【家計簿マム】シェア67.6%!!選ばれる理由を探ってみました

言わずと知れた家計簿ソフト、その名も「家計簿マム」。たくさん家計簿ソフトがあるなかで支持を集める理由とは一体なんなのでしょうか?わたし自身、家計簿をどうしても続けられなくて悩むひとり。もしかしたら続けられるのでは?という一筋の期待を胸に、調べてみました!



家計簿マムって?

実際に「選ばれている」ソフトです

家計簿をさがしているかたなら、検索して目にしたことがあるのではないでしょうか?家計簿マムは種類でいうと「パソコン家計簿ソフト」です。

BCN AWARD 2015というランキングのホームソフト部門で、見事シェア67.6%の第1位に輝いています!!(※6年連続)

概要
「BCN AWARD」は、全国の量販店のPOSデータを日次で収集・集計した「BCNランキング」に基づき、パソコン関連・デジタル家電関連製品の年間(1~12月)販売台数第1位のベンダーを表彰する賞。選考にあたっては、複数人の学識者からなる認証委員会を設置し、第三者が公正な選考を検証できる仕組みを設けている。

出典:

bcnranking.jp

テクニカルソフト株式会社 てきぱき家計簿マムのご紹介
参照元:テクニカルソフト株式会社(2015年12月時点、著者調べ)

テクニカルソフト てきぱき家計簿マム9
「みんなが買っているから買う」というわけではないですが、やはり多くの人に選ばれるものって、それ相応の理由があると感じます。

例えばお洋服でいうとユニクロは、知っての通りたくさんのかたがよく購入していますよね。ユニクロだから買っているのですよね。その背景には安価なプライスもありますが、しっかりした縫製やこだわりの素材、飽きのこないデザイン、分かりやすい売場構成があり、おおきな「安心感」があります。それによって、「ユニクロで買えばとりあえず安心」になっているではないでしょうか。

そして、パソコン家計簿ソフトのトップを走る家計簿マムにもやっぱり素敵な機能があります。家計簿選びの休憩がてら、ゆったりと読んでみていただけるとうれしいです。



家計簿ってどれを選んだらいいんだろう

そもそもの問題として、いざ始めようとするとまず困るのが、家計簿の種類です。今回ご紹介する「家計簿マム」のようなパソコンでできるもの、手書きタイプのもの、アプリ…と様々あります。また種類ごとにたくさんの商品がでていますよね。「どれにしようかな~」と楽しく悩めるかたなら良いのですが、実際ここで悩みに悩んで始める前に嫌になってしまうかたも多いのでは、なんて思ったりします。せっかくやる気になったのに、すごくもったいないことです…!

では、種類別にどんなかたが向いていそうなのかまとめてみました。あなたはどれがお好みでしょうか?

パソコン家計簿ソフト

何よりもパソコンに慣れているかた。といっても、簡単な操作でできるものが多いので、触ることがストレスにならないかたであれば問題ありません。

また、簡単にやりたいけどちゃんと分析もしたいなあと思っているかた。さすがパソコンソフトだけあって、便利な機能がいくつも盛り込まれています。金額を間違って入力してしまっても紙のように修正のあとも残らないですし、項目のカスタマイズも簡単です。

そして、「自動でグラフ作成や集計をしてくれる」ので、どこに無駄な費用がかかっているのか分析するのも簡単です!!エクセルで1から作成したようなかっこいい集計が手間なく出来て、”やってる感”に浸れる、なんておまけも。

手書き家計簿

本屋さん等でずらーっと並べられているおなじみの家計簿です。最大の特徴は食費の内訳の欄が広めに用意されていること。また、実際に手をうごかして記入したり電卓を叩いたりするので、お金の動きをいちばん直に感じられるように思います。向いているのは、節約のお料理を毎日がんばっている専業主婦のかたでしょうか。

手書きということで、シールを貼ったりイラストを書いたりと個人個人で自由にかわいくカスタマイズもできるので、楽しく続けられるのもメリットですね。

家計簿アプリ

とにかく手軽!家でゆっくり家計簿をつける時間もないかたにはとても便利です。パパっとできるけど、必要な機能は備わっているのでとりあえずはじめたいかたにはうってつけですね。またTV等でも紹介されたように、レシートをパシャッと撮影して家計簿に反映できる機能もあったりするので、一個一個入力するなんてめんどくさーーーーーーいという悩みを解決してくれます。

家計簿マムのステキな機能5選!!

ではここで、「家計簿マム」の知っていただきたいステキ機能をご紹介しましょう。

1,カレンダーで一覧が見れる

家計簿に一日一日と入力をつづけていくと、日々のことでいっぱいになり「あれ、今月どんな状況なんだっけ」だったり「この先なにか出費の予定あったっけ」など全体の状況がわからなくなることがあります。そんな時にこのカレンダー。それぞれの日にいくら使っているのか、日計の確認ができるうえ、全体の収支の金額も参照できます。日をダブルクリックすることで、詳細ももちろんチェック可能です。

そして、詳細を確認していくなかで間違いを発見したら、その場ですぐ修正もできるよう。焦って入力して、「●●費のところにまちがっていれてしまっていた!!!」なんてよくあることです。さくっと直せるのは便利ですね。

2,ちょっとした日記も書ける

個人的には好きな機能。1で紹介したカレンダーの中には実は日記が書ける機能があるようです。出費の背景などがあとあと気になった時に、日記でのメモがあるととても便利ですよね。また、どうしてもパソコンソフトだと機械的な家計簿になってしまいがちで楽しむことを忘れてしまいそうなのですが、ちょっとした日記があることで楽しい雰囲気にもできて、モチベーションにもつながります。

アイコンもたくさんの種類が用意されているとのこと。カレンダーにかわいいアイコンが並ぶとちょっとわくわくして、毎日みるのが楽しみになるかも。

3,週間の振り返りもかんたん

「よし、細かく振り返ってみよう!!」となるタイミングって、きっと夫婦がそろって時間ができる週1くらいですよね。あんまり一緒に家計簿をみてくれないご主人にとっても見やすい画面があるってすごく大切だと思います。家計簿マムの日計の画面では、画面の左側に各日の日計、右側に週計が表示され、項目ごとの出費の状況をかんたんに確認することが可能です!

また、ご家庭によってよく使う項目もあるかと思います。この項目だけ絞って確認したい!というわがままにも対応しています!いろいろ項目がずらーっと並んでいると、見慣れていないご主人にとっては重要な数字がわかりにくくなるので、この機能はとても画期的ですね。

4,店舗名ごとの集計も

項目別の集計だけでなく、なんと店舗名ごとの月の集計もできるそうです。これってすごく便利。どかんとA薬局の出費が増えているのってどうしてだろう、等また違った目線で出費の振り返りができますよね。ただ、これは週ごとでは確認ができない様子。この機能が次回バージョンアップされることを願います。どちらにしても、家計の偏りっていろいろな角度でみることで発見ができるものだと思うので、もしわたしが使用した際にはこの機能はちゃんとチェックしていこうと思います。

5,水道光熱費はグラフで

毎月入力(水道は隔月で対応しています)することで、とってもわかりやすいグラフに!!どのご家庭でもなんとなく毎月きにしてチェックしている光熱費だとおもうのですが、グラフになると傾向が一目瞭然です。電気・ガス・水道のほか、携帯・ガソリン・灯油もいっしょに確認ができる仕様です。

理想の折れ線グラフが描けるように、家族で目標をたてたりするのも楽しそうですね。その際はぜひ、ご主人を悪者扱いしないようにだけ、注意してあげたいものですね笑



他にもこんな機能あります

1~5でご紹介した機能以外にも、便利な機能がたくさん!!

新「レシート入力」

入力した明細といっしょに、画像の保存ができるそうです。わりと、この画像も合わせてとっておきたい…ということ、あったりするので良いですよね。

月極め自動転記

家賃や子どもの習い事の月謝など、定期的な入出金を自動で入力してくれる機能です。毎回同じ金額を同じタイミングで入力するのは案外ストレスなので、嬉しいですね。

カード明細チェック

カードの支払い漏れなどが無いよう、また今後支払っていくものがあるのかなど、突き合わせができる機能です。わかりづらくなるカード支払いもこれでバッチリ。

底値表

価格が変動する野菜などの価格の遷移を確認できるすてきな機能!節約をがんばる主婦の味方です。 などなど。
詳しくはメーカーHPをご覧になってみてくださいね。

テクニカルソフト株式会社 | 製品紹介 | 家計簿マム9
参照元:テクニカルソフト株式会社(2015年12月時点、著者調べ)

ユーザーの声ものぞいてみる

家計簿マムの良さはわかってきたけれど、実際に使ったかたの声もやっぱり気になるところですよね。一部をピックアップしてみました。人によって感覚に違いはありますので、絶対にこうというわけではないですが、参考にしてみてくださいね。

良い意見

引越をしたのをきっかけに家計簿をつけてみようと購入しました。10年くらい昔使っていたのですが、パソコンを買い換えた時に使わなくなりました。昔を思い出して使うことにしたのですが、マニュアルとかがいらないくらい使いやすいですね。いろいろと細かい機能がついています。私の場合、細かな明細まではつけないアバウトな使い方ですが、それでも適当に使えます。引越で色々とお金を使っているので、家計を分析して、少し節約していきたいです。

出典:

www.amazon.co.jp

マムに慣れている方なら、マニュアルなしで問題無く使えると思います。
マムが初めてという方も、概ね直感的に使えると思います。
このソフトの良いところは単なる家計簿にとどまらず、カードや口座残高、グラフなどを交えて
自分の支出の傾向がよく分かる、ということです。

家計簿をつけるって根気がいるように思えるかもしれませんが、慣れてしまえば誰でも気軽に付けられるものです。
根気が無い私でも9年以上使っているいう事実が、ストレスが少ないソフトである事を証明していると思います。

今回から付いている機能らしいのですが、店名別集計は以前から欲しかったので嬉しかったです。
月ごとの各店購入実績がひと目で分かる機能ですが、各月をクリックすると金額の大きい店から
順番に並ぶようになっていますので、とても分かりやすく便利です。

出典:

www.amazon.co.jp

仕事上、EXCELを良く使うのですが、自分で組み立てるより簡単ですし、使って楽、機能が充実しているからでしょう。感想は、その日の家計簿を使い終わると、「また明日も入力しよう。」と思うソフトです。まだまだ十分使いこなしていないと思いますが、良い出来だと思います。まだ使っていませんが、拡張子を見るとEMLでのインポート・エクスポートが出来るので、問題ないかと思います。あと、ネット上ではありませんので心配ありません、銀行口座残高を入力することで、リンクさせることも可能ですから、目標を立て貯蓄する、将来に備えて残高管理する、等に役立つと思います。パスワード設定もできるので、内緒の家計簿も出来るのでは・・・。

出典:

www.amazon.co.jp
やはり豊富な機能とかんたんな操作性が好評な様子です。ちなみに”パスワードの設定”というのは日記にもできるそうですよ!秘密の日記なんて書くことはないかもしれませんが、ご主人の誕生日のごちそうをつくるときにこんなに実はお金がかかった!!!でも言えない!!なんてときには便利かもしれませんね。

悪い意見

良くできた家計簿。
だが、「おこずかい帳」にすると複雑すぎて難しい。

出典:

www.amazon.co.jp

このソフトは何年も使い続けています。とても使い易く、銀行の管理、カードの管理もキッチリできます。残念なのは、OSが変わると使えなくて、その度にバージョンアップしなくてはならなく、費用がかかる事です。

出典:

www.amazon.co.jp
機能が豊富すぎてむずかしく感じてしまうこともあるようですね…。お金がかかるソフトなので心配な点ではありますよね。ただ、しらべてみたところ、OSが変わっても再度ライセンス認証を行えばデータとプログラムは引き続き使えるとのことでしたので、安心しました。

そういえばこんな時ってどうするのかな

ほかにも、考えると出てくる様々な疑問…。一体どうしたらよいのでしょうか。

データ移行のこと

・パソコンを買い換えた場合は、どうするの?
→旧パソコンのデータをUSBに保存後、ライセンス認証メールアドレスを確認、旧パソコンの家計簿マムをアンインストールののち、新パソコンにCDーROM等からインストールし、ライセンス認証とUSBからのデータ取り込みをおこなえば移行が可能です!

・新しいバージョンにした場合は、どうするの?
→以前の家計簿マムバージョンのデータを取り込むことによって、移行が可能です!

給料日に合わせて月の設定はできる?

もちろん、給料日に合わせて、各月ごとに設定できるようです。給料日から全体の計画をたてるのは個人的には必須なのでここは重要ポイントかなと思います。また、全体の設定しかできないと職場が変わった時に困るので、各月で設定できるのは嬉しいですね。

高性能、使いこなしたいけど理解できるか不安です

パッケージ版には、全ページカラーのとってもわかりやすい図解マニュアルが付属しているそうなので、安心です!こまかい文章だけだと、正直よくわからないですもんね。
また、メーカーのHPにはQ&Aがたくさん用意されていました。項目ごとに、よくある質問が網羅されていて、わからないことを調べるのもやりやすい印象です。それでもわからない場合には質問箱というところから直接質問もできるようです。

でも、直感的に操作できそうな仕様になっているので、自分で触りながら理解していく工程も楽しむのも良いですよね。

まずは体験版もあります

一ヶ月、体験できます

とっても気になってきた家計簿マムですが、いきなり購入するのはちょっとこわいかなーと思うかたもいらっしゃるでしょう。そんなかたのために、1カ月の体験版が用意されているようです!!
基本的な機能から、高度な機能まで、製品版と同様に仕様をすることができます。つかってみると、「案外かんたんだったから続けられそう」とか、「やっぱりちょっと無理かも」など、感じることは人それぞれかと思いますが、もし少しでも家計簿マムが気になっているあなたは、一度試しにつかってのも良いのではないでしょうか?

では体験版を使ってみて「すごくいい!!」となった場合、また製品版で1からはじめないといけないのか?というと、そうではないようです。それまで作ったデータは引き継ぐことができるので、1カ月やりきった勢いを保ったまま続けることができますね!

テクニカルソフト株式会社 | ダウンロード
参照元:テクニカルソフト株式会社(2015年12月時点、著者調べ)

いっしょに始めませんか?

家計簿ってすごく面倒とおもいつつも、やっぱり続けるとみえてくるものもありそうです。無駄になっているお金や実は貯められる可能性のあるお金もひそんでいるかもしれません。夫婦でゆったり旅行にいきたい、子どものために貯金したい、お世話になった両親に親孝行がしたい…という想いを叶えられる糸口を少しずつ見つけていきたいですね。

そのなかで、家計管理の孤独さに悩んでしまうこともあるでしょう。自分ひとりがわかる家計簿ではなく、誰が見てもわかりやすい家計簿をえらんで家族・夫婦で共有することで解決ができたらいいですよね。

今回は個人的にも気になっていたパソコン家計簿ソフト「家計簿マム」をとりあげ、具体的に機能やユーザーの声等を探っていきましたが、そういったニーズにも応えてくれる家計簿だなあと感じました。無料の体験版という嬉しい製品があるので、わたしもここから始めてみようと思っています。

家計簿のその先に待っている豊かな生活を目指して、みなさんも一度、体験をしてみるのはいかがでしょうか。