マイナンバー通知カード|届いた後の<手続き>の方法は?

様々な問題も抱えつつ始まった【マイナンバー制度】。「個人情報が証明できるカード」が送られてくるのではありません。届くのは<通知カード>。なりすましの被害にあわないためにもしっかりと予習をしてから<個人番号カード申請>の手続きを始めましょう!!



マイナンバーの通知カードって?

平成27年10月から、日本に住民票があるすべての人たちへ<マイナンバー通知カード>が発送されました。郵便屋さんが一軒一軒「簡易書留」として配達をしてくれます。

平成28年からは、マイナンバーを使って税金や社会保障の手続きができたり、災害対策にも役立つといわれています。さらに将来的には、健康保険証と一体になる・図書館のカードなど自治体のサービスのカードが1枚になるなどということも考えられているそう。 マイナンバー、家族でも番号はバラバラ。そしてこの番号は他人に簡単に教えてはいけないものなので注意しましょう!「マイナンバー詐欺が出てくるだろう」とも言われています。まずはこの番号を人に教えないこと。

自分の番号は一生に一つだけ。「教えて」と言われても、理由がない限りは教えてはいけません。

マイナンバー社会保障・税番号制度
参照元:内閣官房(2015年11月現在、著者調べ)

これは<マイナンバーカード>ではありません!

郵便でマイナンバーカードが届くと思っていませんでしたか?この届いた封筒には<マイナンバーカード=個人番号カード>は入っていません!これはあくまでも「通知するカード」。この通知が届いたら、【自分で】手続きをして個人番号カードを手に入れないといけないんです。

ではその手続きの方法を順番にみていきましょう!



通知の封筒に入っているもの

封筒には4つのアイテムが入っています。

まずは<宛名台紙>。これにはお問い合わせ先が書いています。わからないことがあればここに連絡をしましょう!次に<説明用パンフレット>。マイナンバーカードを受け取るための説明がかいてあります。

<個人番号カード交付申請書の返信用封筒>は、郵便でマイナンバーカードを申請するときに使うものです。 そして一番大切なのが<通知カード、個人番号カード交付申請書兼電子証明書発行申請書、音声コード台紙>。こちらが1枚の長い紙になっています。

通知カードには、細かいキリトリ線がついています。破けないようにゆっくりと切り離しましょう。通知カードの下についている「交付申請書」はこれから必要になりますのでなくさないでくださいね!ペラペラの薄いカードですが、とっても大切なものなので大切に取り扱ってください。

カードの申請は義務じゃない!

誤解されている方も多いようですが、マイナンバーカード=「個人番号カード」を申請することは義務ではないんです。「作りたい人は作ってね、作りたくない人は作らなくてもOK」というスタンスのもの。国としては「便利になるからできるだけ作ってくださいね」とおすすめしているんですね。

個人番号カードの申請はメリットもたくさんあります。でもメリットがあるものにはデメリットもあるでしょう。デメリットも考慮して、自分で作るかどうかを決めましょう!

今のところ、個人番号カードの作成は無料です。しかし再発行すると手数料がかかるそうなので注意しましょうね。また写真の撮影代などは個人負担となります。

メリット・デメリットは?

個人番号カードには、顔写真や個人情報、「マイナンバー」の記載に加えてICチップが搭載されています。身分証明書としてカードを使えるだけでなく、ICチップを利用して確定申告などの電子申請が利用できる<電子証明書>というものが備わっているんです。

この電子証明書とはインターネットを利用して本人確認を行うことができるというもの。これを使って【マイナポータル】にログインすることができます。 【マイナポータル】とは平成29年1月から利用開始になるシステム。自分のICチップを読み取れるパソコンなどから、自分のマイナンバーを利用した行政機関の確認・自分に関する情報・行政機関からのお知らせが確認できるというものだそう。

さらに検討中のシステムとして、社会保険料の支払い金額の確認・引っ越しの一括手続きなど様々な行政機関や民間企業でも便利に使えるようにしようと考えられているとか。

今現在、ICチップを読み取るための機械・パソコンなどはそれぞれ個人負担になるとされています。また公共施設などではプライバシーに配慮しながら閲覧できるようにする予定だとか。 例えば、現在住民票を発行してもらうときは、自治体の役所に行くという方が多くいますよね。そんな手続きや自分の税金の状態なども、個人番号カードがあればコンビニやインターネットで確認・申請ができるというのが一番のメリットと言えるのではないでしょうか。

個人番号カード6つのメリット
参照元:地方公共団体情報システム機構(2015年11月現在、著者調べ) デメリットはやはりセキュリティの心配・個人情報の問題ではないでしょうか。個人番号カードのICチップには、税金の情報や個人のプライバシーにかかわる情報は記録されないことになっているそう。従ってこのカードだけで個人情報がどんどん流れてしまうということはないとされています。

しかしこのカードを利用してなりすましが可能になるとも心配されています。また顔写真がついている本人確認のカードは車の免許証などと重複する方もいて、何枚も管理しないといけないのが不安という声もあるそう。

個人それぞれにできる対策はやはり番号を人に教えないこと、そして必要なとき以外持ち歩かないというものではないでしょうか。

マイナンバー制度に便乗した不正な勧誘や個人情報の取得にご注意ください! | 消費者庁
参照元:消費者庁(2015年11月現在、著者調べ)



申請の方法は?

「作っても作らなくてもOK」の個人番号カードですが、やっぱり便利そうだし作っておきたい!と思ったら、申請をしてみましょう。

申請は通知カードに一緒についてきた封筒を使えば郵便代もかかりません。また、スマートフォンやパソコン、照明用写真機などを使って申請することもできるそう。赤ちゃんからお年寄りまで申請しやすい配慮がされていますね。

郵便申請

申請の方法は4つあります。まずは<郵便申請>です。

通知カードが送られてきた封筒の中に入っていた「個人番号カード申請書」を使って申請をします。氏名や住所・生年月日などに間違いがないか確認しましょう。もし間違っている場合にはすぐに自治体に連絡をしましょうね!また、電話番号を必ず記入します。外国人住民の場合は在留カードと違う記載がないかの確認も行いましょう。

申請書を裏返すと、申請日と申請者氏名のサインをする欄があります。15歳未満などで代理人記載欄に記入する必要がある方もいますので、忘れないようにしましょう! 郵便申請の方は【顔写真】を貼付することが必要です。6カ月以内に撮影したもので、4.5cm×3.5cmの正面を向いた写真です。他にもいくつかの条件があるので、チェックポイントを必ず確認しましょう!

この写真は個人番号カードに記載され5年から10年は残るものなので、できるだけキレイに撮影したいですね。

個人番号カード総合サイト/顔写真のチェックポイント
参照元:地方公共団体情報システム機構(2015年11月現在、著者調べ)

パソコン・スマートフォンからの申請

スマートフォンやデジタルカメラで顔写真を撮影したら、写真に現像しなくてもインターネットを通じてそのまま顔写真を送信することができるそう。

この場合には申請書を郵便で送らなくてもいいので、パソコンやスマートフォンを利用している人はとっても便利な方法ではないでしょうか。

申請する場合は詐欺などの被害に合わないためにも、必ず送り先のアドレスが正しいものかを確認しましょうね。またフリーWi-Fiなどはできるだけ利用せず、セキュリティ万全の状態で申請することをおすすめします。

個人番号カード総合サイト/パソコンによる申請方法
参照元:地方公共団体情報システム機構(2015年11月現在、著者調べ)

証明用写真機からの申請

なんと、まちなかにある証明写真機から直接写真を送って申請することもできるんです!可能な写真機は限られているので、下のリンクから近所の写真機を探してみてくださいね。

スマートフォンなどで撮影するよりも、きれいな写真が使えそうですね!なお、証明写真を撮影する金額と同じ金額がかかりますので注意しましょう。

株式会社DNPフォトイメージングジャパン|Ki-Re-iお役立ちサイト|マイナンバーカードの顔写真はKi-Re-iで納得の一枚を!
参照元:株式会社DNPフォトイメージングジャパン(2015年11月現在、著者調べ)

受け取りにいこう

申請をしたら、平成28年1月以降に<交付通知書>のハガキがお家に届きます。そのハガキと通知カード、そして本人確認書類(住民基本台帳カードがある人はこちらも)をもって、自分で交付場所まで取りに行かないといけません。郵便では送られてこないので気を付けましょうね。

病気などでやむを得ない事情がある時だけは、病院の診断書や障碍者手帳、施設入所の証明書などがあれば代理人でも可能だそう。また、このときに通知カードを返却することになるので忘れないでくださいね!

個人番号カード総合サイト/個人番号カードの受け取り
参照元:地方公共団体情報システム機構(2015年11月現在、著者調べ)

暗証番号を考えていこう

カードにはセキュリティのため、2つの暗証番号が必要になるそう。1つは<署名用電子証明書>、もう1つは<利用者証明用電子証明書 住民基本台帳 券面事項入力補助用>というもの。

<署名用電子証明書の暗証番号>は「英数字6 文字以上 16 文字以下・英字は大文字のAからZ・数字は0から9まで。すべて1つ以上を入れること」と決められています。例えば<UPIN123>であれば「大文字の英字と数字がどちらも入っていて7文字」なのでOKでしょう。<補助用の暗証番号>は数字4桁が必要です。

交付場所に行ってから考えると大変なので、事前に決めてから行きましょうね!また誕生日や名前、電話番号などカードを見てわかる情報を暗証番号にするのはやめましょう。

マイナンバー(個人番号)のお知らせ 個人番号カード交付申請のご案内
参照元:総務省(2015年11月現在、著者調べ)

こんな時は?

新しいシステムで、わからないことだらけ。個人情報に関わることだから心配ごともいっぱい!たくさんの人が疑問に思うポイントをまとめてみました。

赤ちゃんが産まれたら?

出生届を提出すると、住民票に登録がされますがその時点でマイナンバーが作られるそう。マイナンバーのための申請はしなくてもOKです!

自治体によって、出生届を出すとすぐ通知カードをもらえる所もあれば、後日通知カードが送られる所もあるそう。出生届を出すときに説明があるようなのでそれぞれ確認しましょうね。

引越したら、番号変わるの?

番号はセキュリティに問題が発生したとき以外は一生その番号のままです!だから番号は大切に扱いましょう。しかし番号自体はそのままですが、カードに書かれている住所などが変更になったときには、自治体で変更の手続きが必要だそう。

引越の場合には転入届と一緒に個人番号カード・通知カードを提出しましょう。結婚で氏名が変わるなど、引越以外で券面に書かれている情報が変更になった場合にも、14日以内に自治体に申請して必ず変更をしてもらいましょうね。

通知カードなくしちゃった

個人番号カードが交付される前に通知カードをなくしてしまったら、すぐに自治体に届け出ましょう!新しい通知カードを再発行してもらえるそう。

自治体の連絡先は通知カードが送られてきた封筒の<宛名台紙>に記載されています。もしその封筒ごとなくしてしまった場合には個人番号カードコールセンター(全国共通ナビダイヤル)0570-783-578に連絡をして指示を仰ぎましょうね。

個人番号カードなしくちゃった

「カードがない!」と分かった瞬間に、コールセンターに電話をしましょう!平成28年1月からは24時間365日受け付けているそう。

電話するとカードが一時停止され、なりすましを防止することができます。セキュリティ対策は万全とはいえ、一刻も早く連絡したほうがよさそうですね。

個人番号カードコールセンター
参照元:地方公共団体情報システム機構(2015年11月現在、著者調べ)

カードは一生使うの?

個人番号カードには顔写真が掲載されますよね。したがって、20歳以上であれば10年で新しいカードを作ることになります。また、20歳未満であれば見た目が変化しやすいため、5年で新しいカードを申請することになるそう。

これだけは事前に知っていていただきたいこと資料
参照元:内閣府(2015年11月現在、著者調べ)

「番号法」って?

マイナンバーは個人情報保護法にも関わるものですが、さらに厳しい罰則を上乗せした「番号法」というものがあります。

例えば、個人番号に関連する事務員が無断で他人に情報を教えた場合には4年以下の懲役または200万円以下の罰金に。 また、騙したり暴行などをして他人のマイナンバーを手に入れた場合には3年以下の懲役または150万円以下の罰金に。不正な手続きで通知カードや個人番号カードを交付したという人は6カ月以下の懲役または50万円以下の罰金などと、決められているそう。

わざとではなくても、他人に誰かのマイナンバーを教えることも罰になってしまう場合もあります。自分の番号だけでなく、仕事で他人の番号を取り扱う場合には特に十分注意しないといけませんね!

マイナンバー社会保障・税番号制度
参照元:内閣官房(2015年11月現在、著者調べ)

おわりに

いかがでしたか?

マイナンバーを持つのってなんだか怖いなと思っている方も多いのではないでしょうか。実際、年金の個人情報が漏れたりと、信頼できないこともありますよね。カード一枚で様々な用途に使えるため便利な反面、万が一なりすましの被害にあって自分の情報が漏れてしまうと「個人情報が漏れた」と一言では片づけられないほど損害になりそうな気もしますね。

ただ「セキュリティは堅く守られている・カードだけでは個人情報の漏えいは最小限である」というように政府も発表していますので、せっかく情報社会が発達しているのであれば<個人番号カード>を作って便利なシステムを利用するのもいいのではないでしょうか。

最後に。絶対にSNSなどに個人番号を載せること・個人情報を載せるのはやめましょうね! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ※本記事は一般的な情報に過ぎず、適用法令等の改正、前提事実や個人状況の違いおよび変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・