入園グッズはママの手作りで!ずっと作れるずっと使える

春は入園入学の季節ですね。楽しみな半面、入園までに準備しなければならない入園グッズの数々に頭を悩ませているママも多いのではないでしょうか?でも大丈夫!一度覚えてしまえば入園グッズを手作りすることは意外と簡単なんです。ミシンなんて中学校の家庭科以来というママでも大丈夫!入園グッズの手作りについてまとめました。



こんなにあるの?入園で準備するもの

4月の入園を前に行われる幼稚園や保育園での入園準備の説明会。そこで園から渡された準備するものの多いこと。驚いている暇もなく、入園までに作らなければならないバック類。準備するものは園によってかなり違いがあるようです。みなさんが準備した手作り入園グッズを調べてみました。

・レッスンバック
・上履き袋
・ピアニカケース
・コップ袋(洗い替えに2つ)
・お弁当袋(洗い替えに2つ)
・ランチョンマット(洗い替えに2つ)

中にはお昼寝布団シーツまで指定があったという方がいたり、ほとんど既製品で済みましたという方もいたり。細かい指定があると既製品ではそろえることが難しいし、既製品が使えたとしても入園してみたら同じものを何人も持っていて自分のものが分かりにくい、なんて経験したおこさんもいるのでは。自分のものがどれなのかすぐわかることは、おこさんにとっても安心ですよね。そんなことも我が子オリジナルの手作り入園グッズをおすすめする理由のひとつです。



手作りと既成品を比べてみると

入園グッズを用意するときに、手作りするのか既製品を購入するのか、はたまたオーダーメイドで注文するのか迷いますよね。それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

既成品のメリット・デメリット

■メリット
・時間と手間がかからない

最近では100均ショップやしまむら、西松屋などでたくさんの既成品が購入できます。サイズが細かく指定されていなければ、既成品でそろえることも可能です。

■デメリット
・お友達と同じ物になる可能性がある
・作りが粗く壊れやすいものもある

安価で手に入る既製品は価格が抑えられている分、作りに粗さがあることは仕方のないことだと思いますが、中には裏地がなくてぺらぺらですぐに破けてしまったり、端布の処理が甘い、またはされていないものあり、一度お洗濯したら中から糸がいっぱい出てきた…なんてこともよくあります。

オーダーメイド注文品のメリット・デメリット

■メリット
・失敗がなくプロの仕上がりになる

大型手芸店では布選びから制作まで自分の好みを伝えれば、希望通りにすべてプロにお任せできます。

■デメリット
・やはり値段が高くなる
・サイズが大きくなったりデザインを変えたくなった時に、同じくらいの費用がかかる

いい布できちんと作られていますから、値段の高いのは仕方のないことですが、ただでさえ入園準備でお金がかかるときなので、どこまで費用をまわせるか…と悩むところでもありますよね。

手作りのメリット・デメリット

では手作り品はどうでしょうか?安くて手間がかからなくてきれいにできて…ならば、迷わず手作りを選びますよね。残念ながらそうそうおいしい話はないのが現実のようです。ただこれからサイズや好みが変わり何度も作り変えることを考えると、将来的には手作りのメリットは計り知れないものがあるはずです。

■メリット
・我が子のオリジナルのものを、ママの愛情をかけて作ることができる
・一度作り方を覚えてしまえば、小学校に入学するときも下の子の入園入学の時も何度でもつくることができる
・一度そろえてしまえば、次からは費用も少なくすむ

■デメリット
・最初は時間がかかる
・既成品に比べると費用がかかる

基本のバックを作ってみよう

手作りの入園グッズの中でも、最初に取り組むのにおすすめなのが基本のバックです。直線に縫うだけであという間に出来上がります。初心者の方もこれをひとつ作ってしまえば、流れやコツがわかると思います。
取っ手が細くて難しいという方は、100均ショップや手芸屋さんで手に入る”かばんテープ”を利用すると簡単です。カバンテープは丈夫ですし、色もたくさんあるので作りたい生地に合わせて選べます。

【楽天市場】ボンネルテープ 2ミリ厚 25ミリ巾 (持ち手テープ・アクリルテープ)   【RCP】:レースのお店 〜SORA〜
全8色 。ボンネルテープ 2ミリ厚 25ミリ巾 (持ち手テープ・アクリルテープ)   【RCP】

item.rakuten.co.jp
ではみなさんがどんなデザインのバックを作っているのかみていきましょう。 みなさん、個性的でかわいらしいバックを作っていますね。手作りのよさのひとつにデザインの豊富さがあります。布合わせを変えたり、アイロンやミシンでアップリケをつけたりすれば、世界に一つだけの我が子オリジナルのバックが出来上がります。

まず材料をそろえましょう

初めての方は、どんな布を選べばいいの?糸はどれが合うの?とわからないことだらけですよね。布選びですが慣れるまでは近くの手芸屋さんや、ショッピングセンターの手芸コーナーにいる店員さんに相談されることをおすすめします。何をいくつ作りたいと伝えれば、それにあった布や糸、必要なものを教えてくれます。あらかじめ作るもののサイズや数量をピックアップしたり、園からの案内を持って相談するとスムーズに用意することができると思います。

適した布や必要な大きさが分かったら、自分で同じ感じの布を選ぶこともできますし、糸やお名前タグなどかばんづくりに必要なものは、ほとんどのものが100均ショップでも手に入ります。

手作りをはじめよう

布が決まったらさっそく作り始めましょう。まずは用意するものです。

・用意するもの:ミシン・布(表布と裏布)・糸・ものさし・まち針・アイロン・かばんの持ち手テープ
・所要時間の目安:1時間~1時間半

きれいに仕上げるコツはこまめなアイロン掛けですので、アイロンを用意できると作業しやすいです。作り方は動画だととてもわかりやすいため、是非参考にされてみてください。また、初心者向けの本もたくさんありますので、自分の好みのものを一冊用意することをおすすめします。

いちばんよくわかる かんたんかわいい通園通学グッズ | | 本-通販 | Amazon.co.jp
Amazon公式サイトでいちばんよくわかる かんたんかわいい通園通学グッズを購入すると、Amazon配送商品なら、配送料無料でお届け。Amazonポイント還元本も多数。Amazon.co.jpをお探しなら豊富な品ぞろえのAmazon.co.jp

通園・通学バッグの超きほん―切って使えるぬいしろつき実物大型紙つき! (主婦の友生活シリーズ) | 水野 佳子 | 本-通販 | Amazon.co.jp
Amazon公式サイトで通園・通学バッグの超きほん―切って使えるぬいしろつき実物大型紙つき! (主婦の友生活シリーズ)を購入すると、Amazon配送商品なら、配送料無料でお届け。Amazonポイント還元本も多数。Amazon.co.jpをお探しなら豊富な品ぞろえのAmazon.co.jp

キャラクターの布を選ぶときに気を付けたいことは?

布選びの時にお子さんの好きなキャラクターの生地を選ぶママもいると思いますが、キャラクター生地は結構高いんですよね。またその年に売り出される柄の種類が少なく、お友達とかぶってしまうことが予想されます。しかもキャラクターの中でも戦隊ものは毎年シリーズが変わります。そのたびにお子さんから新しいものをリクエストされて作り直していては、時間もお金もかかってしまいますよね。

そこでキャラクターの布を選ぶときは、毎年変わらないディズニーシリーズや機関車トーマスなどがおすすめです。でも中には戦隊ものやライダーがいいというお子さんもいますよね。その場合は全部をキャラクターの布にするとお金もかかるので、袋の一部をキャラクターの布にするのもいいと思います。他の柄の布と合わせることで、キャラクターがお友達とかぶってしまっても、自分のものがわかりやすくなります。

では実際にみなさんがどんな布合わせで作っているのか調べてみました。布合わせの参考にしてくださいね。



入園グッズはずっと手作りできるんです

最後は上履き袋を作る時のコツをご紹介します。上履き袋はいろいろな形がありますが、小学校に入ってからも使える形を覚えておくと便利だと思います。そうすれば上履きが大きくなっても上履きに合わせて袋の大きさを変えて、小学校卒業までずっと作ることができますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
入園グッズを手作りするなんて、なにをどうしたらいいのか…と頭を抱えていたママさんにも、こんなに簡単に入園グッズを手作りできることがわかっていただけたかと思います。手作りの入園グッズをきっかけにハンドメイドにはまってしまうママも少なくないとか。布のアレンジを変えればデザインは無限大。楽しみも広がります。

我が子だけのオリジナルな園グッズは、これから始まるお子さんの園生活を、きっと楽しいものにしてくれるはず。お子さんの喜ぶ顔を思い浮かべながら、簡単に入園グッズを手作りしちゃいましょう!