出産内祝いに何を贈る?知っておくと安心な〈相場とマナー〉

出産祝いのお返しとしての意味が強い「出産内祝い」ですが、その相場や贈るときのマナーをご存知ですか?出産後の忙しい時期に贈ることとなるので早めに準備をしないと結構大変です!そんな出産内祝いの贈り方についてまとめました。



出産内祝いとは

内祝いの意味

内祝いとは、本来は内輪のお祝いのことを指します。昔は家におめでたいことがあったときに、身内や親しい人への報告を兼ねてお祝いの席を設け、来ていただいた人への感謝を込めてお祝いの品をお渡ししました。そして、遠方などの理由ででお祝いの席に来られなかった人へも、挨拶やお披露目の意味で品物を贈ったりしたそうです。

このように本来「内祝い」は「お返し」という意味ではなかったようです。しかし現在では、何かおめでたいことに対してお祝いを頂いた後のそのお返し、という意味合いが強くなっています。

今では、昔ながらのやり方でお祝いを頂いていていない人に内祝いを贈ると、お祝いを催促された?と誤解される場合もあるようなので、注意が必要かもしれません。現在の内祝いとは、頂いたお祝いのお返し、と捉えておいていいと思います。

出産の内祝いとは

赤ちゃんの誕生は、パパ・ママにとっても、周囲の人たちにとってもとてもおめでたい、嬉しいことですよね。赤ちゃん誕生の報告を聞いた親しい人たちの中には、出産祝いを贈ってくださる人もいると思います。一般的に出産祝いを贈るタイミングは、生後7日から1カ月の間とされているようです。

生後1カ月には赤ちゃんのお宮参りがあります。その後あまり遅くならない時期に、出産祝いを頂いた人へ、出産内祝いを贈るのが丁度いいタイミングのようです。つまり出産内祝いとは、生後1カ月ごろを目安に贈る出産祝いのお返し、と考えていいのではないでしょうか。

内祝いを贈るには準備が必要

この出産後1カ月というのは、新しく赤ちゃんを迎えたお母さんにとって非常に忙しい時期ですよね。特に初産だと大変です。まだ体調も体力も元に戻っているとは言えない時期でもあると思います。この時期に内祝いを選んで、贈る人をリストアップして、発送してというのは、体調にによってはきついかもしれません。

ですから、できれば出産前から少しずつ内祝いを贈る準備を進めておくといいと思います。準備と言っても実際に注文することはまだできませんから、結婚祝いを頂いた人をリストアップしておいたり、価格帯ごとにどんなものがあるのかネットやカタログなどで見ておいて、目星をつけておくなどの下準備です。

それだけでも、出産後にすべて考えて手配するのに比べて、精神的にもかなり楽になりそうです。生後1カ月の産まれたばかりの赤ちゃんを連れてデパートなどへ出向くのも大変だと思うので、最近ではネットなどで注文する場合が多いようです。よさそうな品物やショップをあらかじめ決めておくといいかもしれませんね。



出産内祝いの相場とは

出産内祝いの相場は、500円から15,000円くらいまで幅があります。どうしてこんな幅があるのでしょうか。

金額の決め方

内祝いの相場は、頂いた出産祝いの額の大体1/3〜1/2を目安にするといいようです。30,000円相当のお祝いを頂いた場合は10,000円~15,000円くらい、10,000円相当のお祝いを頂いた場合は3,000〜5,000円くらい、5,000円相当ものを頂いた場合は2,000〜3,000円くらいが妥当だと一般的には言われているようです。つまり、頂いた出産祝いの金額によって内祝いの金額も変わるということになります。

しかし最近では、頂いたお祝いの金額にかかわらず、一律に同じものを贈るという人も増えている傾向にあるようです。一応相場のことは頭に入れておいて、身近な人と相談してみるといいかもしれません。

どんなものを贈ればいいの?

昔はお赤飯や紅白の砂糖を配ることが多かったようです。今はお菓子などの食べ物や紅茶と砂糖のセットなどが人気のようですね。タオルなどの日用品も人気です。目上の方にはカタログギフトなどもいいようです。年配の方には祝い砂糖もいいかもしれません。賞味期限が長い食べ物などの消耗品、または日用品が選ばれることが多いようですね。

例として、Amazonで配送できる出産内祝いをいくつかご紹介します。

グルメカタログギフト アラグルメ レッドアイ コース
カタログギフトは値段も選べて、賞味期限も気にする必要がないという点でおすすめだと思います。目上の方に贈る場合にもよさそうです。出産内祝いは地域によって慣習が違うことがあるので、先方に選んでもらえるカタログギフトは、地域の慣習がよく分からないという場合にもよさそうですね。

出産内祝い・出産祝いのお返しに~赤ちゃんの重さで想いを伝えるギフト「赤ちゃん米」北海道産ななつぼし【出産内祝・入学内祝】
赤ちゃんの体重をお米で表したギフトです。遠方でなかなか赤ちゃんをお披露目できない方にも、赤ちゃんの重さを実感してもらえそうですね。

ホシフルーツ 名入フルーツカステラ C
赤ちゃんの名前やお誕生日入りカードが入ったお菓子も人気のようです。洋菓子の詰め合わせは、お子さんのいる世帯には喜ばれそうですよね。価格もいろいろあるので、選びやすいようです。

KIKILALA Kiki&Lala シュガーセット 女の子10セット以下は不可 KL-100G
砂糖は伝統的に、出産内祝いにふさわしいとされてきたお祝いです。名前などが入れられるものもありますが、その場合○セット以上、などと最低注文数が決められていることが多いようです。祝い砂糖は地域や年代によって、特に好まれることがあるようです。

リリカル シュガー LY-5
紅茶とお砂糖のセットです。このくらいの価格だと、連名でいただいた出産祝いの内祝いを個別にお渡しする時にいいかもしれませんね。自宅にまとまった数を配送してもらって、後でで手配りする時にお勧めできそうです。

贈ってはいけないものはある?

目上の人に送ってはいけないものとしては、現金、靴下・肌着、履き物などがあります。履き物は「踏みつける」を連想させることから目上の人に贈るのはお勧めできません。

また紅茶は出産内祝の定番なのですが、緑茶は避けた方がよさそうです。緑茶は香典返しに使われることが多く、内祝には不向きなようです。またナイフやハサミなどの刃物も避けた方がいいと思います。

食べ物以外の赤ちゃんの名入れグッズも、贈られた相手は使いにくく困ることが多いので、気をつけたいところですね。

相場とは違う贈り方

一律に同じものを贈る

最近では、頂いた出産祝いの金額に関係なく、皆さんに一括して同じ内祝いを贈るという考え方も多くなっているようです。特に出産直後のお母さんにとっては、睡眠時間を確保することすら大変な時期だと思うので無理もありません。

ほとんどの方には分かってってもらえるとは思うのですが、感じ方は人それぞれです。中には贈った出産祝いの金額に見合わないと感じる人もいるかもしれません。本来お祝いというのは見返りを求めるものではないと思うのですが、相場というものがある以上それに敏感な人もいるかもしれない、と頭のどこかに置いておいた方がいいかもしれませんね。

連名でお祝いを頂いた場合

連名で頂いた場合は、相場をどう判断すればいいのか迷いますね。でも、できればひとりひとりにお返ししたいところだと思います。500円〜1,000円くらいの小さなお菓子や紅茶のセットなどはいかがでしょうか。

職場の皆さんでお祝いを頂いた場合などは、皆で分けて食べられる個包装のお菓子のセットなどでもよさそうですね。例えば職場の皆さんから10,000円相当の品を頂いた場合は5,000円くらいの洋菓子セットなどはどうでしょう。切り分けるタイプだと分けるのが大変なので、人数分小分けに包装されているものがいいと思います。

高額なお祝いを頂いた場合

親戚など目上の方から高額なお祝いを頂いた場合は、あえて1/3〜1/2などの相場にこだわらなくてもいいかもしれません。目上の人へ高額なお返しは、かえって失礼に当たる場合があるそうです。

おそらく若い夫婦を応援してくださっている意味もあると思うので、内祝いは相場より控えめにして、お礼状や赤ちゃんを連れてお披露目に行くなどの行動で感謝を表すといいのではないでしょうか。



少しでもお得に贈るには

内祝いは送料が大きい

赤ちゃんが生まれてこれから何かとお金がかかるこの時期、やはりできるところは金額を抑えて節約に努めたいものです。実は、内祝いは送料がばかになりません。普通のネットショッピングだと、ある程度の金額以上だと送料無料が多いですよね。まとめ買いなら送料がいらなくなる事が多いので、たくさん送らなければならない内祝いならまとめ買いだから送料無料になるのでは…と勘違いしそうになります。

でも1カ所にたくさん送ってもらうわけではなくて、ひとつの住所にひとつの物を贈るので、送料が1件ごとにかかってしまうのです。まとめ買いと捉えてもらえず、少額な内祝いだと送料がかかってしまうことが多いのですね。1件ごとに500円の送料だとしたら、10件だと5,000円です。何かと物入りな赤ちゃんのいる家庭には負担ですよね。

やはりここは、送料が無料のショップを探すのが得策かと思われます。少額でも送料無料のショップも探せばあるので、出産前の元気なうちに目を皿のようにして探しておいて、目星をつけておければいいですね。

2015年12月の時点で見つけた、送料無料のネットショップにはこちらがあります。

内祝いに!送料無料ギフトOtoya
1000円から全商品送料無料のギフト通販ショップです。3営業日以内に発送♪出産内祝い、結婚内祝い、お返しに母の日やクリスマスなどすべてのギフトシーンに対応。のしやラッピングも無料です。かわいいオリジナルギフトいっぱいです! 参照元:Otoya(2015年12月時点、著者調べ)

直接手渡しする

同僚や近所の人など、1件が少額で比較的簡単に会える人の内祝いは、事情が許すなら、まとめ買いで自宅に配送してもらって直接手渡しするといいかもしれません。自宅にたくさん配送してもらう分はまとめ買いになるので、一つ一つは少額でも○○円以上は送料無料、ということになる可能性が高くなります。

体調や赤ちゃんの様子が少し落ち着いてからでいいので、直接内祝いを持参するのも喜んでもらえそうですし、節約のためにもいい方法かと思われます。

相場について迷った時は

地域によって違うこともある

出産内祝いの相場は、地域によって違うことがあります。一般的な相場は1/3〜1/2ですが、地域によって違い、もっと高額なところもあるそうです。また、赤ちゃんのお披露目会のような席を設けて、その引き出物のような形で出産内祝いをお渡しするという地域もあるそうです。お祝い事は奥が深いですね。

郷に入っては郷に従うと言いますが、地域のことは地域の人に聞くのが一番です。慣習と一般的な相場が違う場合がありますが、そこは地域の慣習に合わせるといいのではないでしょうか。

先輩に聞いてみる

親戚など目上の方から高額なお祝いを頂いた場合、相場に合わせて高額なお返しをするとかえって失礼になることがあるそうです。どうしようか迷った場合は、ご両親など身近な先輩方に聞いてみる方がいいと思われます。家庭内や親族の間にはバランスや歴史のようなものもあるので、一言ご両親に相談してから何を贈るか決めてもいいかもしれませんね。

また、地域によっては贈るのにふさわしいものの考え方も違うことがあります。例えば仏事で使うことが多い緑茶も、地域によっては内祝いにふさわしいとされることがあったり、紅白の砂糖を贈ることが多い地域があったりと、先輩に聞かないと分からないことが多いのが祝い事の特徴です。

「縁を切る」ことにつながると敬遠されることが多い刃物も、地域によっては未来を「切りひらく」として出産内祝いにふさわしいとされることもあるそうです。迷った時は遠慮なく聞いて、先輩方の知恵を拝借するといいのではないでしょうか。

内祝いの渡し方

まず出産祝いが届いたら、すぐにお礼の電話をするか、お礼状を送ります。そして頂いた人の名前・住所・電話番号・頂いたものの品名・大体の値段をメモしリストにしておきます。

生後1カ月を過ぎたら、そのリストを元に内祝いを選び、発送します。水引は蝶結び(花結び)、のしは内のしがおすすめです。何度繰り返してもいいお祝い事なので、水引は蝶結びなのだそうです。のしには水引の上に「内祝」または「出産内祝」、下には赤ちゃんの名前を記すのが一般的なようです。読み方が難しい場合、赤ちゃんの名前にふりがなを付けるといいと思います。

生後1カ月を過ぎてから頂いた出産祝いには、その都度お礼をして内祝いを贈るようにします。内祝いはまず生後1カ月を目安に一旦まとめて発送し、その後に届いたお祝いにはその都度に、と考えればいいようです。

最近では出産内祝は郵送することがほとんどのようですが、直接手渡しすると喜んでいただけるのではないでしょうか。しかし、赤ちゃんとお母さんにとっては忙しく大変な時期なので、郵送でも失礼にはあたりません。先方もその辺りは分かっていると思うので、無理をせず体調を優先して構わないと思います。

訪問する際は、紙袋か風呂敷に内祝いを包んで持っていきます。取り出したら一度自分の方へ正面を向け、それからのしを相手の正面に向けるように回して両手でお渡しします。入れてきた紙袋は持ち帰るのマナーです。

まとめ

なかなか奥が深い出産内祝いのマナーですね。特に目上の方に贈る場合は少し難しく感じるかもしれません。無用なトラブルを防ぐためにも、一般的な相場の知識を知りながら、地域の慣習にに合わせることが必要かもしれませんね。

わからないことは遠慮なく、身近な先輩に聞ことがおすすめです。これから周りの方に見守られて成長する赤ちゃんのためにも、周囲の方への感謝が伝わる贈り方をしたいですね!