家計簿おすすめはこれだ!手書きからアプリまでメリット・デメリット

家計簿、付けたいけれど自分にはどんなやり方があってるの?!手書き?アプリ?それともエクセル?!それぞれの概要とプラス面・マイナス面をまとめました。



家計簿おすすめ1【手書き!】

皆さん一度は試したことがあるのではないでしょうか、「手書き」。一見難しそうだけどこれに慣れてしまうともう他の家計簿ではだめという方多いですよね。

方法は、大学ノートやルーズリーフを使い、左のページは主に予算、右は買い物メモに使うことをお勧めします。基本の計算は、「収入ー貯金ー取置ー固定出費ー変動出費(やりくり)=残り」とします。

以下にプラス面とマイナス面を書いてみました。また手書き家計簿のステップ・バイ・ステップの例もリンクにしましたのでご覧ください。

プラス面

・コストがかからない
まず手書き家計簿のよいところは始めるのにコストがかからないところですね。家にあるノートやルーズリーフ、リサイクルペーパーなどなんでも使うことができます。著者のうちには子供たちが数ページ使ってそのまま放置されているノートが何冊もあるのでそれをぜひ使いたいです。

・カスタマイズできる
おそらく手書きの最大の魅力であるのは完全にカスタマイズできるところでしょう。著者は昔既製の家計簿を買ったことがあるのですが、自分の家計には当てはまらない項目が空欄で残っているのがなにかすっきりしない気分だったのを覚えています。

・達成感がある
手書きで何かを書き上げたときってなにか特別な達成感がありませんか?手書きは味わいもありますし愛着がわきますよね。たんたんとしたこーゆー作業、神経を落ち着けるのにもいいみたいです。

マイナス面

・時間がかかる
慣れてしまえばきっとそんなに時間はかからないのでしょうがやはり線を引いたり項目を作ったり計算をしたり、手作業ならではの時間がかかります。もちろんそのプロセスが楽しいと感じるときもあるでしょうが、忙しいとき、ストレスがたまっているときは更なるイライラの原因になりそう!

・おおざっぱになる
手書きの家計簿は「こんなもんでいいか」と思える人じゃないと続かないと思います。例えばスーパーで食品と日用品を一緒に買ったときわざわざ分けて書きますか?私なら書きません。なのでカテゴリーがわりとおおざっぱになるのは仕方ないこと。詳細にわたる分析を期待している方には向きません。

・収納場所に困る
毎日ノートに書き込むわけですから1年で365ページ。それが何年も続くと収納場所にも困りますよね。できるだけ物を減らしたいこの時代ですからこれから家計簿を始める方はそこも考慮したいところです。

・番外編
その他のマイナス面としてはバックアップができない。ポータブルではないので旅行の際に困るなどが考えられます。

手書き家計簿はノートがおすすめ 項目と書き方のコツを大公開! – 節約+シンプルライフでやさしい暮らし。
昨日は貯金体質になるための考え方(方程式)のことを書きました。 今日は我が家の家計簿の付け方を大公開しちゃいます! ちなみに私の性格は几帳面なA型。 「きっちり付けたいんだけど、金額あわなくてイライラしちゃう人」 「家計簿アプリの項目や金銭の移行がうまくできなくて挫折しちゃった人」(私です) そんな方にオススメなもっち… 手書き家計簿を使いこなしているスーパー主婦発見!完全カスタマイズかつローテクな家計簿が超実用的。試してみたいですねー。



家計簿おすすめ2【レシートを貼る】

次はこちらも手作業ですがレシートを貼っていくやりかた。手書きより簡単にできるので好きな方も多いですね。やり方とにしては手持ちのノートや手帳に貼るやり方と、あとは既製のレシート用ノートを利用するやり方があります。

手持ちのノートに貼る場合、カテゴリーごとにページを分け見出しを付け、買い物したお店を一つのカテゴリーとして記録する方法があります。例えばノートの1ページ1から9は「生活費」、10から19「変動費」と分け見出しを付けるとします。

そしてスーパーで買い物したらそのレシートは「生活費」と名前を付けたページ1に。美容院へ行ったら「変動費」と名前を付けたページ10に貼る、という感じです。そのページがいっぱいになったら次のページにいきます。

もしくは1日を1ページとしてその日のレシートを全て1ページに貼るというやり方もあります。

既製のものでは主婦の友から出ている「レシート貼るだけ家計簿」が断トツで人気です。研究を重ねた独自のシステムを使って、どんどん進化しているこの家計簿。レシート派なら試してみる価値ありですね。

ではプラス面とマイナス面をまとめてみましたのでご覧ください。

プラス面

・簡単
手作業であるにも関わらす作業は手書きに比べてずっとシンプル。取っておいたレシートを貼るだけでよいのです。1日の出費の合計を出すには電卓で計算してペンでメモしておきます。

また「レシート貼るだけ家計簿」には数字のついた横線がついていて、そのラインに合わせてレシートをテープで貼るので今月あといくら使えるか、というのを電卓なども使わずに一目でわかるという方法を取るようです。

・速い
簡単と近いですが、時間もかかりませんよね。仕事から疲れて帰ってきて家計簿に書き込んでる時間なんてない…という方もとりあえず貼っておけばよいので気が楽です。

・週一でもオッケー
とりあえずレシートを取っておいて日にちだけ分けておけば一週間ほどはためてしまっても、後で追いつくことができます。

・パソコンを立ち上げなくてよい
どこまでめんどくさがり屋なんだ…と思われてしまうかもしれませんが、パソコンを立ち上げるのが面倒、というときありますよね!その点レシートを貼るだけもしくは取っておくだけなら楽ちんです。

レシート貼るだけ家計簿―計算・記入は一切不要! (主婦の友生活シリーズ)

マイナス面

・項目のカテゴリー分けができない
レシート系家計簿の最大のデメリットはカテゴリー分けが細かくできないというところです。もちろんレシートを見ながら細かく分けて手書きでとなりに書く、という手もありますがそれではせっかくの「簡単さ」が活かされないのでないでしょうか。

カテゴリー訳が細かくできないとあとで何にどれだけ使ったかが明確になりません。全体的な出費を把握しただけの場合には十分ではありますが、家計簿のゴールはもちろん節約ですから、一体どこにお金を使いすぎているのかが分からないのでは意味がありません。

・劣化
もう1つのマイナス面はレシートが劣化してしまうということ。レシートのインクは時間が経つと薄くなってそのうち消えてしまいますよね?なので長期間にわたって保存したい場合にはコピーをとったりペンでメモを残しておく必要があります。

・かさばる
1日に何回買い物をしますか?ちょっとお茶をしたりガムを買ったり…思っているよりずっとレシートの数は多いものです。それを毎日ノートに貼るわけですから、けっこうな量になります。それを何年も保管するとなると収納場所にも困ります。

おそらく1年に1回デジタル化するか集計をとってメモにするかなどの対策が必要となるでしょう。

・その他
そのほかにも手書きの家計簿と同じでバックアップがとれない、持ち歩きに不便などがあげられます。

家計簿おすすめ3【アプリ】

やはり最近一番気になるのはアプリですよね。便利さで人気ですがどのアプリを選んだらよいのか分からないとの声をよくききます。忙しい私たちに調べている時間なんてない!そこで初心者にも簡単に使える家計簿アプリを2つ紹介します。

Money Forward・マネーフォーワード

まず一番初めにおすすめしたいのが「マネーフォーワード」です。無料なのに欲しい機能はすべてそろっている超便利アプリです。なんとユーザーの平均節約額10,000円というのですからすごいですね。

登録も1分でカラフルかつすっきりとしたデザインで見やすいうえに、銀行の口座の出入金からクレジットカードでの買い物、現金の買い物もレシートを撮影するだけでこれら全ての出費を自動でグラフ化し、勝手に家計簿を付けてくれるのです!

アプリを使うのに尻込みをする理由には安全面があると思いますが、こちらのアプリは独自のセキュリティーに加え外部のセキュリティ会社からも診断を受けているので安心です。

家計簿アプリ・家計簿ソフト「マネーフォワード」
全自動の家計簿アプリ「マネーフォワード」は、だれでも簡単に続けられる全自動の家計簿です。お使いの銀行・クレジットカード・証券会社・FX・年金・ポイントの口座を自動でまとめ、家計簿を自動作成します。スマホでも使えて、資産管理機能も充実。

Zaim・ザイム

もう1つおすすめのアプリは「Zaim・ザイム」です。こちらも300万人以上がダウンロードしている超人気アプリです。こちらも「マネーフォーワード」と同じで便利な機能は全て無料でそろっています。

特徴としては新しい「ソーシャル型家計簿」だということ!一体なにかというと、自分の住んでいる地域や家族構成などの情報を入れるとその情報からあなたの家計簿と一般の家計簿の平均を比べてることができるのです!興味深いと思いませんか?

もちろん現金以外の出費も全て把握、パソコンに出力してエクセル家計簿にデータを移すことも可能です。

家計簿Zaimレシート読取・銀行カード対応が無料の人気簡単アプリを App Store で
「家計簿Zaimレシート読取・銀行カード対応が無料の人気簡単アプリ」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットを確認、詳細情報を入手。家計簿Zaimレシート読取・銀行カード対応が無料の人気簡単アプリをダウンロードして iPhone、iPad、iPod touch で利用。

プラス面

・楽!
アプリ家計簿の最大の魅力はその簡単さでしょう!レシートを撮影して読み込む機能も嬉しいですが、手動で入れるタイプでも手書きより断然楽!入力したデータは全てカテゴリーに分け、グラフ化してくれるものがほとんどなので何にどれだけ使ったかすぐ分かります。

・環境に優しい
紙を使わないということはゴミが減らせるので環境保護にも役立ちます。また置き場所に困らないのもいいですね。

・現金以外の出費に強い
クレジットカードの月払いや銀行引き落としの保険料などレシート等の家計簿では見逃したり忘れたりすることがあるかもしれませんがアプリのほとんどの場合事前にそのような出費をプログラムしておくことができるので安心です。

・無料
ほとんどの家計簿アプリは無料で利用できますので、ノート一冊すら買う必要がありません!ダウンロードしてすぐ使うことができます。無料とういう特徴を活かしていくつか違ったアプリを試してみることもできます。使わなかった家計簿ノートをみると罪深い気持ちになる私には嬉しいです。

・その他
うっかり付け忘れがあったらリマインダーで教えてくれたり、音声認識機能があるので手動で入力しなくてもよかったりと嬉しい機能がたくさんあります。

マイナス面

もちろんマイナス面もありますよー。さて見てみましょう。

・ややこしい
いくらシンプルだと言ってもまずはダウンロードや入力方など基本的なスマホの操作が分かっていないとやはり難しいしょう。年配の方やテクノロジーが苦手な人は手書きの方があっているかもしれません。

・電気やインターネットを要する
スマホがベースですからもちろん充電がなくなったらその場で使うことはできませんよね。もちろん後から記入すればよいことなのですが、不便さの1つとしてあげておきます。また機能によってはインターネットを必要とするものがありますので、インターネットが使えないところではダメということです。

・安全性
もちろん最新の技術でできる限りのセキュリティーを介している家計簿アプリですが、本当に100パーセント安全かというとそうでもありませんよね。手書きの家計簿と違って利用規約に同意してから利用を開始するわけですから何かしらのリスクがともなって当然と考えてよいでしょう。

対策としてはよく規約を読んでから登録することかと思いますが、銀行口座やクレジットカードの情報を入れることで使える機能もありますのでよく考えてから利用してください。また無料トライアルで登録したが、解約の方法が難しく設定されており気が付いたときには課金されていた…

なんて声を聞いたこともあります。また個人情報を外部の機関で利用します。と規約に書いてあった!なんて話も。やはり自分の身は自分で守りましょう。

・その他
その他のデメリットとしては手作りではないため愛着がわかない。カスタマイズ機能を使っても限界がある。手作業ではないため印象に残りづらく後で見返したときに不安が残る。などがあげられます。



家計簿おすすめ【まとめ】

いかがでしたでしょうか?それぞれとても違う方法ですが目的は同じ。ズバリ「節約」ですよね。きっと余裕のあるお宅だって一生懸命働いて稼いだお金を無駄にしたいとは思わないはず。結果的にはやはり自分の性格やライフスタイルに合った家計簿を探すことでしょう。

著者は今まで手書きにことごとく失敗してきましたので、現在はアプリを模索中です。素早くその場で入力できるタイプでできれば家に帰ってきてから時間をかけて家計簿を書きたくないなと思っています。

また必ずしも1つだけに絞らなくてはいけないわけではありません。出かけ先ではアプリを使ってささっと入力し、家に帰ってから送ったデータをパソコンで分析するとか、アプリと手書きを両方使うとか…

逆に外では手帖にメモをしておいて、寝る前にまとめてアプリに入力する。そんな方法を実践している方もいるようですよ。