専業主婦だって小遣いがほしい!こっそりお金を貯める5つの方法

毎日家事や育児に追われている専業主婦のみなさん、「自分で自由に使えるお金がほしい!」「もう少し貯金をしておきたい!」などと思ったことはありませんか?家族に内緒で、こっそり、しっかりお金を貯める方法を考えてみました。



専業主婦だってお小遣いがほしい!

いつも頑張っているのに我慢していない?

専業主婦のみなさん、このような経験はありませんか?

毎日家事や育児に追われておしゃれをする時間もなく、着ている服はファストファッションのお店のものや量販店で売っているチープなもの。ご主人の収入だけで必死に家計のやりくりをして、お金をかけすぎないように、それでいて家族から喜ばれる献立を考えて料理を作っています。

それにもかかわらず、旦那さんは毎週飲み会。週末には趣味のゴルフやフットサルなど外出ばかり。知らないうちに買っていたのか、連日ネットショッピングの商品が届きます…。付き合いがあるのは仕方ないですが、家計のことをかえりみず自由に行動するのは腹立たしく感じるかもしれません。

「もう少し家計のことを考えてほしい」と言っても「俺が稼いできたお金なんだから自由に使ってもいいだろう」「家計の管理は任せているのだからもっと努力すればいい」などと取り合ってくれません。

そんな時に「私ばっかり我慢している?」「私だって自由に使えるお金がほしい!」などと思いませんか?

専業主婦になりたかった?ならないといけなかった?

以前は結婚をしたら専業主婦になるという人が圧倒的に多かったですが、最近では結婚後はもちろん、出産をして育児をしながら働くワーキングマザーも少なくありません。

とはいえ、働きながら家事をする、育児をするというのは時間の制約があってとても大変なことです。大切な家族のために、経済的に余裕があれば専業主婦になりたいと考えているママもいるでしょう。そのような人から見れば専業主婦は憧れの存在です。

一方、本当は働きたかったけれども専業主婦にならざるをえなかったという人もいます。旦那さんが遠方に転勤のため仕事を辞めなければならなかった、旦那さんや家族の意向で専業主婦になることになったなどの理由があったため専業主婦になったということもあります。

このように、専業主婦になった人はみずから積極的に専業主婦になりたくてなったという人ばかりではないようです。

お金は簡単に増えない。では働けばいいのでは…?

普通に考えてみれば、お金は簡単には増えないと思いますよね。空からお金が降ってくるなら簡単に増やすことができる、と想像してしまう人もいるようですが…(笑)

フルタイムで働いている人は、残業代が出る会社であれば残業をしてでも働く、パートをしている人であれば週3日から週4日に増やすなど労働時間を増やせば収入を増やすことができますが、専業主婦の場合は家事や育児の時間を増やしても収入の増加にはつながりません。

労働には違いないのですが、悲しいことに金銭に直接結びつかないのが主婦業というものなのです。

また外に働きに出たいと思っても、お子さんが小さかったり時間に制約があったり、旦那さんの理解が得られなかったりすると難しく、お金を増やすのは簡単にはいかないという現状もあるかと思われます。

こっそりお金を貯めたい!

旦那さんにばれないように何か自分のものを買ったり、お子さんのため、大きな買い物をする時のためにいくらか貯金をしておきたいと思うことはありませんか?ちょっとずつほしいものを買うことはできてもまとまったお金を貯金するのは難しいように感じる人もいるでしょう。

しかし奥さんが家計を管理している場合は、家計における収入と支出のバランスが把握できるのでこっそりお金を貯めることができる可能性があります。

旦那さんが管理している、または夫婦二人で管理をしている場合には「私の自由に使えるお金をちょうだい!」ではなく「もう少し貯金ができないかな?」と旦那さんに相談してみたり、節約できる方法をプレゼンテーションしてみたりするといいかもしれません。



専業主婦がこっそりお金を貯める5つの方法

お金を貯める方法は大きく分けて2つあります。

・支出を見直して貯金にまわす
・収入を増やして貯金する

ここではこれらの具体例をあげてみました。自分にとって取り組みやすい方法でこっそりお小遣いや貯金をゲットしていきましょう。

1.先取り貯金をする

奥さんが家計を管理している場合に向いている方法だと思われます。

家計の管理は収入と支出のバランスをみて行いますよね。その月に入ってきた収入でいかにやりくりできるか毎月頭を悩ませている人も少なくないと思います。そんな人にこそ実践してもらいたいのが先取り貯金です。これは収入が入ってきた時点であらかじめいくらか貯金をして、残りのお金で生活をするというものです。

例えば月に30万円収入があって、支出が30万円なら貯金は0円ですよね。しかし先に1万円貯金をしておけば残りの29万円で生活をやりくりしようと考えることになります。

1万円も貯金にまわせないという人は1,000円でも500円でもいいので貯金をするように努力しましょう。銀行によっては毎月1,000円から貯金することができる積立定期預金というものを用意しています。また1,000円から始められる投資信託というものもありますので興味のある人は利用してみてもいいかもしれませんね。

ソニー銀行の積み立て3商品|MONEYKit – ソニー銀行
参照先:ソニー銀行(2015年10月時点、筆者調べ)

投信積立 1000円から始める国際分散投資/マネックス証券
参照先:マネックス証券(2015年10月時点、筆者調べ)

2.生命保険に入る

すぐ使えるお金ではなく、10年後、20年後に使うためのお金を貯めるために生命保険に加入するという方法があります。

「専業主婦なのに生命保険?必要ないんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、実は生命保険には貯蓄性のある商品もあるのです。保障が必要だから加入するというのが第一ですが、貯蓄性のある生命保険商品に加入することでお金を貯めるということもできます。

多くの人が利用している保険では学資保険があります。お子さんへの学資(多くが大学進学の資金)を準備するために生命保険に加入しています。学資保険に加入するのであれば返戻率(払ったお金に対してどのくらいお金が戻ってくるかという数値)が高い商品に加入することをおすすめします。

ほかにも保険料を払い込む期間を設定した終身保険や保険金と満期金が同じ額である養老保険などを利用するとお金を賢く貯めることができるでしょう。詳しくはリンクより拙文をご覧いただけますと幸いです。

学資保険 はじめのかんぽ 大学入学時の学資金準備コース−かんぽ生命
参照先:かんぽ生命保険(2015年10月時点、筆者調べ)

学資保険みらいのつばさ/フコク生命
参照先:フコク生命保険(2015年10月時点、筆者調べ) 参照先:UPIN(2015年10月時点、筆者調べ)

3.アンケートモニターになる

今度は収入を増やす方法です。アンケートモニターをするために必要なスキルがないため専業主婦であっても簡単に始めることができます。

アンケートとは次のようなものが主にあります。

・インターネット上で質問に回答する
・指定会場に行き、試飲、試食、試着などをしてアンケートに答える
・自宅に届いたサンプルの使用感を回答する
・指定会場でほかのモニターとあるテーマについてディスカッションを行う

インターネット上のアンケートでは内容に応じて1問あたり2円ほどから100円相当のポイントがもらえます。外出する時間でもとれないという人は自宅にいながらパソコンやスマートフォンなどで簡単にお小遣いを稼ぐことができるのがメリットです。

会場に行ってアンケートに参加する場合には交通費を加味したポイントを受け取ることができます。調査内容にもよりますが、3,000円から5,000円相当の謝礼の調査が多いようです。旦那さんやお子さんが家にいない時間帯に調査をすることもできるでしょう。

アンケートモニター募集中│マクロミルモニタサイト
参照先:マクロミル(2015年10月時点、筆者調べ)

キューモニターとは|キューモニター アンケートモニター募集中
参照先:インテージ(2015年10月時点、筆者調べ)

4.覆面調査員のアルバイトをする

覆面調査員(ミステリーショッパーともいわれます)とは一般のお客さんと同じように接客を受け、その接客態度や店内の様子を調査する人のことをいいます。あくまでも覆面ですのでお店の方には調査をしているとわからないように接客を受ける必要があります。

調査は指定されたサービスを受けたり、商品を購入する際にどのような接客があったかなどをレポートにまとめ提出します。レポートは1,000字から2,000程度の記入を求められることが多いので文章を書くことが苦ではない人にはおすすめします。

調査対象となる店舗は次のようなものがあります。

・飲食店(ファミリーレストラン、ハンバーガーショップ、居酒屋、カフェなど)
・アパレルショップ
・美容院
・ガソリンスタンド
・自動車ディーラー
・エステ
・来店型保険代理店
・スポーツクラブ
・パチンコ店

覆面調査員になるメリットは自分で調査をしたい店舗を選ぶことができることです。調査には「大人4人で来店」「子連れNG」などの指定があることもありますが、条件をクリアしていれば自分の希望する調査に応募することができます。

普段利用しているお店だけでなく、憧れていたお店や普段は利用していないけれど気になっていたお店を調査することで知らなかったお店を発掘することができるかもしれませんよ。

謝礼は1,000円から1万円というように調査や対象店舗によってさまざまです。飲食店や美容院などは料金相当額になることが多いので、お金を稼ぐというよりも自己負担額が少なくサービスを受けられるものと思っておくとよいでしょう。

商品の購入や施術が必須ではない調査を選ぶと、費用の持ち出しが少ない、またはありませんのでお金を稼ぎたいという人はこのような調査を探してみましょう。

覆面調査ミステリーショッパーのミステリーショッピングリサーチ|消費者モニター募集中
参照先:ミステリーショッピングリサーチ(2015年10月時点、筆者調べ)

覆面調査ならガイアリサーチ
参照先:ガイアリサーチ(2015年10月時点、筆者調べ)

5.クラウドソーシングで仕事をする

特別なスキルを持っていても、そうでなくてもできる仕事としてクラウドソーシングの活用という方法を利用することがあります。

クラウドソーシングとは本来は専門業者に委託する、社内で行う業務を個人にネット上で依頼、納品を行う業務です。業務は多岐にわたっており、たとえば次のようなものがあります。

・企業や店舗のホームページ作成
・企業や店舗のロゴ作成
・会計業務における仕分け作業
・キュレーションサイトの記事作成
・ブログ記事の作成

ホームページ作成やロゴ作成はデザイン技術が必要で専門性が高いため、報酬も高めになっています。ホームページ作成の報酬では1本100万円というものもあるようです。

「家にパソコンがない」「専門スキルを持っていない」という人でも取り組める業務もあります。「経験不問」の業務を選択するとアンケートや指定のキーワードについて記事を作成する業務が出てきます。

記事の作成の業務は主婦向けの記事、ファッション好きの人向け記事など特別なスキルが無くても作成できるものも多数あります。単発だけでなく継続的に記事を作成するという契約もあり、そちらの方が単発のものよりも報酬は高めです。

報酬は専門業務よりは低いですが、1件5円から2,000円ほどとなっており、業務によっては賢くお小遣いを稼ぐことができるでしょう。継続的な記事作成では1本あたり5,000円の報酬を受け取ることもできる契約もあります。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」
参照先:クラウドワークス(2015年10月時点、筆者調べ)

クラウドソーシングで稼ごう – Yahoo!クラウドソーシング
参照先:Yahoo!クラウドソーシング(2015年10月時点、筆者調べ)

「クラウドソーシング」サービス【Craudia(クラウディア)】 by i2i
参照先:クラウディア(2015年10月時点、筆者調べ)

まとめ

毎日家事や育児に忙しい専業主婦ですが、自分で自由に使えるお金や将来のために貯金を手に入れたいという人は少なくないでしょう。

限られた家計の中でやりくりをするのであれば、収入が入ってきた時に先取り貯金をする、貯金のつもりで生命保険に入るという方法がよいかと思われます。

少しでも収入を増やしたいという人はアンケートモニターになる、覆面調査員になる、空き時間にクラウドソーシングで仕事をするなど賢くお小遣いを稼いでみてはいかがでしょうか。

限られた時間でも賢くお小遣いを確保して、頑張っている自分へのご褒美を買えるようにしましょう。 ※本記事は一般的な情報に過ぎず、適用法令等の改正、前提事実や個人状況の違いおよび変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。