのオシャレなデザインに挑戦したい!と思う人もいるのではないでしょうか?上の項目で紹介したフレンチやグラデーション以外にも、マーブル・シボレー・3Dアートなど、色々なデザインがあります。ネイルアート好きなら、一度は書いてみたい模様ばかりです。

とはいえ、自分の爪に直接描くのは中々難しいものですよね。利き手に描くとなると尚更でしょう。そんな時に便利なのが「つけ爪」です。つけ爪なら、好きな色や模様を描いた後で自分の爪に貼り付けられます。つけ爪の固定台があれば、更に使いやすいでしょう。サイズや爪の形ごとに販売されているので、自分に合ったものを選べます。

因みに、安い物であれば100均でも売っています。私が実際に使った感想ですが、私の場合は若干爪の形に合っていなかったため、爪に貼り付けた時に違和感がありました。とはいえ、十分な量が入っているので、練習用に使うのであればおススメです。

エナメルのタイプを選ぶ

エナメルが上手く塗れない理由は色々ありますが、「エナメルの色」も原因の一つだと知っている人は、意外と少ないようです。エナメルには塗りやすい色と、塗るのが難しい色があります。後者を選べば、初心者にとっては当然塗りにくく感じるでしょう。

透明感のある色(シアーカラー)は、1度塗っただけではボトルと同じ色がでませんから、3度塗りが必要になります。私も使ったことがありますが、色が出にくい上にムラになりやすいので、最初の頃は全然上手くできませんでした。塗り方にもコツがあるので、初心者にとっては難易度が高いでしょう。

逆に、濃いめの色は塗りやすいのでおススメです。エナメルのタイプによって、3度塗りした方が良い色と2度塗りで終わらせた方が良い色があるので、塗り方を使い分けなければなりません。 エナメルが上手く塗れない原因として、他にもハケの形が悪い・エナメルをつけすぎているなどがあります。私の知人には、そもそも手入れをしていないため、爪に甘皮が残っていてキレイに塗れていないという人もいました。

ネイルアートは基本さえ守れば簡単に楽しめるオシャレですから、上手く塗れないと思った時には、この項目で紹介した内容を確認してみて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ネイルアートには初心者向けのデザインもあるので、今まで上手くできなかったという人は、こちらから挑戦してみるといいかもしれませんね。

単色のエナメルでもキレイに見えますが、やネイルシールなどの装飾品を上手く組み合わせることで、より華やかに見せることができます。